• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SiSのブログ一覧

2016年08月29日 イイね!

G6の写真とビデオ

G6の写真とビデオそれぞれお店とピースケ師匠から頂きました!m(_ _)m



↑れんしう



↑ほんばん1(同乗あり)



↑ほんばん2




まだ3本ともこうだと決まってる部分がなく、手探り感溢れてますね。

ベストは本番2本目ですが、恐らくは更に外周行き帰りのドタバタでコンマ5、9番ターンで1秒くらいは簡単に詰められるのではないかと。
そう考えるとまだまだ簡単に上げる余地がありそうです。

が、特設クラスや桶川のヘンタイな方々のタイムに迫るには更に詰める必要がありそうです。人も車も。

車の方は山のなくなったリアタイヤを交換しただけで色々手つかずなので、
まずは現状をよく知るところからですね~。
Posted at 2016/08/29 16:06:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2016年08月25日 イイね!

みんカラ真夏のDIYモニター大募集!【fcl】

※設問の文章を変更したり削除しないでください。

Q1. ご希望のバルブ形状は?

回答:HB4

Q2. fcl.のLEDヘッドライトは、どの車種に取付け予定ですか?

回答:マツダ ロードスター

※この記事は真夏のDIYモニター大募集! について書いています。

Posted at 2016/08/25 12:18:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2016年08月23日 イイね!

ことしもG6ご参加頂きありがとうございました!!

ことしもG6ご参加頂きありがとうございました!!お疲れモードで翌日熱出してぶっ倒れたひ弱なヤローは私です。

今年も何とかG6T2ラウンドも終わりました。
参加いただいた方にはオフィシャルの一員として改めてお礼申し上げます。

と同時に、計時面も含めいくつか不手際があり、申し訳ありませんでした。


今年は去年走りながらやる!作戦で出た問題を翌日中くらいまでにすぐに解決した状態
であったため、余裕を持って準備が出来たつもりでした。

ところが、朝準備を進めると何故か計時シートのマクロが動かない。
(配置したボタンがない!?)

色々探ってみるとどうも一度違う環境で編集してしまったのが原因で互換性が消し飛んだ模様。


…即、その場で去年のファイルベースで全部作り直しです。

正直練習走行には間に合わないんじゃないか、あるいはもうやりながら直すしかないかと思いながらも
何とかギリギリ練習走行開始時には動く状態まで持っていったのですが、
更にここで計時入力部隊を襲う謎のハプニング。

入力欄のテキストボックスの表示が選択の度に壊れていく怪奇現象…
去年と違うのはWindowsが10になっただけのはずなのですが…(怖

デザインモードにして1ピクセルでも動かせば直るので何台かに1回直してごまかしましたが、
来年もこれやるのは…古いExcel入れといても良いかもしれませんね。


…といったようなことが次々に起こり、結局実際に走る時間以外は殆ど小屋に引きこもり、休む余裕も無し。
自分が計時受け持つことになって以来、今までやってきた中で一番大変な大会となってしまいました。

ちょっと来年に向けて色々見なおさないと駄目ですね。
今年こそは万全だー!!と思ったのに…

最後の再出走問題やリザルト誤記もあって課題だらけとなってしまいました。ホントすみません…。



そんな感じだったので、走る方はかなりおざなりといいますか、もうスタートラインに着くだけで精一杯な感じでした。
慣熟歩行も朝1本歩いたのみで、他の人の走りも殆ど見れず終い。

自分がどう走ったかなんてぜーんぜん覚えてません。外周コーナリング楽しいなぁ~位w



まずいですよ!!


あ、2本目だけははっきりと覚えております。恐怖体験として。

なんかね、4番の270度を抜けようとした後で足下に落ちてきたんです。これが。





何これ?


ちょっと直線区間があったので下見てみましたが、走ってる最中じゃ全然分からず。

頼むから邪魔しないでくれよ~と願いつつ走るも、9番のサブロクに入る瞬間…
クラッチペダルの下に潜り込みやがりました。当然ペダル踏めずターンしっぱいorz。

まぁ、心底ブレーキじゃなくて良かった…と。


真面目にこれは何の部品なんだ?
場所と半円の経的に、ステアリング系のカバーか何かなんでしょうけど。
カバーなら要らないかな?


走る度に順調にタイムは上がっていたようですが、2本目は↑の発射トラブルもあったので、感触的にはもう少し行けたかなと。
3/4位でしたが、トップのH川さんはともかく2位のエリーゼは刺せたよなぁ、という点だけ心残りでした。

動画は某師匠が撮ってくれたという話がありますが…あるの?


ちなみにどちらもDLのβ02を履いていたので、H川さんにはロドでのβの感触とか聞いてみましたが、
もっとパワー喰われてしまうのかと思ってたけどそうでもなさそうで、ちょっと揺れちゃいますね。
よく考えたらPN1勢はパワー的に大差無いんだから、使えてもおかしくないか…。

…ロドの場合は基本履いていくしかないので難しいところですが。

来年何某かのシリーズを追うとしたら、考える必要があるかもしれません。


といった感じで、ロドの写真撮る暇も無くバタバタしてるだけであっという間に終わってしまいました。

帰りも246/東名共に混んでいたので足柄峠を選択したら、
Yahoo!ナビ様がご丁寧に以前通ったことのあるr365ではなく、クソ狭なr78を選択してくれやがりまして
しかもそれを動かすNexus7ちゃんもGPSをちゃんと拾ってくれなくて、道中現在地不明みたいなスリリングな形になってしまい、
実に心臓に悪い帰宅(結局1台も降りてこないので助かったけど、あんな道じゃそりゃ降りてこないわ…)になり…

そりゃつかれもするわと言う感じでした。

500本近く回した一昨年以来、久々に次やりたくねぇな…www、等と思ってしまう一日でした。
恐らくやるでしょうけど。

まぁでも来年はやっぱり計時専属じゃないと厳しいかなぁ。悩みどころです。
Posted at 2016/08/24 01:05:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | ジムカーナ | 日記
2016年08月20日 イイね!

あるべきもの

あるべきものフロントエンブレムなしでコゾーみたいな外見だったのを
ヤフオクで新品買って元通りに♪

…2000円オーバーの自己満足(´д`)

これで明日は万全です!!(ぇ
Posted at 2016/08/20 13:26:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年08月18日 イイね!

"愛車の形式と排気量、ちゃんと書けますか?" for GYM

今日はちょっぴり真面目なお話です。

G6の準備をしていて、今回は特に形式や排気量の記載ミスが多いことに気づきました。
形式、排気量のミスを合わせると50台ほど、今回のエントリー台数の3割以上です。

大半は排気量の記載ミスですが…(ざっと数えて45台なのでほぼ3人に1人は該当しています。

最も多いのは過給係数(ターボ、スーパーチャージャー搭載の場合は排気量に1.7をかける)のかけ忘れか、
あるいは元々の排気量を間違えての計算間違いでした。

あるクラスではかけ忘れまたは計算間違いで全員NGという凄いところも。

1.7かけることを理解していても、本来の排気量を正しく覚えてない場合は結局間違った値を申告してしまいます。


例えば、NBロードスターの場合、1.8Lのモデルは1800ccではありません。
BPエンジンの排気量は『1839cc』なので、1839でエントリーする必要があります。

うちのみたいに1.6L(B6エンジン)の場合は『1597cc』ですね。

いわゆる「エンジンの総排気量」とされるものが本来の正しい排気量です。

ジムカーナの主な車種で言えば…
・スイスポ(32):1586cc
・NDロド:1496cc
・86/BRZ:1998cc
・EG6/EK9:1595cc
・DC2:1797cc
・DC5/FD2:1998cc
・AP1:1998cc
・SW20:1998cc (ターボは*1.7で「3394.9」
・FD3S:1308cc (*1.7で「2223.6」
・~エボ9:1997cc (*1.7で「3394.9」
・エボ10:1998cc (*1.7で「3396.6」
・インプ:1994cc (*1.7で「3389.8」

といったところでしょうか。(同じ2.0Lの車でも全然違うでしょ?)


さて、困ったことにこの数字、車検証などの書類上は何処にも書かれていません。
基本的にはパンフレットや取扱説明書、現行販売車であればWebサイトの「諸元」か「主要諸元」などとあるはず。

※メーカーによっては社内外のプレートにエンジン形式と排気量が書いてあるかもしれません。


ちなみに、車検証は概算のリッター表示なのでアテにならんのですな。
(うちのNBの場合は『1.59L』となっているわけです)

なので間違って記憶したり、2Lだから2000ccだなと暗に考えてしまう方が多いのではないかと。


しかし、これが競技の場合は結構危ない橋だったりします。

実はG6は規則上、クラス内での排気量は見ていないらしいですが、
JAFの公認戦(県戦/チャンピオン戦/オールスター戦や全日本)や
シリーズ戦となっている草ジムカーナ(近場だと湘南ジムカーナとか)の多くでも、
規則上明確に、「セカンドタイムまで一緒だった場合は排気量の小さいもの」が上位、
というルールが明記されてます。

まぁ普通2本走って2本とも全く同タイムなんて事はあり得ないのが世の常であり、
現実にはほぼ問題にはならないのですが、もし実際に起きてしまったらどうなるでしょう?

誤って実際の値より大きく書いてしまえば自分が損をする可能性がありますし、
逆に小さく書いてしまえば虚偽申告と捉えられて最悪タイムが無効(失格)になってしまう可能性も…

特に、ジムカーナにおいては特定車種の切り分けのために細かい排気量を基準に
スイスポとシビックを別にするようにしたりしていますから、細かい値の違いも影響がでる場合があります。
(何年か前までのG6のFF1/FF2クラスの切り分けとか、まさにそうでした。


厳密に区切っている割に正確に把握する術が明示されていないのが悲しいところですが、
要らぬトラブルを引き起こしたりしないよう、正しい値は覚えておいて損は無いと思います。


で、じゃあ上記に乗っていない車種はどうやったら調べられるか?

一番良いのは新車販売時のカタログを入手することです。

特に、JAF戦などに出る方は共通規則で諸元を説明できる資料を常に携帯するということがルール化
されている場合がありますが、そういった場合にカタログがその証左になります。
(正確な諸元が大体載っているため

そんなの持ってないし今更入手できないよ、という方は正確な形式(GF-NB6Cとか、車検証に書かれているもの)を
グーグル先生に入力し、お伺いをたてると大抵はgoo-netとかの諸元のページが出てくるので、そこを見れば一発。

勿論、過給器付きは1.7をかけるのもお忘れ無く。
ちなみに、1.7をかけた数値は四捨五入の必要はありません。(結構これも勘違いしている人多いらしい)

メーカーが出しているわけではないですから絶対正しいとは言い切れませんが、普通は間違ってません。

JAF戦に出る方はJAFの登録ナンバーというものも別途記入する必要が生じますが、
それを確認するためのJAF登録車両一覧という資料にも排気量が載っています。

ただし、こちらに載っているのはあくまでJAFにモータースポーツに使う車両ですよとメーカーが登録した物だけ。
一覧にない車種はやはりグーグル先生に伺った方が早いです。


といった感じですが、ご自分の愛車の排気量、今まで知らなかった方はちゃんと把握出来ましたかね?

さぁ、正しい値を覚えて来年は修正ゼロ目標でお願いしますよ~!!
Posted at 2016/08/18 19:49:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「ことしもG6ご参加頂きありがとうございました!! http://cvw.jp/b/492535/38434521/
何シテル?   08/24 01:05
車を色々いじるならば見合う腕がほしい… そうやって始めたジムカーナにどっぷり浸かって7年目。 自分の車をきちんとコントロールできるようになったら卒業と思...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/8 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

二隻目も進水 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/28 15:20:36
番外編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/21 20:41:55
踏みッパ 
カテゴリ:練習会とか~♪
2009/04/23 01:53:03
 

お友達

車種・ジャンル問わず、お友達歓迎~(^0^)
学生の方、ジムカーナが大好きな方、そうでないけど気になる方なんでも結構ですよ。

一見さんもビビっと来たら気軽に押してみてくださいね!
57 人のお友達がいます
mikachumikachu * 元まぢょぼん元まぢょぼん *
yohei nishinoyohei nishino はやとはやと
ぶ~ちゃんインテぶ~ちゃんインテ いえんじんいえんじん

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター 銀の3号 (マツダ ロードスター)
新米ろどす太君。 2015年JMRC千葉東京ジムカーナシリーズNTR1クラスチャンピオ ...
ホンダ インテグラ 白の2号 (ホンダ インテグラ)
'09年2月よりの新しい相棒。 2013/12/8現在の詳細なスペック タイヤ    ...
ホンダ シビック 黒の1号 (ホンダ シビック)
'04年7月に購入し、'09年1月にエンジンブロー、同4月に廃車。 この車からはたくさ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる