• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

donden@zc11sのブログ一覧

2014年10月25日 イイね!

大台ケ原ヒルクライム? 吉野ロングライド?

大台ケ原ヒルクライム? 吉野ロングライド?急に思いついて行ってきました。近畿で一番標高の高い所といえば、大台ケ原? いつかは行こうと思っていましたが、何だかんだで行っていなかったので、今回チャレンジ。電車輪行するのも面倒ですし、路線上、中途半端にしか輪行出来ないので自走。朝3:30出発。



国道310号で峠越えして奈良入り。朝の峠は真冬並みに寒いです。気温2~3度。夜景の見える時間には間に合わず、日が昇ってきました。



五條に下ったら、そのまま国道168号で十津川方面へ。途中、県道49号、国道309号で天川を目指します。だるい上りが続くので、ちょっと退屈。天川以降は紅葉が綺麗なので気分良く走れます。川の水がめちゃくちゃ澄んでます。



天気良好。今日の自転車はJAMISのNOVA。乗り心地優先のクロモリフレームです。欲を言えばカーボンフォークが固いので、これもクロモリに交換したいかも。奈良の山奥は道がベコベコなんですよね。。。



行者還(ぎょうしゃかえり)トンネルを抜けたら、一気に高度を落とします。因みに遠くに見える正面の山が大台ケ原方面。ガッツリ下って、ガッツリ上ります。



ここでやっと大台ケ原へ突入。最初から結構な勾配です。遥か上にガードレールが見えるんですよね…。でもまあ、意外とスムーズに稜線上までは上がれました。あとは惰性で…と思いきや、稜線に上がってから14キロも稜線上をだらだら上っていきます…。遥か彼方にまたガードレールが見えます。その先に行くとまた遥か彼方に…これを2・3回繰り返すので、飽きる上に精神的にキツイ…。



大台ケ原をクリアした後は国道169号で大淀方面へ。川沿いの道を延々と走るので、ここも少々退屈。大淀から国道309号で大阪入り。さすがに水越峠を越える時間も無いので、水越トンネルを抜けていきます。帰る途中、富田林でだんじり祭りに遭遇。泉州地域のだんじりと全然形態が違うんですね。知らなかったのでちょっとびっくり。

夜10時過ぎ着。トータル225キロ。意外と走れました。奈良・和歌山はもっと攻めたいですね。ただ、紀伊半島の奥地はかなり山深いんですよね。補給がままならないですし、線路が無いので、いざという時の輪行が出来ない…。一旦分け入ると完全に山に囲まれるのでエスケープゾーンが無い…。日帰り予定でもテントとコッフェルが欲しいかも。
Posted at 2014/10/25 22:32:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2014年06月19日 イイね!

生存報告? 久々の更新です。。

ご無沙汰しております。またまた、久々の更新です。。
スイフトは3月に車検を無事に終え、機関は元気にしていますが、内外装などはなかなかボロさ加減が増えてきました…(^^;) ここ最近は、、、

こんな所(志賀草津道路)を上ったり、



こんな感じ(榛名山)で上ったり、



雨と強風の中(毛無峠)を上ったり、





大阪まで走って帰ったり、










自転車三昧です。スイフトの出番がほとんどないので、ご機嫌斜めなのか、後ろのドアが両方とも内側から開かなくなっています。。何とかせねば…



Posted at 2014/06/19 19:21:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2013年12月28日 イイね!

年末も近いので…滑り込み弄り(?)

年末も近いので…滑り込み弄り(?)今日も自転車の話題です。その前に、スイフトの冬支度。3階からホイールを上げ下ろしするのが面倒なので、ギリギリまで交換していませんでしたが…重い腰を上げて、スタッドレスに交換。乗り心地が最高に良いです^^;



さて、今日も自転車の話。前回ドロップ化したJAMIS/ダカールですが、好調です。オンロード性能は劇的に良くなりました。…でも、オンロードに特化しすぎて、フルサスの利点を生かし切れていないなと。700×25Cのタイヤですが、フルサスのおかげもあり、それなりの砂利道もこなせます。林道スペシャルにして、オン/オフこなせる仕様にすると面白そう! で、調子に乗りすぎてタイヤサイドを切っちゃいました。



これで処分するのは勿体ないので、接着剤で補修…。白い紙はうまくくっつける為のサポート用。

オンロードの性能が良くなったとはいえ、所詮、フルサスのMTBがベース。ロードのような高度なオンロード走行性能はどう頑張っても出ません。でも、ロードに出来ずに、こいつで出来る事は…やっぱりオフロードでしょ! 道を選ばない、オン/オフ性能の両立が目標です。

前回も書きましたが、700Cのブロックタイヤはフレームに当たって入りません。MTB(26インチHE)のブロックタイヤではオンロードでの快適性が犠牲になります。細身のブロックタイヤも無いことはないですが、径が小さくなり、見た目が貧弱。

そこで、今、復活の兆しを見せている650Bに注目したわけですが、ランドナーで使用するような細身のブロックタイヤは絶滅状態…。

そこで、目を付けたのが、650A。パナレーサーで650A(26×1-3/8)のブロックタイヤがあるんです。リムはママちゃり用がメインになりますが、調べるとサンエクシードからダブルウォール(リムが二重構造で強度がある。ママちゃりは基本シングルウォール)があるとの事。年始はまた忙しくなりそうなので、何とか年内に形にしたかったので、急いで注文。



ここで、自転車のタイヤサイズの解説を少々…。自転車には一言に26インチと言っても、複数のサイズが存在します。20インチ等の小径サイズになると、同じサイズ表記でも、実はサイズが違う場合もあり、ややこしいので、より正確な表記としてETRTO(エトルト)というサイズ表記があります。表記方法は、「ビード座直径mm-タイヤ幅mm」。

650A…26インチ。ETRTO590。ママちゃりの26インチと同サイズ。ランドナーなどのツーリング車に使われますが、ママちゃり用以外は絶滅危惧種。

650B…26インチ。ETRTO584。650Aと同様にランドナーで使用されますが、これも絶滅危惧種。と、思いきや、最近MTBで採用され始めたので、意外と将来は安泰かも?

650C…26インチ。ETRTO571。小柄な女性向けのロードなどで採用が多く、タイヤは細め。これまたレアなサイズ。

650H…26インチ。ETRTO559。これは正式な呼称では無いと思いますが、MTBの26インチ(HEリム)でたまに見かける呼称。MTBでは最もスタンダードなサイズで、タイヤの種類は山ほどある。

700C…ETRTO622。主にロードレーサーやクロスバイクに仕様。MTBの29インチもETRTOは622なので、38C前後の太さであれば、700Cのタイヤが入ります。スポーツ車では非常にポピュラーなサイズ。タイヤの選択肢は山ほどある。


ハブはシマノXT。スポークはDT。650Aで組んでこうなりました。



なかなか良い感じ。650Aの難点はスポーツ分野での将来性が絶望的な事^^; ブロックタイヤの選択肢はパナレーサーのコルデラヴィ/パスハンティング一択。ダブルウォールのリムは今の所、サンエクシードのシャイニーリム一択。むしろ良く作ってくれているなと…。同じく絶滅寸前だった650Bが復活し始めたので、気が付いたら650Aはヒッソリ消えてもおかしくない貴重品…。今のうちにストックしておくかな…。



サンエクシードの元はALEX製。ポリッシュ具合がきれいです。本来ならランドナーに使用する人が大半でしょうね。ディスクブレーキの650Aホイールなんて、誰も組まないような…。



タイヤとフレームのクリアランスは十分。タイヤ周長は26×2.1と同じ。



フロント側。ちょっと余裕がありすぎかな。



帰宅ついでに試走。ブロックの感触が良い感じ。今度、久しぶりに林道探索にでも行きますかね!

Posted at 2013/12/28 23:22:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2013年12月21日 イイね!

自転車の話題もこっちに…

自転車の話題もこっちに…ミッションOH以降、スイフトは好調です。今のところは…^^; とりあえず、あの後、しばらくしてからミッションオイルを交換しておきました。

さて、自転車の話題はあまり書かなかったのですが、こっちにもチマチマ書き溜めようかと。最近は体力維持の為、職場までの片道1時間弱をたま~に走るくらい。特にネタになるような走り方をしていないんですが…。

自転車は複数台所有していますが、全体的に時代遅れなスペックになってきました。という事で、近代化改修を進める予定。ただ、複数所有していると、其々に資金がまわらない上に、稼働率も低下するので、車種を絞って弄ろうと思います。

で、今回はこれ。JAMIS、07’DAKAR XCR COMP。今日は興味の無い人にはちょっとマニアックな話題かも…(だから今までみんカラには書かなかったんですが^^;)。



オフロードに入ってしまえば、フルサスのアドバンテージが得られますが、リアサスにロックアウトが無いこともあり、鈍重。山に行く前にバテてしまう…^^; そんなわけで、稼働率はかなり低かったです。MTBはもう一台あるので、山はそちらに任せて、こちらはもうちょっと汎用性を持たせることに。



内容としては…
①ドロップハンドル化
②ドロップハンドル化に伴い、STIの都合上、リア9速から10速(シマノ/ダイナシス)へ変更
③700Cディスクブレーキホイール(暫定)
④ワイヤーで引ける油圧ディスクブレーキを採用(←ここポイント)



STIは105(ST-5703)で10速を採用。リア9速が最新だったのは、もう結構前のこと…。MTBは10速(シマノ)が最新。ロードは11速。スラムはMTBで11速を出してきたので、ひょっとすると数年の内にシマノのMTBコンポも11速化するかもしれませんね。

あっという間に時代遅れになっても困るので、いっそのこと、シマノのアルテグラで11速化も検討していました。これまでは、MTBとロードのパーツには互換性の壁が色々とあったんですが、ここ数年でシクロクロスがメジャーになった事で、その障壁は無くなってきている気がします。ロードのスプロケも32Tがある上に、アルテグラのクランク(ST-6800)も46T-36Tの設定があります。この辺を使えば、これまでの互換性の障壁が低く、比較的容易に11速化できます。ただ、手持ちの700Cホイール(ハブはSLX)のフリーハブが使えないんです。

これまでシマノはリアのスプロケットの段数が増えようとも、フリーの幅は長年変更しませんでした。ギアを薄くし、チェーンを薄くして、その幅を維持した結果、8/9/10速は全て同一のホイールでOKでした。一時は10速専用なんて迷いもありましたが…。

11速はどうなったかというと、フリーの幅がこれまでより1.85mm広げられています。そんなわけで、これまでのホイールに11速スプロケットを入れようとすると、11速目がはみ出して固定できません(RECONで10速フリーに使える11速スプロケがありますが高価すぎる)。

シマノのフリーハブの展開図を見ると、フリー固定部分の形状が10速と11速とでは違っており、フリーだけの移植では駄目みたいです。おそらく、メーカー側で意図的に出来ないようにしているんでしょうね…。

ハブをSLXから11速ディスクブレーキ対応のCXに交換すれば良いのですが、面倒な上にコストも掛かるので、断念。

ちなみに、9速になったSORAを使えば、安価にドロップ化できますが、近代化が目的なので、今回は除外。



クランクは10速XT(FC-M780)。歯数は42-32-24T。以前はフロントトップで44T。フロントディレイラーはケチって44T用なので、取り付け位置がちょっと高くなっています。

以前はMTB用でフロント48Tがありましたが、実際、山で48Tは踏めない…ってことでラインナップからも消えているようです。その代わりにトレッキング用にラインナップされています。ギアの歯数差が少なくなる事で、フロントトップからミドルに変速した際、リアは今までおおよそ2段戻しだったのが1段戻しで適切なギアになるようです。言葉で説明するとイメージしにくいですが、実際にオフで乗ると結構違います。オンロードでその恩恵は感じづらいので、今回はあまり意味は無いかな・・。



Rディレイラーは9速用のまま。MTB10速用(ダイナシス)Rディレイラーですが、今までロードもMTBも全て同じだったワイヤーの引き量が違うようで、うまく変速しないようです(明確な数値はありませんが、1.5倍ほど可動するようです)。ロード用10速のRディレイラーはOK。11速Rディレイラーは未確認。

スプロケはXT(CS-M771)。11~34T。正直なところ、オンロードで乗るならワイドギアでなくて28Tか25Tくらいのクロスギアが走りやすいです。。ワイドギアを選んだのは、将来的に細身のブロックタイヤでシクロクロス風にしたい為。このまま、700×35C前後のシクロ用タイヤが履ければ良いんですが、



リアのクリアランスがNG。HEの26インチで細身のブロックタイヤでも良いんですが、タイヤ径が小さくなる上に、見た目が貧相。

ってことで、MTBで再ブレークしかけの650Bのホイールを採用したいと思っています。ただ、まだタイヤが無いんですよね…。全部MTBようのぶっといタイヤばかりです。ランドナー用でブロックタイヤがあるんじゃないかと思っていましたが、もう絶滅寸前で、650A(ママちゃりの26×1-3/8と同じ)でのラインナップのみ…。

フルサスでダッシュが効かないので、完全オンロード向けのタイヤでは中途半端で面白味に欠けます。フルサスを生かして、オン/オフをアグレッシブに乗れるようにするには650Bが決め手になると思っているんですがね。もっと650BMTBがメジャーになるまでは無理かな…。



今回、一番試したかったのはこれです。MTBではもはや当たり前になったディスクブレーキ。最近はシクロクロスにとどまらず、ロードでもディスクブレーキを採用する流れが出てきました。天候に左右されにくいディスクブレーキの安定性や、カーボンリムとの相性などを考えると、あと10年もすればロードもディスクブレーキが主流になると個人的には思っています。

シマノでも油圧ディスク対応のSTI(ST-R785)が出ますが、問題はシフトが機械式ではなく電動(DI2)なんですよね。電動だからこそ、狭いSTI内部に油圧の機構も押し込めたんでしょうが、現段階ではDI2対応の変速機も合わせるとコストが掛かりすぎます。電動シフトも将来性はあると思うんですがね。機械式と比較すると、ただのスイッチな分、レイアウトが自由自在ですし、ワイヤレス化されれば更にその発展性が望めるかと。



前置きが長くなりました…。今まで、ロードのレバーで引ける機械式(ワイヤー式)ディスクブレーキはありました。油圧はMTBでは当たり前にありますが、ロードでは変速機との兼ね合いもあり、まだまだ未開状態です。

機械式のメリットは輪行(りんこう)(ばらして電車などに乗せる事)の時に不意にパッドが押し出されるなんてトラブルが無いこと。アウター交換などのメンテナンスが容易な事でしょうか。

逆に機械式の難点はブレーキの引きが重いこと。ロードのキャリパーブレーキと比較しても相当重いです。かといって引きを軽くすると、ブレーキのワイヤーがフルアウターって事もあり、ブレーキの戻りが悪く、気持ち悪い感触のブレーキになります。MTBでワイヤー式を使うと、下りで腕がパンパンになります。まぁ、自分が下手なだけなんでしょうが^^;; 

操作性を考えれば断然油圧です。パットが減ってもピストンが出てきて自動調節されますし、普段のメンテナンスはワイヤーよりむしろ楽。

これまで、油圧に変換するアダプター(TRPのパラドックスなど)もありましたが、ごつくて重い上に、取り付けも面倒でした。



また、前置きが長くなりました。。。で、このブレーキ。TRPのHY/RD。ワイヤーが固定されていますが、なんか変です。キャリパーまでは機械式なんですが、キャリパー本体は油圧なんです。

本来はブレーキレバーにくっついているマスターシリンダーやらなんやらが全部キャリパー本体にくっついています。ってことで、ブレーキは買ってきたらポン付けでOK。MTBでこの構造は熱がヤバそうですが、シクロクロスやロードでは問題にならないってことでしょうか。

機械式のレバー対応で、尚且つ、煩雑な取り付けが無くポン付け出来るってのは、かなり革新的だと思います。シマノも電動ではない機械式のシフト+油圧ディスクの
STIは技術的にまだまだ出来ないと思います(そもそも長期的に見れば電動がメインになって、機械式シフトは作らないかも)。ただ、このシステムであれば、レバーのメーカーやグレードは問わず、機械式であれば使えるので、中期的に見れば、結構他メーカーでも採用されるんじゃないかと…。

引きは油圧の軽さがしっかり出ています。ワイヤーの抵抗は組み付け次第ですが、今回は非常に良好。効きはカツンとしていて強烈すぎかも…。コントロールがちょっと難しい感触。シマノのようにサーボウェーブアクション(パットに当たるまでは素早く、パッドに当たってからはレバー比が変わってジワジワ効く)のような味付けがあると個人的には良いのかなと。あとは慣れ次第か。



Posted at 2013/12/21 18:49:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記

プロフィール

「冬仕様→夏仕様 http://cvw.jp/b/459263/39417945/
何シテル?   03/06 19:56
めざせスイスポ? ぼちぼちやっていきます。。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

こんなに売ってないもんなのかねぇ(汗)。とか 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/02/07 09:07:14

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
1.3XG(zc11s)5MTです。絶対的なパワーはありませんが、乗っていて楽しい車です。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.