• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

零鴛1650のブログ一覧

2017年09月16日 イイね!

沼津に行った話 前篇

私は誰でしょうレベルできていませんでしたがお久しぶりです。

3月から何も書いてなくて自分でもびっくりしました。
言い訳はしませぬ。すみませんでしたwww

近況報告もかねて最近ちょっとした旅行に行ったので報告を。

行ったのはラブライブ!サンシャイン!!の舞台になった静岡県沼津市(周辺)です。

天気が良かった!

友人のてるむ氏といってきました。

下道で行こうという話もあったのですが、目的地で楽しむことを優先して高速道路で行くことに。
さらにさらに7時集合7時半出発という過去類を見ない早朝出撃!

そのせいで睡眠時間が3時間ちょっとという自爆をやらかしましたが気にしない。

関越高速~圏央道~東名高速といういつもの道(ただし覚えていない)をとおり、沼津まで向かいます。

朝☆飯


途中なんかすごいGT-Rに遭遇しました。後で調べたらR'smeetingが鈴鹿であったみたいですね。
何時かは参加してみたい!!!


予定は特に決まっていませんでしたが、一日目が思いもよらず天気がよさそうなので淡島に行くことに。
淡島へのアクセスは少し変わっていて、あわしまマリンパーク行きの連絡船を使わない限り一般人は上陸できません。連絡船は4時くらいが最終です。これを知らなかったせいで1回目の凸では夕暮れの駐車場で途方にくれる始末…
ということであわしまマリンパーク駐車場に駐車。

天気がいい!


今日もいますこの子達。あ、善子が最近うちに来ました。
千歌と善子がダイヤを呼んでるので、たぶん近いうちにダイヤさんも来るんじゃないですかね(他人事)



なんかすでにかなり果南にまみれたチケット売り場で乗船券兼上陸許可証を買いまして船を待ちます。

いつも思うのですがかなりすぐ船が来ます。群馬の電車よりよっぽど本数があると思う。


ん?


※繰り返すようですが淡島にはこの船でしか一般人は上陸できません
いかに作品がこの辺に受け入れられているかわかる。

個人的なことですが自分はこの「アワシマ16号」しか乗ったことがありません。ほかにも3種類くらいあったと思うんだけどな?

キャストさん(キャラクターを担当した声優さん)のサインとかコメントとかが良く見るといろんなとこにあります。

アワシマまで2分くらい!あっという間につきます。

やっぱり海は良いですね!自分が何度も沼津に来るのはもちろんサンシャインが好きだからなんですが、それにもまして海が好きだから、海とともに生きてきたこの場所がすきなんだと思います。

淡島ははじめて行くと変わりように驚きます。

~~~~~~~~~~~~以下ドラマCDより抜粋~~~~~~~~~~~
梨子「連絡船から出て、船着場からまだ出てないのに、なんでいるかのプールがあるの?」

千歌「なんでって」

曜「え?あったら、だめ?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実  際

※ここが船着場、隣の海はいるかプールです。

島のために水族館があるのやら水族館のために島があるのやらw
そんな感じで水族館を楽しむことに。


ペンギン。ドラマCDでダイヤさんと間違えられてたのはこのペンギンかな?
ペンギンプールはここともう一箇所屋外にあります。

館内は何回も来たので写真がありません…

ただ、入り口にあるエイとサメのプールが地味にすごいです。かなりの距離感。
水族館自体は決して大きなものではなくこじんまりとしたものなんですが、ゆっくり見て回るのにはすごくいいサイズ感。今回はなかったのですが、前回来たときは飼育員さんの話がすごく面白かった!ここの飼育員さんはすごいです。

いるかプール。

ここに居るのは水族館の人気者、バンドウイルカ。沼津のシーパラダイスにはカマイルカがいます。


今日も絶好調です!

ここでショーをする二頭のいるかはどちらも訓練中のようで、微笑ましくて初々しいショーを見られますw

ショーを見終わったら淡島を一周。









もう9月も半ばですが、淡島は夏真っ盛り。遊泳はできないですが、眼福という意味では海を最大限に楽しめる陽気です。




初めて「助けて、ラブライブ!」のポスターを見たとき、「静岡にこんなきれいな海があるなんてうそでしょ…」と思ってましたが、

ほんとにSUGOI-KIREI-SEAでした。

さらに3度目になる淡島神社への訪問。
3回とも違う人と来ましたが、全員歩いて上ったにもかかわらず

こうなる。(漫画は中音ナタさんより)
てるむ氏も例に漏れず完全に憔悴していました。
花丸が走って上るのをあきらめるシーンがありましたが、(あれは決して体力がなかったわけでは)ないです。
むしろあそこまで走れたら一般人の平均体力軽く超えてます。

ちなみに、走って上るのは確か禁止だったはず。








この景色が最高のご褒美かもしれません。自分は毎回これを楽しみに上っています。
神社ではつつましくお参りをしてかえります。

お昼は離宮さんでいただきました。



今日は鞠莉!ちなみにてるむ氏は果南でしたので



かなまりコンビ。店の人の粋な計らいかなん?
ちなみに前回自分は果南で沼津で買ったミニタオルもカードも全部果南というスーパー果南DAYに当たりました。
海の幸を堪能したら再び淡島を回ります。

ここで、ネットのSSで見つけたとっても便利な画像を(誰が作ってくださったのかわからない…)。
各キャラクターの家が記されています。

淡島は果南の家と鞠莉の家があります。

果南の家がこちら。(またも写真を撮り忘れたので前回のものから引用)

カエル館!
蛙がいっぱいいます。
いわゆる群馬の「スネークセンター」のカエル版だと思ってください(ローカルでローカルネタを持ち出す)

ここでも聖地としての小技が効いてます。





これ、現地に行ってみるとかなり「アニメへの没入感」があり、今にも店の中から「お、ダイビングやる?」と果南が出てくるのではと錯覚するほど。
こういう演出はうれしいですね。


これで淡島一周。とにかく海を全身で楽しめるひと時。至高でした。
天気が良くてよかった!天気が良いときの淡島はホント癒されます。

ちなみに鞠莉の家は高級ホテルなので敷地内に入れなくなっています。

何度でも来たい淡島、名残惜しいですが連絡船で帰ります。





本土に帰ったら内浦周辺をうろつきます。
買ったばかりの一眼レフを存分に使うべくレンズを交換!夕暮れ時の町を撮ります。

梨子が千歌に告白して揉め事の種になったかの場所。



ダイヤさんが屋根に上った海の家。



よーちかが踊ったコンビニから内浦湾を見る。



ヨハネが置いて行った羽とー



構図とかそういうのも何も全く勉強してませんがそれでも写真を撮るのは楽しいです。好きなものを撮っているときがやっぱり最高やで。

そうこうしてる間に日が暮れました。

いつもなら、そう、いつもならここで帰らねばなりません。



しかし今日はその必要がない!!!






なぜなら僕らには宿があるからだ!!!!
しかもその宿!






千歌の家のモデルになった「安田屋旅館」です。

前々から行きたいとは思ってたんですけど、なんだかんだ泊まる機会がなくてここまで来ましたが、今日、ついに泊まれました。


夕飯。
古きよき旅館の夕食という感じで、実に美味。やはり海の幸がおおめだったのですが、どれも鮮度が良くてああ^~たまらねえぜ。
本当にどれもおいしかったのですが特に良かったのは甘エビ!甘エビが何で「甘」えびなのか、このときほどはっきりわかったときはなかった!

右に見えるのはみかんカクテル。サンシャインにちなんで作ったメニューだそうで。


ここでアルコールを入れたために、一日の運転の疲れと朝の3時間睡眠がたたり、部屋に入った瞬間


死亡。
このときすごい幸せな夢を見たのですがそれはまたの機会に。

次の日は沼津を散策します!
その話は次回に。
どうかこのまま失踪しませんように。
Posted at 2017/09/17 01:49:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月27日 イイね!

大変お久しぶりです(今までのハイライトログ)


大変お久しぶりです。
前回のブログが去年の10月くらいで、内容が周防大島旅行編(前編)というもう個人の記憶の中でもだいぶ前の思い出となっている更新でありました。

この間ツイッターなどで更新をしていたのですが、

①やっぱり短い文章でちまちま伝えるより一気に大作(容量的に)を仕上げるほうが自分にあっている

②こっちでしか交流していない方がいる


ので、こっちを再開させていただきます。長らく何の反応もできず、すみませんでした。
相変わらず間歇的な更新になりますが、ゆるく交流を続けていただけるとうれしいです。

マズ、現状自分がどういう状況かという一番重要なことについてですが。現在大学を卒業し、これから新社会人になろうというところです。
それにあたり、お隣の県に引っ越すことになりました。

新社会人、当然ながら始めての経験になりますが、良い報告ができるように努力したいと思います。

ZC31も一緒に引越しとなるので、相変わらず(…?)車いじりについては更新が続けられると思います。

車は前ほど何でもかんでも好き、というわけではなくなりましたが、いまだ本当に好きなものに対しての情熱は薄れてないように思います。社会人になって落ち着いたら、憧れの「あの車」に乗りたい…とはあいも変わらず考えていますw



サバゲーの方は・・・してないといっていいかもしれないですw
今まで卒業するためにすべてささげてきたのもありますし、所属チームの活動があまりなくなってきたのもあります。
ただ、新天地にサバゲー人口がわりと居そうなので、今後どうなるかはわかりません。
装備のほうは増えたり増えなかったり。



アニメとか二次元のほうは一番気軽っていうこともあり、相変わらずです。

長々続いているラブライブサンシャインのほうも、アニメの二期が決まったりいろいろうれしいお知らせが多いですね。

推しは






やっぱりこの子ですね。

ただ、






この辺の子も捨てがたい…ただ、そのほかはどうでもいいのかって言うと別にそういうことでもないので、結局良く決まってないのかもしれませんが。



現状そんな感じです。
まぁ、個人的にはそう変わってないんじゃないかと思いますw




いよいよここからが本題。
題して「去年の10月から今まで何があったのかハイライト」です。
相当長くなると思います

時間軸は周防大島上陸から始まります。


とにかく一日を通してスーパー快晴でした。


南国気分。やはり瀬戸内のハワイの名は伊達じゃなく、最高のリゾート気分で過ごせました。


青い空と青い海、間には砂浜の白、背後にはやしの緑。ただただそれだけを一日眺め続けながら好きなナンバーとともに車に乗り、降りて友と語らい、ご飯を食べ、島民の方とたまに話し、写真を撮る一日。


平日に言ったのと、シーズンをずらして行ったのでこの有様。真ん中に居るのは「友」ことてるむ氏。彼のブログに単体で詳細に今回のことが述べられています。


このときほど、車体色が白でよかったと思った日はありませんでした。

今回は、島民の方の強さと暖かさに触れたたびでした。お土産やさんしかり、夕飯をご馳走になった民宿のかたしかり。
相変わらず島は美しく味わい深い風景にあふれており、大切にしてほしいと思うとともに、また必ず行きたいと思わずには居られない一日となりました。
詳細はフォトギャラリーのほうで気が向いたら追加するかもしれません。




9/18
横浜・横須賀
家族旅行です。


よこすかはこのときも賑わい。各所での宣伝効果か、あと「はいふり」の影響か、結構人が居ました。そうりゅう型とかがいました(コナミ)


このとき、横浜大桟橋にとんでもないのが居て、それがこれ。
Celebrity MILLENNIUMという豪華客船。大桟橋はたまに巨大な客船が見られるのが楽しみの一つでもあります。


横浜の町並みは相変わらずおしゃれである。
似合うようなおしゃれな人になりたいと思う今日このごろ…


毎年何回も行っている横浜ですが、何回行っても飽きないし、そのたびに面白い発見があります。
今年も行くんだろうなぁ…
次は写真多めで行きたい。


飛んで11/26、百里基地航空祭(特別公開)

大島のときに手に入れたカメラの本領が発揮される…!

めちゃよれる。パイロットが向いてる方向まではっきりわかります。
F15イーグルは今年もきてました。主力戦闘機だけあって爆音も格別の味わい(編隊…いや変態)


ブルーインパルス。去年は来ていませんでしたが、今年は晴天の中素晴らしいパフォーマンス。一緒に言った後輩、自分ともども戦闘機ばかり撮っていたのでここに来て練習機は静かでいいとか言い出すw


やはりレンズが大きいということもあるのか、目で見てきれいだと思ったものが結構残せるのが素晴らしい。実はこのとき、夕刻、航空祭終了間際で晴天から曇り始め、翌日の一般開放では雨天になってしまったとか。

今回もとある方のご好意で特別公開に参加させていただきました。
美しい航空機たちを新調したカメラで収めることができて満足です。さまざまなシーンに高いレベルで対応してくれる良いカメラだと感じました。

おまけ



イエニカエッチャッタノォ!?(マッハ2.5)





11/28
ナイトウォーリアのフレームをキンバータイプのやつに変えた。


後付感満載の純正より、しゅっとした感じになったし引っかかりも小さくなったので満足です。



12/3

知る人ぞ知るこの建物。

正解は


これ。

珍しく聖地巡礼してきました。
沼津・内浦散歩



何気ない塀も







ファンにとっては大事なシーンの一部だったりする。



桟橋。これもシーンの一部としてたまに使われるのだが、


実は千歌の家の目の前だったりする。



このくらいの時期でした。ちなみに淡島へ行く方法は「あわしまマリンパーク行き連絡線」しかなく、これが結構早めに最終便が出てしまうため今回はいけませんでした。

ので、果南さんはこういうイケメンな方法を使うらしい


聖地巡礼は初めてしたのだが、「あ、この場所ってほんとにあるんだ」とアニメの世界が身近に感じてしまうというある意味危険なたびでした。
今回、沼津(ヨハネ逃走ルート)周辺をメインに回ったので、淡島・三津シーパラダイス周辺もゆっくり回る機会があったらいってみたい。





12/30
コミケ(冬)


コズプレとして三蔵さん・銀すいさんと参加。手前から自分、銀すいさん、三蔵さん。
75レンジャー装備での参加でした。
初めての参加でしたが、自分が今までがんばってそろえてきたものをほかの人に見てもらうという良いチャンスでした。
向こうで同じミリ系の装備の人と話したり、たまに写真撮られたりして、実に楽しい一日を過ごしました。


夜の肉がうますぎて記憶が飛びかけた。

三蔵さん、銀すいさん、赤枝さん、お友達のAさん、お世話になりました。また一緒に遊んでいただけると幸いです。



時空を飛び越え、
2017/3/20(ここまで卒業に追われ大きな出来事はほぼ何もなかった)。

伊香保温泉。
いろいろあっててるむ氏と決めていた「本」卒業旅行が延期になったため、卒業旅行(仮)として県内の近場の温泉に泊まってきました。


深夜徘徊して夜の温泉街へ。










てるむ氏にちょっとイイ写真をとるとほめられたために調子に乗って写真を撮る撮るw
こういう、なんでもない写真を撮る機会がたまにはあってもいいのかなと思う今日このごろ。

次の日は雨でしたが、これはこれで風情のある写真が取れます。




写真の腕どうこうではなく好きな写真を好きなように撮っているうちがきっと一番楽しいのだろうなと思う。

宿は古きよき宿という感じでゆっくり休むこともできたし、夕食ではしゃぶしゃぶをひとしきり楽しみました。(アルコールが途中入ったのですがしゃっくりがマジで止まらなくなり、とうにかしてとめようと努力するもすべて失敗に終わるプチ騒動もありw)
いつになるかはわかりませんが、「本」卒業旅行でもたくさん写真を撮って楽しみたいと思いますw 








こうしてようやく現在に戻ってきました。いろいろなところに行きましたが、そのつどしっかり書こうとすると前回書ききれなかったところを書かないといけなくなり、停滞・・・の繰り返しでここまで来てしまいました。
ので、今回はハイライト形式で一気に紹介してしまいましたw


今後どのような形態をとるかはわかりませんが、自分があとから読み返して面白くなるようなのを書いていけたらと思っていますので、生暖かい目で見ていただけると幸いです。
今後は出先でのことや新社会人になっての感想とか、まめにやっていこうと思います。。。







                                        おわり
Posted at 2017/03/27 21:37:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記みたいなもの | 日記
2016年10月02日 イイね!

White Bullet Tour To Suouohshima 前編

※今回もたまりにたまっているので長いです

お久しぶりです。しばらく空けてしまってすみませんでした。
いろいろ訳あってしばらくいませんでしたが、その間いろいろありました。

いろいろなところにも行ったし、いろいろ買ったりもしました。











なんだかんだ言ってラブライブサンシャインは見ています!





今のところこの二人がすごいいいなって思っております!

総選挙ではヨハネに投票しましたが、トップ2がこの二人でうれしい限りです。





車自体はほとんど、というか全く変わっておりませんw

ライトがえらい曇ってきたので磨きました。
terumu氏とご家族に手伝ってもらって、丸一日かけてやったのですが、これが思った以上にきれいになります。



やっぱり車も目元が変わると印象も変わりますね!引き締まって見えます。





さて。

上の写真。地元でとった写真ではありません。
それどころか、カントーですらないです。


どこなのか?
モチノロン!

今年も行ってきました!!!


題して「カーチャン、俺、南に行ってくる2016」!
某所ではオトコタビと呼ばれているそうです

今回は、毎回の旅のお供であり、「俺南2015」でのたびの様子を誰よりもうらやましがっていたterumu氏に相談したところ、行ってみたいということでしたので同行してもらいました。

前年は下道かつ車中泊で行ってきたのですが、さすがに同行者がいるのでそういう縛りはナシで行ってきました。おかげで、向こうで余裕を持って楽しむことができました。


1日目

そういうわけで、待ちに待った9月の7日、出発したわけであります!
実はこのとき、列島には台風が接近しており、天気に関しては覚悟していたんですが、





全く気にならないほどの晴天!
毎度のことながら「持ってる」と感じる瞬間ですw
ご機嫌なナンバーはこちら。



椅子に挟るてるむ氏のまきちゃん
実は、とあるところでHJNNと旅をしている方の写真を見て自分もやりたいと思い、二人で持ってるHJNNをもって行くことになりました。
てるむ氏はどうやらラブライブを見直したら絵里推しから真姫に行ったらしく、HJNNをえりまきで揃えたようです(この後海未まで買った模様)。

自分はというと

???
今後ちょくちょくでてきますのでお楽しみに。

さて、高速にも乗らずに長野まで行きました。

この辺で時間もいいのでお昼に。しようと思ったのですが、そこは程よい田園風景が広がる田舎道。

ドライブには最高なんですが、何しろ店が全くありません。
もう店あったら速攻はいろうってことで入ったのがこちら。






どさん娘です!
ご当地って訳じゃないんですが、今回の目的は旅であって、道すがらにあるところでご飯にするって言うのがポリシーでしたのでこれもひとつの思い出。

このいかにもスタミナつきそうなミソチャーシュー麺!
運転手なので、このくらい行ってもいいだろうという慢心。








外に出てみると何かやってるてるむ。
なんか、ここがHJNNの着座席(寝そべり席?)になるようです。
当人のブログにさまざまな場所でのHJNNwith31の写真がたくさん載っていますので、見てみてください。

さぁ、ここからは高速道路。
去年乗ったとはいえ、楽しみなものであります。

ここから自分は写真を取れないので、動画を撮影しています。
スクリーンキャプチャとともにお楽しみください。

零「えエーどう入ったかどうかわかりませんが愛知に入りました」
て「岐阜県とおらなかったwww」



零「えエーどう入ったかどうかわかりませんが岐阜に入りました」
て「岐阜県抜けてなかったwww」
※愛知県らへんって通り方によっては前と後で二回岐阜通るらしい



零「日も暮れてきたけど滋賀県来た」
て「千葉!滋賀!佐賀!(関東から出たことにない人が唯一持っていた滋賀県の情報)」
31「パーッショネーイ」



て「京都!」
零「道路もきれいになってきたね。あと、防護壁も出てきた」
て「神戸まであと数時間ですね!」



ご覧のとおり景色は下道のときほどわかりやすく変わってくれません。
そこが自分が下道にこだわる理由なんですが、高速だからこその余裕というのもあります。前回午前3時についた兵庫県が、9時につくというワープ具合。

今回は神戸のホテルに泊まります。


大阪-兵庫に入った頃。

真っ暗ですが、明るく感じるあたりやっぱり都会です。

そしていよいよ!


神戸!
ここまで来ると本と、、都会ですね
いろいろあって


神戸に下りてきました!
時間も時間ですので夕飯を食べることに。

場所が場所だったんで、ものすごい高い神戸牛とか、そんな感じのばっかりだったんですがここでちょっと違う雰囲気のお店を見つけましたので

即入ります。



おしゃれな英国風のインテリア、異国情緒を感じる神戸ならではって感じがします(他県にもあるらしいが)。
で、自分はオムカレー、てるむ氏はオムライスにしたようです。
なんともふわとろな卵と程よい塩味のチキンライスが絶妙。
てるむ氏はずっとこのふわふわなオムライスをどうやって作るのかぶつぶつ言ってました。

なかなかにおしゃれな神戸らしい夕飯になったんじゃないかなと思います。
結局帰ってからはすぐ寝てしまいました。帰り少し雨に降られました。


そうして、一日目が終わるのでした。一日目はどこにも行かない代わりに、長いドライブを楽しんでました。

今回のが長編になるゆえんは一日と二日目をくっつけているからであります!


二日目



「ヲ ハ ヨ ウ ニ コ 」

次の日はなんとなくな感じの曇り。
結局、呉にはいるまではずっと曇りでした。

二日目は周防大島を目指します!
ただし、途中で呉・大和ミュージアムを経由していきます。
この辺、去年の下道でのたびとそこまで変わらないですね。

ただし高速ですが!


大体高速道路は光景が同じなのと、トンネルが多かったので特記するところはないです。

のでいきなり岡山です。

向こうについてみたら自衛隊の高機動車がいました。
こんな写真取れるなんてなんて素晴らしい機会www
ちなみに陸自の方でした。

話はそれますが今年、高機動車乗ったんですよね!

思ったより静かでした。後エクストリームHICASみたいなものがついててびっくりでした。

ついでに74式も乗りました。



まあその辺は置いといて、、
ここからさらに高速で広島・呉に向かいます。




そして呉の町であさしお型と再会!
てつのくじら館…今年こそ以降と思っていたんですが、今年も断念です。

ついでに言うと、これだけ走っておきながら始めてこの地で海を見ました。




山と海と町が同居する、独特の雰囲気を持った町です…


あまりのでかさに潜水艦を写すことをあきらめた瞬間である。

さすがにてるむ氏は潜水艦を見上げる経験は始めてだったらしく、えらく興奮していました。


お昼です。
呉周辺って何かあるのでしょうか?全く知らないし調べもしなかった(この旅では大体そう)のでいつものように探します。




呉駅…って意外と小ぢんまりしてるんですね…っと言おうと思ったのですが、隣に大きい駅ビルが併設しているあたりやっぱり都会。地元とは大違いである。




去年は駅の反対には行きませんでしたので、また新鮮な光景。
そして、たまたまいい感じの雰囲気の店を見つけたので入りました。

いったいどうしたのでしょうか我々。
いつもなら真っ先にラーメンに行っているはずなんですが、二日連続でこんなOceanTea(おしゃんてぃー)な店にはいるなんてどうかしてます。



ここでまたしても自分はオムライスを頼みます。

しかし!昨日のオムライスとは違った意味合いですごいオムライスです。



海軍カレーは結構聞きますが、これはなかなか無いのではないでしょうか。


士官の食事名だけあって、やはり極上のオムライスって感じでした。
チキンライスと卵、そしてケチャップにグリンピースという王道の組み合わせにもかかわらず、何か特別な感じがするのはここが呉だからでしょうか。それとも、これが大和独特の味なんでしょうか???


これ見ると、しずまさんかなり精巧に大和オムライス再現してますね


さて、次はいよいよ大和ミュージアムに向かいます。

あの日から何も変わっていない1/10大和。

あれから戦艦武蔵が見つかり、「大和」にとっては特別な一年だったに違いありません。
平日にもかかわらず去年より人がたくさんいるのは、そうしたニュースで関心を持ってくれた方が増えたからでしょうか。



去年のにも載ってるし、たくさん素晴らしい写真を撮ってくれた方がほかにいると思うのであんまり写真は載せません。

この大和は呉において、戦後の造船技術の礎となった遺産として、大切にされているそうです。
戦争はおろかな行為であるのは当然です。
しかし、こうした技術が我々の生活にとって無くてはならないものになっていることを考えると、当時の技術者や兵士たちが命をかけて作り出してきたものを、現代人の我々が「無駄なものである」と一言で終わらせてしまうのはあまりにも失礼であるとこの大和を見るたびに思います。「ミリタリー好き」としてではなく、人間として…
大和ミュージアムは、そういうことを思い出させてくれる場所でもあります。


シリアス展開はこの位にします。
とは言っても、置いてあったものは去年と何も変わらないですので、写真はこちらを見てください。

あ、去年と違うのがいくつか。
特別展示で、「戦争とカメラ」って言うのがあったんですが、祖父の家においてあるのと全く同じカメラがおいてありました。ドンだけ古いんだろうか…
あと、大和ミュージアムの中になぜか大和プリクラってのがあって、撮ってきました。
そしたらなぜか印刷までにやたら待たされ、大勢の人が通り過ぎる中男二人でプリクラ機の前で待機するっていうこの旅史上最悪のイベントが待っていました。
写真は載せません。
























Like This.









屋上に出られました。
なんとも不思議なことに、イベントがあるたびに見事晴れますね。

こう見ると、ますます呉が変わったところに感じます。
群馬のような緑もあるのですが、海も都会もあって、しかもそれらが近距離に凝縮しています。
この後行く島とは全く違う風景でした。



外に出る頃は夕方になっていましたが、海をゆっくり見ようということでフェリー乗り場のほうへ。


海が大好きで、海の生き物や海周辺の建物など、海に関係するものすべてが好きなので、こういうちょっとしてものでも「萌え」ます。










造船の町というだけあって、巨大なタンカーが多いです!
自衛隊の艦もいましたが、新型はそんなにいなかったような…



と、思っていると―







「ゴッドレイ」です。
完全に晴れていたら決して見られなかった光景。
日ごろの行いがよほどよいのか、旅先の風景は毎回絶妙なところで泣かせに来てくれます。


呉と、呉の船たちに幸あれ!

二人とも思う存分撮ったのでここらでお暇します。



また来たい呉。
いつもそうですが、「寄り道」ではなく「ここが目的地」としてくるたびをいつかしてみたいものです。

さて、ここで渋滞に若干まかれますが順調に山陽自動車道へ。



そして高速を降りるともう夜です。
実は前回もそうだったんですが、山口のことさら島に近づいてくると、明かりというものがまったくない世界に突入します。














しばらくこうです。

自分は怖いのだめですが、てるむ氏はそれ以上にだめなので「トワイライトゾーン」を久々に口ずさんでいましたが(前回は軽井沢のとき)
無常にもこれを掛ける俺1650.


こわい。

夕飯まだ食べてないし、もうそんなのあるかどうかわからない状況ですが、それ以上にハイビームにしても視界の1/3くらいしか見えないこの光景、毎度のことながら結構怖いです。

恐ろしいシチュエーションですが、てるむ氏が撮影したカメラに身も凍る恐ろしいものが移っていました…
















3…






2…







1…



























お 分 か り い た だ け た だ ろ う か
てるむ氏の右隣に…目を吊り上げた少女が…









ハァァ・・・・・・




てるむ氏大喜びです。






そんなことをしてる間にいよいよ腹が減ってきたので本格的に店を探しますが、ほんとにありません。
島のホテルの人に聞いたのですが、大半が9時前に営業をやめてしまうため夕飯を食べられるようなところは全くないとのことでした。


しばらく探しましたが全く無いので、少し離れてみると。

ジョイフルがありました。

群馬にもあります…けど
こうなったら運命なので入ります。




普通怪獣が気絶するレベルで普通な夕食ですが、ここまで乗り切った人にしかこのたらこパスタ(特盛)のうまさはわからない!
(てるむが普通盛り、俺が大盛りを頼んだがどっちがどっちだかわからなくなったので、てるむがいくらか分けてくれたのだが、やっぱり自分のが大盛りだったらしくとんでもない量になった事件が発生している)

似合わずパフェ頼んだり女子みたいな一日だなこれ…
実は前回このへんにきたときはコンビニのぺペロンだったので、ここに来るときはパスタっていうのがお決まりになっています。


そして夕食も済んだところでいよいよ本州をはなれます。

本州を離れた瞬間これの大サビが来た。
周防大橋に向けて大きく右へ。
そのまま橋に突入します。
わずかに数百メートルの直線ですが、しっかりと海の上を渡っています。

そして-






「二回目のあろ~↓は~↑!!」



ちなみに去年

去年は道の駅サザンセトとうわに向かうため島を時計回りで走りましたが、今回はホテル「大観荘」に行くため島を反時計回りに走ります。

海が見える部屋という最高の場所で寝泊りすることができましたが、さすがに夜なので何も見えません。

ということでここの名物、海が見える露天風呂に行きます。
ここでの眺めは最高でした。朝風呂でも行ったのでそちらで詳しくお話します。


そして、2日目が終わります。




前編はここまでです。片道800km超の運転で何もトラブルが起きなくてよかった。

後編では今回のメインイベント、周防大島ドライブをお送りします。
そしてまさかまさかの今回もトラブルに見舞われます。お楽しみに。
Posted at 2016/10/02 18:12:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 小旅行 | 日記
2016年06月19日 イイね!

帰還報告

帰還報告大変お久しぶりです。
最後に書いたのが1月という衝撃w
正直言って、書き方とか忘れてたw



さて、なぜ今までいなかったかというと、学校のほうがかなり忙しかったのと、就活を本格的にしていたのが理由です。

で、ここに今来たということは、どちらも報告できる状況になったということでw
詳しいことはネットには書けないですが、自分にとってもっとも行きたいと考えていた、最善の道に進めたと思っております。

人それぞれですが、私はなんだかんだ大変でした。いろんな人の意見を聞くあまり自分の意思がわからなくなったことが一番大変なエピソードですかねw

ただ、自分の今までの経験がかなり生きたこともあって、「勉強だけじゃなく、ほかの人がしないようなこともたくさんした」というのがかなり強みになっていたと思います。
学生時代にしかできないことをやるって、想像したよりもずっと大事なんですな。
あと、人としゃべること!これが一番大事でしたね。とにかく学校には行って、いろんな人の意見を聞くのは就活に置いて最も有効な攻略法だと思います。

とにかく、今まで自分が生きてきた生き方は決して間違っていなかったと、そう思わせてくれるいい経験でした。ここでしか見られないものもたくさん見られたしねw


自分は趣味がたくさんある都合上、こういう人生における一大イベントがあるときはかなり趣味を制限します。
特に趣味関係の被弾は全くといっていいほどしませんでした。
で、後ゲームは制限してました。
もちろん旅もしなかったです。
サバゲーも。
こうやって書くと、この半年間はほんとに何もしてなかったんじゃないかってほど制限してましたねwwやることっていったらyoutubeくらいなもんで(それはそれでよくなかったようなきもするw)。

ついでに一部の銃も仕舞って、見えないようになってたりとか。

ということで、最近開放したいろんなことについてここに書いておこうと思います
大ボリュームにつき注意です!

まずはカービューらしく、



●愛車ZC31Sについて
車もほんの少しですが、変わりました。
現状はこんな感じ。



これでわかるのってもう31に乗ってるか自分の車に相当乗ってる人ですよねww
どこが変わったかというと、




ここと、







ここですw

シフト周辺は特にまるっきり変わっておりまして、
・ススキスポーツ純正SSキット
・RAZO R340シフトノブ

が入っています。

変えてみた感覚は、ほんの少しストロークが短くなったかな?という感じ。
やっぱりノブの印象でだいぶフィーリングが変わりますね。真球に近い形状になったのでかなりシフトしやすいです。
組み込みでだいぶ苦戦しましたが、これは長くなるので整備手帳とか言う便利なものにまとめておきますw

ここ

エアコンの吹き出し口
は塗装とステッカーだけですw


はじめは内装全部引っぺがして内側から引っこ抜いてたんですが、外側から羽をつかんで引っ張ると取り外せることが発覚w



個人的にこの車を選んだ理由のひとつとして、内装の鮮やかな赤色に惹かれたというものがあります。


そういうわけで、もっと赤くしてしまえばいいのではないかとか変なことを考え始め、いつの間にかこうなっていました。
特にシフトブーツ止めリングを赤くしたのは雰囲気的にかなりよくなったのではないかな?と思っています。
これからもどんどん赤くしていこうと思います。
あまりまっ赤っ赤にするんじゃなく、今回みたいにワンポイントで赤い感じがおしゃれでいいかなと思っています。
個人的には、ハンドルのシルバーがいかにもプラでよろしくないので何とかしたいと思ってます。
ハンドルをこの段階で変えるのは浮いちゃって好きくないし、どうしようかな…

さらに、今後は外装のちょっとしたところも変わります。お楽しみに。




●スイスポで行く超絶無謀な旅について
取り合えず、ここまで行った場所としては
・秩父・長瀞
・赤城山
・東京

ですね。

たぶん今後も行くことになると思うんでここではざっと紹介。

・秩父・長瀞





SSシフターの試験ついでにたらたら走っていたら来てしまった秩父・長瀞。
とにかく当てもなく進んだ1650であったが、だんだん狭まる道幅と深まる緑に、何かすごいものが見られる予感を感じていた。
そんな折、繁みの奥から巨大な廃校が姿を現す…。

と、なんかオーバーに書きましたが、しばらく走っていたらかなりいい雰囲気の山の中にきてしまって、おまけに横目にチラッと見たら廃校まで出てきてしまったという旅。
とにかくのどかで静かな山村、という印象でした。こういうところはゆっくり走るだけでも心が洗われます。


・赤城山







本年度初の旅ということでゲン担ぎも含め、赤城山に向かった1650と輝夢氏。
大沼で目にしたものは、大沼最速の戦闘機、「TOMCAT21」だった。
さらに、「御神水」を手に入れるため山奥まで徒歩で向かうが、これが思いもよらぬすさまじい体験の始まりだった-

間違ったことは言ってません。
大沼にある、前から気になっていたモーターボート、「トムキャット21」というのについに搭乗しました!
かなりパワフルで、コーナーリング性能もかなり高くてびっくり。それもそのはず、リアに収まっているのは5リッターのV8エンジンでした。
さらに、赤城山頂の道の駅で御神水がある場所にいけるという情報をキャッチし、徒歩で向かうことに。
熊注意の警告も怖かったけど、何よりでかい落石で階段の一部が崩落、さらには御神水のある神殿の一部が家一軒分くらいの落石でつぶれていたのには震撼しました。それだけに、御神水はとてもありがたく感じました。

・東京





秩父長瀞にもう一度行こうと思ったもののなぜかついたのは藤岡の山中。
そして気づけばオタクのメッカ、秋葉原に。
1650の脳裏にHJNNと戦い、2度の惨敗を喫した雪辱がよみがえる。
そんな悔しい思いを胸に、1650はHJNNとの3度目の戦いに挑むのであった-

この間行った秩父に行こうと思ったら道を間違えたので、どうせならおもっくそ目的地を間違えてみようとマイカーで3度目のアキバ探訪。
HJNNとは「Hyper Jumbo Nesoberi Nuigurumi」の略。プライズ品なので、お金を出せば手に入るってわけでもないのがミソ。
こんなのです。

ナニシテルでも書いたとおり、3度目も大失敗に終わりました。
果たして私がHJNNを手にする日は来るんでしょうか…


という感じ。次はどこに行こうかしらw
特に決めてはないですが、近場がいいですねwあまり遠いのは今のところそこまで考えてないですw


●艦これ

ふねに関しては全く変化ないです。めるせさんの言うところの「演習とお使いの日々」を続けています。
その代わり、久々に見てみたらうれしいお知らせが来ていました。

なんと、先行配信運用版のスマホ版艦これに当選していました!


早速はじめてみます。
DMMストアでDLしてからログイン。当選者のみが入れる模様。

親切ですね。


おお!!!!
PC版とあんまり変わらないですね。
携帯先行運用版の文字がうれしい。


大人の事情でインターフェースを消しましたが、PC版と違うところは全くないです。
ただ、自分の携帯が型遅れだからなのか、動作は若干遅いです。できるならPCでやったほうがいいですが、出先にやる分にはとてもいいですね!
・・・別に浜風に浮気してるわけではないです・・・



●スクフェス(ラブライブ)
久々にログイン。
そして早々に石が50個たまっていたのでBiBi11連を試すことに。
結果

ま き ち ゃ ん
ラブライブは東方と同じで「このキャラはそこまで好きじゃない」みたいなのがいないので誰が来てもうれしいですね。真姫ちゃんはとくに最近たくさん出ます。
またそろそろ50個たまるのでまたやりたいです。
腕のほうは相変わらずかなり下手なのでぱっとした成績は出ません・・・

おまけ。


なんか質問がいくつかあるタイプの診断をやってみたらこうでした。
高嶺の花過ぎる気がするんですがそれは…
μ'sはDDなのでほんと、みんな好きなんですけどね。
でも希推しなんですけどね。

アニメ見る前はなんかぱっとしない子だなぁと思っていたけれど、アニメでの独特なキャラ付けと、皆をいつも見守っているやさしいところがとても好きです。
なぜかドラマCDだと凛ちゃんと組んで軍人キャラをやったりするところがまたよい。希隊長!

はまったのがμ's解散直前だったのが残念ですが、これからもいろんな方面で楽しんで生きたいと思います。

好きなキャラが艦これだったりラブライブだったり忙しい…


ということで、いろいろ楽しんでいますw
今後もいろんなとこに行って、サバゲーをやって艦これをやりながらスクフェスをして、銃を修理しながら31のドレスアップをやって生きたいと思っていますので、書くネタには尽きないと思います。

雨ばかりで欝になりがちな6月ですが、元気にやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします!
では…
Posted at 2016/06/19 21:24:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年01月11日 イイね!

明けましておめでとうございます&新春DIY

明けましておめでとうございます&新春DIY遅くなりましたが皆様明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

今年は自分にとっては将来もかかっている大事な年ですので、より一層の努力で頑張りたいと思っております!


結構書きたいことがあるのでさっそく書いていきます

つい最近ナニシテルにあげたコレ↓ですが







中身はというと!

これです。




ご覧のとおりただのフェンダー…されど、これこそが自分が半年間探し続けていたものです。
どういうことかというと、ここにあげてきた31の画像がすべてこの向きだったことと関係がありますw


すべてこの向き…
では右前は果たしてどうなっていたのか?






実はこんなことになっていたのです…








※諸事情により撮影現場にいないはずの謎の少女が写りこんていますが特に関係のあることではございません

フェンダーがおもっくそ凹んでいますが…
実は納車して数日後の五月某日、自宅の塀にこすっていたのです…



あまりのショックでブログを上げるのも忘れたうえにぶつけた個所の写真も取らなかったのでこの写真しかありませんw


というわけで、先のフェンダーです。
あれ以来フェンダーを探してヤフオクを漂流していましたがレア(?)な31の1型なためなかなか見当たらず…
あったとしても逆側だったり色違いだったりと難航しましたが、年末ついに全く同じカラー(Z7T)の31スイスポ1型用の右側フェンダーを発見!
速攻で落札しました。


で、色々あって某日、某作業場に向かいました。

★登場人物紹介★
輝夢氏

作業の助っ人。
スイスポの旅や作業があるときは毎回連れて行かれるZ乗りの人。
エリーチカが好きらしい。



零鴛1650


スイスポゴリゴリ事件の当事者。
ラブライブに関しては何周かするうちに誰が好きなのかわからなくなってきた人。
今のマイブームはかよちん。



※あくまで日記兼備忘録程度のものなので作業の参考にはしないでください。





センターでジャッキアップ中のてるむ氏。
なんかパキッて音がしたけど気にしない。


今回の流れとしては
①バンパーを外す
②タイヤを外す
③タイヤハウス内のライナーを外す
④サイドスカートを外す
⑤フェンダーを外す

という感じです。あと

⑥タイヤ交換(スタッドレス)
も、そろそろやらないといけないので…

しかしバンパー外しから波乱の連続です。
フェンダーとバンパーの間に養生テープをしてからスキマにドライバーを突っ込み、バンパーに引っかかっているフェンダーの爪(プラ←かなり重要)を一つずつ慎重に外すというかなり恐ろしい作業なんですが、この爪外しがかなり難しいのです。。。

右側
「外すよー」
\パキ/
1Death!
「あれ!?折れた!?」

左側
「慎重にやるよ!!」
\パキ/\パキ/\パキ/
2Death!
3Death!
4Death!


計4個の爪がお亡くなりになりましたw



で、とどいたフェンダーを見てみると衝撃の事実。
全ての爪が死亡していました。



完全なものと比較しなければわからないほどきれいに折れていたので開封時は気づかなかったみたいです。
商品説明にも書いてなかった気がするけど、現物確認連絡はもう入れちゃったし何より今からいろいろ連絡するのはめんどくさいので、まだ爪が一本だけ生きている現フェンダーから、爪がすべて死んでいる新フェンダーに「爪ユニット」を移植することでこのトラブルは何とか解消しました。

爪だけ別パーツで助かった。

そういう感じでバンパーが外れました。




なんかすごいスパルタンな見た目になってしまいました。
ライナー外しとサイドスカート外しは総じてリベットとの戦いです。
ライナーとサイドスカート、片側だけで計約20個のリベットがあります。さらに言うと地面近くの部品であるために砂塵がリベットのパーツの隙間に入り込んでゴジゴジになっており、無理に引き抜くと爪が死ぬ恐れがあるこれまた難易度の高い作業です。
結果的に言うとこれはリベットに水をかけることで解消します。
だいたい。

しないこともあります。

さあいざすべてリベットを外してサイドステップを外そうとするのですが…あれ…
とれない…?

てるむ氏と色々やって見たのですが全く外れる気配なし。
隠れたネジやリベットもなし。
????

と、ここで改めて確認してみると、ウマがサイドステップに触っていたことが発覚。
それは取れるわけないわ…
っていうことで再びジャッキアップ。

サイドステップは車体内側に巻き込んでいる場所が2か所あるので、それを引っ張るようにして外しながらサイドステップを引き抜きます。



途中外そうとしてブレーキディスクに肘がぶつかったり痛いこともいろいろありましたが何とかとれました。
ここで気が付きましたがブレーキは日信工業製でした。




次はフェンダーです。ドアの隙間やフェンダーの裏などに隠れたボルトがあるので注意です。あと、1型はサイドマーカーがフェンダーにあるので配線に気を付けてはずすと

こうなります。
こうなるともうスイフトなのかスイスポなのかわかりませんなw

日も傾いてきたので新フェンダーをさっそく装着します!
ミラーの前のパネルにフェンダーの爪が挟まるんですがすごく大変ですw何人かいないと難しいです。

いきなりですが装着した絵を。

おお!綺麗!
純正かつ中古品なので色もばっちり合ってます。




前のぼろぼっろのフェンダーとはえらい違いです!

そしてここから急速に暗くなり始めたので急ピッチで作業を進めます。

そして完成。


真っ暗で写真がないですがwwww

もう何も見えないので場所を変えてタイヤ交換することにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~某所~~~~~~~~~~~~~~~~
明かりがあるところでみるとやっぱり違いますね!








そしてホイール。
もともとついていたのは、MONOGRAM WEBNERの16インチがついていたんですが、スタッドレスは純正ホイールになります。

改めてみるともう別の車に見えますね。



こうして大きな事故もなく今回のフェンダー&タイヤ交換を終えることができました。
暗くなっても手伝ってくれたてるむ氏には本当に感謝です…!ひとりではこの作業は絶対できなかったと思いますw

今度はぶつけないようにを付けないと…




そして次の日。明るくなってから見てみます。




満★足
ヘッドライトも磨いたし綺麗になりました。

これからも大事に乗っていこうと思います。


珍らしく車のことが書けたぞ!
Posted at 2016/01/11 16:41:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「昨日ジロー食べたけど確実に腹壊したなこれ」
何シテル?   06/10 11:12
ミリタリー好きで車が好きでバイクにちょっと興味があって二次元好き(主に二次創作)な人です。 そういう人ですw
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

今週の艦これ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/08 16:30:32
艦これ、今度は家庭用・アーケード・携帯ゲーム展開?特許庁に商標出願 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/25 09:00:53

お友達

車が好きだったりサバゲーやってたり艦これ・ラブライブ好きな方と仲良くしていきたいです。

※いきなりの友達申請は断ることがあります。
33 人のお友達がいます
ken13ken13 赤き血のEME59赤き血のEME59
ダートラしんちゃんダートラしんちゃん 輝夢輝夢
叢雨おいち@叢雨魔法店叢雨おいち@叢雨魔法店 ゆーさく@アリスタント⑨州支部ゆーさく@アリスタント⑨州支部

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
店頭で一目ぼれして決まった車です。 不慣れなMTという選択でしたが楽しんでいます。
ホンダ マグナ50 ホンダ マグナ50
エンジン大好きな自分が初めて所有したバイク。 50ccには見えないカッコいい見た目にほれ ...
その他 その他 その他 その他
趣味で作った色々画像です

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.