• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

韋駄天RSのブログ一覧

2018年01月25日 イイね!

デルタチューニングログ(その81)

デルタチューニングログ(その81)【競技車両の常識】

チューニングログにするか、修理ログにするか、、、 迷ったんだけど、今回はチューニングにします。

韋駄天号ですが、昨年のレースで冷却水のトラブルで走行不能になり、3周でリタイヤした訳ですが、その原因を一つ一つ潰して行く中、最終的に昨年新調したラジエター本体のコア接合部からも漏れていることが判明しました。

これはさすがに凹みますよね、、、 1レースですから、、



赤い丸で囲んだ部分の接合部から漏れてるようですが、コアもなんとなく、右下がりになってて、全体的に歪んでいる感じです。  取り付けた時は真っ直ぐだったので、これもレースで走ってるうちに負荷がかかって曲がったのでしょうか?



上の写真は昨年、取り付けた時にものですが、曲がってるとか、当然ですがありませんね。

ショップを通じてラジエター屋さんに話してもらうと、こんなトラブルはデルタだけだ!とのこと。 振動なのか? それとも、、、 何か他の理由でも?って感じなんですが、原因が分からないと、修理してもまた同じことになる。  韋駄天号の主治医でもある京都のショップの社長曰く、ハードな走行でフレームがねじれてラジエターに想定外の負荷がかかっているのでは?とのこと。

そ、そうなのか? 

じゃあ、どうすればいいんだ? フレーム強化? 

そんな中、昨日たまたま東京出張だったのですが、ちょっと時間が空いたので、埼玉の畑野自動車さんに連絡をして、1時間ほどですが、チューニングに関してトークさせて頂いた訳ですが、なるほど壊しまくってるだけのことはあります(笑) 貴重なアドバイスを頂きました。

そこでもサーキットでは想像以上の負荷がかかるので、レースカーのラジエターはデルタに限らずステーにかなりの遊びを作ったり、フローティング加工を施したり、ボルト留めをせずにフリーにするとのこと。 そうしないと、ラジエターはすぐ壊れるよ!と。 しかも韋駄天号は極限まで幅と厚みを増しているので、歪んだ時にかかる力が逃げる場所がなかったのかな、、

ってことで、修理に出す前に、ちょっと考えた。



デルタのフロント部分のフレームは大きく口をあけたようになっている。 この開口部(画像の赤い部分)が左右に揺れて、上下4箇所で止めているラジエターに負荷がかかり、一番弱い接合部が破損するという流れだ。

なるほど。

でも、下はゴムのブッシュの上に乗っているし、負荷を逃す構造になっている。 しかし、これは街乗りを想定した構造で、競技車はこの穴を広げてガバガバにすると言う。 

そこで、韋駄天は考えました。



ラジエターのステーは上の画像のように4箇所。 下側2箇所はフロントメンバーにゴムブッシュをかませて載せるだけ。 上2箇所は薄いゴムのブッシュは入ってるものの、ボルトで固定します。 おそらくサーキット走行での負荷がゴムブッシュのカバーできる上下左右の動きを超えてしまったのでしょう。 

そもそも、下側のステーに載せて、ラジエターホースを繋ぐと、ラジエター自体は軽く固定される訳で、上側をボルトで固定しなくても良いと言えば良いように思います。 ただ、ちょっとは止めときたいので、上側はフレームとラジエターをタイラップで軽く収束しようと思います。 

韋駄天号はラジエターの前に巨大インタークーラーも付きますし、もともとインタークーラーも簡単なステーだけで、後はフロントバンパーで押さえるような仕様でこれまで走ってましたので、ラジエター上部をタイラップで留めたところで、大した問題は起きないかと。 それよりも大事なラジエター本体を壊してレースをリタイヤする方が大問題だからね。

ということで、ラジエターをアルミに変更していて、大きなサーキットで負荷をかけている人は注意はしておいた方がいいでしょう。 ただ、韋駄天号もノーマル形状のラジエターで走ってる時は大丈夫だったので、やっぱり可能な限り大きくした韋駄天の設計に問題があったのかも知れません。 

Posted at 2018/01/25 18:48:50 | コメント(3) | トラックバック(0) | デルタ | クルマ
2018年01月07日 イイね!

2018新年デルタオフ

2018新年デルタオフ【謹賀新年】

今年も盛大に集まりました! このブログを見て初めて来てくれた人達もいて、ブログ見てますよ〜!とか言われて嬉しかったです。

今年はここ数年で一番多かったのではないでしょうか? 延べ25台以上は集まったと思います。 まだまだデルタ、生息してますね(笑)



壮観です!!

お馴染みのメンバーから、初めてお会いする人も数名、みんなこのクルマが好きで、生産終了から既に23年?も経つけど、新車みたいに皆ピカピカに維持しています。 韋駄天も頑張って磨かないと!!



しかしデルタはカッコいいです! デルタに出会えて良かったと、本当に思います。 オーナーは世代も様々ですが、同じ趣味を持つ人達との交流は楽しいですね。 デルタ乗り、みんないい人ばかり。 大好きです☆ そんなみんなが集まって、ワイワイとデルタ談義、あっという間の3時間でした。  ガソリン車が走れる世の中が続く限り、これからも持ち続けたいと思います。



ちょっと思い入れのある3台のショット。 韋駄天は16Vからの乗り換えで、デルタは2台目ですが、韋駄天が20代の頃から、野山を一緒に駆け回った友人達なんですよね。 関西のデルタオーナーズクラブをやってた頃のことですが、楽しかったね〜!なんて話もしつつ、今では正月くらいしか揃わないので、また連ねて走りたいね!と。 

韋駄天がサーキットにどっぷりハマってから、ツーリングしなくなっちゃったのかな? いや、みな忙しくなったのかな? そろそろ子供も手を離れて、また暇になってくるのでオッサン走り屋復活かな?なんてね(笑)

しかしみんな、歳取ったね(笑) すっかり初老ですよ、、、

デルタ以外のみん友さんも来られました。 自称ブリフェンフェチ?(笑) 30M3もブリフェンだけど、デルタの勝ちですd(^_^o) なんてね。 デルタもM3もレースに勝つ為だけに完成した奇跡のデザインですからね! 



さあ、2018年も、チューニングログを頑張って書いて行きますので、韋駄天の『ちょっとデルタ』をよろしくお願いします!!

Posted at 2018/01/08 00:21:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2017年12月25日 イイね!

1/7(日)AM9:00〜阪神高速5号湾岸線中島PA

1/7(日)AM9:00〜阪神高速5号湾岸線中島PA【デルタで中島2017新年】

デルタ乗りのみなさん! なんだかんだでもう2017年も終わりですね! 韋駄天にとっての2017年は集大成の年だったのですが、なかなか思うように行かなかったなと、、 そんなこんなで本当にあっと言う間の1年でした。 

振り返ってみると今年も良い年だったなぁ〜と。。  チャオイタリアでのポールポジションは本当に嬉しかったし、その後のリタイヤもまたいい思い出となりました。 来年の目標とか、まだまだやることいっぱいあるなと。。

そんな2017年でしたが、みなさんはどうでしたか? ってことで、毎年恒例の新年オフで会いましょう! 2018年は1/7(日)に阪神高速中島P.A.に集合です☆ 

昨年もそうでしたが、適当に集まって、適当に解散のゆるい集まりです。 毎年関西のデルタ乗りはここから始まります☆ 

来年も新春の3連休の中日開催なので、暇な人がおられたら、デルタ談義しながらちょっと朝コーヒーでも飲みましょう。 とりあえず、当日は9時頃から適当に集まってくれたらな〜って感じです。 新年明けの3連休なので混雑が予想されます、早めに集まって昼過ぎには解散かな?って感じです。 


ここで韋駄天主催のオフ会で、よくある質問コーナー(笑)

Q. 何時頃までいますか?
A. 多分昼過ぎまでかな。 

Q. オフ会初参加でも大丈夫か?
A. デルタ乗り、だいたいいい人なので全然大丈夫です☆

Q. デルタじゃないけど行っていいか?
A. いいに決まってますが、あくまでも主役はデルタです(笑) 


オフ会とは言え、特別にパーキング側に届出を出す類のミーティングではありませんので、くれぐれも一般のお客様の迷惑にならないようにお願いします。 あくまでもP.Aに立ち寄って施設をのんびり利用する感じです。 オフ会開催中のパーキング内でのトラブルに関しても一切の責任は負いかねますので、参加されるみなさんは自己管理をしっかりお願いします。



今年の新年の中島P.A.の様子です。 生憎の冷たい雨でしたが、なんだかんだでいっぱい集まりました。 2018はどうでしょうか? 晴れるといいなぁ〜☆
Posted at 2017/12/25 14:53:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2017年12月07日 イイね!

デルタドレスアップログ(OZ Rally Racing)

デルタドレスアップログ(OZ Rally Racing)普段履きのホイールを新調しました。

チューニングではないので、ドレスアップかな? 

