車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年10月05日 イイね!

■Q1:デリカD:5 クリーンディーゼルで行きたくなる“理想の旅”を教えてください(300ワード以上)
 車の良さってなんだろう。
 それは、そこに道があり、ハンドルを握って車を走らせれば、どこまでも行けるという自由だ。
 せっかくだから飛躍したい。
 東京を出発し、東北道を北へ。限界まで自走に拘る。下北半島の北端、大間からフェリーで北海道へ渡り、さらに北上。稚内でサハリンへ渡るカーフェリーに乗る。
 稚内からサハリンのコルサコフ(かつての大泊)へ国際カーフェリーが就航していることはあまり知られていないのだろうか。
 ここから「海外」へ渡れる。
 着いた先は極東ロシアだ。
 国際免許があれば、ATカルネは不要らしい。
 自走で、東京を出発した車で、ロシアを走る。間宮海峡の向こうにユーラシア大陸を見て、走る。サハリンの道は過酷かもしれないが、デリカD:5の走破性が活きることだろう。
 自分で車をドライブして、外国へ行く。それもヨーロッパの匂いをひきずった極東ロシアを、日本のナンバーの車で走る。
 夢の、理想の旅だ。

■Q2:“理想の旅”に「タイトル」を付けてください。
 ロシアへ。

■Q3:いまお乗りの愛車(メーカー/モデル/年式)を教えてください。
 シトロエン/BX/1993年式

■フリーコメント
 
 画像はフランスからユーラシア大陸を横断し、日本まで自走してきたルノー4。こういうのが夢。だけど、サハリンくらいなら叶えられる夢。


※この記事はデリカD:5 クリーンディーゼルで行きたくなる“理想の旅” について書いています。
Posted at 2013/10/05 02:13:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2013年01月31日 イイね!
これまでの人生に大きな楽しみを
与えてくれたシトロエンというクルマ、
そしてそのクルマをこの世に送り出してくれた
アンドレ シトロエンに感謝の気持ちを込めて
彼の誕生日に近い2月2日・土曜日に
元町をスタートし、山下公園、大桟橋、山手を巡るという
今年で第4回目のイベントです。

コース、集合場所は、参加表明された方に直メします。

時間は9:30〜11:00です。

アフターミーティングは中華街でのランチを考えています。

往復コースにしたので、対抗車線やってくるシトロエンとのすれ違いを楽しんでください。
路肩にちょっと止めての撮影なども楽しいかと思います。

参加資格は、シトロエン各車ですが、同乗試乗の参加も期待しています。

参加を希望される方は、以下宛に以下の情報を添えて
2/1 20時までに、下記項目を書き添えコメント投稿で参加表明をお願いします。
運営の都合上、飛び入り参加はお断りします。

1 参加者のお名前(HN)
2 参加車両(電車で来て同乗試乗希望の方はその旨)
3 車両の色
4 車両の年式
5 同乗参加人数
6 クルマのナンバー4ケタの数字
7 アフターランチミーティングへの参加可否
Posted at 2013/01/31 01:26:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2013年01月10日 イイね!


 Circle Kanagawa Meeting(CKM 3)開催のご案内です。

 最近の車の人は古い車、古い車の人は最近の車
 輸入車の人は日本車、日本車の人は輸入車
 仏車の人は独車、独車の人は仏車
 武闘派の人は羊車、羊車の人は武闘派の車……

 クルマって走って乗ってなんぼじゃん! 「乗りたい&乗せたい。乗せ合いっこで、いつもと違うクルマを“体験”しよう」という同乗試乗ミーティング、3回目の開催です。


 日 時  2013年1月14日(月・祝) 9:30集合
 場 所  第三京浜(上り線)都筑PA・ハイウェイショップ入口脇
      http://www.driveplaza.com/sapa/5004/5004016/1/food.php
 会 費  無し(第三京浜の料金が掛かります)
 資 格  仏蘭西車、伊太利亜車、独逸車、英国車、瑞典車、韓国車、国産車……新旧、車種は問いません。本気でプリウスとかアクアの参加も期待してます。

 出走同乗の組み合わせ抽選後、下記リンクのコースを周回します。
 http://goo.gl/maps/p6VvL

 港北→都筑の料金は50円です。
 精算も面倒なので、運転者の負担でお願いします。

 出走・同乗車は恨みっこ無し現場での完全くじ引き制です。
 1回目出走は参加者全員のくじ引きで出走・同乗車を決めます。
 2回目出走は1回目出走車を除いたくじ引きで出走・同乗車を決めます。

 2回目が戻ってきたところで、一旦締めさせていただき、『解散』とします。

 以降、『自由交渉』で同乗試乗をお楽しみください。で、流れ解散です。


【重要事項】
・オーナードライバーによる運転を原則とします。
・オーナードライバーの申し出によるドライバー交代は各自の責任でお願いします。
・搭乗者保険についても各自の責任でお願いします。
・法規を遵守し、事故のないようご注意ください。
・主催者はここで起きたトラブルについては一切責任を負いません。
 以上について同意の上、ご参加ください。


●こちらへのコメントか、twitter(@matsuwitter)へのリプライで事前に参加表明をお願いします。

●当日連絡先
 twitter(@matsuwitter)をフォローいただき、DMをください。マツモトの携帯を折り返します。

●集合場所について
・168台収容の比較的空いているパーキングエリアですが、まとまって停めるのは難しいと思うので、めいめいどこかに停めてください。
・都筑パーキングエリアは上り線からしか入れませんのでご注意ください。
・第三京浜玉川方面からおいでの方は、一旦都筑インターで下りて、左折→一般道を経由して港北インターから第三京浜の上り線に戻って、都筑パーキングエリアへ入ってください(周回コースと同じです)。



●参加車一覧(仮)です。仮表明・調整中・車種未定は[?]で示します。

 シトロエン BX19TZI
 シトロエン C5 I ブレーク
 サーブ 9-5Aero
 シトロエン DS3 [?]
 シトロエン C3 II HDi
 シトロエン C4ピカソ
 アキュラ MDX[?]
 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント
 ルノー 4GTL
 シトロエン C4クーペ
 シトロエン BX16V [?]
 プジョー 504D
 ローバー 114GSi
 フィアット プント[?]
 フィアット パンダ100CLX
 シトロエン Xm
 プジョー 508SW
 ダイハツ フェローマックス
 アウディ アバントRS4
 プジョー 405Mi16[?]
 シトロエン C3ピカソ[?]C1[?]ポルシェ 993[?]BMW X1[?]
 ルノー クリオRS
 プジョー 206RC
 いすゞ ジェミニ(FR)



ちなみに、前回の参加車です。
 シトロエン BX19TZI
 シトロエン BX16V
 シトロエン 2CV
 シトロエン VISA
 シトロエン Xantia
 シトロエン Xsara
 シトロエン CXシリーズ1
 シトロエン CXシリーズ2
 シトロエン C3プルリエル
 シトロエン C3 II HDi
 シトロエン C4 I
 シトロエン C4(グラン)ピカソ
 シトロエン C4(ショート)ピカソHDi
 シトロエン C5 II
 シトロエン C6
 シトロエン C6(リナージュ改)
 プジョー 504D
 プジョー 605
 プジョー 207SW
 ルノー キャトル
 ルノー メガーヌ II
 アルファロメオ 156
 ローバー 114GSi
 MG MGF
 ニッサン エルグランド
 アキュラ MDX
 サーブ 9-5Aeroスポーツコンビ
 フォード Galaxy
 オペル オメガワゴン

 メイクスが偏ってるのは気のせいです(笑)
Posted at 2013/01/10 23:41:48 | コメント(1) | トラックバック(1) | 日記
2012年10月16日 イイね!
僭越ながら、イベントをたてさせていただきました。

93年式のベールトリトン19TZIに乗っているマツモトです。

今年のFBMもあと2週間を切ってしまいましたが、せっかくのBX生誕30周年のFBMです。
FBMに集まったBXで、短い距離でも景色の良い車山高原を走って30周年をお祝いしませんか?





まあ…ここまでは無理でもデスね…。



『30ANS CITROEN BX RUN』

日時   10月28日(日)

集合場所 白樺湖畔南側駐車場(普通車500台収容 ※駐車無料)
     【集合場所は、FBMの会場外です】

集合時間 午後1時


ドライバーズミーティング、自己紹介などのあと、午後1時半過ぎにスタート。

白樺湖畔北側→大門峠→ビーナスラインを登って、午後2時頃にFBMの会場へ戻ります。
 ※コースは下記、コース概略図(外部リンク)を参照ください。

会場内の道路をゆっくりデモンストレーション的に走行。
【午後1時半前後で公式受付は終了するのて、受付終了後だったら会場内を誘導される事なく走れるかもしれないとのコメントを事務局よりいただいています】

スカイシティ前の駐車場に一旦あつまり、解散(午後2時半ごろ)

コース概略図です。

会場内の走行コースと、解散場所です。



おおよその参加台数の把握したいので、こちらに参加表明をお願いします。
お名前(HN)、BXの年式グレード、ボディカラーをお願いします。

当日のBX飛び入り参加も歓迎です。

皆様のご参加お待ちしております。
Posted at 2012/10/16 03:36:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | BX | クルマ
2011年02月03日 イイね!
 クルマの同乗試乗オフ会をやりました。

 「首都高神奈川環状線」という名称はありませんが、
 K6川崎線とK1横羽線が大師ジャンクションでつながって
 K5大黒線→B湾岸線→K6川崎線→K1横羽線→K5大黒線…と神奈川線内に新しいループルートが出来ました。
 神奈川線の料金で好きなだけグルグル回ることが出来ます。
 しかも都心環状線と比べると渋滞の少ないこの1週約30kmのルート上には、300台以上停められる大黒パーキングエリアがあります。



 一方、眺めたり、話したり、コクピットに座らせてもらったりする普段のミーティングも楽しいけど、コンクールデレガンスじゃないんだから、やっぱり走ってみて乗ってみてこそだよねという思いも持ち続けていました。
 シトロエン月例ブランチ会のメンバーがみんなで数台のクルマに分乗して各地のミーティングに出かける話を聞いてはいいなあと思っていたんですよね。
 極めつけは、昨年11月のフレンチフレンチ幕張。
 自分のBXが車検整備で不在。クルマがなかったので(サンクはいたけど任意保険切れ)、Sさんの504D→BさんのCX→YさんのCX(駐車場内の渋滞で外に出られずちょっとだけ…)→Cさんのエクスと乗せてもらって参加。なんだなんだ!この楽しさは! と。

 でも、やっぱりミーティングには自分のクルマで行きたいっていうのもあるし(例えば、FBMなんかは絶対に)、他の人のクルマに乗ってみたいというのと同じくらい他の人に自分のクルマに乗ってもらいたいっていうのもあるんですよ。

 それも、ミーティング会場の駐車場を1周とかそういうんではなく、高速道路で一番「おいしいところ」を…。



 それを一気に解決する「解」が、巨大な大黒PAを擁する首都高神奈川ループルートだったわけです。
 ウヒヒ。
 CKはCircular Kanagawa。
 なので、Circular Kanagawa Meeting。

 CKM。

 自分的に名前って結構大事。そういうところにとてもこだわる(笑)

 シトロエンのミーティングじゃないけど、頭文字が C だからそれっぽい(あくまでも「っぽい」)っていうのもミソ。
 最初は大黒試乗会とか大黒オフとか言ってたけど、それだと爆音系を思い起こしちゃうじゃないですか(笑)

 そしたら本当に集合場所の大黒PAでいまどき珍走団に遭遇しちゃいました(苦笑)
 五月蝿くてドライバーズミーティングも出来やしない。





 以下、CKM 1の参加車(者)一覧
 Tさん     DS20 ※途中から
 Bさん     CX
 マツモト    BX19TZI(緑)
 Cさん     BX16V(黒)
 Sさん     XantiaV6
 Jさん     Xm(銀/中期)
 Cさん     Xm(赤/中期/MT)
 Tさん     Xm(紺/後期)
 Sさん     初代C5
 Kさん     C3プルリエル(赤)
 Mさん     C3プルリエル(紺)
 Kさん     C3プルリエル(銀)
 MさんとNさん C3プルリエル(銀)
 Yさん     C4サルーン
 Yさん     C4ピカソ
 Yさん     newC5 ※途中から
 Nさん     C6HDi
 Kさん     DS3
 Kさん     ルノーキャトル
 Sさん     サーブ9-5エアロエステート(銀)
 Hさん     サーブ9-5SE(赤)
 Kさん     アキュラMDX
 Dさん     ロータスエリーゼ ※途中から/非mixi
 Iさん     (初代C5) ※人のみ
 Zさん     (プジョー605) ※途中から/人のみ

