• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あっくんりょうパパのブログ一覧

2017年08月15日 イイね!

あの頃クルマは熱かった

あの頃クルマは熱かった今年のお盆休みは、11日から帰省して昨日、早々に戻ってきました。
最近は、帰省の疲れが回復するのに多少時間がかかるので、17日からの仕事に備えてマージンを取ったのでした。

帰省中は、
1、義父の実家の墓参り
2、昔から通っている床屋で息子と散髪
3、昔馴染みのお店で夕食
4、嫁のお友達の家に遊びに行く
5、義父、私の実家、母の実家の墓参り
6、父のクルマのLEDナンバー灯が壊れ、カー用品店を探すも在庫がなく、Amazonで注文
7、義母実家の墓参り
と、書き出すとこれを3泊4日で済ませたのですから疲れますわね。

さて、タイトル部分に載せた画像、父のクルマの色がカッコ良く見えたので撮ったものです。

このW211 Eクラスのカーネリアンレッドは、あまり見かけないので、この色を選ぶ方も少ないと思いますが、こう見るとなかなか良い色だと思うんですよねぇ。

最近、赤いクルマが少し流行りつつあるような気がするのは私だけでしょうかね?



そう思ったのは、この新型カムリのせいかもしれません。

思わず買った「すべて」シリーズを読んで、一番気に入ったのはこの赤。このクルマを買うなら赤でしょうね。

新型カムリ、
「ハイパワーでスポーティー。あの頃クルマは熱かった。」
のフレーズで、私の世代より上の方に「お!」と思わせる、思わず見入ってしまうCMにトヨタの力の入れ具合を強く感じます。

カムリがこんなにスポーティーなイメージを取り戻したら、ちょっとBMWから浮気しそうな魅力を感じます。

今夜はこれから、久々に購入した自動車雑誌を楽しみたいと思います。
Posted at 2017/08/15 20:50:41 | コメント(2) | クルマ | クルマ
2017年07月16日 イイね!

母のお買い物クルマの足元を新調

母のお買い物クルマの足元を新調北海道とは思えぬ暑さが続いておりますが、皆さん体調は大丈夫でしょうか?

さて、少し前の話ですが、母のお買い物クルマの平成16年式ホンダライフターボのタイヤとホイールを新調しました。

父から電話があり、
「母さんのクルマ、タイヤは減っていないんだけど、古くなってきて固くなって来て、もう買い換え時じゃないかな?」
と。さらに、
「どうせなら、今13インチだから、1インチくらいインチアップしたいもんだね。」
と言うリクエストがありました。

現状は、新車の時にオプションで買ったホンダアクセスのホイールにいつ買ったかも忘れたピレリP4の組み合わせ。P4と言っても、今売っているオールシーズン用じゃなくてその前のモデル。
父曰く、減らなくて、タイヤの模様に飽きるそうで(笑)

最初は、古いクルマなので、某オークションで、純正ホイールにタイヤが付いたものを探していましたが、結構良いお値段が付けられている上に、ガリキズの多いものばかり。「これにこの値段かよ!」ってぼやいてしまいました。

そんなにお金をかけたくない気持ちもありましたが、オークションの商品があまりにも残念だったので、「タイヤはフジ!」のHPをチェックしてみた所、新品アルミホイールに新品タイヤ、ナット、送料込みで34,500円の商品が!4本で!です。

サイズも純正サイズの165/55-14 4.5J-14 でばっちり。

早速ポチ!





例によって、装着品のデータです。

・車両データ : ホンダライフターボ(JB8 Cグレード 4WD) 平成16年式
・タイヤ : FALKEN シンセラ SN832i 165/55-14
・ホイール : BRANDLE(ブランドル)Z01 4.5J-14 オフセット未確認ですがおそらく+45
・その他 : ホンダ純正ナットは球面タイプで使用不可。テーパータイプナット使用。

届いて、履いてみて、このお値段でこのクオリティ。実家の両親も大満足の様です。
脱着作業した父も、13インチの以前のセットの方が重かったと感じたことは、運転して足元が軽くなっと感じてさらに実感したようです。
私も少し運転してすぐにわかりました。
そして何より、オーナーの母でさえ違いが分かったようで、そこが一番よかったです♪
昔のピレリタイヤって重たかったのでしょうかね・・・。
もしかすると燃費も良くなるでしょうね。

しかし、タイヤホイールセットが1本1万円しないなんて、凄い世の中ですね。
Posted at 2017/07/16 10:53:16 | コメント(2) | ライフターボ | クルマ
2017年06月30日 イイね!

リピーター

リピーター気が付けば6月も最終日。もう1年の半分が過ぎたんですね・・・。
4月に異動があってから、忙しい日々を過ごしていて、みんカラもちょっと疎かになっています。

今日は、2ヶ月に渡って取り組んでいた仕事が一段落したので、有給を取ってゆっくり・・・。
とは言え、嫁も息子も通常営業なので、うちで掃除機をかけ、トイレ掃除をし、風呂掃除もして、洗濯ものをベランダから取り込んで・・・。主夫です(笑)

そして午後は。

以前、F20 1シリーズの時にも装着していた剛性アップパーツを付けてみることにしました。



CPM Front Member Braceです。

F45/F46 アクティブツアラー/グランツアラーと、F48 X1の共通パーツです。これはフロントのサスペンションメンバーに取り付けるもの。このほかに、従来製品のLowerReinforcementもありますが、今回はフロント用のみ装着することにしました。

と、言うのも、私が乗っているFFの2015年7月製造の車両は、









このように、3箇所もつながっています。たとえそれがペラペラのパーツだとしても、まぁ、妥協できるので。

それと、最近、フロントのバタつきやハンドルの重さが若干気になっていまして、もしかするとこれで少しは解消できるかしら?と思ったところです。

ちなみに、このプレート類、車両年式や、最近登場したXドライブなどで付いていたり、付いていなかったり、ボルトの本数が違ったりしているようです。この、黒いプレートも形状が違ったりするようです。



さて、取り付けです。
このパーツは、ジャッキで持ち上げて作業できるものではありません。なぜなら、車両がねじれるとねじ穴などがずれて取り付けられなくなったりするから。
ですので、タイヤごと持ち上がるリフトか、昔ながらの地下に作業スペースがあるショップさんでの作業となります。







このようにメンバーの左右を繋げる形で取り付けます。一応メーカーの刻印がこのような方向に向くように取り付けて、トルクレンチで100Nm+90度で締め付けとなっています。
トルクレンチで締めた後にさらに90度締めるって、トルクレンチが要らないような気がしますが(笑)



リフトで持ち上げると、左側のアンダーパネルのビスが無くなっているのを発見!これはディーラーに近いうちにお願いすることにして。

装着後のクルマの変化ですが、正直に言いますと10キロも乗っていないので、まだわかりませんが、荒れた路面では、装着前に感じていたフロント廻りのバタつきは解消されているかもしれません。また、ステアリングの重さは、少し解消されたように感じます。さらに、回頭性が良くなったかも?です。

この週末で、沢山乗って確かめたいと思います。
パーツレビューはその後に報告します。

ともかく、今の所、お小遣いで買える値段のパーツの割には「あり」かもしれません。
Posted at 2017/06/30 18:38:28 | コメント(1) | F45 218d アクティブツアラー | クルマ
2017年05月20日 イイね!

マイクロフィルター交換

マイクロフィルター交換エアコンからの酸っぱいニオイ。気になりだすと、もうどうしようもなく気になり、様子を見ずに交換しました。

フィルターは通販でMEYLE (マイレ)製の活性炭入りフィルターを購入。4,860円+送料870円=5,730円。

さて、ここからは交換作業をアップしていきます。
と、言うのも、整備手帳が8工程しか載せられないから・・・。


【手順1:フィルターの準備】







MEYLE (マイレ)製の活性炭入りフィルター。
やはり、最初から汚れているような色をしていました。


【手順2:工具類の準備】



ライト、トルクスドライバー T-20、ペンチを用意します。
ペンチは、フィルターを取り出す際に使います。


【手順3:パネル(内貼り)の取り外し】



フットレスト横の内貼りを外します。
赤丸で囲んだ部分はトルクスネジ(T-20)1本で留っているので、取り外します。
赤四角で囲んだ部分2カ所は、クリップのようなもので留っています。上の方はクリップが見えますが、下側は内側に隠れています。



取り外したトルクスネジ。



クリップ部分は、上側から外しますが、内貼りの上部に手が入るので、そこを掴んで引っ張る。
外れたら、内貼りの開いた部分に手を入れて引っ張り、内側に隠れているクリップも外します。



クリップはこのような形状。板バネのような感じですね。


【手順4:フィルターの取り出し】



内貼りが外れたら、赤丸で囲んだフィルターが収まっている部分のフタが見えてきます。



フタは、赤丸で囲んだツメのようなものを矢印の方向(奥側)へ押すと外れて開きます。



フィルターが見えてきます。フィルターは上下2段に入っています。この時に、フィルターの方向を示す矢印を確認しておきます。



フィルターを取り出します。フィルターの耳を掴んで引き抜きますが、指では掴みにくいので、ペンチなどを使うのが良いでしょう。



1個引き抜くと下段のフィルターがこのように見えますので、上にずらしながら引き抜きます。




【手順5:フィルター挿入】

交換用のフィルターの方向(矢印)を確認する。





フィルターを挿入します。
これがなかなか、紙なので、柔らかくて入りにくいです。入りにくいので何度も出し入れしてしまいますが、ケースなどに擦って破らないように注意します。
下段の分は、まっすぐ収めてから下にずらすように入れます。


【手順6:カバー(内貼り)の取り付け】

カバー先端の赤丸部分ツメを確認します。





そして、このツメを合わせる場所を確認します。





内貼りのツメを矢印の向きに入れます。



内貼りを取り付ける際は、配線等を挟み込まないように注意します。後付けの配線(レーダーなど)は束ねられていない場合が多いので注意が必要です。ウチのクルマも、ショップさんに配線してもらいましたが、遊んでいました。

カバーが定位置に収まったら(クリップ位置が何となく合うとしっくりくるのが感覚でわかります。)、まず上部クリップの位置を目視で確認して、軽く叩き込みます。
その後、下部のクリップも軽く!様子を見ながら叩き込みます。
クリップ位置は赤四角で囲んだ部分。





きちんと収まれば、画像のように、矢印部分のチリ(隙間)がピッタリ合います。
最後にトルクスネジを締めて作業終了です。

さて、取り替えたフィルターの汚れをチェックしてみます。

こちらは古いフィルター↓
この向きは、内側に向いている方です。





こちらは新品↓



さほど汚れているようには見えませんが、新品のフィルターは酸っぱいニオイがしませんでしたから、汚れているのでしょう。

さらにこちらは裏側。(外側)



何となく汚れているようにも見えます。下部にセットされていたフィルターに、



ゴミが引っかかっていました。よく見ると、全体的に細かくなった枯葉などが付着していました。

交換後、エアコンを風量MAXで動作させてみましたら、酸っぱいニオイはなくなりましたので効果がありました。

後は、AUCを「A」にせず、LED消灯の強制外気循環させることと、パーキングベンチレーションを使って、夏場の湿気対策を行って、ニオイ防止を行っていこうと思います。

ディーラーで行えば1万数千円、今回は1万円ほど節約できたかな♪

9月に1年点検がありますが、この時にフィルター交換されないように注文を忘れないようにしないと!
Posted at 2017/05/20 20:52:27 | コメント(2) | F45 218d アクティブツアラー | クルマ
2017年05月13日 イイね!

エアコンから酸っぱいニオイ

エアコンから酸っぱいニオイGW頃から少し気になりだしたことがある我が家のクルマ。

気温が上がってきて、エアコンが入ると微妙に酢の様な酸っぱいニオイが・・・。
みんカラのお友達の方や、各種SNSでもこの酸っぱいニオイについて記載がありました。

エアコンのニオイと言えば、雑巾生乾き系のニオイが定番?で、エバポレーターやダクト周りのカビや汚れが原因であることが多いのですが、これは、パーキングベンチレーション機能を使っていれば防ぐことができますし、実践していますので、この酢のようなニオイは少し種類が違う気がしまして、今日、マイクロフィルターを点検してみました。

これ、今までのBMWの定番の場所に無いらしいのはわかっていましたが、じゃあどこから取り替えるのかということで、某パーツサイトを覗くと、それらしき絵が出てきました。

さらに、F56のミニにお乗りの方が、ご自分でマイクロフィルターを交換したblogを発見。F56とほぼ一緒のアクティブツアラーですので参考にさせていただきました。

運転席のフットレスト横のパネルをT20のトルクスネジ1本で固定されているので外し、残り2カ所はクリップのような、引っ張ればとれる留め具から外すと、フィルターの入り口のフタが見えてきました。フタは爪のような形状で、簡単に開けられました。

フィルターを取り出してみると、



DENSO製のフィルターなんですね。



汚れているような気もしますが、もしかすると最初からこんな色をしている可能性があるので、なんとも言えません。ただ、ニオイをチェックするとまさにこのニオイです。

マイクロフィルターって、BMWの有償サービスに含まれていた気がして、ディーラーに聞いてみたところ、オイル交換のタイミングで交換するようですが、昨年の1年点検時には、規定走行距離以下で交換しているのでマイクロフィルターは交換していない・・・?だか、なんだかとのことで、結局は取り替えていなかったようです。今取り替えてくれないのか?と聞いてみたら、次の1年点検時じゃないと有償サービス適用外で1万数千円かかります、ですって。

ということで、取り替え方がわかったので、これ以上悪化した場合は、ネットでフィルターを取り寄せて自分で交換してみます。ネット通販なら、送料込みでも5千円程度でしたので。

その時にはきちんと、作業手順をUPします。
Posted at 2017/05/13 18:46:30 | コメント(2) | F45 218d アクティブツアラー | クルマ

プロフィール

自分でも驚くほど長続きしているブログです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ゆっき~の為の磨き道具講座(笑)。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/10 08:35:37
焼き付き防止グリースってご存知? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 07:58:14
スタッドレスタイヤ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/14 18:06:46

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 2シリーズ アクティブツアラー BMW 2シリーズ アクティブツアラー
BMW初のFF車、私の車歴初のディーゼル車。 (2015年10月11日~)
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
ついに4台目の1シリーズとなりました。 (2013年1月12日~2015年10月11日  ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
なんと、3台目のE87。今度の車は、モデル末期という事もあって、熟成の域。 ベーシックで ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
2台目の1シリーズ。 Mスポの足の硬さ、スポーツシートの乗降性の悪さが同乗者からのクレー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.