往年の名ホイールの新型。 今風にアレンジされたデザインは、賛否両論あるけど、韋駄天的にはアリ。 今選べるデルタ用のホイールとしてはベストかな? モンテカルロが好みでは無いので、チャンピオンを履いていましたが、結構キズもついてて、マグネシウムの劣化も気になるので、一度OHして防腐処理(そんなんあるのか?)してもらおうかなと。

ってことで、新型OZレーシング、装着です。

サイズは8J-17、オフセットも含めて17インチチャンピオンとモンテカルロと同サイズです。 PCD98の正真正銘のデルタ専用ホイールです。 生産終了から20年以上経って、専用ホイールをリリースするOZという会社に最大限の賛辞を送りたいと思います。 ありがとう!!!



期待通り、いい感じ! マルティニカラーのデルタには良く似合うと思います。  オリジナルのデザインを踏襲しつつ、ガラッと変えたデザインですが、一眼でラリーレーシングと分かるのは凄いですね〜☆



17インチですが、白という膨張色に加えて、車高の低さも助けてか、17インチ以上に見えますね。  大満足。

初期ロットは既に完売とのことですが、今後再リリースされるのは間違いないですね。  

気になるお値段と重量ですが、定価で1本49000円?5万以下ですよ。 重量はモンテカルロのマグネシウムよりも1kgくらい重い程度みたいです。 
Posted at 2017/12/07 13:28:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドレスアップ | クルマ
2017年12月05日 イイね!

デルタチューニングログ(その80)

デルタチューニングログ(その80)アルミクーラントタンク交換

10月のレースでポールポジションを取りながら、冷却水のサブタンクのセンサー部分からの圧漏れで、水温上がっちゃって3周でリタイヤという痛恨の思いをしてから2ヶ月弱、ようやく先日修理しました。

お世話になっているショップにオリジナルのアルミサブタンクというのがあったので、それに交換です。 こんなとこ交換しても速くならないので完全にノーマークでした、、、 まさかそのどうでもいいと思っていたパーツが壊れて、あろうことかポールポジションを獲ったレースで壊れるとか、、、 なんてついてないんでしょう(>_<)

ってことで、壊れようが無いパーツに交換です。 これが壊れて水漏れしたらもう諦めます、、、

サクサク〜っと交換してもらいます。



とりあえず、この部分からの漏れは止まったのですが、韋駄天号はラジエターを巨大化したりした時に、自分で配管を取り回して、やたらと継ぎ目が多く(ホースバンド多数)、まだどっかからか滲んでて、、、 機会を見てごっそり見直さないとダメだなと。 ただ、これで大きく漏れることもなくなったはず! 



ショップの刻印入りのオリジナルパーツはかっこいいですね! もっと早く交換しとくんだった、、、(u_u)反省...

さあ、コンシーズンはもう終わり。 ストーブリーグに入りました。 来年こそは完走したいですね!! って、目標が完走って言うのも寂しいけど。。


あ、そうそう、先日タイヤを外した時に発見!! 

これ、どういうことか分かります? 



韋駄天号はタイヤハウスのインナーフェンダーを外してしまってるのですが(車高下げててタイヤ太いからガリガリ当たるし)、タイミングベルトのクランクプーリーがむき出しになってたんですよね。 個人的にはプーリーもアルミアルマイトのチューニング品なので見えてもいいかな?って思ってましたが、以前からサーキットでコースオフした時に砂利でも噛んだらベルト切れるで!と言われていたんだけど、未対策だった部分。 

レース前にクラッチ交換に出した時にこの部分だけのカバーをしてくれてたんだ!! ベルト部分全体をカバーするように切って、ビス留めしてくれてました。  オーナーが気付くか気付か気付かないか分からないような細工だけど、嬉しいですね。  これで盛大にオーバーラン出来ますね(笑)
Posted at 2017/12/05 18:26:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | デルタ | クルマ

プロフィール

「勇んで出発したは良いけど、登り口でパンク(>_<) まさかの撤収、、 やれやれ」
何シテル?   12/03 09:44
ランチア・デルタに乗って20余年。 1996年に買ったデルタ16Vを11年目に亡くし、2007年からエボに愛情を注いでいます。 もろもろの理由でモチベーションも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

共感できる友達絶賛募集中です☆ よろしくお願いします!
84 人のお友達がいます
dai象dai象 * 翔悟翔悟 *
YBT340YBT340 * senna2828senna2828 *
hironyaNhironyaN * teramiterami *

ファン

37 人のファンがいます

愛車一覧

ランチア デルタ ランチア デルタ
2台目のデルタです。 1台目の16Vを奈良の山中で星にしてしまい、失意のどん底にいた韋 ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
家族のクルマとして、E36の次に購入、凄くいいクルマです。 318はBMWのエントリーモ ...
ランチア デルタ ランチア デルタ
これまでで最も思い出深い車。 大阪の大学に通いながら、当時たまに通っていた箕面のボスコ ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2000年にフィアットプントをセカンドカーとして購入しましたが、長男が誕生して、荷物が多 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.