• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ちぺおのブログ一覧

2017年08月23日 イイね!

F355の欧州仕様オーナーズマニュアルセット

F355の欧州仕様オーナーズマニュアルセット最近、ガレージや02ターボで話題に事欠かず、イベントと言えばチンクで出撃。
夏眠中でさっぱりご無沙汰の355の話題です。









いきなりですが、タイトルの物を入手しました。



ど~ん




なんでこんなもの今更?
悲しい事にマイ355はあまりに台数が少ないことから「白」と「MT」以外の一切の拘りを捨てて探したので、付属品が何もないんです。




イケてる車載工具もマニュアルも(´;ω;`)




新品をヤクオクで買おうにもスケドーニっぽいケースすら諭吉様じゃ足らず、マニュアルなんて諭吉様が複数人に。。。

しかもこのマニュアル。種類が複数あり、なんとなく把握しているだけでPA、PR、XR前期(黄表紙)、XR後期(赤表紙)、スパイダー(黄表紙)、F1(赤表紙)などなど。さらに仕様によって言語が変わったり。日本仕様だと日本語表記とコーンズのシールプレスあり。


僕の車は、XRにF1が追加される前の「XR前期(黄表紙)」の欧州仕様が正解なのでそれをピンポイントで探すのはなかなか大変です。。。


そんな中、ポロっとセットで出てきたものです。
これでフルセットなのかわかりませんが、中を開けてみると。

1.オーナーズマニュアル(Owner’s Manual)
2.当時の保証書(Warranty Card and Owner’s Service Book)
3.各国の販売拠点表(Organizzazione di vendita e assistenza)
4.DIRECT LINE

4.はなんですかね?よくわかんないです(;'∀')


Warranty Cardを見てみると

名前だけは消しました( ゚Д゚)


なるほどなるほど( *´艸`)
これを見てちょっと感動しました。

と言いますのも車体番号前半の「ZFFXR41B」は僕の車と全く同じです。
ここでXRのベルリネッタ、欧州仕様(左ハンドル)までわかります。

さらに後半の「107219」は僕の車の70番位後の番号です。
生産台数が6年で1万2千台とか言われてますので、番号がそのまま台数なら僕の車の一週間くらい後にラインに流れた車ですかね?

このセットの記載内容は知らないまま購入しましたが、同じ欧州仕様のXRベルリネッタで車体番号も近いなんて、親近感覚えますよね(*'▽')


またマイ355の生産年の謎も解決しました。
1996年が濃厚と思いつつも。1997年の可能性もありちょっと悩んでおりましたが、車体番号が後の車が1996年12月12日に販売されている以上、1996年で確定ですね!



最初はこんなの買ってもしょうがないかなとか思いましたが、いろいろな謎解きが出来たのでアリでしたね。



ガレージの続きはまた次回( ´∀` )




Posted at 2017/08/24 12:33:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | F355 | 日記
2017年08月15日 イイね!

初のBMW。理想のBMWを譲っていただきました。

初のBMW。理想のBMWを譲っていただきました。色々な良縁と売主様の好意と運で「アガリ」として考えていた最大候補の車を譲っていただきました。

「BMW 2002 turbo」通称「マルニターボ」です。
 
(前回ブログのcoming soon...はこの画像の一部です。)

BMW 2002 turbo(wikipedia)
ツーリングカー選手権にてポルシェと激闘を繰り広げてきたBMWは、航空機エンジンで培ってきたターボチャージャーを採用し、これを退けた。1973年、BMWはついにBMW2002ターボを発表した。
ボア×ストローク:89.0×80.0mm、1,990ccの水冷直列4気筒、SOHCエンジンのエンジンは、圧縮比を6.9:1と低められ、クーゲルフィッシャー(Kügelfischer)製の機械式インジェクションと独KKK社(Kühnle Kopp und Kausch)製のBLDターボチャージャーを装着することで、170英馬力/5,800rpm、24.5kg-m/4,000rpmを発生させることになり、BMW2002tiiに対して30%もの出力アップを果たした。
ギアボックスはやはり4速と5速のM/Tが用意されており、ギアレシオはBMW2002tiiと同様に4速が3.746/2.020/1.320/1.000、5速が3.368/2.160/1.579/1.241/1.000とされた。
最高速は211km/hと、当時同社のBMW3.0CSと同等の数値を記録した。
車体側は、ホイールサイズを5.5J×13、タイヤサイズは185/70HR13を採用し、前後トレッドは1,375mm/1,362mmと拡げられた。
また、ブレーキはフロントのディスクがΦ256のベンチレーテッドディスクにグレードアップされ、リアのドラムがΦ250へと拡大された。 BMWとしては、出力アップと共に省燃費をも両立させる技術として発表したのだが、実際には電子制御もされていない機械式インジェクションシステムのうえ、インタークーラーも付いていなかったため、省燃費エンジンとは程遠く、第一次オイルショックの影響もあって1,672台で生産中止となった。
ボディデザインとしては、フロントバンパーを排してエアスポイラーを装備し、そこには逆さ文字で「TURBO」と書かれたステッカーが貼られていた。これが前を走るクルマのルームミラーに映し出されることで、前走車のドライバーにプレッシャーを与えていたと言われる。
前後フェンダーにはリベット止めのオーバーフェンダーが、またトランクフードにはラバー製のリアスポイラーが装着された。
なお、このリベット止めの前後オーバーフェンダーは、日本では当時の運輸省で認可が下りずにパテ埋めされた。




購入車の特徴
1974年3月生産。本国(西ドイツ)デリバリー。
1978年6月並行輸入で日本へ。
1992年までワンオーナーで登録抹消。
四半世紀の時を越えて今回復活した車となります。
本国デリバリーの為、フェンダーがリベット留でドアミラー。オプションの5速クロスミッション搭載。走行37,000km
この本国デリバリーというのは私が譲れないポイントの一つでした。



日本国内正規車は、当時の規制でフェンダーはパテ埋め、ミラーはフェンダーミラーとなるため。オリジナルとは似つかない姿となっています。
(参考画像)





とある倉庫でBarn Find状態だったものを売主様が譲り受け、3年かけてレストアした個体です。





この車のいい所は、ナビもETCも普及していない時代から眠っていた為、オリジナリティが非常に高いです。
今回のレストアで、事故歴がないことの確認ができ、また初のレストアであることからレストア内容がすべて把握できました。
そして何より嬉しいのは、生産台数の少ないこの手の車特有の「前の持ち主が~」とか「この車は~」というのが起きないことです。25年前に表舞台から消えた車です。知る人はほとんどいないでしょう。





人並に寿命があれば、まだ「アガリ」まで何十年かあるはずです。
このマルニターボと終生まで一緒か。答えはわかりません。
あまりにも早く「アガリ」候補と出会ってしまいました。
それでも、簡単に手放すと言えるほど軽い経歴の車ではない。
出会った以上、長く付き合っていきたい。そう思います。





昨日、売主様より受取り、自走で自宅まで運転しました。
乗りやすくて途中の高速で眠気と戦ってました(;''∀'')
納車で嬉しいんですが、落ち着く。そんな車です。




すぐにでもナンバー付けたいところですが、ガレージが出来るその日までもうしばらくお休みいただきます。


ナンバーが付いた際は是非よろしくお願いいたします。






ここからは購入記になって、砕けた内容になります( ´∀` )
興味ない人はここでブラウザバックをお願いいたしますm(_ _)m








皆さんご存知の通り、鋭意ガレージ建築中です。
車を買う余力なんて微塵もありません。

でもまぁ、趣味が「車」ですから色々なサイトは見ております。

ある日、個人売買サイトに「マルニターボ」が出品されました。
レストアのことが細かく書いてあり、手を入れてないところ、大変だったところ、隠さず書いてありました。しかしレストア内容が溶接内容やレストア素材の専門用語だらけでさっぱり理解できません。
その文章を読んで「素人が手を出す車じゃない」と。そこで終わりました。


その1週間後位でしょうか。みんともさんのFBにその方の知り合いが「マルニターボ」を売りに出していると投稿がありました。


この流れですので、当然その2台が同じ1台であった訳です。






とはいえ、繰り返しますがガレージ建築中です。
悩みました。見てしまえば欲しくなる。

しかも「アガリ」の候補です。
まだ30代。「アガリ」なんてその年になれば変わるかもしれない。

ですが、その週の日曜日には誘惑に勝てずみんともさんと「マルニターボ」をみてました。


そこからは早かったです。僕が実車を見てピンと来たのはもちろん、売主様にも何名か手を挙げていた買い手の内から「ちぺおに買ってもらいたい」と言って頂けました( ´艸`)






BMW 2002 turboは、一言でいえば「イビツ」です。素の2002の綺麗なラインをオーバーフェンダーで潰し、整った顔をでっかいスポイラーの付いた出っ歯に変えちゃいました。
肉体改造したアスリートのような車です。ダサいという人もいるでしょう。



そのダサさが、僕の「アガリ」にとってツボだったんです。
今いくらかっこよく見せても、僕は所詮、生まれながらの選民ではなく、よく言っても庶民育ちです。
どこまで頑張ってもどんなにかっこよく見せてもフェラーリではなくマルニターボが精いっぱい。その人生の体現にちょうどいいんです(*''▽'')






またこのマルニターボは、僕の昔の悲しかった経験の車とも被ってました。
小学生の頃、バルブ景気の絶頂期に父親が「コロナExiv」という車を新車で買いました。


初めての新車です。しかもバブル期に流行った「全部乗せ」仕様です。
コロナの癖に3S-GEで165馬力、四駆と二駆を切り替えできる4WS。3S-GEのせいでハイオク仕様。
コロナとは思えないハイパワーで父親も毎日車磨き。どこへでもあっという間に連れて行ってくれる夢の車でした。





まぁ、その後はこれまたご想像通り、酷い有様となります。
車が故障しても直すお金もない。1992年か93年にはベルト切れで不動車になりました。
父親としては復活を目指し、父親の実家に放置するも1年ほどで中はカビだらけ。結局3年ほどで解体屋さんが持って行ってしまいました。
その頃は車好きでもない為、最近はすっかり忘れてましたが、当時は何でも叶えてくれる車がボロボロになっていく悲しさを感じてました。



そんな忘れていた記憶もマルニターボの不動期間の話を聞いて思い出してしまいました。


ガレージの件だけでなく仮の保管場所確保等のハードルもありましたが、Exivの件もマルニに重ねた結果、「アガリ」に拘らない。もう行こう!と決めました。
何故か家族からは「355を売らなければ自由にしていい」と言われ、その後は色々な運が重なり冒頭へといった感じです。












色々思うところがある車なのでごちゃごちゃ鬱陶しく書いてしまいましたが、
ここまで来てしまえば一蓮托生!マルニターボに乗って!

清水の舞台からジャンプだぜ!
Posted at 2017/08/16 00:32:45 | コメント(19) | トラックバック(0) | マルニターボ | 日記
2017年08月12日 イイね!

プレミオ、どなどな~

プレミオ、どなどな~こんにちは。

タイトルの通りプレミオを手放しました。
非常に使い勝手もよく無個性で目立たない通勤には最高の車でしたが、色々な良縁が重なり、急遽別の車を購入することになりました。

地合いは悪いタイミングでしたが、最後まですごいコスパを発揮してどなどなされていきました。
おそらくはスリランカやバングラディッシュあたりでいい余生を過ごすと思います。


そんなこんな急展開で購入となった次の車ですが、通勤用途には厳しいので当面はカングーで通勤です(;'∀')






coming soon...



Posted at 2017/08/12 13:43:37 | コメント(9) | トラックバック(0) | プレミオ | 日記
2017年08月06日 イイね!

おはポン8月&オートモービルカウンシル2017&絹の台まつり

おはポン8月&オートモービルカウンシル2017&絹の台まつりここ2週間、普段見ることができない車ばかり見てちょっと車疲れ中です( ´艸`)






さてそれじゃさっそく行ってみましょう。











金八ジネッタさんから近所で何やら車のイベントが開催されるという情報を聞き、絹の台まつりへ


ん~。。。?なんか遠目から見ても。。。2000GTいるような?(;'∀')
いやいや、GT-Rとかいすぎでしょ!こんなイベントが近所にあっただなんて、、、滝汗


珍しいのだけダイジェストに。
2000GTが2台。


ハコスカGT-Rが3台。。


ケンメリGT-Rが2台。。。


初代シルビアが2台。。。。


本日のマイフェイバリットカー
Z432。。。。。フロント以外のウインドウはアクリル。燃料タンクは100リッター。
後ろのパラソルにオーナーさんがいて教えてもらいました。








その日の夜は。。。おはポンの暑気払い。
。。。話に夢中で写真とかないくらい面白かったです(;'∀')







そして今週、まずはオートモービルカウンシル2017
昨年より明らかにパワーアップ。ClassicCar.jpの展示がやばすぎる記憶しかない。多分全部持っていった。
フェラーリ750MONZAにポルシェ906、シトロエンDS chapron。その他にもDTMっぽいベンツのカウルとか本当にヤバイ。気になる人はClassicCar.jpで検索!・・・見るのに夢中で写真がないので( ´∀` )

DS chapron。人混みの向こうに縦に展示されているベンツのカウルみえますね。


ポルシェ906。いくらするのかなー(-_-;)


展示のみのLP400


僕たちの癒し。チンク様


去年もいたよね360SS



マツダブースからはマツダからリリースが出た
メーカーレストアのNAロードスター展示



試作型コスモスポーツ。生産台数50台?










最後はおはポン8月
この目立たなさとノージャンルな感じ。個人的には結構好き。


相変わらずのスーパーな2台


NSXって4本出しマフラー!?初めて知りました。


えへへ。オーナー様のたくと♪さんに許可頂いて運転席座らせていただきました。
ちょっとマクラーレンっぽい?スマートでいいですね(*'▽')


そんな感じの投げやりブログ。

Posted at 2017/08/06 14:03:04 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日々のお話 | 日記
2017年07月15日 イイね!

Bianoさん亭訪問とおはポン7月とNuova500生誕60年!

Bianoさん亭訪問とおはポン7月とNuova500生誕60年!あ~あ~。。。

気が付けば7月も半ば。
素晴らしいネタはあれど暑さと忙しさでブログアップする気が起きない。。。
なんて言い訳から。




さて!んじゃいきまっしょー!

まずは7月1日!
夕方から「ランボルギーニつくば」と名高いBiancoさん亭へご招待頂きましたので伺いました。
ガレージも改築中なので参考にしたく、是非一度お伺いしたいと思っていたので大感謝です。

・エントランス
 雰囲気バッチリ。植栽がこれまた!





う。うぉぉぉぉ!すげー!と普通に騒いでました。
男の子の夢。たまらーん!


ガレージ改築中の身としては。
一番すごいと思ったポイントは「ガレージと母屋の立ち上がりが5cm位しかない!」
エアコンは天カセでしっかり存在感を殺し。
窓枠や壁、シャッターに雰囲気etc。。。すごい参考になりました!
なおなお。立ち上がりについては後日施工されたIさんに収まりの秘話伺いました( ´艸`)


愛車を眺めながらの一杯。



バーカウンター!?



モデルカーもおっしゃれー!



ガラス面にはガヤルドのSpec
これぞ「ランボルギーニつくば」(; ・`д・´)



バシバシ写真撮って、建築の話を伺った後は肉々しい宴会へ!
体を張ったステマにも乗っかってみました(*'▽')


・・・あっという間に楽しい時間は終わっちゃいましたが、
Biancoさんこの度はご招待いただき本当にありがとうございました。


・・
・・・また伺いたいなー( ´艸`)








さて、次の日は「おはポン7月」
355は夏眠に入ってましたので、先月に引き続きチンクで出撃!

朝は涼しかったんで快適でした。
パタパタパタ~という空冷2気筒のアイドリングが心地よいです。
ちょっと踏めばバタバタバタバタバッバッババババァァァァンと、いい感じ。
(おはポン寝ぼけていてあまり写真撮れず。。。漏れている方は申し訳ないです(´;ω;`))




お初のポンピリオさんのマカンGTS!
ノーマルと全然違う。。。黒と白のコンビがいいですね。
色の組み合わせも年代もROSSOさんのボクスパと似ていることもあって
まとっている雰囲気も似ています。SUVとオープンの差はあってもさすがポルシェ。
やまちゃんさんのGT3RSも含めここはポルシェのレアゾーン。
Yosさんの355も復活おめでとうございます。帰りは快音轟いてました( ´艸`)


見ての通り、路面濡れていたので金八さんはアクティ。BiancoさんはBiancoナンバーのハスラー。アンテナも青いのがポイント(画像切れていますけど)


前日、肉々しかったので甘い系で。
今日も美味しかったです。



後半からは!
なんと。。。FBお友達のKさんがチンクのDでご参加。
うっはー。。。オリジナルに忠実ですんばらしいコンディション。
私のなんちゃってアバルト595仕様とは全然違うのはもちろんですが、同じ型式なのにガソリンタンクの形状が違う。。。(笑)


さらにさらに
全長3.0mの会。

小さい古い車もいいですよー!


・・・もちろん355も大事です!











さて、本題に戻って7月4日はアメリカの独立記念日ですが、NUOVA500(Fiat500)の誕生日でもあるそうです。
そして今年は60周年!おめでとうございます~(≧▽≦)



イタリアでは記念切手も発売されたようです。
現行のFiat500はこうやって比較すると大きいですね。




下の画像は1957年のNUOVA500のEconomicaと呼ばれる初期型です。
私のD型と比較するとウインカーやフロントの造形。キャンパストップの形状が違うのが特徴です。

自分が浅ましいなと思う瞬間でもあるのですが。この初期型いくらくらいするのかなと海外のサイトで確認した所、想像以上でしたが案の定というか、、、
3台確認できたEconomicaは73,000ユーロと70,000ユーロ。。。安くて65,000ユーロ。。。
英語やフランス語、イタリア語なので全く解読できず車の状態などはよくわかりませんが、いや~すごい。びっくりでした(笑)









最後に書こうか書くまいか悩みましたが、書いた方が手に入れる努力するだろうと思ったので書いちゃいます。
怪しい計画の為、古くて小さいとある車(?)欲しいんです。。。
日本にはあっても数台レベルだと思うのですが、どうしても欲しい。。。
まだ夢なだけなので画像は一部だけ( ´艸`)

特徴はある程度残してますが、わかる人はすごい!
googleの画像検索はすぐわかっちゃうので禁止ですよ~。



Posted at 2017/07/15 12:36:11 | コメント(6) | トラックバック(0) | Fiat500D | 日記

プロフィール

「@RUN丸 さん。お疲れ様でした( ´∀`)」
何シテル?   09/10 09:18
仕事は趣味の一部 登録はだいぶ前からしていましたが、 実質はF355の購入からはじめたみんカラです。 段々時を遡っている気がしますが、、、(-_-;)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

疲れが・・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/23 18:22:43
ライフスタイル 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/21 19:27:04
ハリアー特別仕様車「Style Mauve」契約しちゃいました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/12 03:08:41

お友達

F355や2002やチンクが好きな方。どんどんお友達になりましょう。
情報共有や小ネタなんかお話しできれば最高ですね!

カングーは、足として使っているので扱いがひどいのです。
カングーラブ勢からは許せん!と思われる可能性があります。。。
それでもいいよ~という方ぜひよろしくお願いします。
63 人のお友達がいます
セキュリティーのプロテクタセキュリティーのプロテクタ *みんカラ公認 ふぃりたんふぃりたん *
ろくろくまるろくろくまる * 夢・心・彩・純夢・心・彩・純 *
ジェフベッキージェフベッキー * RUN丸RUN丸 *

ファン

20 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
ゲーセンでF355challengeにはまって以来、夢だった車。 しかも、外装ビアンコで ...
BMW 2002 BMW 2002
30代にして決まったアガリの車。 40年ワンオーナー。うち25年は倉庫で隠棲。3年のレス ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
1964年式 結構珍しい前開き スーサイド(自殺)ドアなんて言われているけどかっこいい! ...
ルノー カングー ルノー カングー
最終の2008年式、ワンオーナー、ディーラー中古、走行4万、白という文句の付け所がない車 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.