車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
【九州シリーズ⑤】ちょっとドッグランしてくるわ、です。最終話忘れないうちに九州旅行最終回を書いておこうかとPCの前に陣取る毎日です。
「その前に少しだけ…」とdアニメを観始めて、セキレイ1期(全12話)とトリニティセブン(全12話)とCキューブ(全12話)をコンプリートしていました。

そして今週末は…恐らく5年ぶりくらいにクレスタ(スーパールーセント)を通勤途中で見かけたのがキッカケなのだけれども、GTO(全43話)を観始めていますダメだコイツ早く何とかしないと。
※内山田教頭の愛車

【2017年1月1日】
九州旅行の最終日(予定では)。
私は佐賀県の呼子で新年を迎えました。

読みは「なごや城」なのだが愛知県では無い。
豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に本土基地にしていたのがこの「名護屋城」です。


ですので各武将の陣跡がそこらに点在しています。
クソ寒いし陽も昇っていない早朝でしたので今回はスルーです。
今日は新年初日。
一年の始まりのこの日には戦国ロマンよりももっと大切な食欲と物欲と性よk…じゃなかった、お友達との約束があるのです。

佐賀県から福岡県小倉へ一気に移動です。
途中の博多やら何やらも完全スルーして小倉へ。
観光旅行とは言いながらも単に知らない土地を運転する事自体が旅の楽しみなので、折角そこまで行っているのに勿体無いとかそうゆうのは感じません。
また来ればえぇんねん。

小倉に着いてしばらくしたら九州の友人が来てくれた。
わざわざ大分から2時間掛けて、ありがてぇ。
正月元旦とゆうクソ迷惑な日に、ありがてぇ。

彼のスイフトスポーツ(ZC31)とインテグラのツーショット。
おしゃべりとお遊びに夢中になっていて写真を撮り忘れてたました。
唯一の1枚が彼がスマホで撮っていたコレ。(見切れてたので描き足しといた

彼と前に会ったのは4年前の広島だったか…もう随分と前のような気がします。
(頭部を見ながら)彼は全くお変わりなく安心(と嫉妬)をしました。
そんな彼、鍋本舗ニキとの「小倉でお遊び」の模様をお送りいたします。

「とりあえず、あるあるシティ行こか」

この一言で2人がどうゆうご趣味かは分かると思います。
崇高な日本文化を正月元旦から探求する辺りは我ながら一本筋が通っているかと。



お互い欲しかった書物(同人誌)や芸術的彫刻物(フィギュア)の入手が出来て、あるあるシティでの文化研究は大成功に終わりました。


大成功。



「ところで鍋さんや…」
あるある前にあるバーガーショップでミニサイズの佐世保バーガーを齧りながら本題に入ります。

「こうゆうお店に…ご興味は?」
と、ズイッとスマホを手渡します。


「なるほど。これは興味深いですね。」
「どうも小倉駅裏にはこうゆう区画があるようでしてね…」
「そうですか…なるほど…。これは調査する必要がありますね。」

「…。」「…。」

「行ってみますか(ぐへ」
「行ってみましょう(ぐへへ」

駅から数分歩いた所にその一角はありました。
ホントにスグそば。
全く、これでは青年達の健全な育成に悪い影響があるではないかすばらしけしからんなー。

「お兄さん達、どう?写真見てってよ!」
あ~はいはい、と鍋ニキは慣れた対応でやり過ごして行きます。
おぉう…この場慣れした感、たのもしい…。

「今なら待ち時間無しでスグにイケるよー!」
なぬ?スグにだと?
と食い付いてしまいそうになる俺氏(ビギナー)をフォローするかのように鍋ニキが「あ~また後でね」と客引きのコワモテなお兄さん達を受け流してくれます。

正月元旦とゆう事もあり空いているお店も半分程度。
「これは微妙ですね~。何となく爆弾を引いてしまいそうな予感がしますわ。」
と、ベテラン鍋氏。
「な、なるほど。私はアソコにあったホールインワンとゆう店が少し気になって(下調べしてから気になってる)るのですが…」
「あ~…雰囲気的に爆弾のような…」
「じゃ、あの制服のお店は…アレはアカン感じでしたね。」
「ですね。私も小倉はホームじゃないので自信持ってオススメできんですわw」

なるほど。鍋はスケベ大臣決定。

まぁまぁ、正月早々ハズレ引いたらショボーンだし今日は辞めておこうか。
と2人の紳士はその場を後にしました。
(なんだよ入らないのかよ!って?大丈夫、続きあるから)


パーキングに戻ってからも色々と話に花を咲かせていましたが次の予定の時間も迫り。
「この後とんこつラーメン(濃いやつ)を食べに行きますけど一緒に行きます?」
「いや、まださっき食べた佐世保バーガーが胃に残ってるから無理ですわ。」
それではココで…と握手を交わして鍋ニキは帰路へ、私は豚骨ラーメン「魁龍 小倉本店」へ向います。
結構獣くさいですよ?と地元民に脅されていたので非常に楽しみです。
インテグラを走らせ店の駐車場へ止め…


「ウプ」
胃の佐世保バーガーが豚骨の獣臭さに反応してやがる。
つまりは胃が受け付け拒否してやがる。
空腹ならばイケるのでしょうけれども、ほぼ満腹状態ではこの獣ラーメンは食えねぇ。
無理して食べても美味しくないよなぁ…と戦略的撤退をする事にしました。


