車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
アングラ➡TKB➡TKB工房昨日はアングラな皆さま、お疲れさまでした。

BDさん、ひらめちゃん、おしるこ美味しく頂戴しました<(_ _)>

きな粉餅と醤油餅、食べてる余裕もなく・・・






普段であれば駄弁ったり試聴させてもらったりしますが、昨日はヒューズ取付後の音がショックで、それどころではなかったという(汗

2日前にネットワークの値はそのままで銘柄を変更し、往路は快適だっただけにショックで、またまたネットワークを弄り、試聴し、元に戻し・・・の繰り返し。

結局、遅刻してしるこ食って作業して「じゃあ」と早上がりし、某所へ激うまのまぜそばを食しに移動。
その間に耳が徐々に慣れて来たようで、気にならなくなりましたw

そして本日は喜喜さんが工房に来られ、旨い弁当をご一緒し、軽快なトークとサウンドを堪能。

シン・横浜くんは昨日、灰さんから仕入れた新兵器の音を聴かせてもらおうと乗り込んだものの、なにやら操作方法が難しいのか、もたもたしているので先にCDを試聴。

なんか先週よりえらいエエ音になってますがw
新兵器の方も仮付けとはいえ、十分威力が分かりました。

たじはん、じゅんぺいさん、先に上がってしまい失礼いたしました<(_ _)>




久しぶりに「St. Anger」を聴いた。10年ぶりぐらいか?
今度、これで皆さんのを試聴させてもらおう♪


☆1/16~22に聴いたアルバム

1) エアロスミス 「Get A Grip」
2) スティング 「Bring On The Night」
3) ディープ・パープル 「Made In Japan」
4) トム・ウェイツ 「Used Songs」
5) ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ 「A Night On The Town」
6) メタリカ 「St. Anger」
7) ロッド・スチュワート 「The Best Of Rod Stewart」
Posted at 2017/01/22 20:24:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2017年01月19日 イイね!
下町電車ロッド・スチュワート

「The Best Of Rod Stewart」

1989年






彼のベスト盤CDは手持ちで4種類ほどある上に、音源も別のが1種類あります(汗

微妙に収録曲が異なり、好きな曲を網羅するにはそれぐらい必要になってしまうという。

しかし、結局聴きたい曲は限られてくるし、長いイントロのフルバージョンを何曲も聴いてるとかったるくなるので、当時よく聴いていたベスト盤の中古を購入しました(基本、このアルバムの曲はシングルバージョン)。

私がロッドを最初に聴いたのは、「カムフラージュ」というアルバムの”サム・ガイズ”という曲。
その後、映画の主題曲になった”ラブ・タッチ”も好きでした。

ともに結構売れたのに今回買ったベスト盤には入っておらず、当時は「なんでやねん!」と怒っていた記憶が。

そして復讐?すべくベスト盤が出るたび買いまくり、自分の好きな楽曲をまとめたりしたものの・・・


この1枚モノの選曲と曲順の良さに、あらためて気づいたと。


で、ここからは蛇足ですが・・・


23歳のとき、同期入社の男2人、女2人で私の買ったばかりのR32スカイラインで淡路島へドライブ行くことになりました(当時私は大阪勤務)。

私の後ろには、いつもミニスカートをはいていた美脚女子(10代)、その横は二枚目の友人、助手席は大人しめの子(10代)、運転は私。

ミニスカ美脚の太ももを触ってやろうと意気込んでいたのに思惑が外れ、がっかりしながら運転していたとき、このロッド・スチュワートのCDをダビングしたTDK AR-X74分テープをかけていたことは、なぜか今でも覚えております。。





そして4人でのドライブも終わりかけた夕暮れ。

アルバム最後のこの曲が流れていたとき、助手席の大人しめの女子はなぜかにこにこしながら聴いていたような。

昼間、「お母さんと一緒に作った」と言って持ってきた大量の弁当を恥ずかし気に広げていた彼女、皆に「美味しい」と言ってもらい肩の荷が下りたのか。


その彼女は今、私のすぐそばで夕食の片付けをしているのですが、今さら聞いても覚えてないだろうなあ(笑)
Posted at 2017/01/19 21:52:44 | コメント(12) | トラックバック(0) | CD | 音楽/映画/テレビ
2017年01月15日 イイね!
クレイジー・バースデイ♪ポイズン 「Open Up And Say ... Ahh !」 1988年

