• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年03月07日

2013 「道場破り」 in スパ西浦  ドラテク編

2013 「道場破り」 in スパ西浦  ドラテク編
















本日は、2013 「道場破り」 in スパ西浦  ドラテク編 です。













(サーキットの前に広がる この景色、イイですよね~)












スパ西浦は、数年前に(確か 2009年)、DRY で走って以来、

タイムアタック してなかったんですよね~。

(前回は、WETだったし・・・・・・・)







まず、スパ西浦のレイアウトは、こんな感じです。










で、タイムに大きく影響するコーナーは、

① ~ ④ までのコーナーとなり、全体のウエイトの80% は、

これら前半のコーナーなのであります。




もちろん、後半 ⑤ ~ ⑧ も、失敗すれば、タイムロスしますが、

ラップタイムの 80% は、① ~ ④ までのコーナーで、形成されると言っても、

過言ではありません。











では、はじめてみたいと思います。




まず、4速全開で、ストレートを駆け抜け、

1コーナー手前で、ブレーキング。






で、どこからブレーキをスタートするか・・・・・・・、ということは、

ある面、永遠の課題ですよね。



よく、100m看板 とか、50m看板から、ブレーキングとか聞きますが、

それは、看板の真横なのか? ナナメなのか??

そこから、ブレーキなのか? アクセルOFF なのか??



ちょっとした、ニュアンスの違いで、伝わると、かなりデンジャーですよね。







また、看板を見てから、ブレーキを踏むと、

視線が大きく動くことから、クルマが、ブレてしまいます・・・・・。



ですから 田中は、ブレーキ開始ポイントは、一切、コース脇の看板を見ません。




もちろん、位置関係を把握するために、

ストレート走行中は、見るときはありますが、

ブレーキング開始直前は、看板は見ずに、これから進入するコーナーを見ます。




この、コーナーまでの見た目の距離感が、すごく大切なんです!




この距離感の精度はかなり正確で、

コーナーが迫ってくる感覚を理解できれば、

きっと、毎ラップ 同じ位置からブレーキが開始でき、


また、少し飛び込む とか、手前からブレーキング といった、

調整も、慣れれば、カンタンに行えるようになると思いますよ~。













で、ここかなぁ~、と思うところから、

ブレーキング & 4 → 3 → 2速 と、シフトダウン。




アウトから、「カクン」 と、進入するのではなく、

早めにステアリング切リはじめて、

ナナメに、① コーナー クリップを目指します。

(この方が、ジックリ 右フロントタイヤ に荷重がかかりますからね!)






そして、① コーナー で、大切なこと、

それは、アクセルを踏み出すタイミングと、アクセルを踏む量です。






特に、LSD 装着車は、

1コーナーと 2コーナー をつなぐ ほんの数メートルの直線区間で、

イメージより 5m ぐらい、手前からアクセルに足が乗ります。




でも、ほんの少しだけです。

アクセル開度で言うと、5%~10% ぐらいで、この状態で、しばしキープ。





すると、クルマは 「クルッ」 と曲がり出しますので、

そこからは、フロントが浮き上がって、アンダーステアにならないギリギリを狙って、

徐々にアクセルを踏んで、縁石ギリギリに立ち上がるイメージです。



   






もし、アクセルON のタイミングで、いきなり全開になるなら、

アクセルを踏み出すポイントが遅く、


一度開いた、アクセルが、再び戻るなら、

アクセルを踏むタイミングが早いか、

アクセルを急激に踏み過ぎです。





このアクセルコントロールが、うまくできると、

ヨコG が、大きく変化することなく、

コーナー立ち上がり部分で、一定に ヨコG がかかったまま、

縁石まで行くことができます。



これができると、① コーナー のボトムスピードも、

立ち上がりのスピードも、ガッツリと上げることができますので、ぜひ、お試しあれ!











そして、スパ西浦 最大の難関 ② コーナーへと向かいます。







この ② コーナー直前に、2 → 3 とシフトアップし、

コーナーに進入するのですが、ここは、マジに、難しいです・・・・・。










まず、よく失敗する例から説明しましょう。

それは・・・・、




1) 思い切って ハイスピードで ② コーナー に進入

2) 想像より進入スピードが高いと思い アクセルOFF

3) リアが、ブレイクして スピン状態に

4) クルマは、アウト側の縁石の上

5) そのまま、イン側に巻き込んで、クラッシュ!




というパターンです。





このクラッシュ、何が原因か・・・・、

それは、2) のアクセルOFF です。




このコーナーは、下っています。

ということは、タダでさえ、フロント荷重になりやすい = リアに荷重が乗らない。


ステアリングを切って、コーナーに進入し、

タイヤのグリップが、ヨコは方向に使用されているときに、アクセルを抜けば、

荷重はもっとフロントに移動しますので、それはもう、ひとたまりもありません・・・・・・・。






ですから、② コーナーのポイントは、

コーナーの中では、アクセルを踏んでいることなのです。





減速するなら、コーナーに、差しかかる前です。


決して、クリップを取りに行く途中で、アクセルOFF(急激な全閉)は、

避けなければなりません。




もちろん、コーナーに、差し掛かってからの ブレーキングなど、

まさに、自殺行為 としか言いようがありません・・・・・・。





ということは、② コーナーは、

クルマのバランスを確認しながら、

少しずつ コーナーへの進入スピードを 上げて

クルマの限界が、どのあたりなのかを、シッカリ 探ることが重要なのであります。






要するに、② コーナーは、ラップタイムが速くなるに連れて、

どんどん難易度が上がる、コーナーであり、

このコーナーを攻略できない限り、スパ西浦 は、速く走れないのです。







ライン的に、話をすると、


このコーナーは、単純な アウト イン アウト となり、

クリップが、イン側 縁石に、近ければ、近いほど、

立ち上がりのラインは、有利になります・・・・・・・が、


縁石にタッチすれば、そこから先は、地獄・・・・・・・です。

(だって、アウト側に、弾かれますから・・・・・・)




ですから、相当コースに慣れるまでは、

イン側縁石に近づきすぎないほうが、よろしいかと思います。









とまぁ~、


あまりにも、恐ろしいことばかり書きましたが、


② コーナー 攻略法には、順序が大切だということです。











ステップ別に解説すると、


1) ① コーナーを立ち上がり、ストレート区間で、アクセル OFF(全閉) + ブレーキング

2) ① コーナーを立ち上がり、ストレート区間で、アクセル OFF(全閉)

3) ストレート区間で、アクセル OFF(全閉) + コーナーはアクセルを踏んで進入

4) ストレート区間で、アクセル 戻し(全閉にはしない) + コーナーはアクセルを踏んで進入

5) ストレート区間 後半ギリギリで、アクセル 戻し + コーナーはアクセルを踏んで進入

6) ステアリングを切るあたりで、優しく アクセル 戻し + コーナーはアクセルを踏んで進入

7) ステアリングを切ってから、優しく アクセル 戻し + コーナーはアクセルを踏んで進入






の順番ですかね~。


特に、6) 7) で、アクセルを戻す(全閉にはしない)ときは、

一気に戻すのではなく、ゆっくり戻すことが、ポイントとなります。



もちろん、

「コーナーはアクセルを踏んで進入」 = 「全開」 ではありませんので、

お間違いなきように、お願いします。








また、6) 7) にて、一気に、アクセル OFF(全閉) を行っても、

オーバーステアが出ない場合は、

クルマのバランスが、かなりアンダーステア ですので、速くは走れないですね・・・・。








勢いや、根性ではなく、

クルマを急激に動かさず、

リアのグリップと相談しながら、走れる人でないと、


この ② コーナーは、なかなか、攻略できないと、田中は思います。



そして、間違いなく、スパ西浦 で、難易度 No1 のコーナーとなり、

オマケに、このコーナーの速さが、ラップタイムも大きく影響するコーナーなのであります。










で、お次! ③/④ S字コーナー となります。









いや・・・・、このコーナーも、難しい・・・・・・。








複合コーナーなので、④ コーナーの立ち上がりを 最優先に考えます。

そのために、一番重要なこと、それは、

③ コーナーで、クルマをスライドさせないことと、ボトムスピードを上げることです。







では、順番に解説すると、




立体交差 を過ぎ、③ コーナー のポスト(オフィシャルさんがいるところ) 

に向かって、真っ直ぐ、ブレーキング。




2速にシフトダウンを行い、③ コーナー のクリップを取りに行きます。

で、このときのスピードが、かなり大切。


なぜなら、このコーナー 入口から 出口に向かって、

上ってっているのです・・・・・・・。


上っている、コーナーで、ボトムスピードが足りないと、

アクセルを踏むタイミングが、早まってしまい、

フロントタイヤの接地が薄れ、アンダーステアとなってしまうからです。



かといって、クルマが、スライドするのは、もっと最悪・・・・。

リズムが命の S字コーナー で、スライドすると、スライドが治まるまで、

待つしか手がありませんからね・・・・。







ですから、スライドする ギリギリ手前のボトムスピードで、

③ コーナーをクリアーし、④ コーナーへと向かいます。






そして、③ コーナーのボトムスピードさえ速ければ、

④ コーナーの立ち上がりは、カンタン に、ハイスピードでクリアーできるんです。


なぜなら、50km/h からの フル加速と、

55km/hからの フル加速では、フロントが逃げる量が違うからです。


当然、50km/h からの加速のほうが、

大きなエネルギーが必要な分、フロントは浮き上がりやすくなり、

立ち上がりでアンダーステアになりやすくなってしまいます・・・・・・。











いや~、かなり長くなってしまいましたが、

ご理解いただけたでしょうか???










でも、ここからは、カンタン。









次の ⑤ コーナーは、

ブレーキングの後、3 → 2速に、シフトダウンし、


ブレーキリリースをうまく活用しつつ、少し長めのクリップを取り、

アウトいっぱいに、立ち上がり・・・・、








次の ⑥ コーナーは、

出口が タイト になっていますので、クリップを奥目に取り、








⑦ コーナーは、頑張って、アクセルを踏み、

  (エキスパートは、全開だと思います)










⑧ 最終コーナーに、向かいます。





最終コーナーは、あまり、アウトから進入せず、

コースの真ん中、もしくは、ちょっとアウト側 ぐらいから進入し、


あとは、フロントタイヤのグリップと相談しながら、アクセルを踏んでいけばOKです。











これらの 後半セクション レイアウトは単純で、

テクニック的にも、難易度は、高くありません。


ただ、風の噂で、秘密の近道 が、あると聞いたことがあります(笑)

















ということで、超大作となりましたが、

田中ミノル スパ西浦 1:00:8 の 車載動画 を どーぞ!!
























以上、2013 「道場破り」 in スパ西浦  ドラテク編  でした!
















ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2013/03/07 22:01:21

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2013/03/07 22:22:31
こんばんは。
参考になりますね~
後半区間が以前と違ってハイパワー4WD車のようなラインになった感じがします。特にヘアピン区間の処理が…気のせいかな(^-^;
次回色々とロガーを使って試してみます。
コメントへの返答
2013/03/07 22:37:35
すぐに、バレてましたか・・・・・。

やっぱ、近いは、エライですですよね~。

ロガー解析してみて下さい。

きっと驚愕の事実が・・・・・・・・・・・・(笑)
2013/03/07 22:31:40
噂の近道...(笑)
このblogを見た方は授業料が3000円ほど
発生するんでしたっけ?(  ̄▽ ̄)
デモカーよりもトルクがない車両ばかりだと思いますが
それでも近道の方が速いんですか?(´・ω・`)
コメントへの返答
2013/03/07 22:41:41
授業料が3000円・・・・・・・、イイですね~!

でも、近道の魔力・・・・、トルクに関係なく、速いと思いますよ~。

でも、王道は、②コーナーですね、やっぱり。
2013/03/07 22:42:46
セットアップ編に続いて質問させて下さい。
自分の車はLSD無しなんですが、ドラテク編の内容は通用しますか?
あと、目標タイムはどの位でしょうか?
質問ばかりですいません
コメントへの返答
2013/03/07 22:51:34
通用します。

しかし、「アクセルを早く踏むことで、曲がる」という項目はあてはまりません。

目標タイムは、3秒台だと思いますよ~。
2013/03/08 07:48:14
いや~
車載動画は
とても勉強になりましたぁ~♪
(^O^)/

ミノルさんのスパ西浦の攻略法を
基に走り込みたいと思います。
(*^^)v

がんばります!
!(^^)!
コメントへの返答
2013/03/08 09:55:33
ありがとうございます。

スパ西浦は、とにかく前半が勝負ですので。ステップ by ステップ で、TRY してみてください!

頑張ってください!!
2013/03/08 11:31:00
詳細な解説参考になります.素人の私は3コーナーより4コーナーでよくスライドするんですが,つまりステアリングの戻しが遅いことと3コーナーのボトムスピードが低すぎ,3から4で踏みすぎているということが解説から感じました.3コーナーの処理を再考します.
コメントへの返答
2013/03/08 12:04:01
いや~、かなり深く理解いただいてますね~。

4コーナーのスライドの原因は、きっと、3コーナーにあると思いますよ~~。

これからも、どんどん速くなってください!!
2013/03/08 12:48:56
とっても参考になります!
もっと早く書いていただけたら( ;´Д`)
次から気をつけます(^^;;

ちなみに、1コーナーは看板を見ながらブレーキ踏むと…こうなります。

http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/168944/blog/28309957/
コメントへの返答
2013/03/08 12:58:24
ちょっと、間に合いませんでしたね・・・・・。

やっぱ、視線は、すごく重要なファクターですから、繊細なブレーキング直前に、動かすと、厳しいです・・・・・・・。

でも、撃沈せずに良かったですね!!
2013/03/09 01:01:04
いつもの見慣れた風景に田中センセイ御一行!

なんだか新鮮に感じました。

ところで、前回のセットアップといい今回のドラテクといい、ものすごく緻密ですよね!

プロのスゴさがよく伝わりました。

一発タイムを狙うためには、プレッシャーを楽しめるようなメンタルも必要ですね。

コメントへの返答
2013/03/09 18:18:07
いや~、マジで、頑張りました・・・・・・。

中部圏は、ホント レベルが高いですから、いつも大変ですね~。

これからも、みなさんに、有意義な情報が発進できるように、頑張りたいと思います。

ありがとうございました!!
2013/03/09 13:55:44
参考になります!

1号機だったら分切り?!

2コーナーは中~上級者向けですね、コースに慣れてきてからは詰めるポイントだと思いますのでもうちょっと頑張りたいと思います(^^;)

LSDでどれくらいタイムアップが望めそうですか?
コメントへの返答
2013/03/09 18:21:58
ありがとうございます。

1号機だったら、58秒台といった感じだと思いますよ~。(FSWのメインコースで、2号車より、10秒速かったですから・・・・・・)

②コーナーは、間違いなく、難易度 No1 ですね・・・。

また、LSDは、0.5~0.7秒ぐらい、アドバンテージがあるように思います!
2013/03/10 13:13:41
2コーナーの失敗例

鈴鹿の130Rでやって

死ぬかと思ったことが‥

美浜分も楽しみにしてます
コメントへの返答
2013/03/10 22:04:54
それは、かなりの体験ですね!

美浜サーキットも、頑張って、まとめたいと思います!!


 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

スイスポの開発と、ラップタイムにエクスタシーを感じる、元競争自動車運転手。 引退するまで、延べ47台のレーシングカーをセットアップした経験を持ち、最近は、マイ...

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

TM 6号車(ZC33S) TC2000 TEST! & 参戦表明!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/12/06 13:53:21
BILLION OILS の WEB サイト が、リニューアル しました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 09:20:13
BILLION OILS FR-355 (FR/4WD OPEN デフ 専用 オイル) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/05 10:35:16

お友達

TM-SQUARE ZONE BILLION HYPERCO CLEAR WAYS ユーザーならびに、少しでも興味があれば、ぜひ! です。

もちろん、ドラテク & タイムアタック 大好きな方、
スイフト オーナー、86/BRZオーナー、ハイエース オーナーも、お気軽に!!
1047 人のお友達がいます
NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~NGW~年間⑯個プレゼント初当選者!♪~ * まぼーまぼー *
TRIAL@大阪TRIAL@大阪 *みんカラ公認 _かず__かず_ *
痛ッチ@555痛ッチ@555 * kotoichikotoichi *

ファン

2,141 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 2号車 (スズキ スイフトスポーツ)
1号車は、開発作業が多く、ほとんど乗れない時期があったので、  買っちゃいました、もう ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 4号車 (スズキ スイフトスポーツ)
いよいよ、ZC32S も、始動しました! テストを進めてみると、 ホイールベース ...
スズキ スイフトスポーツ TM-SQUARE 5号車 (スズキ スイフトスポーツ)
4号車が、あんな感じになっちゃいましたので、 開発のため、もう一台、買い足しました! ...
トヨタ ハイエースバン TM-SQUARE TRANSPORT ハイエース (トヨタ ハイエースバン)
TM-SQUARE の トランスポーター として大活躍中の 弊社ハイエース を ス ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.