• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ピンブールのブログ一覧

2011年07月23日 イイね!

まいった・・・・ ガスケットが無い


時間の過ぎるもの早く、もう「北の国から」では、夏となり、いかだレースをしています。暖かくて、気持ちよさそうです。


来週タービン関連をいじります。

がっ、フロンタパイプ前後のガスケットが無いことが判明しました! たった今っ!

日産から色々と、細々したパーツをそろえていたのですが、なんの疑問も持たずに純正ベースにやってました。

自分でもなんで気が付かなかったのかわかりませんが、とにかく気が付かなかったのです。まぁ、私らしいといえば、私らしいです。必ず一つ、抜けてます。

フロントパイプは、マインズに変えてあります。マフラーもレガリスRに変えてあります。それなのに、純正の60φと70φで考えてガスケット揃えてしまいました。それぞれ70φと80φが必要だったのに。。。

へたうったった。。。。



Posted at 2011/07/23 22:28:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 その他 | クルマ
2011年07月22日 イイね!

10万キロ サービス アクセンクトウ


いつもいつも写真が無くて、すみません。写真を載せればより多くの人が来てくれる事はわかっているのですが、そういうエネルギーが残ってません。。。 それでも来ていただける皆様に、感謝。


さて、今AUは真冬一歩手前でとても寒く、毎日震えております。


真夏に鍋を楽しむのと同じで、「北の国から」のドラマを引っ張り出してきて、毎日2話ずつ見ています。

秋から話が始まり、北海道の真冬に話が移り、「おぉ、ここよりずっと寒そうだっ」などと歓喜しているのもわずか数日、すでに春になり、ジュン君や蛍ちゃんがフキノトウを取っている季節になってしまいました。「暖かそうだなぁ」と、「いいなぁ」と、思っております。


さて、車関連のブログを殆どやっていませんがw、実際のことろはかなり作業をしています。殆ど毎週、毎週、毎週。いや、数日置き、というほうが正しいです。

整備手帳には、自分のメモのため色々書いていますが、

・ミッションオイル、トランスファーオイル、デフオイルの交換。

・タイミングベルト関連一式の交換。 - Vベルトはボロボロ。

・エンジンマウント、ミッションマウントの交換

・フューエルポンプ、フューエルフィルター、フューエルレギュレーターの交換 - 真っ黒でした。

・そして、つい先日コンプレッションの測定をしました。

今のところ、ここまでです。まだまだまだまだ、やるのですが、とにかく生まれて以来12年10万キロ。色んな場所が固着しているは、逆に緩いわ(前オーナーが締め込んでなかった様子)、で作業はどれも驚きと共に取り外し等に工夫くふう工夫の連続です。

エンジンマウントの時などは、途中で心が折れましたよ。エンジン上げたところで、ボルトが最後の最後で引っかかっちゃって、「あぁ、もう廃車か?」とまで”一瞬”ですが、思いました。どうしても外れないので、最後はボルトを切りました。”ギーッ”って。とにかく、車体フレームに傷がつかないように、ドキドキでした。

真冬ですから、指は”つる”し。サンダー持ったまま、アクロバットみたいな手先で、指が”つっている”、という状態を思い浮かべて下さい。目の前で、火花飛んでるし。。。 「あぁ、綺麗だなぁ。ここで死ぬんだなぁ」みたいな、幻想的な作業です。


先日も髪の毛切りにいったのですが、そこに「知恵の輪」が置いてあったんですね。得意じゃないんです。得意じゃないのに、やりたくなる。初級クラスは、どうにか解けるんです。でも中級クラス以上は出来なくて、最後はニッパで切り刻んでやろうかと思いましたよ。(作業の後でポケットにもし持っていたら、きっとやってたでしょうねw) どうだ、これで外れたろ!もんくあっか! みたいなw


とにかくRちゃん、なんで君はそんなに可愛いんだぁ。 手をかけられないでは、いられないよぉ。

次の10万キロは、今まで以上に大事に行くかんねぇ。

PS
まめなオイル交換他のメンテのおかげか、コンプレッションテストの成績も驚くほどよく、ホッとしました。

ずっと雨が降り続いています。日本は暑いそうですね。大きな台風も来ていたとか。極最近知りました。季節が正反対ですが、気合入れていきまっしょい。

Posted at 2011/07/22 18:16:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 その他 | クルマ
2011年07月17日 イイね!