 23台26人(うひゃー)のご参加をいただきました。
 23台中シトロエン18台。
 これ、シトロエン・ジャポンがやるべきだぞ(苦笑)


 とりあえず、うまく行くか。テストの意味も大きかったんですが、
 想定を大きく上回る参加数でも、大きな混乱もなく(ありがとうございました!)やりきることが出来たと思います。

 ああしたらよかったかも、という検討項目も洗い出せたし、
 次につながる結果だったんではないでしょうか。


 試乗したクルマやイベント全体の感想はボチボチ書くとして、
 主催者として、「次のため」の運営メモ的な視点でも書き留めておこうかと思います。



 まず、コース。

 3車線あってとばせる直線+アップダウンの湾岸線。

 出来たばかりのK6川崎線から、軽くきつい(ヘンな日本語!)コーナーもある設計の古いK1横羽線へ。

 タイトなコーナーのジャンクション。




 1周30分程度で、渋滞もなく、理想的なコースでした。
 これを神奈川線の料金で時間無制限走り放題なんですから。
 ジャンクションの分岐が難しく道を間違える人が続出したのはご愛嬌、ということで(笑)



 続いて、集合場所&ベースステーションとして使った大黒PA。

 参加台数がここまでふくれあがったとき、一番心配したのが駐車スペースだったんですが、さすが普通車341台収容のパーキングエリア。出たり入ったりしても問題なく停められましたね。ほっとしました。

 さすがに、これだけの台数で、しかも出たり入ったりでは、まとまって停めることは端なっから無理と思っていましたが(それでも小グループでまとまって停められましたね。偶然いたシルバーの後期型C4サルーン、ゴールドのC4ピカソはナンパしたかったなあ…)、集合写真を撮りたかったなぁというのも、また事実。なんか良い方策はありませんかね。無理ですね(苦笑)

 大人数の場合の食事は検討課題でしょうか。シトロ系ミーティングの得意技=煮炊きを始める…ですか?(苦笑)



 試乗希望の配車方法については、みなさんの協力でなんとか破綻せずに出来た…という感じです。
 事前に同乗希望車があればリクエストを聞いて、出走組分けだけ出来るだけ被らないように調整し、あとは現地で挙手&ジャンケン。
 今後もこの方法は…無理だと思います(笑)

 で、今後は…
 A)参加者を先着順などで絞って、全部まわす。

 台数が10台オーバーなら…
 B)試乗希望を募ってのクジ引きとか、出走組み合せとかキリがないから完全アミダ制。

 持ち点制にして事前にセリをするとか、いろいろシステム考えるのも楽しそうって思ったけど、全員が持ち点全部をDSに賭けたら終わりじゃん(笑)その公算高いじゃん(笑)で、こりゃダメだ(笑)



 お話をする時間も欲しかったかな…というのもありましたが、小グループに分かれてしまいましたが(そらしょうがない)昼食時や、同乗した車内で話せたようで、良かったと思います。

 あとはあれだな、同時出走の台数を多めにとったので、ドライバーと2人乗車とか(エリーゼは当然として!)もあったので、同時出走の台数減らして、同乗者数を増やしても良いかとも思いましたね。
 1回お休みで待ち時間にお喋り組みとかがあっても良いだろうし。



