• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017シーズンは
スーパー耐久シリーズ
ST-XクラスにカーNo.89 HubAuto Ferrari 488GT3 でフル参戦(6戦)いたします。
 
 みなさまの温かいご声援をよろしくお願いいたします。

坂もっちゃんのブログ一覧

2017年10月01日 イイね!

スーパー耐久第5戦 富士SUPER TEC

スーパー耐久第5戦  富士SUPER TEC連続投稿になりますが.....

第2弾は

スーパー耐久第5戦 富士SUPER TEC

昨年の9時間から、今年は10時間に変わり

そして来年は24時間レース開催を目指すらしい.....(汗)

そんなこんなで、第3戦鈴鹿以来の全クラス(ST-X、ST-TCR、ST-1、ST-2、ST-3、ST-4、ST-5)の混走レース。



HubAuto Racingは水曜から富士に入り、吉本選手がマシンセットアップ、Morris選手、そして今回Dドライバーとして登録され、F4でもHubAuto Racingで活躍中の若手、河野駿佑選手が精力的に走りこみを行いました。木曜から坂本も合流して、マシンセットアップを進めて行きました。金曜専有走行まで、大きなトラブル無く順調に走行メニューを消化。


土曜日の予選。
Aドライバー予選、Morris選手は自身のベストタイムを大きく上回る1’43.295を記録して5位。
続くBドライバー予選は吉本選手が1’40.734を記録して5位。
合算タイムにより決勝は6番手からのスタートとなりました。
Cドライバー予選ではガソリン満タンでのマシンバランス確認も踏まえて坂本がアタック。1’42.160を記録し5番手タイムとなりました。
Dドライバー予選は決勝に使う新品ブレーキローターへの焼入れを行いながら、河野選手が1’43.354を記録し2番手タイムとなりました。
ガソリン満タン、ユーズドタイヤでのラップタイムは悪くなく、タイヤの磨耗も悪くないので、決勝に向けては作戦の幅が広がり、10時間の長いレースをいかに自分たちに有利な展開に持って行けるかが勝負の鍵となりそう。



この日はよっしー(吉本選手)の誕生日ということで、SPLケーキでお祝い(笑)
そして1週間後らしいがシュン(河野選手)も誕生日ということでこちらもSPLケーキでお祝い(笑)



お祝いされたあとは、当然こうなる(爆)
もはやお約束やね(笑)



日曜決勝スタートは何と朝8:00。よってグリッドへの整列は7:00からということでグリッドウォークでは若干おねむな4名!?(笑)


今回はよっしーがスタートドライバーを務めます。好スタートを決め、第1コーナーでアウト側から豪快にオーバーテイクに成功。6番手から3番手にポジションアップしてホームストレートに帰って来ます。ピットではよっしーの熱い走りに大興奮。終始3番手をキープしながら、燃費の良さも生かして2ndスティントまでを引っ張る作戦に出ます。


GTR勢が先にピットインする中、最大限まで引っ張り坂本に交代。同時にタイヤはリア2本のみを交換してピットアウト。ピット作業のタイム短縮とアウトラップでのタイム短縮を狙っての作戦でした。それが功を奏し、次の周でトップ走行中の8号車Ferrari 488GT3がピットアウトしてきたところで、逆転に成功。その差はわずか3秒のギャップでしたが、マシンのバランスも良く、ペースも悪く無かったので安定したペースで周回する事が出来、次のピットインまでに2番手と20秒のギャップを作る事に成功。


3rdスティントはMorrisが4輪フレッシュタイヤで走行。その時点で3番手の位置をキープします。途中、SCも入りましたが、これは私たちにとって有利な展開へと運びました。4thスティントはシュンがリア2輪交換のみで走行。5thスティントは再びMorrisに代わり4輪フレッシュタイヤで走行。


その後、6thスティント坂本→7thスティント吉本→ラストスティント坂本までは毎回リアタイヤのみの交換で、フロントタイヤは無交換で、最後まで走りきりました。各ドライバー、ペナルティーや接触などのアクシデントも無く、ノーミスで10時間の長いレースを3位でチェッカーを受ける事が出来ました。前戦に続いての3位表彰台。チームが達成感で満ち溢れていた矢先.....
他のチームから抗議が上がり、Dドライバーの最低義務周回数違反が発覚。36周の減算ペナルティを科せられ、9位へ降格。レギュレーションに記載されているジェントルマンドライバー規定の認識が、我々チームがきちんと把握出来ていませんでした。



幻の3位.....