お金の無い世界

少しだけ、おふざけを。


皆さんは、 「お金の無い世界」 というものを、想像したことがありますでしょうか?

ここでいう 「お金の無い」 とは、「物理的なお金」はもちろんのこと、「お金に相当するもの全てが無い」世界、です。

社会主義も、共産主義も、お金が無い世界ではありません。お金が存在している。その管理方法と分配の仕方が、資本主義と異なる、そういう違いです。

しかし、ここで私のいう世界は、違います。「まったく、お金、という ”概念” が存在しない世界」 です。


「そんなの現実的じゃない」 「そんな世界は存在しない」 「ありえない話をしても意味が無い」

どれも、最もな意見です。



しかし私は、実現できるかどうかなどと言う話をしていません。



「想像してみて下さい」とだけ、のお話です。



「お金が存在しない世界で」生活すると、本当に生活が成り立たないのでしょうか。もしくは、成り立たな ”かった”(過去形であることに注意をして下さい)、のでしょうか。

”もし” 人間が、お金という基準を持たずに進化したら、どうなっていたのでしょうか。

歴史に”もし”は無い、と言いますが、”もし”があって初めて正しい行き先がわかることも多いと思います。

既存のシステムを変えた大きな混乱の向うに何があるのでしょうか?


PS

世界中で、お金(またはそれに相当するもの)を端に発する問題が、国家レベルで、限界の兆しがあります。広義では、「既得権」もそうでしょう。 近い将来、世界中の借金をチャラにするしかならない時期が来るのかもしれません。その時お金は、どう動くのでしょう。世界は、”次のシステム”を必要としているのでしょう。「歴史的に作られた根強いシステム」から、弱者が放り出されること無く進化できると良いのですが。


PS 2

現代社会の構造は、お金(またはそれに相当するもの)の構図です。一般的に企業は、お金を集めるために存在する、という言い方で外れることは ”あまり” ありません。そして莫大な資金を持つ個人や企業が、その生命を危なくしてまで資金を出すということもまずありません。つまり、「制限がない」のです。車を造れば造った、国中に溢れても ”制限なく” 造ります。 ”溢れているのです”。 車だけではありません。売れるだけ造って売ります。 ”生き残る為” だと言います。そして、この場合の”生き残る”は、”お金を集める” と同義語です。


「想像してみて下さい」 ねっ!

Posted at 2011/07/17 17:10:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | お金の無い世界 | 日記
2011年07月17日 イイね!

時々 距離について 考える


「距離」 って、私にとって、とてもわかりにくいものだ。

悲しくもなり、切なくもなり、バランスをとってくれているものでもある。


今日、「ラブストーリーを君に」という古い映画を見ている。実は、初めて見る。まだ見終わっていない。その中の、つまらない5秒にも満たない映画に関係の無い背景シーンを見るために、私は映画をとめてしまった。

死んだと聞いている高校の時の友人にそっくりの人物が、そっくりの走り方で画面右奥からこちらへ走ってきたのに気がついたからだ。忘れもしない、とても特徴的な走り方なのだ。何度もそのシーンを撒き戻しては、再生した。しかし、もちろん、彼ではない。ただの行きすがりの人だ。よく見れば、似ているが、そっくりではない。

特に仲の良かった友人ではなかったが、いっしょに部活をした。私を一気に高校時代に戻した。

何年に一度か、強く日本を見たくなる。土地に帰って、足を土に付けたくなる。でも、例えば一ヵ月後には、AUの土地が、景色が、恋しくなる。

これが、私にとっての「距離」だ。一生、同時には得られない。

コーヒーと紅茶とお酒とりんごジュース、のようには、一度に目の前に並べられない。会いたい友人に簡単に会うことも出来ない。飲みたい時に飲める手軽さはどこにもない。

「確かに日本に住んでいても、会う時間などない」かもしれないが、「会いたいと思えば、いつても会えるはず」の環境とは、やはり違う。

”理不尽に”、”永遠的な”、「時間的な感覚」で、”距離” を感じる。 「遠い」というそれとは、違う。

映画は、白血病の少女の話だ。私の幼馴染の女の子も20歳で、同じ病気で亡くなった。家2件向うに住んでいた。綺麗な子だった。その子のお墓まいりに行ったのも、もうずっと昔だ。でも、時々必ず思い出す。

学校を卒業して以来、同窓会というものに出たことが無い。いつでも会えるとどこかで勘違いしていたからだ、と思う。しかし、若くして多くの知り合いが死んでいったことを聞くと、何か焦燥感がある。「焦燥」という現し方を不思議に思う人もいると思う。でも、実際、「焦燥」なのだ。


「時間的」、「焦燥」、しかし「永遠」。私の中では、「これが距離」だ。
Posted at 2011/07/17 11:29:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 その他 | 日記
2011年07月16日 イイね!