さて…こうなると物足りなさを覚えます。
当初の小倉の目的は、
1:鍋さんと遊ぶ
2:あるあるシティで買い物
3:魁龍で豚骨ラーメン食べる
4:スケベなお店で楽しいエクササイズ

…ふむ。
もう一度戻るか。


「もう好きにしなよ」

さっき鍋さんと別れたばかりのパーキングにインテグラを置いて、再び小倉駅裏のあの一角へ。
鍋さんには「爆弾かも…」と言われてはいましたが、そこはまぁ…細心の注意で爆弾処理しちゃうぞ?みたいなノリで。

同じ区画を数回グルグルしながら決めました。
「そうだ、ホールインワン(に)しよう。」
(ググルなよ

~以下はゴルフプレイの記事です~

ゴルフ場の受付でプレイコースの申請をしました。
オール18ホールプレイするとか、半分の時間で済む9ホールとか。
軽く楽しむだけのパターゴルフもありました。
私が選んだのはVIPコース。
100分掛かるそうですが、その分ジックリと楽しめるようです。

さてキャディさんを指名します。
ネットHPにて戦績と得意なアシストが紹介されていたので、事前に選んでおいた子にしました。

その、なんだ。
こうゆうのは大概画像加工されているので大して期待はしていないんだが。
今回キャディさんに指名したのはこんな感じの子です。

「どうぞコチラに」
と案内された先で待っていたのは…

おい、体型まで加工してたのかよ(怒

…しゃーないな。
とりあえず18ホールよろしく、とそのポチャ猫キャディーさん(黒髪ロングだけは加工無し)とプレイスタートです。

持ちこんだアイアンを丁寧に掃除してもらい、バンカーショットやら池ポチャしながらも順調にコースを周って行きます。
途中で何回かフェアウェイから飛び出しそうになって「ファー!」となりかけたりしましたが、概ね順調です。
沼地にハマってヌメヌメした所は危なかったです。
キャディさんもヌメヌメにハマってしまい、協力して何とか脱出。
キャディさんの重さで背骨が折れるかと思った…気持良かったけど。

イマイチ調子が出ないアイアン。
気を抜くとサンドウェッジに取り換えられたりパターになってしまったり。
イマイチこのキャディさんとは相性が良く無いようです。
いや、悪くは無いのですが、どうにもこうにも。

さて、コースも中盤戦です。
フェアウェイで引っ叩きまくりもはやボギーどころかダブルボギーさえも避けられない状況。
このまま沈むのか…
と、グリーン上でカップインへ向けて芝を読んでいると…

「このままカップインする?…」



キャディさん、今日は陽射しが弱いからとばかりに帽子は要らない、らしい。
アカン…コイツはアカン…アカンでぇ…


「もちろん、だ」

口から勝手に答えが出てた。
情けない。

その後はもう色々と頑張りました。
「ワイは猿や!プロゴルファー猿や!!」
みたいな事したような気もしなくもないけど、最後は無事に「旗包み」の大技でホールアウトしました。
恐ろしいです、VIPコース。

「ありがとうございました~またヨロシク」
夜風に当たりながら思ったね。

…嫁枕をキャディにしている時の方が興奮する。
これには我ながらショックでした。



こんな感じで小倉での活動はお終い。
この後はゴルフ疲れでフラフラしながら愛知へ向けてひた走りました。
途中のPAで一泊したり、京都でノヴさんと年始の挨拶したりして帰宅したのは翌日の2日午後。
年末27日に家を出てから実に1週間ぶりの我が家です。
総走行距離は2800㌔。
初めての本格的な九州旅行は大きなトラブルも無く無事に終える事が出来ました。
これも事前に情報をくれたりアドバスをしてくれたお三方(赤褐色の記録員、ノヴ、シャープ)のお陰です。
また、元旦に出向いてくれた鍋さん、ありがとうございました。


そして今回も最後まで良い子でした。
最後の方は疲れて寝てばかりでしたけどw

これにて九州旅行シリーズはおしまい。

                     オワタ

Posted at 2017/01/22 19:11:01 | コメント(13) | トラックバック(0) | インテグラ | 旅行/地域
2017年01月15日 イイね!
食べ続けて、冬。九州シリーズは一休み。
書く方もだけれども、見て下さる方もダレて来たやろ?w
後は小倉に寄り道して愛知へ帰るだけ…なのですが、アッチ方面やコッチ方面に色々あったんやで。
なぁ、鍋爺さんや。

穏やかだった年末年始の天気から一転してクソ寒な週末になりました。
お陰さまで無事に風邪をひく事が出来ました。
本当にありがとうございます(ズビズビ
昨日雪がパラついてるのにお外で遊んだのがイケなかったのかもしれません。
恐ろしく寒かったんだけど、ほとばしる熱いパトスに支配されて我慢できなかったんや…。

とゆうワケで。
今夜も程良い時間になった事ですし国際メシテロリスト選手権大会を開催します。


可児市の花フェスタで「キッチンカーグランプリ」があるぞ!と市内のテロ仲間から緊急電が入りました。
休日出勤をしていましたが、胃袋の一大事ですので昼食をとらずにぶっ続けでお仕事をして予定より早く退社。
後輩Nを召喚して会場へ向いました。


ステーキ丼(ハーフサイズ)。
黒コショウとガーリックが食欲を掻き立てます。
肉汁ジュワワなステーキと濃いタレが仕事後には最高です。


牛肉がビッシリの餃子。
美味しかったけど、味が薄めで物足りない。
やはり労働の後は濃い味が欲しくなります。


キター!!


