• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

南ヤマトのブログ一覧

2017年07月23日 イイね!

すでに完売ですとよ

すでに完売ですとよ某2時間ドラマの帝王の奥方の狂乱ぶりには笑いを通り超し
恐怖感すら感じてしまいます・・・。前々からストーカー気質
みたいな闇が散見していたので、やっぱりなぁと思います。

前回、スズキのGSX-S1000Fについて気になる存在として
書きましたが一方でライバルだと見なされるニンジャ1000も
購入候補であるので非常に気になる存在な訳なんですよ。
こちらも説明するまでもなく世界的に大人気の車種です。

そもそも、スポーツ志向の高いツアラーというジャンルを開拓し世界の各バイクメーカーに追従させ
今年からは国内仕様も発売されるなどより身近な存在となった影響からか2017モデルは3月に出た
ばかりだというのにメーカー在庫は既に完売済みでいまだに納車待ちの人も多い状況らしいです。
逆輸入モデルならよく聞く話ですが、国内モデルではレアケースです。噂によると生産工場を海外に
移管する作業のあおりを受けているらしく、来年モデルからは生産態勢も安定するみたいですね。

ワインディングやサーキットも楽しめて、タンデム走行のロングツーリングも得意とクルマで例えると
レガシー・ツーリングワゴン的な存在でしょうか。2017モデルはデザインも更に向上して魅力的です。
反面、売れすぎて至る所で目にする定番車種ですが永く付き合える一台ではないかと惹かれます。
Posted at 2017/07/23 14:17:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年07月20日 イイね!

改めて魅力的だと

改めて魅力的だと遂にというか、今更な感もありますが関東地方の梅雨明け
宣言が出されました。ここ毎日、高温注意報が出てます。

最近、というか正確にはしばらく前からバイクで出掛けると
僕の視線を捉えていたバイクがあったのですが良いバイク
だと思う事があっても、MT-07に乗っていたのでそこまでは
意識はしていなかったのですが07を手放し次は何に乗るか
考えだすとそのバイク、GSX-S1000Fが俄然興味津々に。

デビューして二年ぐらいになるモデルでスズキ久しぶりのスマッシュヒットになったようで兄弟車種の
GSX-S1000と仲良く大型バイク売上上位に位置し出先でもやたらに目に留まる人気車種ですね。
カワサキのニンジャ1000/Z1000のライバルとして捉えられがちですが、1000Fは純正オプションでも
パニアケースやトップケースが設定されないなどツアラー指向の強いニンジャよりスポーツ度が高い
キャラクターな点も惹かれます。名機KシリーズGSX-R1000のエンジンを新設計フレームで支えつつ
アップ気味なハンドルポジションといいとこどりの万能機種なのでヒットするのも当然ではあります。
プライスも100万円台前半とお財布にも優しいですから、改めるまでも無く魅力的な一台なのです。
Posted at 2017/07/20 23:59:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2017年07月18日 イイね!

灼熱の道志~奥多摩ライド

灼熱の道志~奥多摩ライドほぼ梅雨明けをしたかのような猛暑日が続いていますけど
熱中症にはくれぐれもご注意下さいね。命に関わりますよ?

そんな真夏日の三連休初日、道志~奥多摩ライドに行って
先日リフレッシュを行ったPCXの脚周りを体感してきました。

三連休の初日ということで、多くの一般車が来ているだろう
ことを想定しつつ鳥居原Pへと。高温注意報が発令をされた
ぐらいの猛暑日だからかバイクは気持ち少なめでしたね。

モンスターエナジーで気合いと水分を補給して道志入り、連なる一般車の後方に着き青野原を行くと
前後に連なる白馬の騎士とすれ違う。セブンイレブンを過ぎたテクニカル区間で会釈をしながら前へ
一般車を抜きつつ進んでよく動く脚周りに気持ちも上々になり山中湖の「おおもり」でお昼ご飯休憩。

お腹も満たされ再び道志に戻り藤野を抜け上野原から小菅村を経由し奥多摩周遊道路に乗り入れ
妙に静まり返った川野Pを横目に公務員さんを警戒しながら進みます。しばらくして都民の森に着くと
数台のバイクが休憩していましたがやはりツナギ姿のSS乗りが多かったです。一息入れて周遊へと
PCXで走り出すと前方にかつての愛車MT-07、付かず離れずのペースで着いて行くと僕の後方には
600RRの姿があり07に譲られペースアップすると今度は着かず離れずで600RRと07が付いて来る、
やがて右コーナーで「ガリガリガリ!」と学習能力の無い僕、右アンダーカウルを擦りましたとさ・・・。

アンダーカウルは消耗品と自分に言い聞かせ、そのまま小菅村ルートから家路に着いたのでした。
どうにも気持ち良くPCXが走ってくれちゃうのでスクーターである事実を忘れた故の破損案件です。
Posted at 2017/07/18 00:34:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | ツーリング | 日記
2017年07月13日 イイね!