笑い話 - 天然母の新作 2/2 



とにかく、存在そのものがマジックでイリュージョンな私の天然母ですが、先のブログでお伝えした事件とほぼ同時期に、私関連事件も発生させていました。この話の方が、私としては強烈です。

ですので、このひとつ下のブログから先にお読みいただいたほうが良いと思いますw



さて、先ほどの投稿に続き、天然母実録シリーズ最新作第2弾です。



では、はじまりはじまりぃ~!



私と父とは結構仲がよいのです。それで、普段からお互いに体調などを心配しあったりして、けっこうメールや電話で話をします。

そんなある日(といってもつい最近)私がちょっと忙しすぎて、父に連絡を入れなかったのです。すると、メールが来ました。

一言「変わりはありませんか?」 とメールに綴られていました。
ありがたいものです。


私は、普段から心配させてばかりなので、これ以上心配させてはいけないと思い、すぐに電話を入れました。この機会を逃すと、またしばらく忙しくて次にいつ連絡出来るかわからなかったのです。

しかし、そこで電話に出たのが、天然母です。(なんで私の前に、立ちはだかるかなぁ。。。) 神様は、私に苦行を与え続けて遊んでいるとしか思えません。


天然母:「もしもし」
私:「うっ!」 (息を呑んでしまった) (結構家に居る父が出ることが多いのです)

天然母:「もしもし○○でございます」
私:「あぁお母さん。俺だけど。お父さん居る?」
天然母:「今は出かけてて居ないですよ」
私:「それじゃぁ、もう出かけなければいけないから伝言お願い。「俺は元気だって」伝えてね。」
天然母:「いいよ、伝言しておく。」




今考えれば、

私:「「俺は元気だって」伝えてね。」
天然母:「いいよ、伝言しておく。」

この瞬間から、悪夢の伝言ゲームは始まっていたのです。





その日から私は2日間の出張に出かけました。AUの僻地なのでメールが見れない場所です。

そして帰宅をして、メールを確認すると父より「先日メールを送ったのに返事が無いので、とても心配しています」と更なる心配のメールが来ています。



私の頭の中は「?????」です。




私は、直ぐに父に電話をしました。しかし、出ません。
少し時間を置いて再びかけましたが、まだ出ません。




天然母は、近くの親戚の家で、手伝いをしています。そこに電話をしました。


私:「お父さんから連絡が取れないとまたメールが来ているのだけれど?」
天然母:「あら、そう?ほんとしょうがないねぇ。ちゃんと伝言しておきましたよ。お父さん、最近もうろくが始まったのか、ほんと困っちゃう。そういえば、○○おじさんも(父の弟)ももうろく始まっちゃってるから。」

などと、関係ない人のもうろく話までし始めました。父がもうろくしていない事は良く知っています。だから私は心の中で、「生まれた時からもうろくしてるのはあなたでしょ」と「呪文返し」を唱えました。こうしておかないと天然母の術中にはまり、正常な判断が出来なくなってくるからです。




私:「じゃ、伝言は確かに伝えてくれたんだね?」
天然母:「当たり前でしょ。お父さんちゃんと「うん」って返事してましたよ」
私:「そうか、ならいいんだ。ありがとう。」
天然母:「午後4時くらいに電話してみて、きっとお父さんいるから」




数時間まち、再び実家へ電話しかした。父が出ました。そして、母との会話を説明しながら、心配させたことを謝ったわけです。

そして父は、「母から伝言など絶対にされていない」と自信満々。私も父はもうろくしていないと絶対的な自信があります。


そして、我が家の教訓発令です。 「人間は同じ過ちを繰り返さないようにしなければならない」

つまり、この今回の伝言システムのどこに問題があったのかを吟味しなおして、エラーの場所を知らなければ「再発」は回避できない。父と相談して、エラーの理由の真相を究明することになりました。


もちろん、初めから天然母の「完全犯罪の匂い」がプンプンです。
容疑者は、初めから決まってます。エラーの発生場所は、我が家の場合、常に一緒です。
とにかくなにかしらの大ボケがあったに決まっている。

問題は、どうやって自白させるかです。これがとても難しいw
(だって、4歳以下の子供から話を聞くのと同じで、数多くの誘導尋問が必要で、自分ではちゃんと思い出せないんです。だからいつでも原因の特定はとても難しい。私思いますが、父は長年の苦労から、誘導尋問得意ですw)


そして、様々な会話の後に、母からの”事情聴取”が終わり 犯人の特定が出来ました。 

”やっぱり 母” でした。





母は、なんと。。。。、私が伝言を頼んだ日。。。、”寝ている父” に。。。伝言 したのです!

