• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月08日

R1Rの初期印象

関越へ行きしなに慣らしのつもりで履いていきました。
首都高の緩いカーブを曲がると素直についてきます。
センターリブがないため、リブ付きタイヤの独特な「リブを外れるとグリップ感が変わる」という感じがなく好感が持てました。
リブが無いからと言って直進性が悪い訳でもありません。



関越では、午前5本のうち4本目に履いてみました。
皮むきもせずいきなりの投入です。



スタートは、皮むきしていないけれどグリップが高いことを想定し、練習タイヤより1000回転以上高い7000回転で発進しましたが、いとも簡単にパワーを受け止め、スリップする気配すらありません。

1コーナーは、それまでにくーにー選手にご指導を頂いていた効果もありますが、簡単にクリアしていきます。早くもすごいグリップ感を示しました。

その後しばらくは、練習タイヤを上回るグリップ感を感じていたのですが、問題は後半に発覚。
後半にある、外周を大きく回る前のブレーキングで狙ったところで止まり切れません。
そして270度ターンの進入でも狙ったところで止まり切れません。
それもあってターンは後半グリップしてしまい2度引きをしてしまいました。
タイムは1.03.69。
次に練習タイヤの☆、FDに戻して出した本日ベストの1.03.63に肉薄するタイムでした。



パドックに戻ってタイヤを見て&触ってびっくり。
ブロックが無茶苦茶軟らかくなっています。指で押して動くくらい。
確かにこれでは狙ったところで止まれなかったのかも知れません。

ブロックの角は、良く見るようにめくれ始めています。メーカーが面取りをしておいてくれれば対策になるのになあ、と残念に思います。

ブロックの端っこにはタイヤカスがたくさん付いています。Sタイヤのタイヤカスを拾ったのかと思いましたが、何と自分のタイヤから生まれたタイヤカスとのこと。
たった1回の走行でこんなにタイヤが削れてしまったのかと愕然としました。




午後にmotokiさんが見学に来られ、午後5本走行のうち、ラスト3本をまたR1Rにしてみました。

まずmotokiさんに同乗頂き走ると、タイヤがGが掛った時にインナーフェンダーに擦っているのが分かりました。
そこで、motokiさん、鷹の目さんの提案で車高を上げることに。
私のはオーリンズなので車高を上げるとプリロードも掛ってしまいますが、ちょっとだけだったら大丈夫でしょう。
5mm上げようかと思いましたが、格好悪くなるしそこまで上げなくても擦らなくなるかも知れないと思い、3mmアップに(自分用メモ:フロント5.2→5.5、リア6.5→6.8、上のリングからねじ下端まで)。



その結果、擦らなくなりました。上げ過ぎたかな?
タイムは270度で二度引きしてしまったのですが、1.03.88。



ラスト、泣きの1本にもR1Rでトライ。
途中までいい感じだったのですが270度後半でスライドが止まってしまい、次の180度は曲げ切れず行き過ぎたところで無理に鋭角ターン(このとき右フロントからゴキンと嫌な音がしました)。
タイムは1.04.27で、テクニカルが普通に出来ていれば3秒前半だったかと思います。



一日に4本走って分かったこと。

スタート時のグリップは素晴らしいです。強力な武器になりそうです。
180度程度のターン後の立ち上がりも素晴らしいです。
この二つから見て、瞬間的な縦グリップが恐らく傑出していると思われます。
ブロックの細かさが利点となり、ひっかき効果が高いのかと考えられます。

一方長い時間横Gや縦Gが掛る区間は普通か苦手です。
恐らくブロックがよれるからかと思われます。

深いターンは今は苦手です。
スクエアショルダーなこと、今はまだ肩が落ちていないこと、細かいブロックがよれて抵抗になることなどから、引っ掛かりとターン後半でのグリップが発生してしまうようです。



こう考えると、瞬間的な縦グリップを生かすこと、どうせ横Gには強くはないこと、深いターンで引っ掛かりがちなことを踏まえれば、GDBには245幅は不要だったかも知れません。



最後にタイヤ外径が大きくなった件。

ターンの立ち上がりでストールが心配されましたが、外径による問題は感じられませんでした。

一方問題と感じたのは中速コーナーリングの脱出。
今までのように走ると明らかに立ち上がり時にストールしてしまいます。
これを防ぐには、早めにアクセルを開ける走りを心がけるしかありません。
早めにアクセルを開けるにはアンダーを出してはいけません。
その意味で、ドライビングをより奥深く考えさせる外径となりました。

今回245/45R17を選択したのはますや選手がノーマルファイナルでもこれで活躍しているから、これを唯一の手掛かりとしました。
なおぽん選手、うめぞ~選手はローファイナルですので参考にはなりませんでした。

でも、ノーマルファイナルで245/45R17を使いこなせるのはますや選手だけだと思いました。
今の自分にはまだ全然ムリです。
ノーマルファイナルの方でJMRC戦を走る方には、私としては全く、絶対お奨めできないと思いました。



私としては、克服すべき課題が出来て、逆に嬉しく思っています。
まだまだ、まだまだです。
くーにー選手のご指導と言い、練習すべき点が多くあって嬉しい限りです。

ブログ一覧 | ジムカーナ | 日記
Posted at 2012/02/08 22:36:29

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2012/02/09 19:34:36
開幕の関越は、超コテコテを希望します(爆)
あのタイヤは、減らすほどにタイムが上がって来そうですね。
くーにー選手のレッスンは、昨年シーズン前に何度か関越で受けました。
その言葉無ければ、今年の成績は無かったと思っています。

私も課題だらけですが、やりがい感じますね。
次回お会いする際は、R1Rにも負けないタイムを1~2本目で出したいと思います(爆)
コメントへの返答
2012/02/09 23:31:22
念じられなくても大丈夫ですよ、関越のコテコテはお約束です(笑)
270度以下だと、特に180度にチョンと回るようなターンだと、R1Rはバカみたいな蹴り出し力を発揮しています。ビデオで見て見違えました。

くーにー選手は、恐らくですがその人のその時点のレベルを的確に捉えて適切なアドバイスをして下さっていると思います。凄いです。早く違うご指摘を頂けるようになりたいです。

次回関越はmotokiさんと約束している2/26には間違いなく行きます。その前だと行くか分かりません。おかず練1万円はちょっとだけ高いです(浅間台フリー1日より安いですが)。
R1Rの当面の課題は深いターンが出来るようになることと、その瞬間的な狂グリップを生かせる走りを編み出すことと思っています。まだまだ、まだまだです。今年は最高に面白いです。
2012/02/11 10:27:46
レポありがとうございます。やはり235の方が走りやすそうですね。
245ならかなりのバリ山AD08が余ってますが、試されますか?w
コメントへの返答
2012/02/11 13:01:43
お読み頂き誠に恐縮です。
ことターンのあるジムカーナに限っては、235は失敗が少ないと言うメリットがあるかと思います。
でもそれでは絶対に245/40R18軍団には勝てないと気付いたのも去年のことでした。
弱点を克服するしかありません。それもまた楽し、です。
AD08羨ましいです。金欠で無ければ本番投入したいくらいです~。
2012/02/13 15:13:19
かきしまと申します。いつもブログ拝見してます。R1Rのレポートがあまりにリアルでしたので、ブログでお話させて頂いちゃいました。事後報告ですみません!
コメントへの返答
2012/02/13 22:44:51
お読み頂き大変ありがとうございます。
何かの参考になれば幸いです。
もてぎ北ショートの☆の攻略法、大変参考になりました。あんなのがホンダのHPに載っているんですね。恐るべしホンダ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「まっちゃんに惜敗した場所だから思い出深い」
何シテル?   08/18 22:52
☆1990年 初のマイカー保有 ☆1992年 DA6インテグラを新車購入しサーキット走行会へ参加 数年間走行会に没頭後、晩年ジムカーナをかじる ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

DUNLOP ZⅢ、β02の比較 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/13 10:01:55
関東ジムカーナ チャンピオン戦のPN1とNT1500クラスを考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 19:28:14
山野哲也ハンドリングクラブ”北ショートコースSUPER LAP”に参加しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/20 22:59:41

お友達

ジムカーナ詠み人の皆さま、よろしくお願いいたします。
101 人のお友達がいます
さげおさげお * はやとはやと *
えぼしんえぼしん * みかん@EK9みかん@EK9
yohei nishinoyohei nishino HG鷹の目HG鷹の目

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
2016.11に引き継ぎました。
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
3年落ち中古、走行1万kmを平成20年9月に購入しました。 前のオーナーさんが綺麗に乗っ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.