このボリューム、ドレッドノート級。


本場の佐世保バーガーと同サイズ。
新鮮なトマトとタマネギにジューシーなビーフとベーコンと目玉焼きに、バーガー戦士として恍惚としてしまいます。
(苦手なチーズは抜いてもらってます)


面白そうなイベントでしたので人出の多さを心配していましたが、この寒さのせいかほとんどのブースを行列無しで楽しめました。
ビールのブースもありましたが…(お察し


冷え切った身体には牛タンスープ(ハーフサイズ300円)。
より沢山の種類を味わえるようにと、各ブース共に通常よりサイズの小さいハーフサイズを用意していました。
これは非常に助かります。
佐世保バーガーもハーフサイズがありましたが、バーガー戦士としては譲れない領域ですので通常サイズです(800円、お腹苦しい)。


キッチンカーも多種多様で面白いのです。
バーガー販売のこの車両はいかにもなUSA。
映画とかで道沿いでホットドッグ売りしていそうな車両。


リベット剥き出しで武骨、USA!USA!


映画では車両の中には無線機や武器が満載されているイメージなUSAバン。
日本のミニバンが「ミニ」と呼ばれるのはコヤツらと比べて「ミニ」だからなのかな。


そんな武骨なUSA勢と対照的だったのがISUZU。
洗練されたラインが新幹線を思い浮かべさせます。


からの、ローストビーフ丼。
肉と白メシ。
日本人で良かった。


デザートは別腹。
ブリュレなクレープです。
表面をバーナーで炙っているので香ばしい焼きプリンが脳髄を破壊します。
甘党員にとってコイツの攻撃力は凄まじかった。

今週はビーフ祭りで、来週はチキン・ポーク祭りだそうです。
まさに食い倒れ週間。
正月太りが戻るどころか加速し続けるしかないじゃねーか。

と、ならないように食事の後は運動してカロリー消費しておきました。


最新鋭の機械化歩兵装備を試すおぷてー氏。




中年2人は全く扱えなかった模様。


幼稚園児の時はヒョイヒョイ乗りこなせていたのに(汗
時の流れは残酷です。

明日からのお仕事も(チキン&ビーフ祭りを希望に)頑張るバリ。

Posted at 2017/01/15 22:41:06 | コメント(9) | トラックバック(0) | 徒然なる事 | グルメ/料理
2017年01月13日 イイね!
【九州シリーズ④】ちょっとドッグランしてくるわ、です。お仕事始まった瞬間からバタバタなので、九州へ行っていたのが随分と前のような気がしてます。
GWさんのお越しを心からお待ちしております。

12月31日大晦日。
熊本県にある「道の駅みなまた」で朝を迎えました。
ホテルインテグラの寝心地はとても良好でヌクヌク布団でグッスリと…

得意の2度寝をぶっかまして目が覚めたのは起床予定時間から1時間ほど過ぎたくらい。
この日は朝イチでフェリーに乗る予定でしたので急いでYAHOOナビ(スマホアプリ)で目的地セットすると…

出港時間を20分も過ぎていました。

「あ…あかん(汗」と絶望しましたが「いや…もしかしたら」とグーグルナビでセットし直してみました。
画面に出たのは一気に20分も短縮された到着予定時刻。
国道や大きな道路を優先して案内するYAHOOナビと違い、グーグル先生は道路の大きさは考慮せずに単純に距離で案内しやがります。
「絶対にクルマは入って行けないだろ!?」とゆう道路まで。
狭い道が多い住宅街や都内で使用すると「ぐぅ狭…」と白目を剥く場面が多々あるのですが、クソ田舎(失礼)で使用すると効果的に威力を発揮してくれます。
広域農道やら県道をフルに駆使するのでショートカットしまくりです。


グーグル先生の案内で余裕の到着。
ナビアプリは場所に合わせてハイブリッド利用するのが有効と実感しました。
(都内でグーグル先生を召喚するのはマジ危険)

ここは鹿児島県の蔵之元港。
九州経験者のオッサンも「どこだよ!?」と言っていたので地図を置いておきます。

熊本(水俣)からまた鹿児島へ戻っているので何だかややこしい。

入港まで時間もあるのでクマーを散歩していたら、とある家族連れに出くわしたので一緒に記念撮影をしてもらいました。
初対面でしたがとても気さくな方達でクマーもスッカリ溶け込んでいましたよ。


今回のフェリーは少し小さ目です。
前日は少し酔ったので少々不安でした。





昨日と違って風がほとんど無かったお陰か、浮き沈みも少なく進む終始穏やかな航海でした。
良かった…助かった…

上陸したのは熊本県の天草。
お?あのキリスト教の??、と頭に浮かんだ貴方は社会科の授業はしっかりと起きていた証拠。
浮かばなかったオマエラは嫁画像の踏み絵を申し付ける。

深牛(天草)に上陸して奥地へと走ります。
気温がとても低くて路肩には霜がおりています。
道路沿いの川からは水温の方が高くて湯気が立ち上るほど。
そしてそいつは突然目の前に現れた。


…ん?塔のような…?暗くてよく分からん…。

(と、そこに日光が差し込む)


「っ~!!」(言葉にならない)


崎津天主堂。
崎津の湾に面した教会です。
物凄い霧(湯気)の中でカメラを構えている人が居たので「何やろ?」と私も真似してレンズを向けていたら…神が降臨しやがりました。
近くでビッグサイズなニコンを構えていたお兄さんに聞いたら「このガスに陽が差し込むタイミングを撮る為に何週間も通ってようやく…」と熱く語ってくれました。
「あなたはどれくらい来てるの?」
「え…今日初めてたまたまこの時間に…」

…。


「はぁぁぁぁぁ!?」
すいません、すいません。
ものの数分で陰ってしまったので本当にタイミングが良かったようです。


マリア様に感謝です。


夜は電飾でキレイらしい。
ニコンのお兄さんが「ドヤァ」とネオンに浮かび上がる教会の写真を見せてくれましたw


教会周辺で写真撮ったりクマーと遊んでいると、出会う人出会う人全員に挨拶されました。
都内かその辺りのマンションだか自治体では「知らない人(同じマンション居住)から声を掛けられる(挨拶)と不安になる」との理由で挨拶禁止とゆう田舎住まいとしては理解しがたい風潮もあるようですが…やっぱり田舎はいいぞ、と。
顔見知りなのに無言で擦れ違うとか…そっちの方が薄気味悪い(汗


天草に限らず九州の道路は比較的整備がされていて路面も良く走り易かったです。
大型車が本州より少ないように感じたので、路面への攻撃度合いも低いのかもしれません。
何にせよ、峠区間以外はクマーにとって安楽であったようです。(よく寝てた


天草から島原へは再びフェリーで有明海クルーズ。
遠く東の有明の海(ビッグサイト)ではコミケ戦士達が死闘を繰り広げているのよねぇ…と、流浪の提督は穏やかな有明の海を眺めていました。




早朝の天草上陸とは真逆で賑やかです。
いやね、家族連れしかおらんのですわ。
年末(大晦日)ですから実家へ~とか親戚で集まって~とか、そんな雰囲気でワイワイしている中を犬を抱いたオッサンが一人でフェリーの中をウロウロとか…大丈夫、もう慣れたw


熊本から長崎へ向うのも有明海をグルりと迂回するより、島原へ渡ってからフェリーの方が早くて安いのかもしれません。(5m未満で2590円
それに何と言っても、楽。

温泉の湯けむりがそこかしこ立ち昇り誘惑激しい雲仙シティを通り過ぎ、一路長崎へ向います。
そして佐世保市の手前の川棚町。


川棚魚雷艇訓練所跡。
魚雷艇とは何ぞや?と言うと、


ベニヤで造られたボートに爆弾を装備して敵艦に必死の体当たり攻撃をする特攻兵器「震洋」。


慰霊碑には戦死者の氏名が隙間無く刻まれています。
航空特攻や潜水艦回天による特攻は世に知られていますが、この震洋は余り知られていません。
しかし震洋による戦死者数は2500名以上と非常に多かったそうです。


恐らく訓練兵達も眺めていたであろう慰霊碑前に広がる海原。
今回の九州旅行では改めて色々と考えさせられました。

川棚から山を越えるとようやく佐世保の町に入ります。
もっと広々としてノンビリしたイメージを持っていたのですが、実際は山に囲まれていて狭い平地にギチギチにビルや道路が詰め込まれている賑やかな街でした。
特に交通量の多さに驚きました(汗
名古屋市内くらいには多い。

佐世保の目的は当の然で佐世保バーガー。
ようやく本場モノが食える、とウキウキしながら店に向うとコレだよ。


店の前にたむろする客。
見切れてるけど左右や後方にもまだ居ます。
しかし誰もバーガーを食べていません。
嫌な予感を押し殺しつつ列に並んでいると前から恐ろしいセリフが聞こえてきます。
「今からですと出来上がりに1時間以上待って頂きます。」

…アカン。

ファーストフードに1時間はアカンw
夢にまで見た本場の佐世保バーガーですが、バーガー本来の「手軽さ、早さ」を味わえないと分かると何だか萎えてしまい「あ、前どうぞ」と列からそそくさと離脱しました。
全く…大晦日にわざわざバーガー食いに佐世保へ来てるんじゃねーよ(怒

とりあえず自分の事は置いておいて。
もう一つの目的を果たします。


(601)掃海艇「ひらしま」
その奥は「602 やくしま」と「603 たかしま」でしょうか。


「154 あまぎり」


「132 あさゆき」

「あさゆき」の奥にもう2艦居るような…14…


「144 くらま」
2門の主砲は現在では「くらま」のみです。
アニメ「沈黙の艦隊」では米艦に沈められ、実艦は関門海峡で韓国コンテナ船と衝突(前を航行する貨物船を追い越そうとして対面から来たくらまに衝突した)されて炎上と、なかなかドラマチックな艦として記憶に残っています。
春には除籍予定なので最後に一目見れて良かった。


米艦もおった。
「ボノム・リシャール (強襲揚陸艦)」
ハリアーとか搭載していてとても強い(小並感
海自の「いずも」や「ひゅうが」にもハリアー積めばいいと思うの。


と、思う夕張さんであった。
佐世保バーガーではコケましたが(コンビニパンをかじりながら)塩分は補給できたので満足です。
佐世保・呉・舞鶴・横須賀と全国の軍港を巡る旅もコレで終ry…あっ!


大湊基地(青森県)を忘れないで下さい。
(GWの東北旅行で寄るのを忘れてた…)

長崎の次は佐賀県へ向うのです。
前半戦でノンビリと進んでいたので後半戦のスケジュールがキツイ。
しかし佐賀県はビシッ!と1つに目的を絞っているのでソレを目指して突き進むのみ。
佐賀県は呼子とゆう所の「イカ」がとても美味しいとの事で、一年の最後の日を最高のイカ料理で締めくくってみようじゃなイカと計画していました。

途中の温泉で身を清め、いざ呼子(イカ)へ。


このページに来る誰かが言っていました。
絶望シリーズが辛い、と。
大丈夫やでぇ…辛くなんか無かったんやでぇ…。
ただ涙がこぼれそうになってただけやでぇ…。

しかし捨てる神あれば拾う神あり。

どこもかしこも大晦日閉店している中で唯一明かりが灯っていたのが「颯海(はやみ)」とゆう弁当屋さん。
コンビニ弁当よりはマシだろうし今年最後のご飯はココで調達しますかね。

(どれ、メニューを、と…)
「イカ丼…だと!?」


(うめぇ…)
程良く暖かい寿司飯に風味のあるイカさんが冷えた心と身体を癒してくれました。
大晦日にインテグラで布団を被りながら食べたイカ丼…一生忘れられない味ランキングトップ10入りです。
あぁ…2016年は良い年だった(涙
イカ丼の美味さに涙を流しながらクマーと眠りにつきました。
(やっぱり嫁枕持ってこりゃヨカタ)


キリが良いので今回はココまで。
佐賀県に到着したので念願だった九州全県踏破です。
ようやく全国踏破が見えて来ました。
次回は九州シリーズ最終回「絶倫の小倉大戦(その時歴史が動いた)」です。





続く。


Posted at 2017/01/13 22:34:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | インテグラ | 旅行/地域
2017年01月05日 イイね!
【九州シリーズ③】ちょっとドッグランしてくるわ、です。旅の片付けをしながらDアニメ(ヘヴィーオブジェクト全24話)をダラダラ視てたら休みオワタ。
折角の休みが…なんてこった…。
そうだ、今年の目標は「アニメ絶ち」する事にしよう。
もう40近いしな。
そろそろ大人に…

む…いかん、、、動悸が激しくなって来たようだ。
何よりも健康が大事である、仕方無いな、シカタナイ。
早速今期のアニメをチエックするか。


旅先での朝は早い。
何せ寝るのが早いからな。
やる事もそんなに無いので22時前には夢の中に入ってしまう事がほとんどなワケで。
自然と目が覚めると朝の4時とか5時くらいです。
特に本日(30日)は時間通りに起きて行動しなければならないスケジュールですので、スマホから垂れ流される「おはよう!」の声よりも先におはようです。

コンビニで朝食を済ませてから根占港へ行くと…やってるやってる。


すでに朝のお仕事が始まっています。
沖から帰って来た船から水揚げ作業をしている最中のようです。


大漁じゃ!
あんな活きのイイやつを食べたかねぇ。→(前日に食い損ねている)

なぜ朝イチに港に来ているかと言うと、目的はコレです。


1ゲットーズサーc⌒っ゚Д゚)っ.
根占港からフェリーに乗るのです。
前日に混雑状況を確認したら「年末ですので混雑していますよ。今日も乗れなくて便を遅らせた人も居ましたし。」と鹿児島ナマリのイントネーションで教えてもらってたので、念には念を入れて出航3時間前に来たのです。
見ての通り少し早過ぎたようですが。


それにしても寒い。
気温は0度以下。
海の仕事は過酷だな(汗

海男達を眺めたりクマーを散歩させたりしてたらフェリーが入港して来ました。
対岸の指宿から到着した1便(根占を9時出航)です。

1便に乗る為に佐多岬をキャンセルしました。
佐多岬(開園時間が8時)に行ってからだと2便(11時出航)となりスケジュールが辛い事が判明したので苦渋の決断です。
じゃあ、フェリーを使わずに高速道路で移動すれば…と思うでしょ?
それがそうも行かないのです。


根占→指宿のフェリールートは赤○で示した区間です。
もし自走で移動するとなると、4~5時間掛かって湾を一周する必要があるのです。
フェリーならば50分、そして3300円(5m未満)と料金・所用時間共に自走より大勝利しています。
佐多岬を訪れる観光客は多いので2便にキャパオーバーで乗れない事態になったとしたら…目も当てられない事になるので今回は石橋を叩きまくって渡りました。


「また来ればえぇねんで。」
久々の船旅(たった50分)、少し酔いましたw

指宿の山川港に上陸をして最初に目指したのは、JR西大山駅。
日本最南端の駅です。

黄色いポストが駅前で出迎えてくれます。
幸せの黄色いポスト。
最近手紙とか書かなくなりましたので、ポストの世話になる事も無いのですが…直近で投函したのは事故の時のアレですしね(むーん
折角なので自分宛てにハガキを投函しておきましたw
(自分が帰宅するよりも早く届いていた)


開聞岳をバックに1枚クマー。
日本最南端の駅…となっていますが、現在は沖縄県にモノレールが走っているそうで「コッチが最南端じゃあ!沖縄は日本じゃ無いのか!?(お約束のキレ方)」と沖縄県民は激怒?しているそうな。
まぁ…法令の分類的にはモノレールも鉄道には違いないのですが、一般的イメージでは2本の線路の上をガタンゴトンと走っているのが「鉄道」なのでココが鉄道駅最南端でいぃんじゃないかと。


これだけの認知度ですもん(汗

西大山駅から北進して次の目的地へ向います。
目指すは知覧。
誰でも1度は耳にした事がある地名ではないかと思います。

そうです…かつて若者達が沖縄の空へ向けて飛び立った地、知覧。


知覧の「隼ラーメン」。
すいません、丁度お昼だったんですよ(汗


「みそラーメン」
ニンニクがガツンと効いていてパワフルなラーメンです。
味も濃い目で、味噌文化な愛知県民の私も納得の美味さでした。
観光客だけじゃなくて、地元の人(作業着を来た現場系職人)も沢山食べに来ていました。

さて…(口に付いたスープを拭いながら

知覧はかつて特攻部隊が出撃していった地です。
これ以上の説明は不要だと思いますので写真と簡単なコメントのみで。


視線の先には愛機か空か。


それを見送る母。


「陸軍一式戦闘機 隼」
この機体は映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」で復元制作されたです。


翼下には増槽(落下式燃料タンク)と250kg爆弾。


隊員が寝起きする三角兵舎。


空襲を避ける為に半地下で木々に囲われています。


そして資料館。
ここ知覧から出撃して行った隊員の写真や遺書・絶筆を見る事が出来ます。
出撃人数は400人余。


施設内もそうですが、知覧の町は街道沿いには慰霊の灯篭が立ち並んでいます。
恐らく1000塔以上。
館内は遺影や遺品もあるので撮影禁止でした。

知覧から東へ走らせると加世田とゆう所があります。
余り知られてはいませんが、加世田には知覧の補助基地として「万世飛行場」とゆう基地がありました。
たった4ヶ月しか使用されなかったので幻の基地と言われています。


複葉機をモチーフにした資料館。
隊員達が慣れ親しんだ練習機「赤トンボ」をイメージしているそうです。


「零式水上偵察機」
三座の偵察機です。




70年以上経過した今でも鮮やかなままの日の丸が印象的でした。


この写真を撮った翌日、彼等はこの万世飛行場から沖縄へ向けて出撃して征きました。


万世からは4ヶ月の間に200人近くの若者が出撃していったそうです。


かつて滑走路があった場所。
今はもう面影すらありません。
向こうに見える空に向って飛び立って征った。
もう色々と、何だかな、書けません。


その加世田には鹿児島交通枕崎線(南薩線)とゆう鉄道が走っていました。
開業が1914年と、古くから薩摩半島の重要な交通手段として活躍して来ましたが…バスやら人口減少やらで規模を縮小されつつ、終いには豪雨被害でトドメを刺されて1984年に廃線となりました(汗
道路が整備されて自動車が普及すると廃線…地方ではこの流れがスタンダードなようですね。
都心だと「渋滞」や「パーキング」の問題があるので「車イラネ。電車イズ最高」とゆう人も多いのに。

かつての加世田駅跡(現在は加世田バスターミナル)にある汽車ポッポ。
1926年製と、ざっと90年くらい前に造られた車両。


この4号は戦時中に米軍機に機銃攻撃を受けて殉職者1名を出しているそうな。
キャブにはその時の弾痕が残されています。


DD1201
これまたコンパクトなディーゼル。
工場の引き込み線や操車場で頑張っていそうなタイプ。
何馬力くらいなんでしょうかね?
アメリカとかで1kmくらいの車列を引っ張っているディーゼル機関車ってあるじゃないですか。
アレとかもうどんだけの馬力なのかと全く想像も出来ない。


「そんな事よりもオヤツくれ」
旅行中はいつもの10倍くらいは歩かされるので食欲も旺盛になるようです。
最近ゴハンをちょいとイイやつに変えたら一気に体重が増えましてね。
胴回りのサイズが、「お前、コレ、メタボじゃね…」みたいなレベル。
しかし今までのゴハンの時はたまに吐いていたのですが、それがピタッ!と止まった所を見ると身体に合っていなかったようです。
もう10歳だしな、色々と気を使わなアカン。

加世田での観光を終えて、あとは風呂&ご飯です。
加世田から一気に北上して霧島市へ。
スタートした南大隅が鹿児島湾の一番下側で、霧島市は一番上に位置します。
これで一応は鹿児島縦断とゆう事に…なるのかな?


「日当山 西郷どん温泉」
この日当山には数多くの温泉があるのですが、この壁絵とネーミングに魅かれてチョイスしました。
またこの霧島の日当山温泉、坂本龍馬のハネムーンの地でもあります。
そしてこの霧島の温泉を勧めたのが地元民の西郷どん、だったとゆう事です。


入浴料は250円。
ここも地元の人ばかりで…うむ、何話しているのか分からんw

とてもいい湯と雰囲気に1時間くらい入っていて少しポヤポヤしながら食事へ。
鹿児島の繁華街である国分へと繰り出します。
ココで地鶏料理を食べる予定でしてね。

「1人なんですけど、ヨカですか?」
「えっと、ご予約の名前は?」
「あ…してないです。(予約忘れてた)」
「すいません。席が空いて無くて…。」

年末ですからね。
飲み会やら何やらでお客さんでイッパイです。
そして他の店も同様に「席が…」と断られます。

空腹レベルもMAXな上に身体も冷え切って「もう…コンビニ飯にしようか…」と諦めた所に見えた優しくオレンジ色に光る「お好み焼き」の看板。
「まだいいっすか?」
「いいよいいよー!」


お好み焼き「どんぐり」
鹿児島まで来てお好み焼きを食べるとは思いもしなかったのですが、とっても救われた感が大きくて忘れられない味になりましたw


今回の旅計画には現地の方の大きな協力がありました。
道路状況や天候状況、オススメの場所やグルメ情報等を提供してくれました。
お会いした事もなければ、みん友登録もしていない間柄でしたが事細かに助けてくれました。

「どーも初めまして、赤褐色の記録員です。」

他の用事で国分に来ていた所ですが「どんぐり」に顔を出してくれました。
そして初対面とゆうのもスグに忘れて色々と話し笑い楽しい時間を過ごしました。

モザイク処理するのが勿体無いくらいのスマイルですたw

「また来るわ~」と赤褐色の記録員さんと別れ、この日の宿「道の駅みなまた」へ向いました。
もう眠い…寝たい…
と、思う暇も無いくらいのスリリングなワインディングを走り続けて1時間半。
熊本県水俣市へ到着。
ようやくこの日の行程は終了です。
明日は大晦日。
デカイ…デカイよ…九州デカイよ…。


この日の移動はブルーのライン。

続く。
Posted at 2017/01/05 21:56:10 | コメント(6) | トラックバック(0) | インテグラ | 旅行/地域
2017年01月04日 イイね!
 【九州シリーズ②】ちょっとドッグランしてくるわ、です。宮崎県延岡市で迎えた3日目の朝。
午前7時になってもまだ少し暗いです。
随分と西に来たなぁと感じさせられます。

マックスバリュで朝食と身支度を整えてから出発です。
24時間営業のマックスバリュは道の駅より車中泊し易くてお気に入りです。
いつでも温かいご飯を食べられるし、人気(ひとけ)もあるから安心して寝られます。
山奥の道の駅とかで寝るのは少し怖いんですわ…(オバケ的に

この日の宮崎は快晴。
陽が昇り始めると気温も上昇し始めてようやく「ヤシの木が似合う宮崎」っぽくなって来ました。


延岡から国道10号線を海沿いを走ります。
延岡市の隣に位置する日向市に入るとそれまでウネウネと右に左に曲がりくねっていた道路が真っ直ぐになってきます。
ここまで来てようやく頭の中の宮崎のイメージと合致して来ましたw

そして辿り着いたのがココ。


宮崎県日向市美々津 「日本海軍発祥の地碑」


碑の書は時の総理大臣だった米内光政海軍大将です。
終戦後に米軍により破壊されましたが、昭和44年に復元されました。
紀元前666年に神武天皇がこの美々津から大和(紀伊半島)へ向けて出した水軍が、天皇の名の下で出撃した最初の水軍だった事から「日本海軍発祥の地」と言われているそうな。


隣接する立磐神社でクマーと旅の安全祈願を。
旅先での事故や交通違反でプギャーされるのは最悪の事態ですからね。
神様仏様イエス様お助け下さいお願いします状態です。

美々津から少し走らせるとこんな場所がありました。


何やら怪しげな工場のような建物。
薄汚れていて若干気味が悪いです(汗
近づいて表側へ回り込むと…


モノレールの駅のような建物だと分かります。
建物にはコントロール室のようなガラス張りの部屋が見えます。


海岸線に沿ってスパーンと真っ直ぐに延びている高架橋。


ここはかつてリニアモーターカーの実験施設だったのです。
現在は東北大学の実験施設になっているようです。
リニアの開発は国鉄(鉄道総研)→JR九州→JR東海と引き継がれて続けられています。
上でも書きましたが、日向辺りの海岸線沿いは平坦で真っ直ぐなのでリニアの実験には持って来いだったとゆう訳ですね。
海軍発祥の地といい、リニア実験といい、何だか宮崎ってスゲーな…。


アチコチで鳥インフルの消毒検問(レベルが低かったので任意)に遭遇したけど宮崎スゲー…大変だな(汗

海軍(海)、リニア(陸)と来たら次は空です。


空の駅「竜馬」。
この空の駅の目の前にはコレが広がります。


「航空自衛隊 新田原基地」
福岡の築城基地と共に西日本の空を防衛する拠点です。
ここでの目的はもちろん国内最強と言われる飛行教導部隊であるF15戦闘機アグレッサーを生で…


見る事じゃなくて、名物「れんこんバーガー」を食べる事ですわい。
この肉厚ジューシーなビーフの中に刻まれたれんこんが入っています。
シャキシャキとしたれんこんの歯ごたえが心地良いです。
テリヤキ風味な味付けが、れんこんとマッチして堪らん美味い。
1つ350円ですが、バンズも具もボリュームがあるのでお買い得感すらあります。

とは言え。
やはり戦闘機が飛ぶのも見たいな(何も動きが無い基地内を見ながら


望遠してみると何機か居るのは見えますが…一向に飛ぶ気配は無し。
ふむ…まさか仕事納めしたのか!?(29日です
そうかどうかは分かりませんが、小一時間何も動きが無かったので諦めて次へ移動です。
※飛行教導団は昨年の夏に小松基地へ移転したそうです。つまり最初からハズレ(白目

れんこんバーガーうまー、と新田原を後にして更に南下を続けます。
飛行機見られなくてもえぇねん。
どうせ次でシッカリと見られるねん。


ほげぇぇぇぇ!!
(本日は29日です)
こ、ココは…鹿児島県鹿屋市。
海上自衛隊鹿屋航空基地に隣接する航空資料館。
帝国海軍時代から現代の防空の様々な資料が見学できる施設です。
中でも垂水市浜平の海岸で引き揚げられて復元された「零式艦上戦闘機52型丙」が見学出来るのが目玉で…

入れないんじゃ見れへんね(白目

門の前で呆然としてたら同じように「マジかよー!!」と発狂する人が後から後から続いていました。
どうせ30日くらいからでしょ?と勝手に思い込んでいたのが敗因です。
29日からなんて…はっ!もしかしてコミケ参加か!?(違います


「二式大艇」
25年くらい前にお台場にある船の科学館で見た事があるのですが、その機体がまさにコレ。
12年くらい前に鹿屋へ移動してきたそうな。
現存しているのは世界でこの機体1機のみ。


やっぱり今見てもデカイ。


リベンジにまた来ねば。
(自宅からすでに1100㌔)

鹿屋を後にして更に南へ南へ。
鹿児島県南大隅町へやって来ました。
九州最南端の町です。
南へ来れば暖かいと思ったのですが…海風強いしクッソ寒い。


根占にある「ねじめ温泉 ネッピー館」。
根占だからネッピーなのか…。
なるほど、分からん。
ここの温泉はサラっとして少ししょっぱい。
地元の方も観光客も訪れる施設らしくなかなかご立派。
受付のお姉さんがとてもカワイイ。

ちなみに、かつてオリックスブルーウェーブのマスコットキャラクター「ネッピー」とは何の関係も無い。

右側のヒャッホー!している方な。

身体を温めた後は食事。
ネッピー館の更に南、佐多岬にほど近い所にある「時海」とゆう料理屋で出される海鮮料理を食べるのです。
新田原、鹿屋で消化不良でしたからね。
せめて美味と評判の海鮮料理で1日を締めくくって明日からまた頑張るのです。


うん。
そんな気はしてた。
でも29日くらいまでは営業しているだろうとさ、思うじゃん…。


結局またネッピー館へ引き返して「かんぱち丼」を食べました。
それなりに美味しかったのが救いです。
これでネッピー館でも食べられなくてコンビニ飯だったら泣いてた。

何やかんやで最南端の鹿児島県南大隅町に到達してこの日は終了です。
波の音が心地よい道の駅ねじめで3泊目。


この日の移動ルートは大体こんなグリーンのライン。

30日はいよいよ本格的に鹿児島観光です。


続く。
Posted at 2017/01/04 23:36:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | インテグラ | 旅行/地域
プロフィール
「@けん@1002   ホント、ソレ。この辺りのサークルKは店舗大杉が良い方向に働いていて各店舗で菓子パンの種類が微妙に違って助かっていたのですが…全て統一されて全く面白くない状態になりました。」
何シテル?   01/22 22:49
晴れた日は駐車場で遊んでいます。 走るのも好きでサーキット走行と、ジムカに参加をしたりします。 定められた枠(レギュレーション)の中でいかに速くカッコ良...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
2013 「道場破り」 in 美浜サーキット  ドラテク編  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/18 14:48:10
波の花散る大洗 (ガルパン巡り) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/20 10:20:51
DC2/DB8廃番パーツ情報(これまでのまとめ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 12:51:45
お友達
【ヲタモダチ方針】
突然のお誘いにはビックリしてしまい応じられないと思います。
コメント等ある程度交流ができましたらでお願いします。

でも、もう一度良く考えた方が良いんじゃないですか?
申請相手の人、ヲタオッサンですよ?

83 人のお友達がいます
とよりんとよりん * ☆ハオ☆@HR15DE☆ハオ☆@HR15DE *
ふじばふじば * 赤褐色の記録員赤褐色の記録員 *
ゆう@ゆう@ * 阿部ンタドール阿部ンタドール *
ファン
86 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ インテグラタイプR しずくタソ (ホンダ インテグラタイプR)
黒ヘッド(B16A)→青ヘッド(F20B)→赤ヘッド(B18C-R)へとステップアップ。 ...
ホンダ リード100 ホンダ リード100
ソラヲト号引退から僅か1ヶ月で2輪復帰。 やっぱりサブが無いと不便なので。 大事な「足」 ...
ダイハツ ストーリア 夕張 (ダイハツ ストーリア)
チェック!チェック!! 小さい、すばしっこい、小食。(最近オイル喰うけど) サーキットか ...
ホンダ トルネオ トルネコ (ホンダ トルネオ)
通勤用。 ストーリアが会社の通勤車指定メーカーでは無い事を理由に会社敷地外の駐車場へ移 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.