この辺が欲しいのですよ



今年は各メーカーとも、SSが代替わりをして自分のようなこれからSSを愛車候補に考えている人は
楽しくも悩ましい時間が過ごせる訳です。600ccのR6とMTシリーズ以外は200万円超えのプライスで
お値段の面でも悩むところですが、クルマで同じ運動性能を求めると4ケタ万円は最低支払わないと
手に入れられない点を考えると内容含めてバーゲンプライスであることは間違いありませんけどね。


CBRプロモライダーが先日、交通事故で亡くなられたニッキー・ヘイデン選手なのが感慨深いです。
自分の周りにもヘイデン選手のファンが多いので訃報を知った際は落胆しましたが今はただ、その
偉業に敬意を表しながら安らかに眠って頂くことを願うばかりです。さよなら、ケンタッキーキッド。
Posted at 2017/07/13 23:36:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 動画 | 日記
2017年07月12日 イイね!

PCX再生計画続き

PCX再生計画続きさて、去年から地味に続けていたPCXのリメイクをここにきて
当分はPCXメインのバイク生活になるので再開をしました。

今年に入りFフォークオイル交換に前後タイヤの交換と経て
予定通りに抜け気味だったリアサスペンション交換です。
ウチのPCXは契約時にキタコのリアサスペンションキットを
オプションとして購入し初回点検時から取り付けていました。
スポーツ走行を充分許容する出来には満足していましたが
さすがに2万キロを超えた辺りからはお疲れ気味でした・・・。

そんな中、周りからも評判の良いエンデュランス製のサスペンションキットが気になっていて次には
コレだなと思っていたのですんなりと再生計画の要として今回、選んでみたのでした。
まだ、取り付けてショップから自宅までしか走っていませんが、キタコに比べて突き上げ感も非常に
少なく感じました。あとはスポーツ走行でどうなるか?週末に道志ライドで試走してみたいですね。

PCX再生計画は80%は完成した感じでしょうか。不定期ながらも今後も続けて行こうと思います。
Posted at 2017/07/12 23:46:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「うーん、なんかより125に
見えなくなったアドレス( ̄∇ ̄)
リードの方がこれなら好き」
何シテル?   09/20 18:35
高校時代からのバイク好きでしたが二十歳を 過ぎてクルマ漬けの日々を過ごしていましたが 再びリターンライダーとして返り咲きました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

本田技研工業株式会社 
カテゴリ:自動車メーカー
2012/01/31 23:35:32
 
株式会社エンドレスアドバンス 
カテゴリ:パーツメーカー
2012/01/08 18:01:00
 
株式会社エッチ・ケー・エス 
カテゴリ:パーツメーカー
2012/01/08 17:59:14
 

お友達

最近はバイク熱が再燃して大きなウェイトを
締めつつありますがクルマも通常営業です。

一般常識のある方でクルマ、バイク好きなら
どなたでもお友達申請は大歓迎です。

PCメインの為、コメントの返信が遅れますが
必ず返信しますのでご理解下さいませ。
46 人のお友達がいます
kenkenpa625kenkenpa625 * COSMETICSCOSMETICS
mecameca クロぱんだクロぱんだ
ろくべ~ろくべ~ tenmatenma

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

日産 デイズルークス THE DOCTOR (日産 デイズルークス)
色々あってもう日産車には乗らないつもりが 祖父が日産勤めだったことや神奈川愛など 理由は ...
ホンダ PCX ホワイトスワン125F (ホンダ PCX)
NCシリーズと同じホンダの世界戦略車。 おまるの様な見た目からついた白鳥号。 足代わり ...
日産 エルグランド クロフネ (日産 エルグランド)
ランニングコストがかかる事を覚悟のうえで 購入しましたが想像を上回るコスト高により 維持 ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
僕に夢を見せてくれた究極の車。 今後もこれ以上に魂を震わせる車は 僕にとっては現れないで ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.