車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
■ 駆け込みリーフ販売
■ 駆け込みリーフ販売




先程QCで販売店の方とお話しする機会がありまして

いやはや、今リーフが売れているそうです。(よかったね)

本当かなと思いながらも、その理由を聞いてみると。



そのカラクリは

1、下取り価格が、50万 UP

   どんな車でも、この数字に、、(汗

2、金利0.1%ローン

   さらには現金一括で購入できる人でも

   あえて金利0.1%ローンを組んで

   4年後の下取りで50万確保。

3、最後はいつもの補助金。


この「1」のアドオンカラクリで、リーフが売れているのだとか。


ただ、「2」は年内で終了のようなので、

年明けで数字が伸びる事はなさそうです。


確かに何もしなければ、

ノートだけが売れる結果になるので

日産としてのEVステータスが崩れるのはまずいのでしょう。

(表面的に無理やりでも数字を作らないとね)


初期型リーフで補助金の縛りがなくなっているのであれば

それを下取りに出して、今のリーフに乗り換える。

これも年内であれば、考慮しても良いかも。

(ただ現状の30kでは余り魅力もないですが)



それとQCのパスワード、廃止に。

法人カードはその都度課金になってしまうようで

販売店の例外はなく、外資金融資本のいじめは続くそうです。

(負けないで欲しいです、販売店の皆様!)




では、また!



Posted at 2016/12/04 18:27:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | ■ リーフ 実態 | 日記
2016年12月03日 イイね!
■ 新型プリウスPHV VS 新型ノートe-POWER
■ 新型プリウスPHV VS 新型ノートe-POWER


(更にぶっ飛び内容となりますので、、
 お付き合い頂ける方限定で、どうぞ!)


新型ノートe-POWERの売れ行きは順調なようで何よりです。

これで低迷し続けていた販売店は少しは何とかなるのかな。

(そうなって欲しいですけどね)


で、ですね。

タイトルの VS は一見すると釣り合いが取れないのですが
ところが、ぶっ飛び考察で俯瞰すると、
強かな戦略が水面下にあるのが分かってきます。

当初、新型プリウスPHVは
既にリリースされていてもおかしくないスケジュールであったのですが
何故かこの出荷が思うように捗らない。


これ、どうしてでしょうか。

(ここからぶっ飛びましょう)

まず、九州と言えば、
国内自動車産業を支える会社が集中していることは
皆さんもご存知だと思います。

そして、何故か、この九州では必要以上に

(もう一度)必要以上に、

地震、台風、大雨、突風が

発生しますよね。


感の良い方は既にお分かりかと思いますが、


そうです。 その通りです。


人工気象で車の製造工程を徹底的に邪魔する訳です。

更には国道の橋を地震の影響と見せかけて爆破もしているそうで。
(これも実際に調べると分かりますよ)

こうすれば、自動車を組み立てる各パーツの製造が出来なかったり
製造出来たとしても先の理由で納期が間に合わず

当然メーカーのラインは止まるわけです。

当り前ですが、新車の出荷はどんどん先送りとなります。

更にその間にいろいろな工作を施せば

ますますリリースが遅延する。


こんな感じで、新型プリウスPHVはスケジュール通りに

全く進めない方向に追いやられた。


一方、その合間を縫って新型ノートe-POWERを

極力前倒しでリリースさせる。

しかも量産には全く支障がない体制。

それ故に、納期も異例の速さ。


これ面白いと思いませんか。

トヨタは踏んだり蹴ったり、、
日産は、実にスムーズ。


えっ?そしたら日産が人工気象を操作しているのか。

となりますが、日産はそんなことできるわけがない。


ここでのポイントは、

日産を操っている輩
人工気象を操作している輩

同じ胴元だということです。

(どうです。ここまでぶっ飛ぶと
呆れ果てて 逆に気持ちいいでしょ)

この辺が分かり始めると、世の中の仕組みが

徐々に分かってくるのですが、、

(まぁいいや。余りにもぶっ飛びすぎているのでね) 


一般ユーザは新車を一台購入すれば、

もう一台がどんなに良くても、

なかなか購入出来るものではありません。

ノートを所有した後では、新型プリウスは、、

おなかいっぱいなので購入しないですよね。



最先端グローバルブラック企業の戦略とは

人工気象も当り前のように使いこなす。

事前に多大な損害発生がわかっているからこそ、
九州の大地震直後にリーフを100台もアッと言う間に準備することが出来る。


ココしっかりと勉強していかないと、日本人!



(以上、ぶっ飛びワールドでした)




では、また!












2016年11月27日 イイね!
■ トヨタ、他がなぜEVに牛歩するのか
■ トヨタ、他がなぜEVに牛歩するのか



(更に別件で話がぶっ飛びます)



トヨタがなぜEVに牛歩するのか。

これ、当り前の話。

とにかく時間を稼ぎたいわけです。

単純にそれだけのこと。



日産はEV関連の特許をかなり所有しているので

他社が参入してくれば それだけでホクホクになるのです。


そうなるとどうなるのか。


日産本体は積極的に車を作る、売る必要がなくなります。

マネーゲームが成立してしまうわけですよ。

故に、販売店各社はまた地獄を味わうことになるでしょう。


特許権利で上がってくる利益は、勿論タックスヘブンへ。

そして、別ルートでフランス人達の懐へ。


このシナリオは、

日本自動車産業全体を疲弊させながら、

自分達(外資金融資本)だけはしっかりと裏で儲ける。

正にペテン師達の王道ですな。


これがグローバルブラック企業に成長した日産のあり方です。


トヨタ、他は、このシナリオが分かっているから
今まであえてEVには参入してこなかっただけです。


ここに気付かないと、日本人!




では、また!


2016年11月26日 イイね!
■ 国内EVマーケットと賢く付き合うには
■ 国内EVマーケットと賢く付き合うには



(長くなりそうなので、ちょっと分割しながら

 ただこの分割がいつになることやら、

 いつも通りで内容はぶっ飛びます。お好きな方はどうぞ)



リーフオーナーは、既に酸いも甘いも、知っているわけでして

私がどうのこうの言っても何も始まりません。

ただですね。今の現状から申し上げると

国内EVはまだまだ、始まってもいないのかなと。

こんな立居地です。(あくまで一般大衆を前提に)


携帯が普及していく時の事を思い出してください。

あの時と全く同じです。

本体は高価、重たい、通話はよく切れる、電池も直ぐにアウト、使い物にならない、、

(まるでリーフ?)

ところが今はどうでしょうか?




この普及するまでの段階マーケティングの存在を知っていると

どのタイミングでEVにシフトすれば良いのかが分かります。


すなわち、この数字を把握していると、いつ、どのタイミングで

EV車を購入したり、ガソリン車を手放したりすればよいのかが

分かってしまうのです。 (リスクは殆ど無いです)


例えば、今のリーフオーナはリスクだらけです。

極論はリスクしか存在しないフェイズです。

(日本人は好奇心旺盛な民族なので、この罠に直ぐに嵌ります。

 一般大衆がまだ知らない世界を先に知るといった満足感はあるのかもしれませんが)

分かる人は、この段階で、まだEVには手を出しません。

(出すとしたら、暴落した中古を所有して様子を伺うか。

 EVの感触だけを掴んでおくか。 こんな感じではないでしょうか)


では、一体、どのタイミングで本格的に手を染めていけば良いのか?


長くなりそうなので、(気が向いたら)また次回にでも。



では、
2016年11月20日 イイね!
 ■ 幻を見た
■ 幻を見た



幻を






見た




では、また!
Posted at 2016/11/20 18:02:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「■ Out of service http://cvw.jp/b/486328/38141738/
何シテル?   06/30 18:23
Ritz-Cです。よろしくお願いします。 思い立ったら、オートキャンプや車中泊にて、 トレッキングや温泉を楽しんでいます。 海の幸、山の幸、そ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
日産 リーフ 日産 リーフ
■ 面白いけど、怖いね~、この車。 まぁ、機会があれば乗ってみて下さいな。 そしたら ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
スキー、スクーバ、ロードレーサー、 オートキャンプ、車中泊、、、 とにかくオールマイ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.