• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LC=相棒のブログ一覧

2017年09月05日 イイね!

“安保法制は抑止力”はやっぱり嘘だった!?


RITERA

【転載開始】

■“安保法制は抑止力”はやっぱり嘘だった!
  米国との軍事一体化で、日本も攻撃対象に

 だいたい、安倍首相は安保法制をつくるにあたり、
国会でも何度も「紛争を未然に防止する力、
抑止力を高める」「日本が攻撃を受けるリスクを
減少させる」などと宣伝してきたのではなかったか。
「今回のグレーゾーンから集団的自衛権の一部
行使容認を含む平和安全法制は、まさに切れ目
のない法制を進めていくことによってしっかりと
未然に紛争を防いでいく、言わば抑止力を向上
させ、より平和で安定した地域につながっていくと、
こう確信をしているところでございます」
(2015年8月4日参院特別委員会)

 それがどうか。北朝鮮のミサイル発射や核開発に
対し、トランプ大統領は「世界史に類をみない炎と
怒りで報いを受けるだろう」と発言をエスカレート。
そして本来、同盟国の首相としてトランプをなだめ、
平和的解決へ向けた交渉の仲介役を買ってでなけ
ればならない安倍首相は「私たちもさらなる行動を
とっていかなければならないとの認識でトランプ
大統領と完全に一致した」などと言って追従する
ばかり。
軍事行動も辞さないとする米国の激昂に同調し、
先週のミサイル発射の際も「わが国を飛び越える
ミサイル発射という暴挙はこれまでにない深刻かつ
重大な脅威」と述べるなど、自ら軍事衝突を煽りに
煽っている。
たとえばドイツのメルケル首相が「米国と北朝鮮の
対立に軍事的な解決策はない」と表明したのとは
対照的だ。

 しかも、このタイミングでわざわざ米側と「相互防衛」
を確認したということは、仮に米国が軍事行動に出た
場合、日本の米軍基地を攻撃の拠点とすることや、
海上の米艦隊を自衛隊艦が援護することも、すでに
決定しているという見方もできる。
いや、北朝鮮からICBMが発射されれば、米国が
軍事行動に出る以前に、日本がそのミサイルを
迎撃することを約束した可能性もある。
当然、北朝鮮が報復として在日米軍基地のある日本
の都市を攻撃したり、自衛隊員が米軍と北朝鮮との
戦闘に巻き込まれて戦死する可能性も高まっていく。

 これのなにが「抑止力」か。
安倍政権が米国に恭順の意を示し、軍事的に一体化
した結果、そのために日本が攻撃対象となるのだ。

 そもそも、今回の緊張の背景の本質は、核・ミサイル
を交渉材料にして、1953年の休戦協定以降も続く朝鮮
戦争を終わらせる平和条約の締結をしたい北朝鮮側と、
それを認めないアメリカ側との対立にあり、究極的に
言えば核・ミサイル問題は米朝関係のイシューなのだ。
にもかかわらず、安倍政権はその仲介に乗り出すこと
を一切せず、トランプと一緒に軍事的緊張を高め続け
る姿勢をとってきた。
あげくは、国民の知らないところで、集団的自衛権
の行使まで約束するとは、まさに“亡国の首相”と
いうほかない。

■読売と産経は、“戦争への準備をせよ”と北朝鮮危機
  を煽る

 だが、最悪なことに、日本のマスコミは、米国の
戦争に日本を巻き込もうとしている安倍首相を
批判するどころか、政権が宣伝する“北朝鮮危機”
に丸乗りし、トランプによる軍事攻撃に期待すら
してみせている。

 たとえば、本日の全国5紙朝刊の社説では各紙とも
北朝鮮核実験を取り上げたが、朝日が〈軍事行動は
選択肢になりえない〉、毎日が〈軍事衝突は、絶対に
避けなければならない〉と戦争回避への努力を明確
に説いた一方、読売と産経は逆に、「戦争の準備を
進めよ」と号令をかけんばかりの書き振りだった。
〈米国と北朝鮮の今後の動きが不透明な中で、朝鮮
半島情勢が緊迫度を高めることが予想される。
日本は、北朝鮮の更なる挑発や偶発的な軍事衝突
などに備え、厳戒態勢を敷く必要がある。〉(読売)
〈国民の生命と平穏な暮らしが、極めて危うい状態に
置かれようとしている。日本は戦後最大の国難に
見舞われているといえる。(略)

 口先だけで平和を唱えていれば危機は訪れない
という、独りよがりの「戦後平和主義」は無力かつ
有害である。日本のとるべき対応について、国民的
な合意が必要だが、忘れてはならないのは、眼前の
危機を直視した発想と対応が欠かせない点である。〉
(産経)

 もはや「開戦前夜」のようですらある。
しかし、繰り返すが、北朝鮮の核問題の本質は米朝
関係にある。
本来ならば、国際社会は米朝の“雪解け”に尽力
せねばならず、実際、中国やロシアだけでなくドイツ
などもトランプ大統領に自制を求めているのに、
これを率先してやるべき日本の安倍首相だけは
「トランプ大統領と完全に一致」「日米は100パーセント
ともにある」などと言い続け、軍事的一体化まで求める
ような「相互防衛」をわざわざ確認した。
しかも、国民の声をまるで無視したまま、だ。

 専門家のなかでは、依然として、米朝の軍事衝突が
あるならば米側の先制攻撃で始まるとの見方が強い。
安倍首相は、政権浮揚のためにアメリカの仕掛ける
戦争に日本を巻き込ませるのか。
わたしたちがなすべきことは、ミサイルの恐怖に屈して
好戦的世論を醸成することではなく、なんとしても戦争
を回避するため、冷静に対話と外交努力を続けるよう、
政府に異を唱え続けることに他ならない。
(編集部)

【転載終了】

*************************

 核実験がレッドラインのはずでしたが、
米国は攻撃する気配がありません。

 そして、トランプ大統領は、
「北朝鮮とビジネスを行う全ての国と貿易停止」
すると発言しました。
これも実現不可能なことでしょうね。

 ちなみに北朝鮮は中国、ロシアをはじめ、
100以上の国と国交があります。

 トランプ大統領は何も知らされていないのでしょうか?
どこかの国の首相と同じく、裸の王様なのか・・・

 9月9日の建国記念日に再度ミサイルを発射したら
どうするのか?(今度はグアム方向へ?)
Posted at 2017/09/05 19:27:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2017年09月05日 イイね!

100%死に体政権の助っ人役・・・


ジャーナリスト同盟Web機関紙

【転載開始】
※記事抜粋。

<清和会の秘書会先輩による安倍診断>
安倍晋三が父親のカバン持ちをしていたころ、
所属する清和会秘書会幹部が電話をくれた。
彼は「安倍内閣は100%死に体」と診断した。
安倍スキャンダル、首相官邸の内情、
自民党内事情、清和会の内情、そして世論、
内外政の失敗を理由に「三選なし」「野垂れ死に
する」と断じた。
政権の懐から分析したものである。
同意するほかない。
確かに、日々の安倍日程からも読み取れる。

<一番驚いているのは泉下の父・晋太郎>
 彼は不思議なことを吐いた。
「安倍晋三が政権を5年、7年も担当していることに、
一番驚いている人物は、心臓の才能を知悉して
いる父親の晋太郎だ」と断じるのだ。

 「人間としての出来の悪さを、育ての親は良く知って
いる。
家庭教師の平沢勝栄でさえも、定規で頭を何度も
たたいている。
それは覚えていて、決してポストを与えない。
人間が出来ていない証拠。そんな人物が首相になった?
それも5年、7年?ありえない。
いくら説明しても晋太郎は信じようとはしない」という
のである。

 岸信介の娘の母親は「運命の人」とわかったようで
わからない認識を打ち明けている。

 安倍を知る清和会の秘書連の驚きは、
尋常ではないのだ。
清和会オーナーの福田康夫の怒りの「日本は破滅する」
発言は、心臓を射抜いている。

 現在、安倍に付き従う国会議員はほとんどいない。
「早く辞めて」が自民党員の総意といっていい。
永田町の空気を知る立場の人間であれば、だれも
異論などないはずだ。

<帝王学ゼロが森友・加計・強姦もみ消し>
 「安倍は帝王学がない。ゼロもいいとこ。何をして、
何をしていけないか。それがまるでわかっていない」
と決めつける。
したがって、安倍を「首相」と呼ぶことにためらいがちだ。
首相の資格がないためだ。

 そうして森友事件・加計事件・強姦もみ消し事件が
起きた。
ほかにも沢山あると見られている。
前二者は売国奴そのものである。
公金横領事件であろう。
 女性の人格を奪う強姦事件をもみ消した罪は、
万死に値する。

