• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

おにぼうのブログ一覧

2017年06月23日 イイね!

タイミングベルト・ウォーターポンプ・リヤカメラ・スパークプラグ・エンジンオイル交換

タイミングベルト・ウォーターポンプ・リヤカメラ・スパークプラグ・エンジンオイル交換なんだか、いっぱい交換しました。
タイミングベルト
ウォーターポンプ
スパークプラグ
この3点は、計画していましたので予定どおりです。
エンジンオイルもそろそろ交換時期でしたので、ちょうどよかったです。

リヤカメラがまた映像が出なくなりました。
思い切ってこれも交換です。やっぱり、リヤカメラに慣れてますので、無いと不便に思いますし、不安です。



交換後の各パーツです。
リヤカメラ以外は、まだまだ使えそうなパーツばかりです。
でも、予防交換する部品です。
不安を抱えたまま走行するのは精神衛生上辛いですから、とにかく距離が来たら交換ですよね。

ちなみに、タイミングベルトの亀裂はほぼありませんが、若干伸びているそうです。
Posted at 2017/06/23 22:44:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年06月19日 イイね!

800イイね ありがとうございます。

800イイね ありがとうございます。

800イイね、ありがとうございます。
これもみなさんがイイねを押していただいたお陰です。
感謝です。
Posted at 2017/06/19 23:59:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
2017年06月17日 イイね!

もっと風にあたりたい 風を当てたい

もっと風にあたりたい 風を当てたいかつて、日本のナンバープレートを横に細長くする案が出ていたようですが、変更されなかったのですよね。
国産車は日本のナンバープレートを基準に考えてくれますので、デザイン的にも問題ないようです。
しかし、フィアットは全く考慮してくれていないようで残念です。
リヤのナンバープレートも取り付け穴が残ったままで、樹脂で穴を塞いであるくらいですよね。
でも、リヤは気にしないようにしています。ええ、私は気にしませんよ。気に・・・

それよりもフロントです。

ヨーロッパのナンバープレートは横長ですよね。取り付けている位置を確認すると、そのナンバープレートの下端がアバルトのフロントグリルに少しだけかかる程度になっています。
この形状であれば、フロントグリルから十分な空気を取り入れることができそうです。
当然、フィアットの設計者もこの横長のナンバープレートを基準に取り入れる空気量を計算し設計に使用しているはずです。
亜熱帯とも思える日本の夏で、日本仕様のナンバープレートがフロントグリルを大きく隠しているのは、気になって、気になって仕方がありません。
ナンバープレートを上げたいなぁ、と思っていたらもう上げておられる方がおられました。

記事を拝見すると、クスコのアジャストナンバープレートです。
1週間ほどいろいろ考えて、やっぱり発注しました。




右がこれまでのナンバープレートの位置で、左がアジャストナンバープレートで上側に上げたナンバープレートです。
このくらいフロントグリルが開いていると、取り入れる空気量が多くなって・・・ いや、ヨーロッパのアバルトと同じくらいになって、本来の性能を発揮してくれるのではないか、と・・・
気持ちだけでも・・・

アジャストナンバープレートの取り付けは、ボルトを2本外して、4本のボルトを付けるだけの簡単な作業ですが、記録のために整備手帳にアップロードしておきました。
Posted at 2017/06/17 00:02:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ
2017年06月11日 イイね!

ジラソーレフェスティバル2017 参加顛末記 後編

ジラソーレフェスティバル2017 参加顛末記 後編午後のフリー走行の前に、ご一緒のみなさんと楽しくサーキット走行談義をしておりました。
今回はsolan☆さんともよっしゅさんがサーキットタクシーに当選しておられ、その乗車後でしたので、プロドライバーのテクニックの幾つかをお聞きすることができました。
みなさんのお話から走行のヒントを頂戴して整理してみると、どうやら私はブレーキを早くかけ過ぎているようで、ハンドル操作ももう少し手前から始めたほうが良さそうです。
ハンドルは早めにブレーキは遅めに、試してみましょう。

ということで、午後のフリー走行です。
途中、メインストレートを走行していると、サーキットタクシーで走行するアバルトがピットロードから出てきます。あのアバルトは、福山英朗講師のドライブだと思います。着いていきますよぉ、離されませんように。たぶん置いていかれるだろうな、という予想が外れ、何とか着いていけます。これはラッキーです。サーキットタクシーで2名乗車ですから、プロと言えどハンディが大きいのでしょうね。それに、こちらには新装備クワイフLSDがありますので、その効果が出てるのでしょうか。もちろん、みなさんから頂いたヒントが素晴らしく的確だったことは言うまでもないと思います。


その結果、ベストラップは1'44''969! かろうじて1'45''を切り、昨年のベストラップから2''316もタイムが縮まりました。途中で福山英朗講師の走行ラインを確認できたのが大きかったと思います。
みなさんから頂いたヒントに感謝です。
それと、恐るべしクワイフLSD
ちゃんと働いてくれました。

でも、タイムは二の次で、アバルトのパワーとコーナリングに酔いしれることの方が楽しいのです。


右側タイヤ。溶けてる。


左側タイヤ。こちらも似たようなものですね。

この午後のフリー走行の前に、スタッフのY氏がやってこられ、「面白いタイヤ履いてますね」と見られていました。Nankang NS-2Rです。タイヤ交換と廃棄など手数料込みで1万円/本、4本で4万円のタイヤですから、この値段を説明するとみなさん笑ってくれます。みなさんが笑顔になる、これだけでもこのタイヤに交換したかいがあったというものですね。でも、ちゃんと走れるんで悪くないタイヤです。参考にされる方は、このタイヤの経年劣化が未知数ですからお気をつけくださいね。
近いうちにこのタイヤのレビューを上げたいと思いますが、ハイグリップタイヤとしてはお値段以上、コストパフォーマンスは最高だと思います。次のタイヤはFederal 595RS-RRとこれとどちらにするか悩みそうです。

さて、フルブレーキでフロント左右にゆすされる持病ですが、昨年のチャオ・イタリアでも同じ症状が出てます。フロントドライブシャフトブーツの成型不良で中のグリースが出てきてるんですね。左前ホイール内側にグリースがべったりと残っています。たぶんブレーキディスクローターにも付着したんでしょうね。そのせいで制動力が落ちたり戻ったりしてたんでしょう。
頻発するようなら、再修理です。


ちょっと早めに帰ることにしました。参加記念のジラソーレどら焼きです。
私には「三笠」という方が慣れ親しんだ呼び方なんですが・・・
実は、ドラえ◯んの大好物のドラ焼きって、ドラ◯もんだからドラ焼きで、三笠まんじゅうに似た特別な食べ物だと子供の頃に信じてました。


帰りの赤松PAにて。仲良く4台並びました。
みなさま、お疲れ様でございました。また、ご一緒させてくださいね。

最後までこの駄文にお付き合い頂きましたみなさま、ありがとうございます。
Posted at 2017/06/11 00:09:10 | コメント(4) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ
2017年06月10日 イイね!

ジラソーレフェスティバル2017 参加顛末記 中編

ジラソーレフェスティバル2017 参加顛末記 中編第3走行のフリー走行Cグループの番が来ました。
ピットロードに並んで待っていると場内アナウンスが何か言っています。
「これからお弁当の配布を行いますので、引換券をお持ちになり受け取りに来てください」

俺の弁当残しておいてよぉ

と叫びたい気持ちでいっぱいでした。

お弁当が気になりつつ、フリー走行が始まります。
私はラッキーにも先導走行車の直後です。先導走行は福山英朗講師でした。乗車されているのは、アルファスポルトのオーバーフェンダーアバルト595です。たしか210馬力までチューンナップされている車両ですね。
先導走行では、先導車の走行ラインをよく確認できます。なるべく外さないように着いていきます。
ドライバーズミーティングでのレクチャーで、コーナー毎に内側に一番近づく位置(クリッピングポイント)の説明がありましたので、それを思い出しながら走行ラインをトレースします。

すぐに2周の慣熟走行が終わって、フリー走行開始です。
慣熟走行よりもさらにペースが上がります。すると、その速度では走行ラインをトレースしていられなくなります。思ったようにクリッピングポイントに張り付くことが難しいです。
さらに、メインストレートの最後の第1コーナー手前のフルブレーキングですが、始めから数周は多少の余裕を残して緩めるくらいだったのですが、徐々に厳しくなってきました。
そして、ストレートでのフルブレーキでフロントが左右に揺すられます。実はここで例の持病が再発していたようです。
タイヤもブレーキも徐々に限界に近づきつつあるなぁと思いながら、あーでもない、こーでもない、といろいろ試しながら走行していて、30分があっという間に終わったのでした。


昨年のチャオ・イタリアでのベストラップが1'47''285でしたので、ちょっと届きませんでした。でもいいんです。すごっく楽しかったんですから。


フリー走行が終わったら、真っ先にお弁当ですよね。ちゃんと残っていました。しかも、幾つかの種類からまだ選べます。私はチキン南蛮。ごちそうさまでした。


デザートもいくつかありますね。
これは、フルーツポンチ。無料でおかわり自由です。


かき氷も、おかわり自由。シロップはメロンで練乳がかかっています。それに、かごに入ったお菓子は食べ放題です。


プロドライバーの石川”りんご”紗織講師のアバルト124スパイダーによるドリフト走行がサプライズで始まりました。


白煙あげてますねぇ。


メインストレートに残る丸いタイヤ痕。午後のフリー走行ではこのラインをトレースするとか無茶が聞こえてきたような気がします。危ないですから、絶対にやめましょう。

さて次は午後のフリー走行ですが、これは後編で。例の持病も明らかになります。
Posted at 2017/06/10 00:10:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット走行 | クルマ

プロフィール

「@我呂我路さんさん
あなごめし、美味しいですよね。
毎年、連れ合い様がお土産に持って帰ってくれます。
現地で食べたいんですが、連れ合い様はプライベートでは行きたくないって言うので、無理そうです。
羨ましいです。」
何シテル?   07/24 13:01
はじめまして。 おにぼうと申します。 由来は、WRC世界ラリー選手権ラリーフィンランドの名物ステージ ouninpohja をもじっています。 でも、最近...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

Museo Nazionale dell'Automobile 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/17 13:12:31
フロント フェアリング タイヤ前 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/09 20:02:13
アバルト(純正) テクニカルトラベルバッグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/18 16:28:04

ファン

72 人のファンがいます

愛車一覧

フィアット アバルト・595 (ハッチバック) フィアット アバルト・595 (ハッチバック)
右ハンドルですが、初外車です。 いろいろ心配していますが、なんとかなるかな。 2015 ...
トヨタ ノア トヨタ ノア
もうハイブリッドじゃなくてもいいかな。幅の広い車は、駐車場までのアクセス路で気を使うし。 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
次もRV車をと思ってディフェンダー110を狙ってたんですが、ミニバンハイブリッドというの ...
トヨタ ハイラックスサーフ トヨタ ハイラックスサーフ
RV車が欲しくなって、新車購入。 2インチくらい車高を上げてました。 また、構造変更して ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.