 万一の事故とか、保険とか、今回は杞憂に終わりましたが、今後も継続していくうえでは避けられない問題ですね。


 集合時間(9:30)、終了時間(だいたい14:00~15:00)とも、設定はまぁまぁだったと思います。次回以降も同様な感じで良いでしょう。


 ざっと思い付いたところは、こんなところでしょうか。





 では、自分のひとこと試乗記を。

 この日はとっても寒かったけど天気に恵まれました。
 横浜は晴天で、富士山もばっちり。

 昼過ぎからK6川崎線から見る多摩川の向こう側に黒い雲がたちこめていましたが、東京では雪が舞っていたようですね。



 朝、湾岸線を集合場所の大黒へ向かう途中、浮島あたりでノアールのDSと遭遇。なんと幸先の良い。
 短い間でしたが抜きつ抜かれつランデブー。初老のドライバーとは手を振ってあいさつ。



» 試乗?その1 Cさんのドライブで自分のBX(笑)

 「ちょっとフロント硬くない?」「そう思ってたんですよ」というやりとりがあって、エアゲージ持ってるから…と即空気圧調整。少し抜いて適正値に。その後、本来の味に戻りました! さすがCさん!
 こういうときのためにリアのシートを早く中期型に換装したいなあ。後ろに座った方、前(中期型シートに換装済)は別世界です。



» 試乗その2 Cさんの初代C5

 Fさんの「いいんですよ、C5のシート」っていう言葉が心に残っていて、ずっと乗ってみたかった初代C5。
 カタチ的にもIさんじゃないけど、今、本当に「実にイイじゃん!」って思えるシトロエン。
 Xsaraピカソに試乗したとき思った「このシート、無茶苦茶いい…」というのと合わせて、とにかくこの年代のシトロエンっていうのが気になっていたんですよ。しかもハイドロ(ハイドラ)でしょう。待望の試乗だったりしました。
 まずシートは、非常に良い。Xsaraピカソのときに感じた「むしろサンクの頃のルノーのシート」に近い、ふわふわじゃないんだけど、柔らかく受け止めるじわっと身体のカタチに馴染むシート。
 足はどちらかと言うと姿勢制御指向が強い「ハイドラ」の足。「ハイドロ」のゆったリズムとはちょっと違うけど、Xmのフラット感ともちょっと違う、C5独特の感じ。しかし、道路面を舗装し直したかのように伝える感覚はハイドロシトロじゃなきゃ…というもの。
 カタチそのまま90%縮小コピーしたいな…そしたら欲しいシトロエン最右翼だ…というのが本音(笑) 90%小さいと(たぶんGSやBXと同じくらいになる)一番しっくりくるカタチでもあると思うんですよね~。そしたら、僕にも「似合う」でしょ。



» 試乗その3 KさんのアキュラMDX

 北米仕様のアキュラですよ! こんなの乗る機会、ないですよ。
 北米の考える安楽指向のクルマ、自動化、ハイテク化というのは、実はシトロエンの思想と目的地は一緒(方法論が違うだけ)という説を支持し続けている僕にとって、どうなってるのよ、北米のホンダの高級車はっていうのは知りたいポイントでした。
 いや、すごい。音声認識で後席のシートを設定出来たり、太陽光の入射角による自動防呟機能のついたミラーとか(でしたよね!?)、四輪の駆動力配分を自動制御して駆動力で曲がる4WDとか…。
 こういう言い方をして良いのかどうかわからないけど、シトロエンがやれ、こういうことを!(笑)と思ったというか(笑)



» 試乗その4 YさんのnewC5

 シトロエン青山で試乗して、渋滞の青山通りと六本木通りを走っただけだったnewC5(苦笑) これも念願の試乗です。
 一応、BX→Xantia→初代C5(前期・後期)→newC5というわけで、ミドルクラスハイドロの血筋なんですが、20年の時はこんなにもクルマを立派にしたというか、見た目も、乗った瞬間も、高級車ですよ。
 そのへんの感想は青山で試乗したときと一緒なんですが、高速道路をしっかり走って乗らないとわからないことがいっぱい。
 剛性感はしっかり現代の高級車ですが、Xmのフラット指向とはやはり違う、初代C5のような入力を揺れ幅でいなしていくような足さばきは姿勢制御が勝ち気味になっていってもBX→Xantia→初代C5と徐々に変化してきたミドルクラスハイドロの系譜だなと感じさせるものでした。
 いいなあ…でも立派過ぎて僕には似合わないでしょ?(笑)



» 試乗その5 YさんのC4サルーン

 Xsaraに乗ってた僕としては常に気になる1台。サイズ的にも全長がちょうどBXと同じくらいで常に気になる1台。
 カタチも良いんですよね。ツルンとしたドアのプレス造形といい、数学的なルーフラインといい。顔もグリルがガバっと開いてない初期型の優しめの顔がいい。ザックリシンプルなインパネの造形も実にシトロエンらしいじゃない。
 実は、一昨年CCMへの道中、東名高速で1区間、BXと取り替えっこして運転させてもらったことがあるんですよね、YさんのC4。でも、ほら、人のクルマを運転すると緊張のほうが先に立っちゃってダメじゃん(笑) というわけであらためて助手席に同乗させていただきました。
 シート、良いですね。Cさんの初代C5にも感じた「ルノーっぽい」かたやわいシート。これなら良い。
 以前は腰高に感じたドアのガラスエリアも十分明るく広い。ダッシュボードの奥行きの深さというか、フロントガラスの先の遠さは運転させてもらったときと一緒で、やはりどうも慣れないという印象。
 路面のうねりをふわんといなすサスペンションはXsaraと一緒で、実にシトロエン。ハイドロとバネの違いってなんなんだろう。少しピッチングが細かい感じがするくらいなのかなあ。初期顔のC4、中古試乗の相場を調べたくなりました。あ、でも高かった…(苦笑)



 ああ、DSにも、C6にも、プルリエルにも(4台も来ていたのに!)、乗れなかったずら…。またぜひよろしくお願いします(笑)


 司会進行に頭がいっぱいで、ロクに写真を撮れませんでした。乗ったのに写真撮ってないクルマ多数…。他の参加者の方の日記や、動画!(Ustreamでライブビデオストリーミングなんて全く考えなかったなあ…)をご覧になってください。





 おまけ


 当日はお台場でNYMがあったので、大黒PAでも国産旧車が目立ちました。


 帰りはベイブリッジを渡って第三京浜を経由。
 この時間、東京では雪が舞ってたそうですが、夕陽がきれい…。
 生麦ジャンクションが完成してK5大黒線からK1横羽線金港ジャンクション方面へ行けるようになると、ベイブリッジを渡って横浜港を周回するショートコースも出来るんですけどね。何年先の話か…。

 第三京浜の都筑PAに入ったら、ピアッツアが3台。Cさんの話によるとここでよくピアッツアのオフ会やってるんだって。
 ガンディーニデザインのBXに対して、ジウジアーロデザインのピアッツア。あえて「双璧」という言葉を使って自讃しても良いですか。というか…、このホイールデザイン! やばい! BXに欲しい! ください!(笑)



 CKM 2、また必ずやります。やりましょう!


※貼るのが面倒だったので、mixiから転載の際、画像は割愛しています。また、こちらではブログの公開範囲の関係で参加者のお名前を伏せ字にさせていただいています。
Posted at 2011/02/03 23:52:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | mixiから転載 | 日記
プロフィール
「乗らない #クルマの雪対策 あなたの「クルマの雪対策」教えてください!」
何シテル?   11/23 20:25
ローバー・114GSi、シトロエン・XsaraSX、シトロエン・BX19TZIと乗り継いで、シトロエン・XsaraBreakに出戻りました。1年間だけBXと並行...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
『NAVI CARS』誌での連載の取材相手を探しています  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/02 22:54:17
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
シトロエン クサラ シトロエン クサラ
BXがトラブルを抱えて車検が迫ってきたときに、譲っていただけるという話が舞い込み乗り換え ...
シトロエン BX シトロエン BX
シトロエンに乗って10年、一度ハイドロに乗っておかねば、と、思い切ってXsaraから後期 ...
ホンダ トゥデイ ホンダ トゥデイ
新車購入からわずか2ヶ月、盗まれたと思った先代Todayの替わりにまた同じTodayを購 ...
ルノー サンク ルノー サンク
ディーラーにシトロエンBXのオイル交換に行って、在庫車に一目惚れ。つい血迷ってガンディー ...
過去のブログ
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.