レギュレーションをしっかり把握してなかった我々が悪いのは事実。ペナルティーは受けるにしても、36周減算て.....あまりにも重すぎるペナルティ。10時間の長いレースを終えてからのこの罰は正直憤りを感じてしまいました。
教訓として受け止め、次に生かすしかない。
応援してくださったみなさま、ありがとうございました。そして表彰台が幻となってしまいごめんなさい。

Photo by KAZUHISA MASUDA
HubAuto Racing
Posted at 2017/10/01 21:56:36 | トラックバック(0) | S耐 | 日記
2017年09月29日 イイね!

Blancpain GT Series Asia 2017 Rd.7&8 Fuji Speedwey

Blancpain GT Series Asia 2017  Rd.7&8 Fuji Speedwey超~、久しぶりの更新です。

サボリがちですいません。

忙しくさせていただいている毎日に感謝ですね。

さてさて、だいぶ経ってはしまいましたが

Blancpain GT Series Asia Rd.7&8 のご報告です。


金曜のフリー走行、土曜朝の公式プラクティスまでは天候に左右され、マシンセットを決めきれない部分もありましたが、予選ではそれまでの走行を踏まえて、ある程度のセットアップが出来、Rd.7は山野選手のアタックで5位、Rd.8の自分のアタックは狙っていた41秒フラットのタイムが出せず、13位と悔しい結果。


Rd.7決勝では、山野選手からスタートし、スタート直後の混乱をうまくかわし、3位にポジションアップ。好位置で序盤のレースを進める事が出来ました。

それにしても、GT3、GT4合わせて34台のスタート直後の1コーナーはシビレます(汗)


序盤を引っ張り、ピットタイミングをギリギリまで遅らせてから、表彰台圏内の順位で山野選手からバトン引き継ぎます。このレースはピットロード入口から、出口までを95秒以上で通過しないといけないレギュレーションがあります。しかも今回我々には初参戦チームに与えられるピットストップハンデ7秒が加算され、合計102秒以上で通過しなければなりません。その間、タイヤ4輪交換、ドライバーチェンジをしてほぼタイムロス無くピットアウト。しかし、ピットロード出口でケイマンGT4に引っかかってしまい、コースに戻れば5位集団の後ろに入ってしまい9位で戦線復帰。


最後の2周でウラカンを抜き7位までポジションを戻してのチェッカーとなりました。
ピットストップハンデの7秒はこのようなスプリントレースではやはり影響が大きく、表彰台も見えていただけに非常に悔しい結果となりました。



このシリーズのオーガナイザーは日本の「おもてなし」という言葉を知っていたのでしょう。
日本人ドライバーと乗るマシンを集めて記念写真を撮ってくださいました。プロモーションがしっかりしてる証拠ですね~。



スタート前、グリッド上での全ドライバー集合写真。


Rd.8決勝は坂本がスタートドライバーを務めました。スタートはまずまずでしたが、ダンロップコーナーまでの位置取りでうまくポジションを挽回することが出来ず16番手までドロップしてしまいました。ペースは良くても前車に数周押さえられてしまい、オーバーテイクに成功してもその間、前方集団との差が開いてしまうという、何とも歯がゆい前半パートでした。それでも3台は抜き返し、13位で山野選手にバトンを繋ぎます。


今回は7秒のピットストップハンデも無く、通常タイムでコースイン。山野選手もハイペースで前方のマシンを抜き、ポジションをどんどん上げていきますが、10位まで上がったところでチェッカーとなりました。ペースは回りと比べても決して悪くはなかったので、スタート順位がシングルからスタート出来ていればまた違った展開になったかと思うと悔しい限りです。


今回のブランパンGTアジアシリーズ、スポット参戦にあたり、貴重な経験を積む事が出来ました。
パッと出がすぐに勝てるようなレースではなく、とても高レベルなレースでしたが、手応えは十分にありました。
来年はシリーズに参戦して戦いたいと思わせる、魅力溢れるシリーズですね。
Porsche Team EBIを始め、パーソナルスポンサー各位、応援してくださった皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
Posted at 2017/09/29 12:25:55 | トラックバック(0) | レース | 日記
2017年08月17日 イイね!

Blancpain GT Series Asia in Fuji

Blancpain GT Series Asia in Fuji今週末は

Blancpain GT Series Asia (ブランパンGTシリーズアジア)

in Fuji Speedway

今日から搬入です。

昨年のスーパーGT鈴鹿1000km以来の

Porsche 911 GT3R君 !!

※今年の浅間ヒルクライムで軽~く公道を流しましたが...(^_^;

受付、装備品チェック、シート合わせ、ミーティングをして本日は終了。


23番PITに陣取ります。PITはD'station RacingさんとPorsche同士で仲良くシェアです。

明日金曜日は45分間のフリープラクティスが2セッション。

土曜は30分の公式プラクティス、15分間の予選1、予選2、1時間のレース(第7戦)

日曜は1時間のレース(第8戦)



28台のGT3マシンと6台のGT4マシン、計34台のスーパーカーがしのぎを削るガチンコレース!!
さぁ、今から楽しみで仕方ありません(*^_^*)



山野直也選手、メカニック、スタッフメンバーとチーム一丸となって戦います!!


カーNo.3 Porsche Team EBI の応援をよろしくお願いいたします(^O^)/
Posted at 2017/08/17 18:03:53 | トラックバック(0) | レース | 日記
2017年08月16日 イイね!

帰省

帰省8月10~13日まで

実家のある岩手に帰省。

子どもが生まれて初めての帰省になります。

愛機での帰省となりましたが、帰省ラッシュには

ほぼ巻き込まれること無く、7時間くらいで到着。
(※画像はあぶ刑事の聖地前で撮影のため全く関係ありません)


そして今回は生まれて3ヶ月が経ちましたので

『お食い初め』という儀式をおこないました。

僕は嫁から聞いて初めて知ったのですが、これは子供が一生食べ物に困らない事を願い、また歯が生えるほど成長したしたことを喜ぶ意味もこめて、赤ちゃんに初めて食べ物を食べるマネをさせる儀式の事らしいです。



じぃじ、ばぁばも喜んで参加してくれました(笑)

そしてせっかく岩手に来たのだからということもあり、嫁の希望でグルメツアー開始。
先ずは『じゃじゃ麺』。




ここのお店は『俺のじゃじゃ』といい、同郷ドライバーの佐々木雅弘選手が教えてくれたお店。
確かに旨かった!!〆に生卵とチータンを入れてスープで食べるのもまた最高!!



その店の近所さんと言う事もあり、佐々木選手のガレージ&お店にも訪問。
ちょっと悪巧みな話をして(笑)。今度はゆっくり飲みながら話そうね~。


2日目は盛岡冷麺を食べに『盛楼閣』へ。

今更言うまでも無く、安定した旨さ。焼肉も旨かったな~!!(残念ながらハラミが品切れでした)

最終日はなぜかホルモン鍋を食べに。知る人ぞ知る県民も多く、実家からも近い『玉山支所前食堂』へ。ランチ時に行きましたが混みこみでした。


味はもちろんでしたが、お値段の安いこと。鍋2人前、ライス1ヶで\1,470-はコスパ最高ではありませんか~!!

そんなこんなで食べてばかりの帰省になりましたが、14日の朝8時に実家を出発。


岩手のソウルフード、『フクダパン』を食べながら、途中愛娘のオムツ換え、昼食などに数回のピットストップを余儀なくされ、渋滞に巻き込まれながらも20時には帰宅できました。12時間の長旅、娘ちゃんも頑張ってくれました。

体調を整えて今週末のレースに備えます!!
素敵な夏休みをお過ごしください~(^ ^)
Posted at 2017/08/16 08:51:39 | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年08月02日 イイね!

スーパー耐久Rd.3&Rd.4

スーパー耐久Rd.3&Rd.4約1ヶ月ぶりの更新です...(汗)

6月、7月はレース、仕事で出張三昧。

COXから旅立ち、独立してからも色んな方々の支えがあり、繋がりがあり、忙しく活動出来ている現状に本当に感謝です。

大変遅くなりましたがS耐Rd.3、Rd.4の結果報告&画像の数々です。

Rd.3 SUZUKA


Newエンジン、システム等17'仕様にアップデートして臨んだ鈴鹿は予選から電気系のトラブルが発生し、決勝も残り30分でギヤトラブルが発生し何とか5位でチェッカー。不完全燃焼に終わったレースでした(>.<)

うちの愛娘がレース初観戦でしたが


よっしー(吉本選手)に抱っこされ終始ご機嫌でした(^^) よっしーの顔、悪っ~www
普段の表情とイケメンに対する表情がまるで違う...(^^;

Rd.4 AUTO POLIS




金曜に前戦鈴鹿で投入したNewエンジンが何と壊れてしまい、急遽旧スペックエンジンに乗せ換えるという波乱から始まりました。土曜のAドライバー予選終了5分前に何とか間に合い、Morris選手、吉本選手ともに無事予選を戦う事ができました。決勝はシリーズ上位を独占中のGTR勢がトラブルやアクシデントに見舞われる中、Morris選手の頑張り、坂本のタイヤ無交換作戦、吉本選手の攻めの走りにより、今シーズン初3位表彰台に上ることが出来ました。


S耐も残り2戦となりましたが、さらに表彰台の高いところへいけるよう、チームのみんなと頑張ります。引き続き、皆様の温かい応援をよろしくお願いいたします。

Photo by 益田 和久
関連情報URL : http://supertaikyu.com/
Posted at 2017/08/02 12:06:13 | トラックバック(0) | S耐 | 日記
みんカラセレクト

プロフィール

「スーパー耐久第5戦 富士SUPER TEC http://cvw.jp/b/487039/40509247/
何シテル?   10/01 21:56
1997年初夏。わずかなチャンスを求め岩手県から上京。レーシングスクールのオーディションをトップで合格。同年イギリスで行われる世界大会への挑戦権を手に入れる。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

Neu interesse 展示会 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/27 12:32:05
Neu interesse ノイインテレッセ 
カテゴリ:support
2014/01/27 12:29:14
 
COX Scirocco R 筑波スーパーバトル車載映像 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/05 10:36:38

お友達

よろしくお願いします。

坂本祐也のホームページ
http://www.yuya-stoic.com
147 人のお友達がいます
さとくん@係長さとくん@係長 * のぶりんこのぶりんこ *
Nジャン(N-JUNKIE)Nジャン(N-JUNKIE) * CREF MOTORSPORTCREF MOTORSPORT *みんカラ公認
GTS-RGTS-R * Ocean_biwaOcean_biwa *

ファン

115 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン パサート CC フォルクスワーゲン パサート CC
大人のシャコタンシリーズ第2弾 購入後、速攻車高調(SACHS)を入れましたw コツコツ ...
フォルクスワーゲン ボーラ フォルクスワーゲン ボーラ
VW BORA V6 4MOTION 2003年式 黒 ☆仕様 大人なシャコタン(ち ...
ミニ MINI ミニ MINI
足回り:PCR(アイバッハスプリング仕様) ホイール:YOKOHAMA T6 タイヤ:P ...
BMW 3シリーズ ハッチバック BMW 3シリーズ ハッチバック
免許を所得して以来、RX-7、180SXとやたらやんちゃな車に乗ってきましたが、初めて大 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.