• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

海老忠商店三代目のブログ一覧

2011年04月24日 イイね!

待望の金メダルとパンクの発生する原理

借り物の白SWで臨んだキョウセイシリーズ第2戦はターンが回れず最下位(4位/4台中)
復活の赤SWで再起を期して臨んだ中部地区戦第2戦もターンが不発で7位/8台中
と不振を極めておりましたが、昨日のキョウセイシリーズ第3戦でようやく久々の優勝。
長いトンネルを抜けました。



クラス3は昨年の地区戦チャンピオン、昨年の西日本フェスティバルウィナーと僕の3台。
非常に濃いメンバーとの三つ巴ガチンコ対決!



《完熟走行》
Mじま親分がマーシャルタイムを大きく上回る驚愕の59秒台でトップ。
1位 Mじま親分 59秒850
2位 僕     1分00秒830
3位 タカハ○さん 1分01秒090

《本番1本目》
Mじま親分が安定した走りでトップ。僕が2/100秒差の2番手。タカハ○さんはパイロンタッチで沈没。
1位 Mじま親分 1分00秒020
2位 僕     1分00秒040
3位 タカハ○さん 1分05秒720(P1)

《本番2本目》 
僕が会心の走りで59秒300。Mじま親分はタイヤが厳しくタイムダウン。タカハ○さんが猛追で59秒台に飛び込むも届かず。

↓撮影:GoeMonさん


1位 僕      59秒300
2位 タカハ○さん 59秒770
3位 Mじま親分 1分00秒020(1分00秒310)


という結果。


前回の地区戦の270°以上のターンでプッシングアンダーでターンが止まる症状を受け、リアのスプリングを10→12キロに上げてスライドのコントロール性を上げつつターン立ち上がりのトラクションを稼ごうと目論み、前週の福田練習会では上々の感覚だったのですが、キョウセイの中速コーナーに持ってくるとコントロールのシビアさが露呈。
完熟と1本目はシェルの走りが思うに任せずヤキモキしましたが、タイヤのエア圧下げたのと、抑えた走りで上手くこなすことができました。
5月2日のキョウセイ練習会で継続テストしますが、今後の方向性に明るい光が見えてきました。




実は今回、前日にクルマの準備をしているときに、本番用リアタイヤに釘が刺さっているのを発見。「なんてついてないんだ」と急遽パンク修理して臨んだのですが、イベント終了後にパンクの話題に。

青7師匠曰く、
「パンクが発生するのはいつもリアだよね。」
更に曰く、
「路面に落ちている釘が直接タイヤに刺さるとは考えにくいよね。」
「だからきっと、まずフロントタイヤが釘を跳ね上げて、その先端が丁度リアタイヤに垂直に当たったタイミングで踏んで初めてパンクが発生すんだよね。」
「それってすごい偶然だよね。相当な確率だよ。」
「だから、パンクするってのはすごく運が良いことなんだ!」


ホントっすか…?
むむん。

確かにその理屈だと、パンクはなかなかのレアケース。遭遇できるのはとってもラッキーなことに思えてきました。
修理代も「Sタイヤだと保障できないから…」と半額にオマケしてもらえたし…
そのタイヤで走って勝てたので、結果、幸運をもたらす出来事だったということですね!



みなさん、パンクの発生原理、どう思われますか?
Posted at 2011/04/25 23:27:13 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2011年04月03日 イイね!

ナラシ⇔ダム⇔恐竜

ナラシ⇔ダム⇔恐竜エンジン分解点検からMR2が戻ってきましたので、日曜日はナラシ運転に出掛けることに。

いつもの東海環状道~東海北陸自動車道~東名をぐるぐるのコースも考えましたが、せっかく天気も良いのでちょっと遠出することに。
行き先は福井県勝山市の『恐竜博物館』。
そう。雁が原の「下パレット」から見える銀色の卵の建物。
以前から気になっていたんですが、なかなか行く機会がなくて…。今回念願適いました。


ナラシなので、道中はMAX3000rpm。のんびりドライブ。
東海北陸道・白鳥ICから中部縦貫道・油坂トンネルを越えて、九頭竜川右岸に沿って国道158号線を進むと九頭竜ダムに至ります。
ここも、いつも雁が原に行くときはスルーですが、今回はのんびりドライブなので途中下車。見学してみることに。

このダム、ダムマニアで東海チャンプのA氏さんから、全国でもトップクラスの『ロックフィルダム』(岩を積み上げて作られる構造のダム)だということで、以前からお話をうかがっていたので、いつか訪れてみたいと思っていました。

竜のように体をくねらせて中部を縦貫する九頭竜川とゴツゴツした岩の壁とが織り成す風景は荘厳。スバラシイ。

ダムの管理事務所1Fに見学者向けの資料室があり、中に入ると建設当時のドキュメンタリービデオが上映される仕掛けになっています。30分ほどのビデオですが、すっかり見入ってしまいました。
ダム建設に賭けた男たちの情熱。

巨大建築物…高まる!





ダムを後にして一路福井市内へ。

13時過ぎに福井市内着。
昼食はいつもの8番ラーメン。

昼食後、せっかくなので雁が原に寄り道。
ゲレンデにはなごり雪が残っていますが、パレットはすっかり走行可。
北陸のS2000軍団とドリフト屋さんが少し来てました。


そして銀色の卵・恐竜博物館へ。

館内に入ると、いきなり長~いエスカレーターで地下まで一気に下り、『銀色の卵』の中心部に入っていくという演出。
建物のつくりが凝ってます。

中ではジュラシックパークばりにホンモノっぽく動きまくるティラノサウルス・レックスがお出迎え。

恐竜…高まる!


館内は複雑&立体的な構造でまるでドラクエのダンジョンみたい。でもちゃんと順路が決まっているので、迷わず安心して見学できます。
標本の展示の仕方もストーリー仕立てになっていて、見ていて楽しくわかりやすいのがGOOD。

展示棚もセンス良いです。

アートを感じます。

化石クリーニングの実演もやっていたり。

敷地内で化石発掘体験もできるんだそうな。
またこんどはゆっくり発掘体験もしたいです。


ナラシも無事終わり、大満足の一日でした。
Posted at 2011/04/05 20:50:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2011年03月24日 イイね!

ガッカリ

ガッカリ昨日、会社帰りにショップに寄ったらばらばらになってました。




しかし、ピストンもブロックのボアも無傷!!


棚落ち疑惑はハズレ。
いったい何だったんですか?


パーツの洗浄だけして、そのまま組み付けることになりました。

本当にがっかり。
完全に金ドブ(空けてみて無事がハッキリしたのは良かったのですが…)。


あまりに悔しいので、ミッションとデフのオーバーホールと、バックランプ点灯の対策をすることにしました。

Posted at 2011/03/25 19:55:25 | コメント(6) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2011年03月10日 イイね!

地区戦開幕!渾身の走りも不発で6位(8台中)…そして持病再発!?

日曜日の中部地区戦開幕戦は、前半の高速セクションは大きく弧を描く渾身の走りで、中間は優勝のABE氏から0.5秒差も、後半ターンセクションでミス!残念賞の6位でした。
でもSA2で3位のタカ○シさんから賞品のコーヒーメーカー(浄水機能付き!)を譲ってもらいラッキ!


捲土重来を期し、今日は急遽有休とって幸田ジムカーナトレーニングへ。
久々幸田でスピード感が合わず、午前中は苦労しましたが、午後は納得のタイムが出はじめ、徐々に気持ちが高まってきたところで…

なんと、Aコーナの8の字ターン立ち上がりでパワーダウン!そしてマフラーから黒煙!


エンジントラブル…!!
2年前の悪夢が…またか…!


症状は2年前と酷似していて、スロットル-インタークーラー間のパイプはオイルがベットリ。インタークーラーもオイル漬けになっていることが想像される。
直後は空ぶかしするとマフラーから白煙がでたが、しばらくすると治まったのも一緒。
煙の量から、タービンブローでは無いっぽい。
可能性としては、

(1)ブローバイかタービンから出たオイルがインタークーラーに溜まっていて、それが急に燃焼室に入って失火。
(2)ピストン棚落ち
の2つ。

とりあえず、週末ショップで圧縮測ってみます。



凹む…
Posted at 2011/03/10 18:55:05 | コメント(8) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2011年02月27日 イイね!

~大きく弧を描くように!~

~大きく弧を描くように!~キョウセイシリーズ第1戦を皮切りに、いよいよ僕の2011年シーズンがスタートしました。

初戦の結果は、昨年の西フェスウィナータカ○シさんと、今年初走行のMじま親分に敗れて3位(クラス3)。白星スタートとはいきませんでした。

コースは、短くシンプルながら、大きく山周りさせられるハイスピードでなかなか難しい設定。

自分としては及第点の満足いく走りだったのですが、飛ぶ鳥落とす勢いのタカ○シさんに敵いませなんだ。
昨年の最終戦から二連敗…キー、悔しい!

今回のコースはSWには厳しかったのか?と諦め顔で引き上げ途中、アジュール星人さんから、『スピードは良いが、ライン取りの問題』とヒントを貰い、ピンと来ました。

まだまだイケるぞ~!(←その気になってるけど、ぶっつけ本番でできるのか?)


週末の地区戦開幕が楽しみだゼ!!
Posted at 2011/03/02 20:38:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記

プロフィール

名古屋生まれの名古屋育ち、京都での大学生活を経て某自動車会社へUターン就職。 善良な会社員としてのんびり静かな生活を送っていましたが、ジムカーナを始めたこ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ MR2 トヨタ MR2
H6年式のGT-S(3型)ジムカーナN仕様。 主にJMRC中部ジムカーナ選手権に参戦中 ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
嫁が購入。半年待ってようやっと9月下旬納車。 燃費は名古屋~豊田(高速道路主体)の通勤で ...
ホンダ CR-X ホンダ CR-X
H2年式のSiR。 数年前にヤフオクで購入。以前はジムカーナ関東シリーズで戦っていた車 ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
S61年式のスーパーチャージャー付き。 10年前にヤフオクで千葉の方から購入。 (なん ...

過去のブログ

2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.