• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

山爺@Around60のブログ一覧

2018年01月17日 イイね!

スピーカー遊び 番外

スピーカー遊び 番外お遊びもほどほどにしておかないとイカンなぁと思いながら、、、、

こんなものを落札しちゃいました(>_<)

気づいた時には指が勝手に(笑)

だって、限定品でっせ!
販売から約9年、もう手に入らないかもしれないと思ったら。

しかしコレ、車載していいのか?
マグネシウムって湿気に弱いよね?燃えるよね?
よーっく考えてから決めましょう。

さて、ただ今車載中のフルレンジャーゴールドことMarkAudio CHR70v3

だいぶこなれてきまして、高音が大人しくなってバランスが取れてきましたが、やはり低音の限界値が低くてフルオーケストラのフォルテでバスドラムがドーンと入ると、ヘニャヘニャと崩れてしまいます。

そろそろあきらめて、次のフルレンジャーブラックにバトンタッチしたいところですが、今週はどうも丸一日休むことはできそうもなく、コイツの出番はいつになるのか分かりません(>_<)


そこへ持ってきて、冒頭の新ユニット。
フルレンジャーシルバー?フルレンジャーマグネシウム?(笑)

10cm(4インチ)フルレンジって多種多彩でほんとに面白い(^^)v

さらに、今ヤフオクに超気になる一品が出てるんです。
10cmじゃないけど(^^)v


しかし、明日は大阪からスケベなおっさんたちが遊びに来るので、おつきあいせにゃならん(^^ゞ
おっさんと言っても私より20以上若いんだが、、、、、
そして接待にもならないので自腹、、、、、
フィリピンねーちゃんのオッパイよりも、こっちをポチりたい(笑)
Posted at 2018/01/17 18:16:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月15日 イイね!

スピーカー遊び パート3

スピーカー遊び パート3昨年末から「スピーカー遊び」と称して、ホーム用のフルレンジスピーカーを試しています。

■おさらい
1.Dayton Audio RS150 + 同RS75
 RS150(13cmウーファー)はアウターバッフルで取り付け、RS75(5cmフルレンジ)はAピラーに固定。
 2本を並列に繋いでPhass RE50Hiでフルレンジ駆動していました。
 高域の歪、左右のバランス(定位のふらつき)、低音不足(500hz付近の凹みによる中低域の不足)、インピーダンス不安(4Ωスピーカー並列接続のため計算上2Ω)という、不満があってスピーカー入替の検討を始めました。
2.TangBandW3-935SD
 現行のアウターバッフルを活用して8cmの小口径フルレンジを取付。背圧の影響を回避して低音を出す狙いだったが、背圧が無さ過ぎてボイスコイルが底着きして実用にならなかった。
3.Bewith A130 + Dayton Audio RS75
 アンプPhassRE50Hiを導入する以前に付けていた、BewithのウーファーA130を復活させた。フルレンジで鳴らしても高音は全然出ない。歪んだ高音が出るよりは、全然出ない方がマシだがツィーターを追加する必要があるので、これは後日検討する。

■フルレンジャーゴールド(笑)
今回、試してみるスピーカーはMarkAudioのCHR-70v3。ホームオーディオのスピーカーを自作する人にはおなじみのフルレンジユニットです。
再生周波数帯域65hz~25,000hzのワイドレンジにも関わらず、2個セット実売8,000~9,000円というコストパフォーマンスが魅力です。私自身もホームで使用して、大変気に入っているユニットです。

■MarkAudio Chr-70v3の仕様
形式 10cmフルレンジ
振動板材質 アルミ・マグネシウム合金
エッジ材質 ゴム製
マグネット フェライト(非防磁型)
インピーダンス 8Ω
出力音圧レベル 85.1dB
再生周波数帯域 64Hz~25,000Hz
定格入力 20W
最低共振周波数Fo 64.7Hz
Vas 5.244Ltr
Qms 2.359
Qes 0.675
Qts 0.525
Mms 4.14g
振動板有効面積 50cm2
Xmax 4.5mm
取付穴径 102mm
外径寸法 124mm
重量 500g