エアロスミス 「Get A Grip」 1993年

ポイズンは一番売れたアルバム。
エアロのは初のNo.1アルバム。

ともに名盤。




さて、昨夜は極寒の中、KCAの皆様、ありがとうございました<(_ _)>
なんだかんだで日が変わるまで居てくださったのは、私の誕生日を祝うためだったのでしょうw


そして本日はTKB工房。

作業内容は確定しており、事前にTKBに伝えてあります。


工房に到着すると、すでにTKBが作業中でした。


メタリコ 「ええ天気ですな」

TKB 「これはこれは大先生、お誕生日おめでとうございます」


とでも言いたげな顔で


TKB 「今日は何するんやったっけ?」

メタリコ 「これですわ」



TKB 「先にメシにしよか」

と激旨弁当をオーダー。

TKB 「たじはんは来まへんのか?」


おかしい。私の誕生日と知ってるはずなのに。
命に関わるサムシングでもあったのか??


メタリコ 「弁当買って来ましょう」

TKB 「いやいや大先生の誕生日やのに、そんなことさせませんがな」


とは言わない。もはや我々にわざとらしい会話など不要なのだ。


TKB 「そうそう、不二子ちゃんから『今日工房やってまっか?』ってライン来たわ」


不二子ちゃんも回りくどいことをする。
私の誕生日に駆けつけたくてうずうずしてるのだろう。


メタリコ 「ほう、作業ほっぽり出して来るんでっか?」

TKB 「それがhさんに呼ばれたとかで夢の島に行くらしいわ」


そ、そんなバカな。私の誕生日のお祝いに来ないなど考えられない。
ひょっとして、私がhさんに何かしでかしたのか。
そしてhさんは私が誕生日なので気を使って不二子ちゃんを通じて話をする、と。
そうに違いない。ああ、不二子ちゃん、申し訳ない。

そんなことを考えながら弁当の買出しから戻ってきて


メタリコ 「今日は作業やってもらうんで驕りますわ」

TKB 「何を言うてまんねん!誕生日なんやからこっちが驕りますて」


と一瞬言いたそうな雰囲気を感じたのは気のせいか。


TKB 「ああ、なんや催促したみたいですんまへんな」


そう、私は弁当を驕ってもらうために来たのではない。
むしろ驕って、いや驕らせて頂いて当然ではないか。


TKB 「はい、一丁上がりや」



TKB 「誕生日プレゼント、なんてな」


などと言うはずもなく、自分の作業に戻るTKB。


メタリコ 「何してまんねん」

TKB 「ちょっと電源線を・・・」

メタリコ 「腰が痛そうでんな」

TKB 「誕生日やのに帰らんでええんでっか?」


と言った気遣いができる状況ではなさそうだ。


TKB 「痛たたたた!ちょっとこっち持っててや!」

メタリコ 「は、はい、すみません」


・・・ということで、素晴らしい誕生日になりました(笑
TKB、今日もありがとうございました<(_ _)>





☆1/1~15に聴いたアルバム

1) イーグルス 「Desperado」
2) クイーン 「News Of The World」
3) グロリア・エステファン 「Mi Tierra」
4) シカゴ 「Greatest Hits 1982-1990」
5) ジャーニー 「Greatest Hits」
6) ジューダス・プリースト 「Screaming For Vengeance」
7) シンプル・マインズ 「Once Upon A Time」
8) デビー・ギブソン 「Out Of The Blue」
9) ブルース・スプリングスティーン 「The Ties That Bind」
10) ボストン 「Third Stage」
11) マイク+ザ・メカニクス 「Mike + The Mechanics」
12) リチャード・マークス 「Richard Marx」
13) 筋肉少女帯 「SISTER STRAWBERRY」
14) 松田聖子 「80's Hits Collection」
15) エアロスミス 「Get A Grip」
16) ポイズン 「Open Up And Say … Ahh !」
17) マイケル・ジャクソン 「Bad」
18) ロクセット 「Look Sharp !」
19) ワン・チャン 「Mosaic」
Posted at 2017/01/15 23:15:41 | コメント(8) | トラックバック(0) | オーディオ | クルマ
2017年01月04日 イイね!
MTLC 2017グロリア・エステファン 「Mi Tierra」 1993年

年末に喜喜さんに聴かせて頂き購入。
曲も音質も素晴らしい♪

年始は、TKB工房でネットワーク弄ったりAKGに初参加したりとまったり過ごしました。



今年のカーオーディオは原点に帰ってシンプルにしたい、という思いがふつふつと(汗

今でも2chアンプ1枚の2wayというシンプルなものですが、もっとこう、ディーラーオプションの純正デッキと純正スピーカーで、みたいな感じで。

・・・と、思いつきで言ってみました(笑)

今年も適当に勝手気ままに楽しみたいと思いますので、お付き合いいただける方はよろしくお願いいたします<(_ _)>





41年前の曲。途中、「東京」という歌詞が出てきますが、オリジナルはメキシコ。

2017年の最初はこの曲を聴こうと、中学生のときから決めてました(笑)


☆1/1~4に聴いたアルバム

1) グロリア・エステファン 「Mi Tierra」
2) ジョン・メレンキャンプ 「Big Daddy」
3) ビリー・ジョエル 「Turnstiles」
4) プリティ・メイズ 「Sin-Decade」
5) ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ 「Scenes From The South Side」
6) ポール・サイモン 「Graceland」
7) マライア・キャリー 「Music Box」
8) メタリカ 「Hardwired To Self-Destruct」
9) ライオネル・リッチー 「Dancing On The Ceiling」
10) レインボー 「Rising」
11) R.E.M. 「Green」
Posted at 2017/01/04 19:19:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | CD | 音楽/映画/テレビ
2016年12月31日 イイね!
2016年を振り返る昨日は喜喜さんのライブに行ってきました。

他のバンドのドラマーが来ない!ということで、最初からいきなり3連続で登場。

喜喜迫る、とはこのことでしょうかw




さすが「茅ヶ崎のサイモン・フィリップス」と言われるだけあって、ノーリハで知らない曲を合わせて行く様は、まさに圧巻。

ドラムだけはマイクを使わず生音。にも関わらず、タイトでキレのあるサウンドメイクは、メタリカのラーズ・ウーリッヒに聴かせてやりたいほどのスーパークオリティ。

問題作「St Anger」でラーズが出したかったのは、こういう音だったのでは?と終始考え込んでしまった。

終盤、ピンク・フロイドの"Time"が始まる前、ボーカルが「練習してないし知らない曲だから」と下がったところで、「オレの出番か」と最前列でスタンバイしたものの、別のバンドのボーカルが出てきたので譲ることにw
風邪気味だったし(汗

ほんと楽しい時間でした。学生時代、京都のいろんなライブハウスに通い詰めてた頃を思い出しました。


さて、今年もカヲデを中心に一年を振り返ってみたいと思います。

2010年版 2011年版 2012年版 2013年版 2014年版
2015年版


今年は充実した一年で
・10年ぶりの別体TW設置&ホーンTWを2セット購入。
・ドアスピーカー新調
・別体DAC導入➡オペアンプ交換➡8255に戻す
・ZR360&DRX9255の改造
・ネットワークにオイルコン導入
等々、変化も大きかったです。

◆CD編
1年で聴いたアルバム枚数・・・304枚 ※過去最高
1年で聴いたアーティスト数・・・171組 ※過去最高
1年で聴いたアルバム回数・・・471回 ※過去最高
1年で購入したCD枚数・・・64枚  ※過去最高
1年で1番聴いたアルバム・・・アイアン・メイデン「Powerslave」、メタリカ「...And Justice For All」、ライオット「Thundersteel」で各6回
1年で1番聴いたアーティスト・・・メタリカで30回

前半はライオット、中盤はメイデン、後半は80's女性ポップスをよく聴いてました。メタリカは年間通じてコンスタントに。こんなに聴いたのは久しぶりです。

◆弄り編
1年でドア内張りを外した回数・・・2回
1年でアンプを交換した回数・・・4回
1年でヘッドを交換した回数・・・3回
1年でスピーカーを交換した回数・・・2回
1年でネットワークを交換した回数・・・10回ぐらい?