そして、寝ている父は寝ぼけていたのか偶然 「うん」 と返事をしたのです。

覚えているはずが無い。




なんというワイルドカードだ。 無敵だ! こんなこと、誰も思いつかない・・・。 究極だっ! 

神様っ!、私の人生使って悪ふざけするのも、いい加減にして下さい! 私、ただでさえ、人生毎日苦しいんです。 




天然母は、「うん」と返事をされたから、「伝えた」と理解したのです。返事をして覚えていないほうが悪いそうです。

言葉は悪いですが、完全に「ガキの使い」だ、と私は思いましたよ。
私たちは、母のせいで、生まれた時からコメディの中に生きている。
これが実感です。
私たちは、天然母の一言で、右往左往する、あの脇役たちです。




「究極の伝言ゲーム」を完成させた天然母は言いましたよ。「文句があるなら、今度から私をはさまないでね」


「はい、そうします」 

これが、我が家で最近起こった 「「寝てる相手に伝言しました」事件」 でした。



PS

何を隠そう、私の母は、すでに70歳を越えている。

人間は70年以上生きてきて「寝ている人に伝言をする」という快挙を達成できるものなのだろうか?という命題に、私はYESと答えざるを得ない。

とにかくこの事件の真相にもう疑いは無い。

天然母はこのギネス級の快挙を、鼻歌を歌いながら ”すみやか” に達成したのだ。 こうして、毎日彼女は、自己新記録を破り続けています。 とても迷惑です。



PS 2

その日のうちに私は妹とこの事件について話し合った。妹でさえこのパワーアップしている母のボケに、2分は笑いころげた。涙を流しながら笑っているのが、受話器の向うから伝わってくる。

そして、二人で考えた。「どうして私たちが生まれてから今までの半世紀近く、この事件が起きなかったのだろう?」 母なら、もっと早くにやってのけたはずだ。

私たちの結論は、ただラッキーだっただけだろう、とのことになった。

そしてこの教訓は、母の希望通りに今後は一切母に伝言は頼まない、ということに決まった。
頼むなら、小学2年生の姪っ子に頼むことになった。


PS 3

私は、「寅さん」が大好きだ。大好きだが、実在した時の恐ろしさを身をもって知っている。


PS 4

世界人口70億人とも言われる2011年現在ですが、いったい70億人の中に母のような人間が他に居るのだろうか。私が生まれた当時の世界人口は、35万人程度らしいですが、私は母のせいで子供の頃から自分の人生に現実感が無いんですよ。だって、35億分の1とか70億分の1の確率って、現実的じゃないでしょ。なんで、宝くじがあたらないんだろ??  

Posted at 2011/07/16 10:55:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 その他 | 日記

プロフィール

「寒さに、震えてます。」
何シテル?   07/10 23:58
暖かい皆様のアドバイスを頂き、おかげさまで、普通に走るようになりました。有難うございました。 これからストリート向けライトチューンをレポートできたらと思い...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ゆっくり、楽しく行きましょう!
たぶんどちらかというと、”ぼや~”としている方です。

現在メイン車はRですが、車全般、好きです。お友だちの車種なんでも大歓迎です!

友人関係に意味を持ちたいと思っています。数集め目的と思われる場合、大変申し訳ありませんが、拒否もさせて頂きます。
13 人のお友達がいます
32乗り32乗り ゴキちゃんゴキちゃん
HolaHola GT-RGT-R
けい@34R(ktr230)けい@34R(ktr230) いっちっちいっちっち

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
中古で購入しました。エンジンルーム内は、ほとんどドノーマルだと思っていましたが、どうも全 ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
名前がついていて、マックスといいますw もう22(was18)万キロになりますが、走行 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
とても大好きで、最高に調子がよく、思い出深い車でしたが、路上駐車中に運転の下手な2台の車 ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
日本で最後に乗っていた車です。

過去のブログ

2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.