• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年08月08日

奥多摩一周

ヒルクライムレースシリーズ戦で納得のいかないパフォーマンスしか出せていない自分への焦りを何とかするべく、奥多摩へ坂修行へ行ってきました。

今回はハルさんが同行してくださるようで、
怠け癖がついてしまった私には強い味方です。

武蔵五日市駅で合流するわれら。
考えてみれば、フレンチブルーな我ら。
青いフラ車の会を立ち上げてもいいかな?

ハルさんのC4良い色だな。青よりも藍色に近く、かといって藍色ではない。
良い色です。

私も、奥多摩軍団の端くれ。
桧原村役場をいつもは左に曲がるところを、初めて右に曲がる。
知ってる人しか行かない?
と言われれる、風張峠をめざします。


なんだか超余裕の我々ですが、
この後起きる事態を正確に把握していませんでした。

聞くところによると、風張峠だがなんだかしらねーが、
18%位あるらしい。

ハン。。。

大体そのようなレポートは多めに見積もって言うものだ。
それに18%ってのは13%に毛が生えた程度だ。
20%になると別だが、そんなのはちょっとだけで大概言うほどでもないもんだ。
わざわざそんな噂の為に、大きいギアなんて必要ない。
軽いホイールも必要ない。
重い普段履きであるC50と
ノーマルクランク39X25Tがあれば十分。
オーバーホールした我がLOOK君を前に、そんなもんには轍を刻んでやる。。。

と(本気で)思っていました。


神をも恐れぬ行為です。笑っていますね。。。


見せてもらおうか!?奥多摩の激坂、とやらを。。。

と高々に叫んでいたわれらの前に。

ナンバーが無いシトローエンばかり置かれた場所へ。
何か宗教的なやばさを感じ始めた私は、ここら辺から不安になってきます。

まずい。。。もうベトナムなんてとっくに超えてラオスにまで入っているかもしれない。。。

その感じは正解でした。
この後、山間の集落にある三叉路ですっかり行く手がわからなくなった我々は、
確実にやヴぁい道を突き進みます。
どれだけやヴぁいかというと。。


これっくらいやヴぁいです。
ハルさん、これは間違いです。
もう帰りましょうよ、こんなところにいたらやばいですよ。。。

とすっかりおびえた私を前にハルさんは、
いや、これを進むんです。

と言って頑として譲りません。
あのraphaのジャージ着てる人って、おかしくね?
ロードバイクで行く道じゃないんだけど?!
(ハルさんネタに使わせていただきましたごめんなさい)

この後ハルさんの機転で正しいルートに戻ったわれら。
しかし、この道がやばかった。

まずいな。こりゃ、結構な登りだぞ。。。
そう思ってコンピュータの表示を見ると20%。。。

は?

確かにきつい。
それに、登りって言ったって、休みになる箇所が必ずあるもんだ。
しかし、きのこセンターへの登りは全く我々に休む場所が提供されず、ひたすら20%の登りにくらいつくしかありません。

ヒルクライムレース用のサドルをつけているLOOK君。
サドルはかなり前につけている(それでもUCIのレギュレーションをクリアしてる)のだが、そのサドルのさらに前に座って、なんとか体重をかける。

というかはっきり言って39X25Tでは登れない。
心拍なんてとうに180を超えて、これ以上パワーを絞れない状態にある。
そして休ませてくれる斜度にならない。

こうなると悪夢にしか思えない。
すべての力を込めているのだが、立ちごけする一歩手前。

もうやめよう、ペダルをリリースしろ。バイクを降りろ!
いくらなんでもこの道はやばい。
うちらの業界と全く同じ「きつい、きりがない、かえれない」
のそれだ。

というかこのまま乗車しても結局登山道になるに違いない。
こんな道の先に集落があるなんて到底ありえない。
東京都の秘境と言われている、道志、落合なんて比じゃない。
ここに比べれば、渋谷、原宿と同じだ。
つまりこの先に集落なんてない、また道を間違えたに違いない。
こんな悪い道でパンクしたらどうなる?そもそも半分ダートのような道だぜ?

と足をついたら終わり。
300wを捻出させられ、どうにかこうにか登るとなななんと集落が現れました。
ほんと信じられません。

そして待望の0%を見つけ(そこは民家の駐車場)バイクを突っ込んで休憩させていただきました。

「どっからきたの?」
「どこに行くの?」

ハル氏を待つ間、そんな話をしていましたが、
それにしてもこれはきついです。
斜度が緩いところで14%、
あとは20%と言った具合。

途中有名なこの場所へ

この巻貝のような場所。
この斜度でも、地元の方曰く。

あそこはもう大した斜度じゃないから大丈夫だよ

は?
これが?
どうなってるのでしょうね。
生活にはこの集落はとても厳しいと思うのですけど。。。
冬は、雪が積もらないにしても、雪で閉ざされるでしょう。
どうやって生活しているのでしょう。

気を取り直して

やばい、立ちごけしそう。。


(ってか、坂のぼる体型じゃないよね)

たしかに斜度は15%程度に落ちています。
さっきに比べれば大したことありません。
しかし。。


ガスってきました。。。


ハル氏をまって再び。
ここ、景色が見えたら絶景でしょう。


しかし、このガスの景色もそれらしくていい。
私がまだこの世で走っていればよいのだが。。。
こんな浮世離れした景色だと、いよいよ対岸に来ちゃった感もあります。

この後、無事に周遊道路に出た我々は一路奥多摩駅へ向かいます。
ガスの中したので、ジャージの前面が濡れて、というか寒いです!