9月ぐらいまではネットワーク弄りばかりやってたような。

◆オフ会編
1年でカヲデオフに参加した回数・・・43回(KCA11回、アングラ11回、ICA3回、筑波9回、他9回)
1年でカヲデ呑み会に参加した回数・・・7回
1年でTKB工房に行った回数・・・50回

これからTKB工房に行くので、それ入れると51回ですな(汗
それと今年からKCAの管理人になりました。

ということで皆様、今年もお世話になりました。
来年もKCAともども、宜しくお願いします。





☆2016年に聴いたアルバム

1) アイアン・メイデン 「Iron Maiden」
2) アイアン・メイデン 「Killers」
3) アイアン・メイデン 「The Number Of The Beast」
4) アイアン・メイデン 「Piece Of Mind」
5) アイアン・メイデン 「Fear Of The Dark」
6) アイアン・メイデン 「Seventh Son Of A Seventh Son」
7) アイアン・メイデン 「Powerslave」
8) アヴェンジド・セブンフォールド 「Nightmare」
9) アウトフィールド 「Play Deep」
10) アニタ・ベイカー 「Rapture」
11) アングラ 「Angels Cry」
12) アンスラックス 「The Big 4」
13) イーグルス 「Eagles」
14) イーグルス 「One Of These Nights」
15) イーグルス 「The Long Run」
16) イーグルス 「Desperado」
17) イーグルス 「Hotel California」
18) イーグルス 「On The Border」
19) インエクセス 「Kick」
20) インエクセス 「The Years 1979-1997」
21) ヴァン・ヘイレン 「1984」
22) ヴァン・ヘイレン 「Van Halen II」
23) ヴァン・ヘイレン 「Fair Warning」
24) ヴァン・ヘイレン 「5150」
25) エアロスミス 「Toys In The Attic」
26) エアロスミス 「Pump」
27) エイジア 「Alpha」
28) エイジア 「Astra」
29) エイジア 「Asia」
30) エクストリーム 「Pornograffitti」
31) オアシス 「Morning Glory」
32) カーズ 「The Cars」
33) カーズ 「Candy-O」
34) カーズ 「Shake It Up」
35) カーズ 「Door To Door」
36) カーズ 「Greatest Hits」
37) カーズ 「Panorama」
38) カーズ 「Heartbeat City」
39) ガース・ブルックス 「Garth Brooks」
40) カーラ・グラインジャー 「Shiver & Sigh」
41) カイリー・ミノーグ 「Kylie」
42) カルチャー・クラブ 「Colour By Numbers」
43) カルチャー・クラブ 「Kissing To Be Clever」
44) ガンズ&ローゼズ 「Appetite For Destruction」
45) ガンマ・レイ 「Somehere Out In Space」
46) ガンマ・レイ 「Land Of The Free」
47) キャロル・キング 「Tapestry」
48) キングダム・カム 「Kingdom Come」
49) グー・グー・ドールズ 「Dizzy Up The Girl」
50) クール&ザ・ギャング 「Gold」(Disc-2)
51) クイーン 「News Of The World」
52) クラウデッド・ハウス 「Crowded House」
53) クラッシュ 「London Calling」
54) グリーン・デイ 「Revolution Radio」
55) クリス・レア 「On The Beach」
56) サバイバー 「Vital Signs」
57) サバイバー 「When Seconds Count」
58) ジェニファー・ウォーンズ 「The Hunter」
59) ジェネシス 「Invisible Touch」
60) ジェフ・ベック 「Loud Hailer」
61) シカゴ 「Night & Day」
62) シカゴ 「Chicago IX」
63) シカゴ 「17」
64) シカゴ 「19」
65) ジノ・ヴァネリ 「Brother To Brother」
66) シャーデー 「Promise」
67) ジャーニー 「Greatest Hits」
68) ジャミロクワイ 「Travelling Without Moving」
69) ジャミロクワイ 「Space Cowboy」
70) ジャネット・ジャクソン 「Control」
71) ジューダス・プリースト 「Painkiller」
72) ジューダス・プリースト 「Killing Machine」
73) ジューダス・プリースト 「British Steel」
74) ジューダス・プリースト 「Defender Of The Faith」
75) ジョン・フォガティ 「Centerfield」
76) ジョン・メレンキャンプ 「Uh-Huh」
77) ジョン・メレンキャンプ 「Scarecrow」
78) ジョン・メレンキャンプ 「Lonesome Jubilee」
79) シンディ・ローパー 「True Colors」
80) シンディ・ローパー 「She's So Unusual」
81) シンプル・マインズ 「Once Upon A Time」
82) スキッド・ロウ 「Slave To The Grind」
83) スコーピオンズ 「Love At First Sting」
84) スコーピオンズ 「Return To Forever」
85) スコーピオンズ 「Vergin Killer」
86) スターシップ 「No Protection」
87) スターシップ 「Knee Deep In The Hoopla」
88) スティーヴ・ウィンウッド 「Roll With It」
89) スティービー・ワンダー 「In Square Circle」
90) スティールハート 「Steelheart」
91) スティング 「The Dream Of The Blue Turtles」
92) スティング 「...Nothing Like The Sun」
93) スパンダー・バレエ 「True」
94) ソニー・クラーク 「Cool Struttin'」
95) ダイアー・ストレイツ 「Brothers In Arms」
96) ダムン・ヤンキース 「Damn Yankees」
97) チープ・トリック 「Lap Of Luxuary」
98) チープ・トリック 「At Budokan」
99) チルドレン・オブ・ボドム 「Hate Crew Deathroll」
100) ディープ・パープル 「Burn」
101) ディープ・パープル 「The Very Best Of Deep Purple」
102) ディープ・パープル 「Made In Japan」
103) ティアーズ・フォー・フィアーズ 「Tears Roll Down」
104) デイヴィッド・リー・ロス 「The Best」
105) ディオ 「Holy Diver」
106) ディスターブド 「The Sickness」
107) ディスターブド 「Immortalized」
108) ティファニー 「Tiffany」
109) テイラー・スウィフト 「Red」
110) デヴィッド・ボウイ 「Ziggy Stardust」
111) デビー・ギブソン 「Out Of The Blue」
112) デフ・レパード 「Vault」
113) デフ・レパード 「Mirror Ball Live & More」
114) デフ・レパード 「Adrenarize」
115) デフ・レパード 「Pyromania」
116) デフ・レパード 「Hysteria」
117) デュラン・デュラン 「Duran Duran」
118) デュラン・デュラン 「Seven & The Ragged Tiger」
119) デュラン・デュラン 「Rio」
120) ドゥービー・ブラザーズ 「Listen To The Music」
121) ドラゴンフォース 「Ultra Beatdown」
122) ドリーム・シアター 「Images And Words」
123) ドン・ヘンリー 「Actual Miles」
124) トンプソン・ツインズ 「Into The Gap」
125) ナイト・レンジャー 「Greatest Hits」
126) ニック・カーショウ 「To Be Frank」
127) ニルヴァーナ 「Nevermind」
128) ネームズ 「Swimming」
129) ハート 「Heart」
130) バウハウス 「1979 - 1983」
131) バウハウス 「Press The Eject And Give Me The Tape」
132) パワー・ステーション 「The Power Station」
133) ハロウィン 「Keeper Of The Seven Keys, Part 1」
134) ハロウィン 「Keeper Of The Seven Keys, Part 2」
135) パンテラ 「Cowboys From Hell」
136) ビースティ・ボーイズ 「Lisence To Ill」
137) ピーター・ガブリエル 「So」
138) ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「Picture This」
139) ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「Sports」
140) ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「Fore !」
141) ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「Live Sports」
142) ビリー・オーシャン 「Love Zone」
143) ビリー・オーシャン 「Suddenly」
144) ビリー・ジョエル 「The Stranger」
145) ビリー・ジョエル 「Glass Houses」
146) ビリー・ジョエル 「Turnstiles」
147) ビリー・ジョエル 「An Innocent Man」
148) ビリー・ジョエル 「Songs In The Attic」
149) ビリー・ジョエル 「The Nylon Curtain」
150) フーターズ 「Nervous Nights」
151) ファイヤーハウス 「Firehouse」
152) フィル・コリンズ 「Serious Hits...Live」
153) フィル・コリンズ 「…But Seriously」
154) フィル・コリンズ 「Both Sides」
155) フィル・コリンズ 「No Jacket Required」
156) フォリナー 「Best」
157) ブライアン・アダムス 「Reckless」
158) ブライアン・アダムス 「MTV Unplugged」
159) ブライアン・アダムス 「Waking Up The Neighbours」
160) ブラック・サバス 「Heaven And Hell」
161) プリンス 「The Hits 1 & 2」
162) プリンス 「Parade」
163) プリンス 「1999」
164) プリンス 「Around The World In A Day」
165) プリンス 「Batman」
166) ブルース・スプリングスティーン 「Darkness On The Edge Of Town」
167) ブルース・スプリングスティーン 「Greetings From Asbury Park, N.J.」
168) ブルース・スプリングスティーン 「The River」
169) ブルース・スプリングスティーン 「The River Outtakes」
170) ブルース・スプリングスティーン 「The Ties That Bind」
171) ブルース・スプリングスティーン 「Born To Run」
172) ブルース・スプリングスティーン 「Born In The U.S.A.」
173) ブルース・スプリングスティーン 「Live/1975-1985」
174) ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ 「Scenes From The South Side」
175) ブルース・ホーンスビー&ザ・レインジ 「The Way It Is」
176) ブルー・マーダー 「Blue Murder」
177) ペット・ショップ・ボーイズ 「Please」
178) べリンダ・カーライル 「Heaven On Earth」
179) ポーラ・アブドゥール 「Forever Your Girl」
180) ホール&オーツ 「Voices」
181) ホール&オーツ 「Private Eyes」
182) ホール&オーツ 「Big Bam Boom」
183) ホール&オーツ 「Playlist : The Very Best」
184) ホール&オーツ 「H2O」
185) ホール&オーツ 「Live At The Troubadour」
186) ポール・ヤング 「The Secret Of Association」
187) ボストン 「Boston」
188) ボストン 「Don't Look Back」
189) ボストン 「Third Stage」
190) ポリス 「Ghost In The Machine」
191) ポリス 「銭やった 揉んだった」
192) ポリス 「Regatta De Blanc」
193) ポリス 「Synchronicity」
194) ポリス 「Outlandos D'amour」
195) ホワイトスネイク 「1987」
196) ボン・ジョヴィ 「Slippery When Wet」
197) ボン・ジョヴィ 「Have A Nice Day」
198) ボン・ジョヴィ 「New Jersey」
199) マイアミ・サウンド・マシーン 「Primitive Love」
200) マイアミ・サウンド・マシーン 「Let It Loose」
201) マイク+ザ・メカニクス 「Mike + The Mechanics」
202) マイケル・ジャクソン 「Bad」
203) マイケル・ジャクソン 「Off The Wall」
204) マドンナ 「Madonna」
205) マドンナ 「Like A Prayer」
206) メタリカ 「Grarage Inc.」
207) メタリカ 「Ride The Lightning」
208) メタリカ 「Load」
209) メタリカ 「Kill' Em All」
210) メタリカ 「...And Justice For All」
211) メタリカ 「Master Of Puppets」
212) メタリカ 「Metallica」
213) メタリカ 「Hardwired To Self-Destruct」
214) メタリカ 「Death Magnetic」
215) モトリー・クルー 「Dr. Feelgood」
216) ユーリズミックス 「Be Yourself Tonight」
217) ヨーロッパ 「The Final Countdown」
218) ライオット 「Thundersteel」
219) ライオネル・リチ男 「Can't Slow Down」
220) ラヴァーボーイ 「Classics」
221) ラット 「Out Of The Cellars」
222) ラブ&ロケッツ 「Love And Rockets」
223) ラモーンズ 「Ramones」
224) リー・リトナー 「A Twist Of Marley」
225) リチャード・マークス 「Richard Marx」
226) リック・アストリー 「Whenever You Need Somebody」
227) リック・スプリングフィールド 「The Best Of」
228) リンダ・ロンシュタット 「Living In The U.S.A.」
229) レイジ・アゲインスト・マシーン 「Rage Against The Machine」
230) レインボー 「Rising」
231) レストレス・ハート 「Wheels」
232) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「By The Way」
233) レディ・ガガ 「Joanne」
234) ロキシー・ミュージック 「Fresh + Blood」
235) ロクセット 「Look Sharp !」
236) ロッド・スチュワート 「Atlantic Crossing」
237) ロバート・パーマー 「Heavy Nova」
238) ロバート・パーマー 「Roptide」
239) ロバート・パーマー 「Addictions Vol. 1」
240) ロバート・パーマー 「Addictions Vol. 2」
241) ワン・チャン 「Mosaic」
242) AC/DC 「High Voltage」
243) GRPオールスター 「All Blues」
244) KISS 「Alive !」
245) MR. BIG 「MR. BIG」
246) R.E.M. 「Document」
247) R.E.M. .「Life's Rich Pagent」
248) R.E.M. 「Automatic For The People」
249) REOスピードワゴン 「Wheels Are Turnin'」
250) REOスピードワゴン 「Hi Infedility」
251) REOスピードワゴン 「You Can Tune A Piano, But You Can't Tuna Fish」
252) TOTO 「Hydra」
253) TOTO 「Ⅳ」
254) TOTO 「Live At Poland」
255) TOTO 「Turn Back」
256) TOTO 「The Seventh One」
257) U2 「The Joshua Tree」
258) U2 「Achtung Baby」
259) XTC 「Oranges & Lemons」
260) ZZトップ 「Afterburner」
261) ZZトップ 「Eliminater」
262) ZZトップ 「Tres Hombres」
263) ZZトップ 「Recycler」
264) ZZトップ 「Deguello」
265) ZZトップ 「Rio Grande Mud」
266) ZZトップ 「Rethmeen」
267) 38スペシャル 「The Very Best Of The A&M Years (1977-1988)」
268) 絢香 「Ayaka's History 2006-2009」
269) 宇多田ヒカル 「First Love」
270) 宇多田ヒカル 「Fantome」
271) Every Little Thing 「Every Best Single+3」
272) 尾崎豊 「十七歳の地図」
273) 金澤英明 「Bass Perspective」
274) 筋肉少女帯 「筋少の大車輪」
275) 筋肉少女帯 「SISTER STRAWBERRY」
276) 筋肉少女帯 「月光蟲」
277) 筋肉少女帯 「断罪!断罪!また断罪!!」
278) 工藤静香 「20th Anniversary Best」
279) 久保田利伸 「The BADDEST」
280) クリエイション 「Resurrection」
281) クレイジー・ケン・バンド 「Oldies But Goodies」
282) ゴンチチ 「BEST」
283) コンプレックス 「COMPLEX」
284) コンプレックス 「ROMANTIC 1990」
285) 柴田淳 「しばづくし」
286) SEKAI NO OWARI 「Tree」
287) 寺井尚子 「Jealousy」
288) 寺井尚子 「Dreamdancing」
289) 人間椅子 「傑作選」
290) プリンセス・プリンセス 「SINGLES 1987-1992」
291) BABYMETAL 「Metal Resistance」
292) BOφWY 「THIS BOφWY」
293) 松田聖子 「80's Hits Collection」
294) hiromitsu 「6 on 224」
295) B'z 「Best」
296) SHOGUN 「ローテーション」
297) Superfly 「Super Best」
298) パフューム 「GAME」
299) パフューム 「⊿」
300) パフューム 「JPN」
301) パフューム 「COSMIC EXPLORER」
302) 山口百恵 「GOLDEN☆BEST」
303) レベッカ 「The Best Of Dreams」
304) 和楽器バンド 「八奏絵巻」
Posted at 2016/12/31 10:20:04 | コメント(14) | トラックバック(1) | オーディオ | クルマ
プロフィール
「[整備] #フィットRS オーディオ用ヒューズ取付&モア@TKB工房 http://minkara.carview.co.jp/userid/488433/car/1793172/4080763/note.aspx
何シテル?   01/22 19:55
音楽を聴きながらドライブして日帰り温泉に行くのが好きです。 カーオーディオも好きですが、手軽に楽しんでます。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
DRX-9255 電源線他 取替 (・ω・)♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/20 19:31:57
ナビ装着用S.パッケージにPioneer製品を取り付けるには(地デジアンテナ その1) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/01 21:43:18
デジタル出力対応ヘッドユニットまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/31 22:01:47
お友達
絡みのない方や更新のない方は勝手に削除しますのであしからず。
137 人のお友達がいます
楽音(たのん)♪楽音(たのん)♪ * 横浜支店横浜支店 *
ふじっこパパふじっこパパ * CooたろうCooたろう *
TAKATAKA * グランツ@兵庫グランツ@兵庫 *
ファン
80 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ フィット(RS) 霧隠才蔵 (ホンダ フィット(RS))
2014.10.04納車。インプレは徐々に。 ■2014.10.08追記 納車されてか ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
①給排気  ・Zowieオリジナルエキマニ  ・Zowieオリジナルセンターパイプ  ・ ...
スバル インプレッサS-GT/GT メタリカ~ノ♪ (スバル インプレッサS-GT/GT)
インプレッサS-GTの5MTです。 静かで乗り心地も良く燃費も立派なエコカーです。 家族 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.