<会計検査院と検察庁の責任>
 「森友事件に会計検査院が調査している。それがまだ
結果の報告がない。おかしい」と指摘する清和会の
元秘書の指摘である。

 このような場合、新聞と野党が連携して追及するはず
なのに、双方とも沈黙している。

 「森友事件は、その一部に検察は手を付けたが、
肝心の財務省・国交省などへの捜査を始めていない。
検察庁も責任を放棄している。許せない」と国民の
怒りは止んでいない。

<東芝・三菱沈没の原因は安倍内閣>
 東芝・三菱・日立こそがアベノミクスの先頭を
走らなければならなかった。
それが原発の国際的セールスであった。
安倍自らトルコやインドその他で売り込みに奔走した
ことは、まだ記憶に新しい。

 特に東芝は、原発推進派をトップに据えて、
安倍内閣の今井路線に忠実に従って、
地獄を見ることになる。
現在、安倍と今井の関係が破たんしたという。

 「官邸内はガタガタ。柱が揺れてしまって倒れそうだ」
という悲鳴ばかりが聞こえてきている。
三菱も原発で大損を抱え込んで元気がない。
車もダメ。飛行機もダメ」と関係者は頭を抱えている。

<日銀の黒田の罪>
 大嘘付きは安倍だけではなかった。
日銀の黒田も大嘘をついて、それでいて依然として
金融政策の中心に居座って、高給を食んでいる。

 「輪転機を回して福沢諭吉を印刷するだけなら
小学生でも出来る。庶民は高い物価で泣かされている。
それでも日本のデフレは止まらない。
黒田公約の罪も重い。
これからどう始末をつけるつもりか」と専門家は
黒田監視を強めている。

<読売・産経で持つ安倍晋三政府?>
 死に体政権になると、安倍の取り巻きには胡散臭い
人物が、あまりにも目立つ。
紹介しないが、それでも存続する安倍内閣。
どうしてか?この謎を清和会関係者は
「それは読売と産経のお蔭だ」と決めつける。
筆者はこれにNHKも加えようと思う。

2017年9月5日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

【転載終了】

**************************

 今朝の地方紙を見ると、安倍政権の不支持が55%に
なっていました。

 少なくとも、我が県の半数以上が安倍政権を
支持していないということのようです。

 この数字は、我が県の自民党議員は黙殺できないでしょうね。
Posted at 2017/09/05 14:12:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2017年09月05日 イイね!

雲隠れの佐川国税庁長官に“直撃隊”まで・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■自宅前から生中継 雲隠れの佐川国税庁長官に“直撃隊”まで
 2017年9月5日

 安倍首相を「森友疑惑」から守り抜き、
その褒美として国税庁長官に栄転した佐川宣寿氏。
就任後、一度も記者会見を行わず批判を浴びて
いるが、とうとう怒りをつのらせた市民が、
佐川長官を直撃しようと連日、都内の佐川邸前に
足を運び、ネット上で生中継する事態になっている。
生中継は毎回、反響を呼んでいる。

 8月中旬から始まったと思われる中継は、
毎日ではないが、頻繁に配信されている。
配信する「keiki22」さんは、朝8時前に佐川邸に
到着し「ライブスタート」。
ほとんど佐川長官の監視員状態。

 総視聴者数は毎回1000~2000人に上り、
中継中に寄せられるコメントも数百ある。
<早くからお疲れ様><粘りに脱帽です>など
激励が相次ぐ。
中には<「佐川サンに会いたい」と市民の皆さんが
集まっています>とあるから、数人の“同志”が
行動を共にしているのだろう。

 ただし、これまで佐川長官は姿を見せていない。
どうやら、スタンディング(監視の意)を警戒して
どこかに雲隠れしているようだ。

 コメントには佐川長官への質問も多い。
<国民に就任の挨拶もできないのはどうして>
<確定申告用紙は黒塗りでいいんですよね?>
<領収書は即廃棄でいいんでしたっけ?>

 佐川邸前のスタンディングについて国税庁は
「特にコメントすることはありません」(広報室)と言い、
警視庁は「わかりません」(広報課)と回答したが、
国税庁や警視庁も頭を抱えているに違いない。

 市民団体が国に提出した「佐川長官の辞任を求める
署名」は1万人を超え、現職の税務署員も署名に
加わっている。

 佐川長官は、早く記者会見を開いて説明しないと
混乱は深まるだけだ。

【転載終了】

*************************

 安倍首相が辞任したら更迭 or 天下り?

Posted at 2017/09/05 13:44:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2017年09月05日 イイね!

三行半相次ぐ官邸の不協和音・・・


日刊ゲンダイDIGITAL

【転載開始】

■首相の懐刀も「辞めてやる」 三行半相次ぐ官邸の不協和音
  2017年9月5日

 一丸となって北朝鮮危機に対応している
はずの安倍官邸に、Jアラート並みの不協和音
が鳴り響いている。
第2次政権発足当初から安倍首相を支えてきた
側近が、相次いで離反の動きを見せているのだ。

 そのひとりが、“陰の総理”とも呼ばれる
今井尚哉首相秘書官。
常に安倍に寄り添い、経済政策から外交政策までを
取り仕切る「懐刀」である。
その今井氏が、8月16日に行われた記者との
オフレコ懇談で語った内容のメモが出回り、
政権内部に衝撃が走っている。

 すでに一部週刊誌などで報じられているが、
本紙も【取扱厳重注意】と書かれた問題の
オフレコメモを入手。
そこには、今井氏のこんな生々しい発言が記されて
いるのだ。

 <安倍総理が「最近今井さんが僕に厳しい」と
最近漏らしたと聞いたから、俺は机を叩いて
「国民のために総理をお支えすることに命をかけて
いる。総理がそんな姿勢なんだったら今すぐ秘書官
を辞めてやる」と言ったんだ。そしたら、安倍総理が
謝ってきた>

 <このまま行けば、安倍政権は来年の9月で終わり
だと思う。次は石破が90%、岸田が10%だろう>

 首相秘書官が、机を叩いて「今すぐ辞めてやる!」
とは穏やかでないし、それで首相が謝るというのも
情けない。
どちらの立場が上なのか。
その上、「安倍政権は長くない」と見限っているわけだ。

 こういう発言が流出すること自体、異常事態であり、
求心力の低下を物語っているが、実は、三くだり半を
突きつけたのは今井氏だけではない。
安保政策の司令塔である「日本版NSC」の
谷内正太郎局長も辞任を願い出たというのだ。

 「8月の内閣改造に合わせて、『お役御免をこうむりたい』
と申し出たそうです。正式に辞表を出したという話も聞き
ますが、箝口令が敷かれている。総理が慰留し、NSCは
何事もなかったかのように危機対応に当たっていますが、
その後も谷内さんは常に辞意を漏らしているような状況だ
そうです。原因は、経産省出身の今井秘書官が外交・
安保政策にも干渉し、NSCの意向を無視した“二元外交”
を展開してきたことと、それを許している総理への不満と
いわれている。我慢の限界ということです。総理を支える
という目的で、同じ方向を向いていたはずの側近が反目し、
官邸内の人間関係がギクシャクしているのは間違いあり
ません」(官邸関係者)

 そんな状態で有事対応ができるのか。
“腹心の部下”2人から見放され、要を失った安倍官邸は、
内部崩壊し始めている。

【転載終了】

**************************

 この記事は、週刊ポストに掲載されている記事ですね。

 記事中には、仕掛けているのは最終的な思惑は違えど、
党中枢の三人の意思は、安部降ろしで一致しているようです。
Posted at 2017/09/05 07:24:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「ビール会社がジャマイカ・ボブスレーチームを救済。 http://cvw.jp/b/457233/41107616/
何シテル?   02/17 13:09
子供達が結婚し独立。 孫の誕生を楽しみにしている、 おじいちゃん予備軍です! 毎日の「ブログ」更新を目標にしています。 車歴     ①サ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

オヤジ(ジジイかな・・・笑)年代です。
クルマ大好き人間、大歓迎です!
時事ネタが多いので、うざかったらスルーお願いします!
どぞ!よろしく!

息子年代の若い方も、歓迎です。
47 人のお友達がいます
纏* ☆AQUA☆AQUA *みんカラ公認
macモフモフmacモフモフ * sin☆sin☆
虎彦虎彦 北陸推しのアクセラ乗り北陸推しのアクセラ乗り

ファン

57 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー 200 トヨタ ランドクルーザー 200
我が家“三代目ランクルブラザース”となります!(笑
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ランクルを所有したかったのですが、 80を我慢して、念願の100を手に入れた、 ドノーマ ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有。 通勤カーでした。
トヨタ ランドクルーザー トヨタ ランドクルーザー
ちょっとだけいじりました!
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.