• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ジャンボタクシーのブログ一覧

2017年10月29日 イイね!

近況【SKI多め】

ども

おひさしぶりーf

です。


車は最近1気筒失火しているのか、ファストアイドルはラフアイドルです。
セッティング微妙なキャブ車のようです。

原因は薄々わかってるので、来年の車検で治してもらいます。
自分でやってもいいけど、

く そ め ん ど い 





さて、そろそろ冬の知らせがちらほら出てきておりますが

冬の雑誌も色々出始めていまして


Fallline 2018 vol.1は本来美麗な写真を眺める雑誌なんですが

コラムの内容にくる物があったので記載(やや記憶)

一般の登山者が占める夏場のハイシーズンと違い、この時期に山荘を訪れるスキーヤーやスノーボーダー達が放つ空気は心地いいものがある。
自分の技量を体力を天秤にかけて山を楽しみつくそうとする姿勢。
(中略) 慣れてない者が真似をしたらどうする。と言う意見だ。当然である。
だが個人の意見としては、素人が見て真似をしたくなるくらい魅力に溢れているのだと考える。逆に言えば誰もが真似をしたくならない行為にどんな意味があるのだろうか。
登山道しか歩けない夏と違って、自分のラインを登って刻む自由さには素人から見ても本当に楽しそうだ。


自分が感じていること
なぜBCを(登るの好きじゃないけど)続けるのか
フリースキー、フリースタイルっていう言葉を深く深く、かつ限りなくシンプルに定義するとしての
ヒントが隠れているような気がしました。
(FISやSAJの言う定義ではないです)


ちなみにマイク・ダグラスはBravoSki 2018 vol.2にてこんなことを言ってました。

スキー人生においては、ジャンルを変えるだけで、そして一緒に滑る人が変わるだけで、いくらでも新しい刺激が得られるんだ。そこがスキーの素晴らしいところだよね。
(中略)
歳をとり、人々はスキーに穏やかな体験を求めるようになってきた。(中略)世界からアンプラグドされた、非日常の世界をね。



スキーと言うのは道具であって、ゲレンデやお店での世界を括り付けるものではないと思っています。でも世の中はそういうので括りたがる。
自分を正当化させたい、上位にマウントしたい、人に少なからずあるエゴですね。

自分の可能性を広げるための道具、この可能性を履き違えている人も多いかなという気もします。

マイク・ダグラスの言葉でふとこんなことを思ってしまいました。


なので、やっぱり私はスキーはBCだけではないし、パークやパウダーだけでもないし
もっとシンプルに、雪山を滑る、去年より、昨日より楽しく気持ちよく滑る。
そこに上手い下手はないし、360とか3Dとかもない


そんな感じで今季も楽しみたいですね

では


Posted at 2017/10/30 01:44:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月28日 イイね!

今週気になったこと=ぼやき

今週気になったこと=ぼやきども

最近、なんのランキングか知らんが

マイページのアタマらへんにカングー○位って出ますが、
何もしてなくてもデイリーで10~60位を行き来します。

ザルすぎ…


さて、ジムニー新型のリーク画像が出てきましたね。

恐らくこんなフェンダーで軽企画だと相当狭いと思うので
シエラのほうだと思いますが、これはいいですね。

MTも出てくるんですかね?4ドアとかあれば最高ですが、それば邪道ですね。
気になりますね~

ぜひTMSで現物見てみたいですねぇ



あと、KELTYから出るソフトクーラー
そろそろ発売のようですが、本国ではすでに売られているようですね。

ただ、こっちは安い。55Lでも1.1万円、上下がハードシェルってのもいいです。
そりゃLOGOSの氷点下クーラーの方が性能はいいのかもしれませんが

見た目がねぇ・・・


これもぜひ現物を見てみたいです。


さて
来週末は谷川岳と、沼津です。

来週も仕事がんばりましょう


では





寝屋川出身てのが親近感わく
Posted at 2017/08/28 01:20:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月06日 イイね!

Trenta

Trentaトレイン&レンタカーのことではありません。

アニヴェルサリオってことです。
全然実感ないけど、24時間超えそうになって、あぁそういえばってね。

いや、超えたけど




さて、今日は友人の誘いで、カウンシル行ってました。

去年とは色々変わっているところもありましたが、相変わらず普段見かけないものは見れました。



Lamborghini Countach LP400


MAZDA R100(Familia Presto Rotary Coupe)


MAZDA R787B


Ginetta G40R


FIAT 128 Rally


Citroën DS Brake


Citroën Ami8 Brake


Peugeot 309 GTI


来年もやるらしいですよ?


では




Posted at 2017/08/07 00:44:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月30日 イイね!

【SKI】来季の展示会(過去形)その2

【SKI】来季の展示会(過去形)その2ども

続きです。

前回の模様からすると、私の店員さん批判のような
そんな感じでしたが、

ま、最大公約数だとああもなるのかなと思いますが
そもそも、アンタの主張は聞いてないっていう点ですね。



さて、そんなざっくり接客の
6/11 カスタムフェア@有明TFTホール




MAMMUTからビーコンが進化したそうで、埋没者の近接捜索精度が上がったそうな。
黒のSはドットマトリクス液晶、グレーの無印はセグメントと、Sは相変わらずプロユース感が出てます。




K2は相変わらずのオマージュグラフィックです。
まぁ、このくらいチキチキな方がK2らしいですよ




ATOMICもいい感じです。買い換える金はないけど




NORDICAからも軽量TEC兼用ブーツが出ます。
向こうで賞を取ったとかなんとか、ソールはなんとミシュランです。

ただ、全体的に使い勝手の悪いブーツだなと。





気になった逸品。
FRITSCHIからディアミールの新型、ティクトンになります。

以前からあるヴァイペック
も開放機構が優秀と言われていましたが、




これはヒールがコバで押さえるタイプに進化しています。
要するに、キングピンと同じシステムを取っていますから、TECでもよりアグレッシブな滑りができることになります。





ウォークモードはキングピンと違って、ヒールピースを起こす角度で異なる感じなので
キングピン以上に素早くスキーモードに移れる、かもしれません。

まだ、公式にも、海外のサイトにも情報がほとんど上がってきませんが
これなら、TEC手を出しても良さそうな気がしました。


これにて、冬のネタは終わりです。
(これでしばらくはブログ更新しなくていいな…)

では




なかなか、いいですね。
Posted at 2017/07/31 00:47:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

【SKI】来季の展示会(過去形)その1

【SKI】来季の展示会(過去形)その1ども


やりたくない上にしんどい仕事って
どうして夢に出てくるのでしょうね。


さて、回顧録も番外編に突入です。

と言っても、例年通り展示会の話なんですがね


ただまぁ、先日も書いたとおりある程度の見切りはついたので
ネタも少なめです。


スキーフォーラム@新宿ベルサール より
ここは昨年から報じる通り基本デモ・レーシング系の展示会なのですが
今年は各ブランド、BC向けのギアが増えてました。

聞いて回った限りでは、想像通りに商売のためとのことですが、一方で
このイベントではほぼ見向きもされない、とのことでした。

ま、そうでしょうね。
こっちメインなの私くらいでしょw




ROKO SKIS

ニセコでハンドメイドされるライダーズブランドです。
試乗会は小規模であるそうですが、来季はもっと本州に売り込みたいです、とのことでした。

クオリティと値段はそこそこ高いんですが、いかんせん重いのと、固めなのと
形状はフツーかなと。ニセコブランドなだけでなんだかぱっとしないなぁと思いました。

JSKISくらいWEIRDだといいんですけど





古のクナイスルも国内市場本格復帰だそうです。
ただ、どれもこれもフツーで、かつての奇妙奇天烈な板を作ろうという情熱はあまりなかったです。
10万越えってのも高すぎだし。
ただ面白いのは、ここでは基本学生さんが来るので、新しいブランドと勘違いするそうです。

ジェネレーションギャップですねw





HEADはなにかの賞を取ったらしい、KOREシリーズ
賞を取ったからには、さぞ乗り味は尖っているんでしょうけど

想像通りの鉄アレイ系でした。






コンパーデルの代理店で取り扱っている、スキーハイク用?の様な板
ヒールフリーのビンにシールにケースがついているんだとか
主に北国の電力会社で使われるそうです。





BLASTRACKからもしれっとNEWモデルが出てました。
写真撮るのを忘れたので、カタログからで

BLAZER TOUR
BLAZERのコア材を変更しペアで約1kg軽量化してます。
めちゃくちゃ軽いです。ただ、フレックスとかもまんまBLAZERなので
BLENDより柔らかい…悪雪のときがどうなのか気になりますが、来季どこかで乗ってみたいと思います。




ブーツ編
ATOMICのTLT兼用ブーツ。HAWX ULTRA XTD
1400g台とめちゃ軽ですが、ヒールのロックレバーは共通なんですね
私はこのいかついレバーは嫌いだな。邪魔でしょ、どう考えても





ダルベロはLUPOシリーズを拡大しています。
滑り重視してるんでしょうか、軽量化も今一つなので、ウォークモード時はタンを外すという暴挙にw
そのためタンの内側にソフトシェルがついています。

ちなみに石井の展示会でのスタッフは
『ワンタッチで外れますからァ!』
『外せば稼働域は業界最大ですからァ!!』
『外せば業界最軽量クラスですからァ!!!』
『て言うか軽さなんてさほど気にすることでもないッスからァ!!!!』

うーんこの


一方こっちの展示会
JT 『正直、外します?BCで』
おじいさんスタッフ 『いやー、去年使ってたけど、外すことはなかったねぇ。』
『めんどくさいじゃん、これ。』

でっすよねー




スキーフォーラムでは、厳ファクトリーこと、奈良スポーツさんが展示するので
これも目当てだったりします。
GENはマウンテンデューみたいなブーツが出ていました。7upもぜひw




奈良スポーツさんといえば私も愛用しているROXAも取り扱っています。
ROXAは来季は超軽量級であったRXシリーズをアルペンビンに対応できる様にしたブーツが出てくるようです。
構造はR3・カブリオシェルと言うらしく、ブーツの基本ラインナップはこの軽量シェルになるようです。

それでも1500g台。ダルと同じ3ピースとは思えない軽さです。
てか持って気づく、2ピースに引けをとらない軽量さ
ちなみにこのシェルはパーク向けブーツにも投入されて、それも1500g台とのこと。おそろしや



3ピース系って、ウォーク/スキーモード切替が、かかとに掛けるだけなんですね、
つまり、後ろに倒れる分には固定されるけど、前に倒れる分はスキーモードのフレックスは通常のスキーブーツと傾向が同じと言うこと。
これは2ピースのリジッド構造よりメリットはありますね。

ちなみにこれはフレックス130のモデルですが、別売りのタンで好みのフレックスに変更できます。




バックルはメタル2つとパワーベルト、パワーベルトはバックルタイプなので好みが分かれますが
パワーベルトがシェルに通ってるんですね、これにはビックリ
これ、要するにベルトが上にずれないとか、シェルが正しくつくってことですよね。

レジェンド、グレン・プレイクもライダーのROXA
これが買える店が両手数えるほどしかないなんて…残念だ。


その2に続く




Posted at 2017/07/23 22:55:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「首都高乗った瞬間に鬼渋滞、湾岸線も事故渋滞始まったのを確認し、早々に自宅へUターン…ま、期待されるほどの身分ではないので(^^;)」
何シテル?   11/19 09:14
I have switched to Kangoo.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

チューニングのお店 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/02 20:43:08
ポジムーヴさんのホンダ タクト フルマーク スーパーカスタム (特別カスタム仕様車) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/28 11:14:02
タイムを出すのは何のため 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/23 11:20:21

お友達

I'm glad when you invited me so shy !!
171 人のお友達がいます
シロナガスシロナガス * ねこねこねねこねこね *
まさきshogoまさきshogo * 雪来坊雪来坊 *
poo吉poo吉 * ☆リン☆リン *

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー カングー ルノー カングー
MINIの跡継ぎになりました。 やっと5人乗りに進化しました。 勿論アダルト路線での ...
ミニ MINI ミニ MINI
ビストロの後継ぎになりました。 JCWだけどJCWと見られたくないので いつも通りのア ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
ビストロでスーパーチャージャーでマニュアルと言う特別天然記念物です。 個人的にはミニより ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.