コーンに少々凹みがありますが、スピーカー遊びにはもってこいの個体を、ヤフオクで3101円で落札しました。このユニットを前々回のTangbandと同様に合板製のリングを利用して取り付けてみました。

注目すべきスペックは
・極限まで軽くした駆動系(Mms 4.14g)
  ボイスコイルのボビンを700ミクロンの薄さにするなどで実現
・超ロングストローク(Xmax 4.5mm)
  非常に柔らかいダンパーによりコーンが4.5mmも前後運動する
・10cmフルレンジで64Hz~25,000Hzという驚異的な再生周波数帯域
弱点は能率が85.1dbとやや低いこと、定格入力20wとパワーがあまり入らない事。
クルマで言えばロードスターみたいなライトウェイトスポーツのようなスピーカーです。
こういう軽く・クイックに動くタイプの現代的なスピーカーユニットは、初めに付けていたDaytonやTangBandもそうでしたが、ノイズや歪にも敏感です。
その上、どちらかというとハイ上がりな特性のユニットなので、Myアテンザの車内音響特性的には向いていないかと思いましたが、とにかく取り付けて試してみました。

中古ユニットでコーンも凹んでるので、相当使い込んだブツだろうと思っていましたが、鳴らしてみたらほとんどエージングされていない若い個体でした。
1月7日に取り付けて、1週間毎日数時間鳴らし続けて、ようやく歪っぽさが取れて低音も少し出てきました。もう少し鳴らすと、まだ変わるような気がします。

ちょっと音を聴いただけでは10cmフルレンジ1発とは分からないと思います。高音が非常に気持ちよく伸びます。ややハイ上がり傾向なのでサブウーファーのローパスを100hzぐらいまで上げて、スロープも-6dbにゆるめるとちょうどいい感じになります。もう少し鳴らしたら低音が出てくる(高音が引っ込む)かもしれません。
気になっていた高音の歪は、ピアノ・ヴォーカルなどいろいろ聴いてみましたが98%ぐらい解消されました。一部のソースで歪を感じますが、もう少しエージングが進めば変化するかもしれません。
欠点はやはり最大入力の低さでしょう。ボリューム25以上(フルボリューム40)では、フルオーケストラのフォルテでバスドラムがドーンと鳴ると、コーンの最大振幅4.5mmを超えて全域が歪んでしまいます。ソースを選んでボリュームを控えめにすれば実用上はなんとかクリアできます。フルレンジではなく100Hzぐらいでハイパスを入れて、サブウーファーとクロスさせる手もあります。

合わないかもしれないと思っていたMarkAudio CHR-70v3でしたが、意外に気に入りました。
何しろ高音がきれいです。もうちょっと鳴らしていろいろな曲を聴いてみたいと思いますが、実はすでに次のスピーカーも用意してあります。

フルレンジャーブラック(笑)こと、Altec 405-8Hです。
いろんな意味で今回のMarkAudio CHR-70v3とは対照的なユニットです。
もうちょっといまのスピーカーを聴き込んで、2月に入ったら試してみようと思います。
Posted at 2018/01/15 16:35:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記
2018年01月05日 イイね!

初夢は?

初夢は?取引先への新年のあいさつ回りがひと通り終わりました。
お正月っぽい話題はそろそろ最後になります。

もうこの齢になるとどんな夢を見たかなんて、いちいち覚えちゃいません。
だいたい昨夜何食べたのかすらあやふやですから(笑)

ですから初夢と言うか、アレですわ、出るか出ないか分からない、いつものRXなんちゃらの妄想っちゅうか戯言です(^_^;)

これはRX-VISIONじゃなくてVISION COUPEの方ですが。
自分が免許を取って、車に興味を持ち始めたころから、いいなぁとか欲しいなぁと思う車の傾向ってだいたい同じで、特に90年代のラグジュアリー・クーペと言われる車たちが好きでした。
このVISION COUPEには90年代のラグジュアリー・クーペのテイストが感じられると思うのは私だけでしょうか?

「90年代のラグジュアリー・クーペ」当時もあまり人気が出なかったので、今はもう絶滅しているかもしれません。全部わかる人はいるでしょうか?

ボンネットのパワーバルジに注目。アンシンメトリーに配置されたバルジが、パワーを象徴しているようでカッコイイです(*^_^*) 最近名前だけ復活しましたが全然別物ですね。クロスなんていらないから。


リアウインドウまで回り込んだガラスハッチがラグジュアリーさを引き立てます。レヴォーグやインプレッサも好きですが、こういう実用性ゼロの車をまた作ってほしいです。


「燃費?なにそれおいしいの?」 軽さ、速さ、パワーこそが正義だった。そういう時代はもう来ない(T_T)

どうでしょう?
4台並べたら似てる?似てない?
カッコイイ?カッコ悪い?
デザインなんてどう感じるかは人それぞれですからねぇ
Posted at 2018/01/05 16:32:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月04日 イイね!

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます昨年は、みんカラを通して新しい出会いがたくさんあり有意義な一年でした。
この出会いを大事にして、今年も有意義な年とできるようにしたいと思います。
みなさん、引き続きよろしくお願いいたします。

トップ画像は、毎年使いまわしの年賀状画像です(笑)
干支の絵をちょっと加えたり、言葉を替えたりしますが、基本的に毎年同じ。完全に手抜きをしております(^^ゞ

昨日、大学時代のオケの同窓会が3年ぶりぐらいに開催され、懐かしい顔と再開してきました。
「山爺@Around60」の同窓生ですから、定年間近(浪人の同級生は既に再雇用だったりする)です。
昔の思い出をひとしきり語り合ったら、老後はどうするという話で盛り上がっておりました。

私自身、今年がサラリーマン人生の最終年と決めているので、手がけている事業を軌道に乗せて、後進の人たちが困らないように、昨年よりはちょっとだけ真面目に仕事をしようかと思っちょります(^_^;)

あと、今年中に貯金をしっかりしておかないと、次期愛車RXなんちゃらに手が届かなくなっちゃいそうなので、無駄遣いはちょっと控えたいと思ったりしてますが、CD買うのとオーディオへの投資は無駄遣いじゃないので(言い訳)、貯金はどうなるかわかりません(爆)

マイアテンザは、昨年エンジンマウントと足回りの総入れ替えを実施したので、今年はすり減ったサマータイヤの交換ぐらいの予定です。
本当はボディーの小キズが増えてきたので、磨きとコーティングをしたいし、シートとハンドルの皮が擦り切れてきたので交換したいところですが、来年まで我慢するつもりです。

オーディオ関係は、歪除去・バランス(定位)改善が今年の目標。
今やっているスピーカー回りの手直しで改善できると良いんですが、、、、
ダメな場合は、電源とケーブル(接続)とインプット(ヘッドユニットを含め)を見直します。

音楽は、昨年はオーケストラものを中心にCDを買いましたので、今年は歌もの(オペラとか合唱とか声楽曲とか)と室内楽や器楽曲を増やして行こうかと思っています。
あと、JAZZも少し聴きはじめたので、もうちょっと広げてみたいです。

ということで、みなさん今年もよろしくお願いいたします。
Posted at 2018/01/04 18:39:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月30日 イイね!

スピーカーについて検討する

スピーカーについて検討するみん友の皆さん、みん友じゃないけどコメントを下さったり、ブログを読んでくださったりしている皆さん、今年一年お付き合いいただきまして、ありがとうございます。
みんカラを通して皆さんとの交流ができて、実り多い一年でした。
来年もよろしくお願いいたします。


さて、ここ一月ほど「スピーカー遊び」をいろいろやってます。
なんでそんなことをしているのか、やや前後する部分もありますが、一応記録しておきます。


その1 過去を振り返り、今を見直す

現行システムは下記のようになっています。
メインユニット:KENWOOD MDV-Z702
アンプ:PHASS RE50hi
フロントスピーカー:Dayton Audio RS150-4 + Dayton Audio RS75-4(パラレル接続)
リア(サテライト)スピーカー:ECLIPSE TDX-700S
サブウーファー:ECLIPSE TDX-700W