下界に下り、すっかりしゃりばてです。
嗚呼、いちごミルク万歳!

既に、落ち武者状態になっていた我々は、ランチをもとに戦場・・奥多摩を走り回ります。
奥多摩って、有名店のキャパシティがそれほど大きくはないので、事前調査のお店は悉く満席状態でした。

しかし、あきらめて帰路を進んでいた我々はついにオアシスを発見!

ここのお蕎麦、美味しかったですよ~


回復にもノンアルコールビールは良いそうです。
ただ、本場ベルギーではレースでもこれに実弾が装てんされた飲み物が出るのかもしれません。


下界に下るにつて、
暑さに参っていた我々ですが、無事最後の峠を越えて武蔵五日市へ帰ってきました。

それにしても登りました。。。
今まで13%位を登りと思っていました。
しかし、いまでは13%は下り位に思わなければいけない、ということがわかりました。


まったく素晴らしいルートでした。
ハルさんお疲れ様でした!
ブログ一覧 | Road to T | 日記
Posted at 2015/08/08 22:05:45

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

わんすあにばーさりー
ベんべぇさん

H29 GW初日~
(株)雷電さん

118d、一寸そこまでが道の駅「た ...
wasa@11ukさん

【釣り注意w】V10のHARTGE
ベんべぇさん

和田峠サイクリング
ちょっこーさん

この記事へのコメント

2015/08/08 22:21:07
お疲れ様です!
通い始めてかれこれ6〜7年。
役場信号右折した事がありません^^;

そのようなところへ抜けるのですね(あわわわ)

コメントへの返答
2015/08/09 20:00:04
そもそも、右に行っても車では周遊道路に乗れないようになっていますので行くことはないと思いますが、改めて奥多摩の恐ろしさを垣間見ました。
2015/08/08 22:27:54
こんばんは♪

笑いながら読ませて頂きました!

巻貝でコケなくて良かったです(笑)
コメントへの返答
2015/08/09 19:59:10
ありゃすげーです!

間違いなく車では行きたくない場所です。

油断するとすぐこけそうです!
2015/08/08 22:46:55
エグザンのリミテッドエディションかな???  えっ、、、そこ突っ込むの?
コメントへの返答
2015/08/09 19:56:39
どおりで!
本革シートだったのです。

2015/08/09 01:09:32
奥多摩奥が深いですね~。こんな場所知りませんでした。
鋸山林道は一度行ったことがありますが、二度と行きくない場所のうちの一つです♪
コメントへの返答
2015/08/09 19:57:40
風張峠はおそらくIGEさんは行かなければいけない場所です。

鋸山林道ですか?

また行かなければなりませんか。。。
2015/08/11 10:17:09
IGEさん逝くよ!

鋸山林道は大したことはありません。10kmでたった1000m登るだけです♪
奥多摩川から登り、神戸岩のある五日市側に抜けるのが正しい登り方です^_^
コメントへの返答
2015/08/11 22:18:48
是非ともオススメです。
と言うか連れて行ってください!!

今度は28に、軽量ホイール履いて行きます。

うししし。。。
2015/08/12 18:55:47
当然自走ですよ♪

そうでないとIGEさんが邪道と怒る…
コメントへの返答
2015/08/12 19:23:01
自!

帰りに武蔵五日市に帰らなければ、200ちょいです。
それなら十分射程距離です!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「SEIJI OZAWA MATSUMOTO FESTIBAL http://cvw.jp/b/454226/40284712/
何シテル?   08/21 22:28
Clioに乗ってまだまだフランス車初心者です。 ドライブに、サーキットに、というものよいですが、せっかくのほほんとしたフランス車。マイペースにカーライフが...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ボジョレーワイン委員会 
カテゴリ:ワイン
2010/10/09 19:45:23
 
電子国土ポータル 
カテゴリ:山
2010/08/20 22:56:40
 
勝沼酒造 
カテゴリ:ワイン
2010/08/20 22:54:46
 

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
レースの遠征でいかに快適であるか。 レースでダメージを負った体で運転が可能か? 万が一レ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
-Modification- Kit Sport Exhaust OZ Ultraleg ...
スバル レガシィ スバル レガシィ
親の車です。 スバル車のよさを知った車です。
その他 その他 その他 その他
【FFM】French-French-Makuhariへのインフォメーションはこちらです ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.