車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月17日
驚き!
いや

こんなことを言っているのではない

この青年に驚いている

民主主義社会において恋愛の自由はあるだろうが

俺だったら、知り合って一年たって「プロポーズ」するなんて

無理っ!

恐れ多いというか

「どう始末つけるんだっ!」

ていわれれば

「アウアウ」

である

敷居

高すぎっ!


アメリカの研究機関(シンクタンク)で認められている

世界最長の王室は、日本の「天皇家」だという

2500年以上の歴史だ

易姓革命で

前のやつをぶっ潰し、新たに王朝をつくってきた某国のいう

〇〇3000年の歴史を

そのシンクタンクは、認めていない


それはさておき

なぜ、皇族に関する取り決めを野卑な政治家や役人が決めるのだ?

成文化・法制化するには、政府の関与があって仕方がないが...それは承認である


はっきり言って「人(神)んち」のはなしじゃろ?

当人たちが決めればよいのではないか?

現代の常識を覆すような話でなければ...


タダね、論議している人たち、「皇統は万世一系、男子の血を継ぐものである」

であるをちゃんと理解しているのかなぁ?


今でこそDNA鑑定でどれくらい血のつながりがあるか知りようがあるが

昔は、そういった技術はない

でも、性染色体レベルでは、クリアーカットな遺伝情報の継代がみられる

そう、男は男親からしか「Y染色体」を受け継ぐことはない(「X染色体」は男親からも女親からももらいうる)。

(うーむ、昔の人たちは身分にかかわらず長男をたいせつにするが、感覚的にわかっていたのであろう)

そして、皇室の元祖が「男神様」である「神武天皇」である限り「彼の血」を継いでいなくちゃならない(日本には「女神様」もいて、決して男女差別の意図はない)。ただ「神武天皇の血を確実に引いている者」が次の天皇であるという定義なのだ。本妻であろうが、側室であろうが、妾であろうが、Y染色体を提供しようがない女性(母)側のファクターは、定義にないのだ。

「定義」は、後世のものが勝手に変えてはいけない。

で、今確実なのは、次々世代を継ぎうるのは、「悠仁様」しかいない。
ということである。

玉の数が少なすぎ!

である(金●の数を言っているのではない)


側室・妾に厳しい現代。一つの方法は、まずは安パイとして、「皇太子さま」と「秋篠宮様」の精子を凍結保存する。

である。

次いで、旧宮家のうち男子が、今の皇族女性方々と結婚するのに限りそのものを皇族として認める。

である。

以上の意見も色々物言いはあろうが

神武天皇の「Y染色体」の維持をもって天皇とする

であれば、これしかない(と思う)


おいっ!だれか俺を有識者会議に呼んでくれっつ!(爆)


基本、俺は「人の上に人を作らず。人の下に人を作らず。」派であるが、皇室に関しては、なんかもったいない。


時代や人やイデオロギーが変わろうとも「あってもいいもの」ってあるだろ?

古い教会や建築物、絵画や彫刻...

仮に仏教徒だからってキリスト教会はぶっ潰していいとは思わんでしょ?
ましてやそれが歴史のある建物だったらぜひ後世に伝えてほしいとおもうのと近似の感覚である。
ブログ一覧 | 昼休みの独り言 | 日記
Posted at 2017/05/17 13:27:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「地球は狭くなった http://cvw.jp/b/459677/39825697/
何シテル?   05/25 12:54
今のNBにぞっこんです。 今までも、その時の愛車にその思いでいましたが、今度は本物の様子... 10年経ったこの子に毎朝、駐車スペースであってウット...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
うーん...

最近...

ほぼ全く誘われませんので、どう募集して良いものか?(笑)

決して、人間嫌いじゃないんですよ(爆)
52 人のお友達がいます
トモ@b3トモ@b3 * swec780swec780 *
火星大王火星大王 * ワイズファクトリー&エターナルワイズファクトリー&エターナル *みんカラ公認
黄色わさび黄色わさび * ちびーたちびーた
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター ふくちゃん (マツダ ロードスター)
netでたまたま見つけて一目ぼれ、当時の愛車R33-GTRを断腸の思いでドナドナして購入 ...
その他 その他 その他 その他
管理用ページです。 覗いても、良いことはありません(笑)。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.