このシステムに至るまでの経過として
①アテンザ購入直後、もうちょっと静かに走りたいと思い、ショップにてフロアからルーフまでフルデッドニングしてもらう。
②魔がさしてBEWITHのACCRATEなどという高級スピーカーをオークションで買ってしまう^^;
③自力では手に負えなくて、ショップにてドアアウターでインストールしてもらう^^; 後にツィーターは自分でAピラー内張りにネジ止めする。
④また魔がさして「タイムドメインスピーカー」のサブウーファー(ECLIPSE TDX-700W)とサテライトスピーカー(ECLIPSE TDX-700S)を導入する。
⑤メインスピーカーの音質が気に入らなくなり、ホーム用のユニット(Dayton Audio RS-150 + 同 RS-75)に交換する。
⑥スーパーツィーター(Dayton Audio AMT Mini-8 エア・モーション ツィーター)を加えて「なんちゃって3Way」化する。
⑦アブク銭が入った勢いでパワーアンプ(Phass RE50hi)を導入する。
⑧驚異のパワーアンプ(Phass RE50hi)の威力で、パッシブネットワークが無効化されたため「なんちゃって3Way」をあきらめフルレンジ2連発になる。

振り返ってみるとなかなかの泥沼・迷走っぷりです^^;
しかし、ここまでやっても(あるいはこんなことしちゃったから)、まだ問題が残るのがオーディオ沼の深いところです。

現在私が感じている問題点は以下の通りです。
①高域の歪
 音階でいうA5よりも上、すなわち880hzぐらいより上の音域でピアノ・合唱(ボーカル)の音が歪む。
 他の楽器でも同じ音域は歪んでいるに違いないが、ピアノのようにポーンというアタックがあってきれいに減衰していく音や、人の声は歪が分かりやすい。
②バランス、定位が不安定。
 ドアのスピーカーとピラーのスピーカーで明らかに定位が違う。ピラーのスピーカーは右に寄っている。
③中低音不足
 100hz以下は結構出ているが、200~1000hzあたりの美味しい部分が足りないので、力感・迫力や艶やかさに欠ける。
④アンプへの負荷が心配
 スピーカーの合計インピーダンスが片チャンネル2Ω。

それぞれ原因について、以下のように推測しています。。
・高音域の歪
 Dayton Audio RS150(ウーファー)をフルレンジで鳴らしているため、高音域が歪んでいる。
 Aピラー内張りにネジ止めして付けたDayton Audio RS75(フルレンジスピーカー)が重すぎてピラー内張りを振動させて歪が出る。
・バランス、定位が不安定
 右のAピラーのスピーカー(Dayton Audio RS75)からの音が大きすぎるためバランスが悪いのではないか?
 片チャンネルに2本パラレルに接続しているため独立してゲイン調整できない。
 パワーアンプ(Phass RE50hi)はハイインプットのみでゲイン調整機能が無い。
 パワーアンプ(Phass RE50hi)は定電流アンプでパッシブネットワークを受け付けない。
・低音不足
 MDF板のリングを重ねた筒状のバッフルでアウター化したため、背圧の影響を受けてドアスピーカーの動きが抑制されてしまっているのではないか?
・アンプの負荷
 4Ωのフルレンジスピーカーを片チャンネル当たり2本パラレルで使っている。

こう書いていると、いかにもヒドイ音のようですが、意外にもそれなりに聴ける音になっています。
・全部のスピーカーの音を混ぜ合わせると、トータルではけっこうフラットな特性になっている。その結果、ピアノや声楽以外は楽器の音色をわりと正確に再現できている。
・アウターバッフルの効果でユニットの音がストレートに聞こえ、スピード感・クリア感がある。
・顔の正面、耳の近くに小口径ユニットがあるため、時にハッとするような生々しい音が聴けることがある。RS75の中高音はけっこう優秀。
・中低音が不足していてもサブウーファーのおかげで100hz以下の低音は出ているので、ドスドスした重低音っぽい迫力はある。
・なんといっても強力なパワーアンプの威力で、音色や余韻の表現がちゃんとできる。
・音質とは関係ないが、ナビの使い勝手が良い。FLAC圧縮にも対応しているし、SD1枚とUSB3枚を差せるので大容量(計算上は256GB×4=1,024GB)の音楽データを車に持ち込める。

その2 解決方法を検討する。

4つの問題(①高域の歪 ②バランス・定位の不安定 ③低音不足 ④アンプの負荷)を解決するための方法

1)DSPの活用とイコライザの利用
KENWOOD MDV-Z702にはDSPもイコライザも付いています。
Z702のリア出力をAピラーのRS75に繋ぎ、ハイパスフィルターで800hz以下を切り、右チャンネルを-5dbぐらい絞ってやればバランス・定位は解決します。
フロント出力はRS150そのままで、ローパスフィルターで1khz以上を切れば高域の歪も改善します。
100~500hzはイコライザで持ち上げてやれば良くなるでしょう。各チャンネル1本ずつのスピーカーですからインピーダンスもOKです。
普通はそうします。確実な結果が出せるでしょう。
しかし、あえて違う方法を考えるのがオーディオ泥沼道です(笑)
DSPやイコライザはとても便利ですけど、そればかりに頼って音作りをするのもつまらないじゃないですか?
私の場合、「もうちょっと定位感が欲しいなぁ」というCD(録音)の時はDSPを使いますし、「もうちょっと広がり感がほしいなぁ」という時はサテライトスピーカーを使います。
特にいじらなくてもいいCD(録音)だったら、何もせずにそのまま聴きます。
スタンダードな設定を決めておいて、好みや気分に合わせてチョイ足しできるというのが、ヘッドユニットの調整機能だと思っています。

2)意地でもドアを鳴らす^^;
デッドニングをやりなおして、アウターバッフルも取っ払って、インナーに戻してドアスピーカーを鳴らす。
気力も体力も技術力も無い私には無理です(>_<)
聴く音楽がクラシック中心である以上、静かな車内環境は必須です。デッドニングを撤去してしまう事はちょっとできません。

3)スピーカーシステムを交換してなんとかならないか…
かなり消極的な感じですが、お手軽にできそうなので、「スピーカー遊び」と称してこれを試しています。

「スピーカー遊び」で考えている問題解決方法は下記2点です
①Aピラーのフルレンジスピーカーを撤去する。
  →歪の除去、定位の改善、インピーダンス改善。
②ドアのスピーカーをフルレンジに変更し、背圧の影響が少なくなるように取り付け方も工夫する。
  →低音の改善、歪の除去。

そんなこんなで、年が明けたら「第3弾フルレンジャーブラック」「第4弾フルレンジャーゴールド」をテストしてみます。
どうせ失敗ばかりのボログになるでしょうが、来年もよろしくお付き合いください。
Posted at 2017/12/31 11:07:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | オーディオ | 日記

プロフィール

「スピーカー遊び 番外 http://cvw.jp/b/450174/40994639/
何シテル?   01/17 18:16
2代のプリウスを13年間約40万km乗り継いで、このたびアテンザ乗りになりました。 今度の車も大事にしてなが~く乗り続けたいなぁ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

あらあら、エキマニ割れちゃった… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/15 08:58:49
2017年 神戸サンシャインSAB マツダフェアに参加しました~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/27 21:53:26
DIYでフロント3ウェイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/26 21:45:06

お友達

プリウス時代はみんカラのお友達に大変お世話になりました。
これからもよろしく&新しいアテンザ友達も大募集♪
よろしくお願いします!
61 人のお友達がいます
しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD * ユタ.ユタ. *
エイジ@エイジ@ * CooたろうCooたろう *
m i n am i n a * tetsunobutetsunobu

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルもマツダもワゴンも赤も初めて、ワクワクドキドキの車です。 通勤&営業車として、 ...
その他 にゃんこ ゆず&チョビ (その他 にゃんこ)
次女:ゆず(三毛猫) 三女:チョビ(灰色) ゆずは人間の次女がバイト先で拾った。 拾っ ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2台目のプリウス 主に通勤用。長距離通勤なので燃費と静かさで選びました。 7年間24万k ...
その他 にゃんこ なっちゃん (その他 にゃんこ)
正式名称「なつきにくい猫」 3姉妹(血縁関係なし)の長女 長女らしくおっとりした性格 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.