• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

コータロのブログ一覧

2017年06月15日 イイね!

ダウンサスも

アイという車のサスペンションスプリングを短いものに交換した車両を、

運転させていただいたことがあります。

もう何年も前のことです。

その車両はNA 2WD

ボディカラーが黒だったので前期後期は判別できませんが、



たしか6万キロほど走行の車両。

ショックは無交換。 サスペンションスプリングのみ、社外のダウンサスに交換されていました。

試乗させてもらい、近所をグルグル回ってみました。

低速ではとにかくゴツゴツしました。

ああ、ショック抜けてるなと感じました。

軽トラと同じでした。

ですが、直線を時速50キロを超えるほどの速度になると、

いきなりびたーっと路面に吸い付くように、接地感が急激に高まるといいますか、

低速でガツガツしていたのに、なぜ時速50キロを越えた瞬間にフィーリングが激変したのか、

何かが満たされたのを、驚きの印象で記憶しています。







その直後、我がアイ坊に乗り換えて、

4WDなので小回りも効かないし遅いしクイックさもないけれど、ノーマルスプリングでもまあいいかなと思いました。

今、フロントサスペンションからはスタビ完全撤去、

リアサスペンションはスプリングもショックも延長。

得られたものは おそらく現存の三菱アイ、アイミーブを含む

でこぼこ道での最高のフラット感、乗り心地。


捨てたものは、おそらく現存の三菱アイ、アイミーブを含む、

コーナリング中の安定感だと思います。





なにせ、今の我が家のアイはコーナリングでのロールが大きいです。

フロントより、リアのロールが大きいです。

逆に言うならば、リアのロールを感じるほどの速度域でのコーナリングをしないという条件ならば、

我が家のアイは今、至高の状態だと思います。

先回の記事でも申しましたが、

えらそうに至高などと言ってますが、持ち主が変態ですから、そういう意味で、

一枚フィルターを通して、読んでいただければ幸いです。









そのうち、一昔前のプジョーなどで、

猫足サスペンションとはどういったものなのか、

体験してみたいなと思っております。
Posted at 2017/06/15 20:53:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月13日 イイね!

一部の変態

僕の周りの、社会的地位の高いかたの愛車を見ていると、

日本製高級車、ドイツ製高級車、ドイツ製スポーツカーがとにかく多いです。

で、その中でも走りに拘りあるお若いかたは、とにかく車高が低いです。



すごいなあと日々思います。

真似したいという気持ちに、あんまりならないです。

こちらみんからでのパーツレビューの足回りのコーナーを見ると、

とにかくダウンサスのレビューが多い。

たとえばアイに乗っていて、車高を上げている方というと、ほんの一握りしかお見かけしません。





僕は相当な異端児か、変態なのかと、相対的に感じるのです。

今日、昼休みにエンジンオイルの交換をしたついでに、アイミーブのリアスプリングを見たら、

全くバンプタッチしていなくて、ちょっと嬉しかったんです。

でも、スプリングが長くなってショックはそのままだったのですが、そこにブラケットを追加してショックを延長したら劇的に乗り心地が改善したので、

ブラケットをつけるまではショックがしょっちゅう伸び切って、その衝撃をゴツゴツと感じていたのだと確信しました。

今は伸び側も縮み側もストロークはとんでもなく確保されて、

しかもフロントのスタビもなく、

とんでもなくロールが大きい状態です。



他のアイ乗りの皆様に乗っていただき、お叱りが欲しいほどのレベルに達しています。

空力で安定感を改善しようと妄想しています。

ですが雪国ですので、床下に飛び出るようなものもまた、NGです。






ふふふふふ
Posted at 2017/06/13 19:30:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月27日 イイね!

グッバイ スタビライザー

グッバイ スタビライザーフロントサスペンション左右をつなぐ、スタビライザーを完全撤去しました。

取り回しが複雑すぎたので、思い切って切断しました。

もう、廃車までスタビライザーとは無縁でしょう。




スタビがなくなったことによってロールは増しましたがそれでも街中程度では1割増し。

もともと重量物のエンジンが前にないことでフロントエンジン車よりもフロントのロールは少なくすみました。

高速でのレーンチェンジが唯一のデメリットですが、そこは空力処理でいくらかカバーされています。




もともと三菱アイが持つ長大なホイールベースによって得られる抜群のフラット感、

フロントにエンジンがないことによって得られた、オフセット配置されたフロントストラットサスペンションのフリクションの少ないスムーズなストローク、

スタビフリーによる完全独立懸架。


得たものは、いかなるデコボコをもフラットにヌルヌルいなす、極上の乗り心地。

時速60キロ程度でのハイペースのコーナリングでは、まず外輪を優雅に沈めてワンテンポ遅れて曲がり始めます。

以後はそういう乗り方に切り替えていかねばなりません。




フロントエンジン車のかたには到底お勧めできません。

2駆アイのかたにも難ありです。

4駆アイで、しかも一握りの変態・マニア・猫足オタクのかたがたへ、





この記事を贈ります。
Posted at 2017/05/27 15:35:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月18日 イイね!

アイ燃費

NAからターボになって、何回かガソリンを補給しました。

ターボ4wdで1050kgと、アイミーブなみに重い我が家のアイ坊ですが、市街地走行で夏タイヤ、リッター15あたりです。
ただし流れに乗るために踏むところはしっかり踏んで走りながら、でも無闇な急加速をせずにという条件です。

NA時代でも15でした。
NAはちょっと変わっていて、市街地で燃費走行しても燃費は向上せず、むしろガンガン踏んで高回転を使っていても15を出してくれたので、
マニアックだったなと今では思います。



高速道路での燃費が市街地ほど良くないのがまたまた面白くて、NAは15は出しますが、ターボは13程度と逆転します。

これほどトルクがあるのなら、もう一枚ギアがあってもと思います。





故障らしい故障も無く68000キロを走った
NAエンジンは倉庫で埃をかぶっています。

最初からアイターボを買ったら、こんないろんな楽しみは無かったでしょう。最初にNAアイを買い、途中でターボ化という回り道をしたからこそ、こんな風に比較できたんだと思うことにしています。

もう廃車までこのNAエンジンの出番はないでしょう。
でも、捨てようという気にな・・・・
Posted at 2017/05/18 06:10:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月17日 イイね!

スプリング買いました

アイミーブのリアスプリングを買いました。

それをアイに履かせて車高アップさせます。

時間があるとき、両方を並べていろいろ計ってみようと思います。
Posted at 2017/05/17 19:41:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@第九のげんさん 今、こちらのアイはスプリングの自由長を伸ばしたので1G状態のラテラルロッドの角度が変化して、左右トレッドが変化しています。ですが日々の運転では全く違和感はありませんので、逆に言えばラテラルロッドは負荷のかかる部品ではないと感じます。ぜひやってください。」
何シテル?   06/19 21:45
2000cc直列6気筒FRから 660cc直列3気筒MRへダウンサイジング。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

愛車GPが無事に終了しました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/03/25 19:13:29
HKS リヤバンパー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/11/02 05:34:31

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アイ レッドアイ (三菱 アイ)
軽自動車でありながら、軽自動車離れしたのびのびとした作り。 運転が楽ちんですねぇ。
ホンダ フィット ホンダ フィット
ハードな乗り心地で有名な初期型フィットです。 高剛性ボディと余計な制御をしていないシン ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
僕の工作好きは、この車があってこそでした。 コンパクトなサイズに大人5人を乗せ、ブ厚いス ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
キュートでどこか抜けてる表情のなかに、 広大な空間とかゆいところまで手が届くユーティリテ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.