• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぷーおんのブログ一覧

2017年06月18日 イイね!

負けに不思議の負けなし。~2017ルマン24H~

2013レビュー

2014レビュー

2015レビュー

2016レビュー


昨年の悲劇から1年。雪辱を誓った今年のルマンでしたが、無情な結果となりました。速さは世界中に見せつけた。ライバルであるポルシェを完全に上回った。しかし、勝ちきれる「強さ」はなかった。言ってしまえば、それに尽きます。

しかし、誰が言った言葉か正確にはわかりませんが(野村監督が言ってた記憶があるが、誰かの言葉を引用したのだろう)、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」だと思います。トヨタの無残な敗戦には、やはり理由があるのだろうと思います。



ハードウェアはどうか。#8はブエミから「ノイズがする!」と早い段階からフィードバックがあった。この段階で問題を特定出来なかったことが不思議。モーターユニットの正常・異常を正確にセンシング出来ていなかったことと、万一の際のリペアしやすさを考慮出来ていなかったこと。ここは来年のマシンへ織り込むべきことですね。#7はクラッチトラブルとのことだが、本当に必要なのはなぜクラッチトラブルに至ったか、です。因果関係の有無はわかりませんが、去年のターボパイプ外れも、今年のトラブルも、頻発したFCY(フルコースイエロー)や長時間にわたったセーフティカー明けに起きています。素人目には「全開で走るのには問題ないが、スロー走行などのイレギュラーが重なるとフェイルしやすい」システムのように感じます。ここはひとつ、「なぜなぜ」を5回どころか500回くらい繰り返して、対策を検討していただきたいです。

そして、「人(ドライバー)」はどうか。#9のドライバーセレクションはやっぱり疑問でしたね。位置づけ的に#9は「確実にバックアップカーとしての役割を果たせる、マシンをちゃんと持って帰って来れるドライバー」が絶対条件です。そうなると、やっぱりラピエールで良かったのか・・・ですよ。#7のリタイアを受けて気負ったのか、LMP2との特性差(ストレートエンドでLMP1-Hがリフトアンドコースト、LMP2はまだ全開)を熟知していれば、あの追突は完全に避けられたはず。現実に、あの手のアクシデントは他のドライバーは誰も受けていないのですから。厳しいけど、ラピエールだからぶつけられた、だと思います。(現に、ルマン・レジェンドのトム・クリステンセンも同様のコメント出してます。) ルマンに先立って行なわれたWECスパのオープニングラップの1コーナー(ラ・ソース)でバカな突っ込みをラピエールがやらかした時に、「ヤバくね?」と思いましたが、現実のものになってしまいました。でも、これはラピエールが悪いというより、やはりトヨタ側の人選のまずさでしょう。そちらが責められるべきです。ラピエールはそれが持ち味のドライバーなんですから。やっぱり撤退したアウディから経験豊富で「勝ち方」を知っているドライバーを引っ張れなかったのが悔やまれます。


#8のトラブルも、#7に降りかかった不具合も、やむを得ません。だからこその3台体制で万全のバックアップを図ったわけです。それが機能しなかった。機能させられないドライバーラインナップだった。これは明らかに「避けられたこと」ですし、#9がちゃんと生きていれば、今年こそ初めての表彰台の真ん中が実現していた「だろう」と思います。ま、ポルシェ#1みたいなこともありますから、断定は出来ませんが。


いずれにしても、今年も悲願成就出来ないまま、終わってしまいました。でも、また来年以降もチャレンジして欲しい。その姿こそが、モータースポーツそのものだと思います。


(但し、「今年は勝つに決まっている」という安易な思い込みに基づく「軽いノリ」のメディア露出は、やめたほうがいいと思う。もっと真摯に、もっと謙虚なスタンスのほうが、真剣さが伝わるように思うけどなあ・・・)

Posted at 2017/06/18 23:00:26 | コメント(5) | モータースポーツ | 日記
2017年06月10日 イイね!

琢磨、シューミー、そしてニュル24H・・・

久々に書店に行って、雑誌を買ってきました。

ひとつは、琢磨インディ500制覇記念ですね!




雑誌を買っても保管スペースがないので、結構バサッと捨ててしまう性格なのですが、こういう「記念」の雑誌は永久保存版として大切にしています。琢磨で言えば、やっぱりコレですよね♪



そう、F1デビューイヤーである02年の鈴鹿特集号ですね。何回もブログに書いてるのでまたかという感じかもしれませんが、あの時の感動は忘れません。


そして、今日買ったもう一冊は、これ。



そう、ベネトンで94年・95年と連覇し、鳴り物入りでフェラーリ移籍するもあと一歩で栄冠を逃し、生涯のライバルであるミカ・ハッキネンとの激闘の末に勝ち取った00年のチャンピオンマシンの特集号です。

98年からハッキネン対シューマッハのF1史に残る名バトルが繰り広げられたわけですが、00年も予選から火花バチバチで、ホントにすごかったです。でも、この前後の世代のように政治的な駆け引きやお互いに対する言葉の攻撃などがなく、心からリスペクトし合った間柄での競り合いだったので、どちらが勝っても清々しい気持ちになったものでした。

その時のマシンが、フェラーリ F1-2000。まだ読んでいませんが、シューマッハ嫌いの自分を振り向かせたマシンなので、じっくりと読んでみたいと思います。

ちなみに、シューマッハ関係だと、



書庫にはこの2冊が保存版ですね。まあ、ベネトン時代とフェラーリ初期の頃は大嫌いだったんで、何も残してません(爆)。



そして、出張続きで見れていなかったニュル24Hの録画を、今日ぶっ通しで見終わりました。なんですか、このラスト1時間半からの展開は!! アウディ29号車の不可解なトラブル(ドライバーから「No Power!」という悲痛な無線が入ったらしい)でアウディ9号車がトップに。悲嘆に暮れる29号車のクルーたち。そしてラスト30分での最後のピットインで若干もたつきがあり3位転落。コースの一部で雨が降り出していたけどドライタイヤを選択した上位2台に対して、イチかバチかのギャンブルでウエットタイヤを選択し、それが功を奏してファイナルラップでまさかの大逆転。元サヤで29号車が優勝・・・。去年のルマンといい、レースは最後まで諦めちゃだめ。慢心してはダメ。






レースって、モータースポーツって、まるで人生の縮図みたい。だから、そこにロマンがあり、夢があり、打ちひしがれることもあり、でもまた次頑張ろうっていう元気ももらえる。


さあ、いよいよ来ますよ、ルマン24時間耐久レース!! 来週はもちろん徹夜で応援する予定です!!! 頑張れトヨタ、頑張れポルシェ、頑張れLMP2マシンたち、頑張れLM-GTEクラス、もちろん澤選手も加藤選手も応援してますよ!!!ヽ(´▽`)/
Posted at 2017/06/11 00:05:34 | コメント(1) | モータースポーツ | 日記
2017年06月06日 イイね!

♪さ・よ・なら・さ~、Good-bye My ラジエター~(字余り)

あの頃の渡辺徹は細かった・・・(^_^;)


それはともかく、5月初めのサーキット走行終了後に、「フラグ」を発見していました。





そう、「エリーゼあるある」の代表格、ラジエターからの水漏れの兆候です。まだ漏れまでは至っていないのですが、アクセスパネルを外してみると、やはり樹脂のカシメ部分から少しづつ吹き出しているようでした。




最近の鈴鹿チャレクラでは、ほとんど毎回に近いくらい冷却水漏れやオイル漏れによる赤旗が出ています。オーナーさんはもとより、同枠で走っている人にも影響が出ますし、万一自分が漏らした液モノで後続車がスピン~クラッシュでもしたら、責任は重大です。というわけで、まだ大丈夫だろうという思いもありましたが、大事に至る前に交換をお願いしました。



購入したのはJAEのハイキャパシティラジエターです。まあ、定番でしょうか。そして、せっかくフロントカウルを外すので、BOSCHのデュアルホーンや以前alfee7さんからいただいたラジエターホースやリザーバタンク、そしてステンメッシュブレーキラインの老朽更新を行いました!





*alfee7さん、ありがとうございました!!ようやくエリーゼにインストールしました♪


ステンメッシュのブレーキラインですが、かなり前のHot Versionで、西浦で開催されたマイカーチャレンジに登場したNAスープラがステンメッシュが裂けてコースアウトしたという映像を見たことがありました。それで、前オーナーが装着して10年経過し、その後サーキットで酷使しているので、この機会に取替をお願いしました。


さあ、マシンも戻ってきてメンテナンスも完了したし、走りに行くぞ!!


・・・と行きたいところですが、仕事が山ほどあって休みが取れません。。。Orz 6月はチャレクラいけそうもないので、7月になんとか計画したいですね!!
Posted at 2017/06/06 23:10:50 | コメント(5) | エリーゼのメンテナンス | 日記
2017年06月04日 イイね!

久しぶりにミラフィオーリ見学(^^ゞ *写真追加

モリコロパーク直前で出会った、プジョー205ターボ16。この時点で、ドキがムネムネ(^^ゞ



ホント天気に恵まれて、良かったですね♪




チンクエチェントの隊列~♪








ロータス仲間のオラエリ隊長、ひできさん、ひろにょんさんの愛車~♪













時々、オフ会でお見かけするエキシージかな?




オサレなフランス車いってみよ~♪




















お次は風情のある英国車!











イタリアーンなおクルマたち。

















ジャーマンカーで自分的に「ツボ」だったのが、コレ! このSクラス、最高にかっこいいセダンです。



アウディのエンジン積んでましたっけ?








そして、ぷーおん的MVPは・・・








輸入車じゃないし(^_^;)アセアセ でも、足回りはロータスチューンということで♪
Posted at 2017/06/04 12:49:02 | コメント(6) | カーライフ | 日記
2017年06月01日 イイね!

憧れの羽田空港を経由して、豚丼を求めて人生二度目の北海道へ。

またもや出張で、今度は北の大地へ。羽田経由だったので、乗り継ぎの待ち時間に写真撮影を楽しめました♪















































































































































あ、肝心の豚丼を忘れてた! 帯広の豚丼、最高でしたよヽ(´▽`)/












やっぱり羽田空港は、離発着が多くて機種も豊富。航空機写真撮るには最高のエアポートですね! そして、やっぱり北海道はでっかいどう、でした(^_^;) 十勝はとおかっち(遠かった)し。しかし、景色の良さや広大さは日本とは思えないスケール感ですね。また行ってみたいです!
Posted at 2017/06/02 00:03:10 | コメント(8) | 飛行機写真 | 日記

プロフィール

「やったーーーーーーーー!\(^o^)/」
何シテル?   05/29 04:59
プーオンとは、シルバーストーンや鈴鹿と並ぶチャレンジングなグランプリコース、“スパ・フランコルシャン”の有名なコーナーのひとつです。自分が通っていた“スパ西浦”...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

伊丹空港(夜編)& 神戸の夜景 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/17 23:10:12
ロータス エリーゼ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/03 10:45:36
みんカラ 大きい写真 画像を張り付ける方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/12 23:44:17

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
アスペンホワイトの10thアニバーサリーです。
ダイハツ ミラジーノ ダイハツ ミラジーノ
通勤&お買い物用です。
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
2011年1月売却予定です。
日産 マーチ 日産 マーチ
気骨のある、屈指のホットハッチ。ファクトリーカスタムを唄うオーテックチューンによって、フ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.