• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年06月30日

いばちゅうメモ

(元自分の車でのメモです)

スタート位置、後輪が下り坂に掛かってしまう。
浅間台ほどではないにせよ路面が磨かれているのでトラクションを丁寧に掛ける。
当然レッドラインではつながない(βの場合は知らない)。

スタートの目の前、下段右奥は林の陰になるので雨が降ったあとは乾きが遅く滑る。
折り返しサイドが多いので滑りに注意。
WET時は減衰かエア圧を間違えたかと思うくらい滑る。

スタートしたら大抵は真っ直ぐ行って左奥へか、左奥へ緩く行く。

左奥で深く曲げるレイアウトが多くサイドを引くことが多いが向こう側へ下っているので尻が出易く立ち上がりにくい。

真ん中かスタート目の前で深いターンが多いがそれほど癖はない。

左手前は路面がザクザクで点接触しかしないためまことにグリップしにくい。
加えて左側に下っているためアンダーが出やすい。
しかしここを起点に上段に駆け上がることが多いので加速の起点と設定する必要がある。

上段への駆け上がり坂でぐいっと上段右奥へ向かわされることもあり、見えないパイロンを思い浮かべる努力をする。
アクセルオフ、ブレーキはなるべく行いたくない(βの場合は知らない)。

上段を真っ直ぐ奥へ行かせてくれる場合は余裕で3速に入るが、そのあと右奥へ行かされる場合大きく回って2速でダラダラ行くよりカクカクと小さく回った方が良い場合もある(特に右奥パイロン配置が坂に差し掛かっている場合)。
なお真っ直ぐ奥のブレーキングポイントは超ザクザクの点接触。

坂から右奥に行かされる場合はパイロン付近がザクザク路面。上り時は良いがここでのターン時は要注意。
そのあと左奥へ行くことが多いがレイアウト次第では2速のスピード重視あり。
立ち上がり後下りなので速度を乗せたい。
但し左奥のクリップ後にパワーを掛けるとザクザク路面の点接触でカウンターが当たり易い。

奥まで行かされず中ほどで芸をさせられる場合も多い。
坂を上りきって折り返しターンや、540度など。
いばちゅう湖(路面のへこみ)を避けたレイアウトにしていただけるので、パイロン配置場所がお決まりになりやすい。

坂から見て右手前のザクザクはことのほか酷い。
グリップ任せのコーナリング行為は四駆ではまず無理。
奥から下ってきて坂から見て左から右へ行くときは最短距離重視。クリップが猛烈にザクザク。
右から左へ行くときはレイアウトによっては左でサイドもあり。
ただし上りが待っているのでブースト優先。

上段と中段(ゴール前の段)を行ったり来たりさせることもある。
中段からの上りは距離を優先したくなるがブースト優先。上りに差し掛かるまでのブースト上昇が勝負。
境目でサブロクさせられるときはターンの小ささとブーストとのバランスを取るのがこの上なく難しい。

一旦上段を終えて下段に戻る場合も多い。
坂まではとにかく加速優先、ブースト優先。
事前に芸がある場合でもターンの小ささよりは脱出速度優先。

坂を全てノーブレーキで行くと歯医者が待っている。
大抵は坂から見て左奥まで行かされるがザクザク路面の場所なので大変丁寧な速度制御が必要。
もしサイド折り返しの場合向こう側に下っているので進入速度が速いと立ち上がりにくい。

二回目に上段に上がったあとはフリーターンが設定される程度で芸を求められることは低い(ラップの関係か)。

上段から中段への飛び込は下りなのでスピードを優先したくなるが大抵中段2個目のパイロン配置がきつく1個目の減速が命なので距離優先。

1個目のあとがきついスラロームの場合サイドを引かざるを得ない場合もある。

中段のスラロームパイロン配置は13歩が基本。2速では無理、1速で多くハンドルを回さないと内輪差でのPTが怖い距離。

スラロームでなく8の字の場合は立ち上がりで最短距離になるような遠くからかぶせる進入ライン。

サブロクの場合もあるが無理そうなら2本巻きと見立てるのも手。

何の芸にしてもゴール寸前にお邪魔パイロンが置かれることも多くここでのPTは絶対避ける。

中段の路面が最も癖が無い(ターンだけだから)。

ゴールに向かっての傾斜の上りでストールしないよう注意。


全体を通じ、コーナリングしようとは思わずWETのように丁寧な操作とトラクション掛けが必要。
そのためWETで速い人が速いことが多い。

コーナリングが出来ないからと言ってサイドを引きまくると傾斜で立ち上がりが阻まれタイムが出ない場合がある。

基本は最短距離だがブーストが落ちた状態で直線的につないでもタイムは出ない。
上りも下りもブーストを極力掛けつつ距離も削る。
最短距離志向とブースト維持との兼ね合いを常に考える。

距離とブーストを考えるうえでは、各クリップ前後の路面把握と傾斜を頭に入れた組み立てが必須とされる。

スタートからゴールまで息付く暇をも与えぬエキサイティングなコースであり、関東で最もテクニカル。
これでタイヤの痛みが少なければ最高なのは言うまでもないが、騒音対策上やむを得ない。









からあげ弁当はいいぞ。



ブログ一覧 | ジムカーナ | 日記
Posted at 2016/06/30 20:34:31

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/07/01 13:42:12
りんさん、
さるくらに続きICC攻略法ありがとうございます!
速い人はこんな風にコース攻略をたくさん考えているのが、タイム差につながっているんですね。
(根本的な腕の差も当然ありますが。。)
今年は台数少なくて寂しいですが、少しでも市川さんに近づけるように頑張ります!
コメントへの返答
2016/07/01 15:44:28
もしお弁当が頼めるなら是非からあげ弁当食べてください。
たっぷりマヨネーズを付けて食べるのがいいです。
脂身の少ないお肉なので飲み物があった方がいいです。
一つだけミートボールが入っているのがいとおしいです。

何の話をしているんだ・・・
2016/07/01 20:46:38
二日のうち1日は「のりから」もおすすめです。
コメントへの返答
2016/07/02 19:46:08
激しく同意です。
量がたくさん要らない人ならおかずが多くて楽しいお弁当ですよね。



って何の話を…
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「まっちゃんに惜敗した場所だから思い出深い」
何シテル?   08/18 22:52
☆1990年 初のマイカー保有 ☆1992年 DA6インテグラを新車購入しサーキット走行会へ参加 数年間走行会に没頭後、晩年ジムカーナをかじる ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

DUNLOP ZⅢ、β02の比較 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/13 10:01:55
関東ジムカーナ チャンピオン戦のPN1とNT1500クラスを考える 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/02 19:28:14
山野哲也ハンドリングクラブ”北ショートコースSUPER LAP”に参加しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/20 22:59:41

お友達

ジムカーナ詠み人の皆さま、よろしくお願いいたします。
101 人のお友達がいます
やまいち555やまいち555 * yohei nishinoyohei nishino *
さげおさげお はやとはやと
えぼしんえぼしん みかん@EK9みかん@EK9

ファン

55 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューション 三菱 ランサーエボリューション
2016.11に引き継ぎました。
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
3年落ち中古、走行1万kmを平成20年9月に購入しました。 前のオーナーさんが綺麗に乗っ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.