• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月24日

前文部科学事務次官いわく、ネトウヨは「教育の失敗」・・・


文春オンライン

【転載開始】

■前文部科学事務次官いわく、ネトウヨは「教育の失敗」

 文部官僚は地味と寡黙で知られる。
政治家にほとんど転ぜず、著作も少ない。
それゆえ、まずは物珍しく読んだ。
先日発売された、前川喜平と寺脇研の対談本
『これからの日本、これからの教育』 (ちくま新書)
である。

 対談者のふたりについて詳しい説明はいるまい。
前川は加計学園問題で一躍有名になった
前文部科学事務次官、寺脇は「ゆとり教育」の
推進で知られる元文部官僚だ。

■ネトウヨは「学び直す機会が必要」

 能弁な寺脇にくらべて前川は控えめながら、
ときおり驚くような発言をする。

 「『ネトウヨ』といわれる人たちは、きっと自己肯定感
の低い人たちなんだろうと思います。『個の確立』が
できていないのでしょうね。ある意味、教育の失敗だと
思います。学び直す機会が必要なんじゃないでしょうか」

 教育行政の事務方の前トップから直々に「教育の失敗」
と認定され、「学び直せ」といわれるネトウヨもなかなかに
哀れである。
「ひとりひとりの学ぶ権利の保障」を丁寧に説く前川だけに、
その放言はいっそう際立つ。
よほどネット上の批判が腹に据えかねたのだろうか。

 このほか、官房副長官(当時)の萩生田光一が
事務次官会議で『シン・ゴジラ』を「ぜひ観るように」と
話していた、文科省時代の前川のノートパソコンの
待ち受け画像がチェ・ゲバラの肖像写真だった、
などのエピソードも興味深い。

■良くも悪くも「役人」というキャラクター

 ただ、全体的にはやはり物足りないといわざるをえない。

 前川については、一方では聖人化され、もう一方では
悪魔化され、両極端な見方が強い。
だが、じっさいはそのどちらでもなく、元行政官がたまたま
目立ってしまったにすぎない。

 自身が取り組んできた仕事については熱心に話すし、
その内容は大きく間違ってはいない。
そのいっぽうで、自身が詳しくない、思い入れのない分野に
ついては、あまり語ろうとしない。
ときおり放言もする――。
これは、元行政官でも、元会社員でも、同じことだろう。

 たしかに、対談相手の寺脇は、後輩で部下だったことも
ある前川に甘すぎる。
天下り問題や大学行政の問題(予算削減による研究環境
の悪化)などについて、もう少し追及があってもよかった
はずだ。

 とはいえ、それもおのずと限界がある。
前川は良くも悪くも「役人」で、キャラクター化がしにくい。
叩いてもたいしてホコリが出ない。
奇人変人のオンパレードだった森友学園問題の登場人物
たちとはそこが大きく違うところだ。

■官邸文部局という実際と、文科省なりの戦い方とは?

 文科省は、所管する教育こそ重要(国家百年の大計)だが、
それを自前で切り盛りする力がない。
そのため、旧文部省の時代から、力のある組織に左右されて
きた。

 戦前には、内務省に支配されたので、内務省文部局と
揶揄された。
そして戦中には陸軍省文部局。
敗戦後にはCIE文部局(CIEはGHQの特別参謀部。
民間情報教育局)。
高度成長期には自民党文教局もしくは日経連教育局
という具合だ。

 それゆえ、加計学園問題をめぐって、今日の強大化する
首相官邸や、その威を借りる内閣府に影響されていたと
しても何の驚きもない。

 ただ、「影響」といっても、文科省なりの戦い方はあるらしい。
本書の、教育再生実行会議について触れた部分でそれが
感じられた。

 教育再生実行会議は、安倍首相の私的諮問機関で、
保守系の言論人が多数メンバーとなっている。
前川はそのメンバーについて「はっきり言って偏っています」
と断言し、中央教育審議会を使って、教育委員会の見直しに
関し「もう少しバランスのとれた考え方にしようと、修正を図り
ました」と述べている。

■元文部官僚の内輪話を読める機会はあまりない

 まさに面従腹背だが、このようなフィルタリングこそ、
文科省が果たすべき役割のひとつなのだろう。
そうしなければ、文科省は、官邸文部局、内閣府文部局に
成り下がってしまう。

 もちろん、これはこれで、政治主導が官僚の思惑で
骨抜きにされかねないという懸念も残るのだが。

 いずれにせよ、このような元文部官僚の内輪話を読める
機会はあまりない。
私はかつて 『文部省の研究』 を書いたとき、資料集めに
大変苦労した。
世間を騒がす加計学園問題にも、思わぬ拾い物があった
わけである。

辻田 真佐憲

【転載終了】

**************************

 我々素人には教育の失敗なのかはわかりませんが、
ヘイトに関しては問題だと思います。

 正直、私も何度かネトウヨに絡まれたことがありますが、
「知性のかけらもないな」という感じは受けました。

 以前ある准教授がネトウヨの実態に関した研究で、
産経の読者がほぼネトウヨの総数ではないかと、
興味深い研究結果を発表しています。

 可なり幅広い世代にわたり存在しているようです。

 確かに、産経の主張とネトウヨの主張は似ていますね。
ブログ一覧 | ニュース | 日記
Posted at 2017/11/24 08:24:48

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ふむふむ・・・( ˘ω˘ )
ロドスタRF マシグレVSさん

「ゆがめられた行政が正された」加戸 ...
Thomas@20Gさん

クビになる前に職を賭して告発したな ...
仁政さん

この問題で総理を辞任に追い込むのは ...
仁政さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「安倍政権の生活保護引き下げに衝撃! http://cvw.jp/b/457233/40854617/
何シテル?   12/16 07:49
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
47 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * ☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認
あぁセドリック☆あぁセドリック☆ 虎彦虎彦
かっぽちゃんかっぽちゃん 北陸推しのアクセラ乗り北陸推しのアクセラ乗り

ファン

56 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる