• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月16日

パイオニア・ゼファー(Pioneer Zephyr)と映画『Silver Streak』(1934年)

パイオニア・ゼファー(Pioneer Zephyr)と映画『Silver Streak』(1934年) ※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用



いつの頃だろう・・・鉄道雑誌の記事からか、それともTV番組からか、その列車を知ったのは・・・

流線型が流行りだした1930年代、流線型だけで無く、すでにステンレス製車体の銀白色に輝く列車、
パイオニア・ゼファー(Pioneer Zephyr)が、私にとって『気になる列車』の一つであった。


※2006年03月12日 トヨタ博物館にて

先頭車両が流線型であるだけでなく、最後尾車両も流線型の『密閉式展望車』である所もポイントが高い。

窓が嵌め殺しであることから、エアコンもすでに装備されているみたい。

さすが当時の最先進国、アメリカ合衆国らしい・・・

まあ、子供の頃の私の率直な感想としては、こんな昔にもうステンレス製車体の列車が走っていたんだなぁ~・・・という驚きでしたよ・・・

実は・・・小学生時代のある時期、『流線型時代』に憧れを持っていましたので、パイオニア・ゼファーを好きになったのもその現れだったと思う。

では、パイオニア・ゼファー(Pioneer Zephyr)について・・・


『引用という名の手抜き』で・・・(^_^;)
※Wikipediaより引用

パイオニア・ゼファー
パイオニア・ゼファー(Pioneer Zephyr)とは、かつてアメリカ合衆国で一世を風靡した流線型の高速列車である。

概要
蒸気機関車がまだ主流の時代、スマートなディーゼル動力・ステンレス製の車体は先進的で、乗用車の普及性能向上により当時既に徐々に衰退しつつあった、米国の鉄道旅客輸送に希望を与える物であった。
ステンレス製の車体は1934年に シカゴ・バーリントン・クインシー鉄道(Chicago, Burlington and Quincy Railroad 略称CB&Q)向けに製造された。ゼファー(Zephyr)と名づけられ、旅客輸送の宣伝に一役買った。台車が車体と車体の間にある、いわゆる連接台車方式でもある。
製造工程では軽量化の為、ステンレス鋼の接合に当時としては革新的なスポット溶接を使用していた。

歴史
1934年5月26日:コロラド州デンバー・イリノイ州シカゴ間の1,633kmを、無停車により13時間5分で走破した。平均速度124km/hという記録が樹立され、区間最高速度は181km/hに達した。アメリカにおける速度記録は時速185kmとなり、「Silver Streak」と呼ばれた。
1934年11月11日:ミズーリ州カンザスシティ・ネブラスカ州オマハ/リンカーン間において営業運転を始めた。1960年まで他の路線等で運行され、シカゴ科学産業博物館に寄付され、展示されている。車両は当初の米国の鉄道の黄金期の流線型の形態に復元されている。

登場の背景
1930年代、米国は世界恐慌の影響で企業は資金繰りに苦しみ、貨物輸送が減っていて人々の購買力も落ちていて遠距離の旅行は控える傾向にあった。たとえ彼らに旅行する為のお金があっても、旅客輸送に用いられる機器は19世紀半ばから殆ど進歩していなかった。
鉄道会社は大衆の旅行に新しい時代が到来した事を訴えかける画期的な手段を必要としていた。
グレート・ノーザン鉄道で機関車牽引によるパイオニア・ゼファー・ワンは再び、大衆が旅行に関心を持つ事を意図して投入された。社長のバッドにとって列車を名づける事はとても重要な作業だった。彼はZで始まる名前を求めていた。なぜなら旅客輸送において文字通り"最終"だったからだ。バッドと従業員達は辞書から最後の語を探し、候補に上がった。いくつかの候補の中で"ゼファー"はバッドの思い描く列車のイメージにぴったりだった。
1932年、ラルフ・バッドは自動車用の鋼材会社であるバッド社の創業者であり、社長であるエドワード・G・バッド(親戚ではない)に会った。エドワード・バッドはステンレス製の気動車の試作品を実演した。ステンレス鋼は従来の木や圧延鋼に対して、軽量で無塗装でも錆びる心配が無いなど従来の素材に比べ多大な利点がある事が判明した。
問題は如何にして車体を製造するかだった。どちらの会社にもこれまでに鉄道の車体をステンレス鋼で生産した経験は無かった。それまで通常の鋼材ではリベットで接合していたが、ステンレス鋼では大電流を流してスポット溶接する事で解決した。
外観は航空機技術者出身者だったアルバート・ガードナー・ディーンが設計し、彼の兄にあたるウォルター・ディーンがデザインした。最初のゼファーはバッド社で1934年4月9日に完成した。8気筒、600馬力(447kW)で, ウィントン社の8-201-A型ディーゼルエンジンを搭載していた。

保存について
シカゴ科学産業博物館では1994年まで外に置かれていた。イリノイ鉄道博物館に寄贈されたSanta Fe #2903蒸気機関車と入れ替えられて屋内に展示されている。

模型について
米国の鉄道史に於いて燦然と輝く一時代を築いたゼファーは多くの会社から模型化されている。


※引用終わり

保存中のパイオニア・ゼファー

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

展望室部分

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

イリノイ州East Dubuqueに到着するバーリントンゼファー

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

シカゴのユニオン駅に到着したバーリントンゼファー

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

This "drumhead" logo originally adorned the end of the observation car on the Pioneer Zephyr.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

The engine in the Pioneer Zephyr

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

Pioneer Zephyr cab with controls

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

The RPO section of the Pioneer Zephyr

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

Cigarette ad showing the train and describing the run in 1934.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

The passengers, including "Zeph" the burro, that rode the Zephyr on the "Dawn-to-Dusk Dash" gather for a group photo in front of the train after arriving in Chicago on May 26, 1934.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

Commemorative postal covers that were carried aboard the Pioneer Zephyr for its first revenue run, on November 11, 1934, and as it crossed the one million mile mark, on December 29, 1939.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

The observation car (rear) end of the Pioneer Zephyr as seen at the Chicago Museum of Science and Industry. Exterior projectors display moving images on the now frosted windows. Viewers inside the car see the rapid motion of passing landscapes and grade crossings and view simulated passengers displayed as talking animated mannequins.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

さて、一世を風靡したPioneer Zephyr・・・
デビュー間もない1934年、映画に『出演』!・・・
映画のタイトルは・・・『Silver Streak』・・・
このタイトルにピンと来ませんか?・・・
そう、1976年に放映された『大陸横断超特急』の原題でもありますよね・・・

関連性は不明ですが、映画『Silver Streak』(1934年)のWikipedia記事のリンクを張っておきます
こちら↓↓↓(※英語版です)

The Silver Streak

Poster for the 1934 film The Silver Streak. Renewal searches were done in both film and artwork for the years 1961 and 1962.

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

Film poster for The Silver Streak

※画像はWikipediaのパブリックドメイン画像を引用

ありがたいことに、YouTubeに映画『Silver Streak』(1934年)がアップされてますので、張っておきます。
ブログ一覧 | 鉄ちゃん通信&“旅と歴史” | 旅行/地域
Posted at 2017/09/16 05:14:24

イイね!0件



タグ

関連記事

愛車のレヴォーグ・・・『アプライド ...
ホームタウン急行(Express)さん

私が生まれた翌月に・・・ビートルズ ...
ホームタウン急行(Express)さん

(補足)フランス版『旅はパノラマ』 ...
ホームタウン急行(Express)さん

YS-11から約半世紀・・・祝 初 ...
ホームタウン急行(Express)さん

イタリア版『旅はパノラマ』・・・F ...
ホームタウン急行(Express)さん

寝ます♥
中日本鐵道さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「この頃の名鉄、7000系パノラマカー有り、岐阜市電有り・・・と一番いい時代でしたよ(涙)・・・(ふと、遠くを見る・・・) https://youtu.be/PWuZV0tT060
何シテル?   12/17 00:18
ハンドルネームはTVドラマ『鉄道公安官』のオープニング&エンディング曲だった、 サーカスの『ホームタウン急行(Express)』が由来です。 旧ハンドルネー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

こんな顔の列車で御坊を目指すことに…(´▽`)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/08/18 11:40:11
暇つぶしに……大府までキハ75で… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/05/25 18:13:44
カーくるブログ『ホームタウン急行(エクスプレス)の車窓から』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/09/02 22:03:32
 

お友達

気弱で内気でシャイで小心者で、僕から誘う事はありませんが、鉄道・旅・旧い建物等の近代化遺産・旧車・グルメ・犬の何れか好きな方、お誘いください・・・とは言え、我儘な要求ですみませんが、コメント等のやり取り無しでの『いきなりのお誘い』は拒否します!(汗)
先ずはコメントのやり取りからお願いしますね♪
65 人のお友達がいます
紅の猫紅の猫 * nonchan1967nonchan1967 *
中日本鐵道中日本鐵道 * しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD *
CHELLCHELL * 花人☆うなぎパイ花人☆うなぎパイ *

ファン

64 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ キハ588 (スバル レヴォーグ)
※画像は仮のものです・・・ 久々のボクサーエンジンにして、僕の歴代所有車の中では最大出 ...
ボルボ 240 ワゴン 赤い氷河特急 (ボルボ 240 ワゴン)
'93年式 240TACK Estate 1993年10月に新車で購入。 土日、休日しか ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
※画像は仮の物です VOLVO360GLEの次に購入。 レガシィツーリングワゴンですが ...
スズキ ジムニー 『グフ色』のジムニー (スズキ ジムニー)
通勤及び里山へ行く時に使用。 『純正オプション多数!』(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる