車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月26日 イイね!
車載工具狂想曲 -COLT io-うちのコルトは、ホイールナットを純正の21mmサイズから19mmのクロモリに変えています。
車載工具に19mmのタイヤレンチを追加しています。





追加した19mmレンチは柄の部分に角穴があり、純正の21mmのタイヤレンチの代わりにジャッキのハンドルとして使える(19mmに集約出来る)かもと思い5本セットのを購入しましたが・・・

穴のサイズが異なり代用できなかったのはナイショです(大泣)
5本セットでしか某オクに出てませんでした。
もしもの際にはスペアタイヤ固定用のボルトを外す必要がありますので、結局のところ21mmは降ろせなかったのですが・・・



もしかして、姉妹車のスマートフォーフォーは19mmだったりしないのか?
調べてみたらビンゴ!19mmの様です。(結局この情報はガセだったのですが・・・)

フォーフォーの車載工具はジャッキを含めて発泡スチロールのトレイに納められています。
そのジャッキは欧州車に多く見られるy字ジャッキで、スマートと三菱のダブルネーム。

つまり欧州コルトにはこのジャッキが添付されている訳で、日本のコルトにも使えそうです。
ジャッキは折りたたみのハンドルが一体式になってますので、21mmのレンチも不要になります。

コレ良いじゃん!ってことで早速入手したのですが・・・

ありゃ、スペアタイヤに収まりませんorz
14インチではなく、15インチのホイールでないと入りませんでした。
更にはレンチは19mmではなく21mmでした。(これは載せ換えれば良いのですが)

トレイが載らないのはくやしいのう、くやしいのう・・・

ハッ!

気づいたらディンゴの15インチスペアタイヤを買ってました!
なんと本末転倒なことでしょう(汗)

無事スペアタイヤにトレイが収容出来ました♪


ジャッキの耐荷重は同じ700kgで、少々不安定で使用にコツが要りますが問題なく使えます。

普段使いにはKYBのシザースジャッキがありますので、応急用と割り切れば問題ないでしょう。
牽引フックも共用可能でしたので、これで純正のジャッキ含め車載工具を降ろせます。

で、フォーフォー/欧州コルトのジャッキですが、形状を見る限り、頭の形状を含め以前乗っていた6Nポロの物とほぼ同じ物の様です。(若干耐荷重に差異がありますが・・・)

10年車庫に放置しておいたため、ポロのジャッキには錆が浮いてます。


コルトとポロのジャッキに互換性があるってことは・・・

ハッ!

気づいたら9Nポロのアルミジャッキを買ってました!

アルミの車載ジャッキと言えばFD3Sの物が有名ですが、VW/アウディにもあるんです。

入手したジャッキの部品番号は 6Q0 011 031 D

耐荷重はフォーフォー純正の700kgに対し745kgなので問題なし。


各ジャッキ自体の重さは、以下の通り。
 ・コルト純正(タイヤレバー、エクステンション含む):約2.15kg
 ・フォーフォー純正:約1.65kg
 ・9Nポロ純正:約1.00kg

これで1kg以上の軽量化が出来ましたが、交換の目的は軽量化ではなく、
単純に格好良いから(爆)

アルミジャッキの方が若干大きくトレイ内に入りませんでしたので、干渉する部分をカッターでくり抜いて押し込みました。


スペア固定金具を工具不要のフォルティス用に交換したかったのですが、ネジ長が短く届かず。

結局、21mmレンチは降ろせず。

これにて、ジャッキのアルミ化完了です♪

トレイが低くなったので、少々詰め物を入れてます。


欧州由来のモデルに中華汽車(台湾)パーツ、
そして欧州産パーツ(笑)も装着完了

これで胸を張って和洋中折衷仕様と言えます!
v(^O^)v





ん?コルトとポロのジャッキに互換性があるってことは・・・

ハッ!

(続く・・・しつこいって?)
Posted at 2017/04/26 01:19:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 桂小技の小ネタ | クルマ
2017年04月25日 イイね!
このエンジン、ドイツんだ?オランダ! -COLT io-てな訳で、ドイツのMDCパワー社で4A9等のガソリンエンジンを生産し、オランダのネッドカーで車体組立を行っていた欧州コルト。
欧州コルトにラインナップされていた4A91+5MTを、日本仕様に変更したのが1.5Cですね。




私のギャランフォルティスRAに搭載の4B11エンジンのスペックは、2Lターボで240psの35.0kg・m。
対してコルト1.5Cに搭載の4A91エンジンは、NAの1.5Lで105psの14.4kg・m。
まさにダウンサイジングノンターボって感じ。
ええ、ダウンサイジングノンターボって書きたかっただけです。

年式から考えて、うちの4A91エンジンはドイツのMDCパワー社で生産された物だと思います。
5MTはご存知ゲトラグ製ですので、E/G+T/Mで考えるとドイツ産+ドイツ産となります。

同様に、フォルティスRAは、京都産の4B11-Tエンジンにゲトラグ製のTC-SSTなので、日本産+ドイツ産。
カミさんのゴルフEはアイシン製の6ATですのでドイツ産+日本産だと思いますが、南アフリカ工場謹製なので、もしかすると南ア産+日本産なのかも?

と考えると、コルト1.5Cが一番ドイツ色が濃いかも(笑)


で、この4A91エンジンですが、コルトプラスに搭載されて2004年に国内デビューした頃は、エンジンカバーが奢ってありました。

貴重な写真をお借りしました♪
当初はスリーダイヤとMIVECのロゴが銀色に加飾されていたのですが、1年程で銀の加飾が無くなり、更に翌年にはカバー自体が廃止されてしまいました。

うちの1.5Cもエンジンカバーが装備されておらず、素のままもそれはそれで良いのですが、ちょっと淋しいのでカバーを追加です。
でも、オリジナルのカバーを装着するのは何か悔しい。

ここは外し技でスマートフォーフォーのカバーにするとか・・・

貴重な写真をお借りしました♪

更に外して漢字表記も良いなとか・・・

貴重な写真をお借りしました♪

更に訳わからない奴とか

貴重な写真をお借りしました♪
てか4A91PLUSって何だ?

色々と悩んだ末に決めたのはコレ!

貴重な写真をお借りしました♪
台湾の現行COLT PLUSのエンジンカバーです。

台湾では2013年にビッグマイナーチェンジを行い、エンジンがSOHC1.6Lの4G18から4A91に変更になっています。
その時に装備されたのがこのエンジンカバーで、シグマスピードさんで取り寄せして貰いました。

但し、同じ4A91でも補器類の形状が違う為、そのままでは付きません。

レゾネーターに干渉するため、カバーの一部を切り欠きました。

またエンジンカバーの固定ですが、日本仕様やスマートのそれとは異なり、ボルト固定の様です。
カムカバー側はそのまま固定出来ましたが、インマニ側は位置が合わずステーを自作しています。

おそらく本国でもステーが用意されていると思いますが、取付ネジや頭頂部のキャップを含めて部番がわからず、今回はカバーのみの入手です。

これで中も


外も


台湾仕様になりました♪

欧州由来のモデルに中華汽車(台湾)のパーツ装着。
うちのコルトは和洋中折衷です。

でも欧州コルト由来とは言え、1.5Cはれっきとした日本のモデル。
と言っていいのか・・・

この悩み、近日解決予定!
乞うご期待!!









か?
Posted at 2017/04/25 02:27:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 桂小技の小ネタ | クルマ
2017年04月16日 イイね!
Back in the 80'sかりすまじーでーあいさんに誘われて、第3回コルディアミーティングIN長野に参加してきました。






参加「車」は、ぷりぷりんさんのPAJERO MINI、私のCOLT io、


かりすまじーでーあいさんのCOLT PLUSに、meijichocoさんのCOLT PLUS。


そして、この日の主役が、ぷりぷりんさん保管のCORDIA!


逆アリのボンネット。


エンジンは大好きなG62B-T。


私が乗っていたのは4WD-TのGSRでしたが、これは同じエンジンのFFのGSRなので、
もっとレアな存在ですね。


そして、台湾コルトの会も同時開催。

台湾のCOLT PLUS ioのバンパーが、合わせ技で前後揃いました♪

大の大人がぶっ通しで6時間車談義


その内容は、まさにこんな感じ。

なんとも濃ゆい時間を過ごしました(笑)

解散後はmeijichocoさんと途中の更埴JCまでツーリング。


姨捨SAからの夜景を撮影し、帰路に着きました。


で本日、間に合わなかったネタ パーツを取りにディーラーに行くと、なんとコンクェストが居ました。

最初バッジを取り換えたスタリオンかと思いましたが、左ハンドルの本物でした。

昨日といい今日といい、
80年代に戻ったかの様な2日間でした♪




Posted at 2017/04/16 23:10:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2017年04月10日 イイね!
夜桜見物夜桜見物を兼ねて、丸山ダムへ。







このところの降雨のため、ダムから放水中。


三門開門中。


堤の高さが約100m。


水が落ちる音が結構な音量で・・・正直ちょっと怖かった。


ダムをバックにコルトの記念写真♪


新しいダムがこの手前に出来ますので、もうすぐこの景色も見えなくなるのかも?
Posted at 2017/04/10 01:11:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | 日記
2017年03月04日 イイね!
今年の小牧は面白い!お正月以来のアップです。
生命を削る日々が続いていましたが、ようやくデスマーチが終わりそうです。


小牧基地オープンベース2017、ブルーインパルスの予行に行ってきました。




離陸は4機+2機。


5番機はエンド近くまで超低空を飛行し、最後にポップアップ!




昨年までは、飛行空域が制限されるためか少々単調な展示飛行でしたが、




今年は飛行の組み合わせを変え、バリエーションが増えました。




他では見られない、とても工夫された展示飛行です。




最後にはコンバットピッチでブレークし着陸。
華麗な飛行で、30分間魅了され続けました。

2016年度を締めくくる、もしくは2017年のシーズン開幕を告げる
小牧基地オープンベース2017
明日が楽しみです(^^)
Posted at 2017/03/04 20:39:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | 趣味
プロフィール
「ラスクなんてあるんですね。
手広いのね、クドパン
@sec11 」
何シテル?   09/13 23:37
ぼちぼちで行きます
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
2013年 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/01 11:40:24
お友達
ファン
14 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ギャランフォルティス 三菱 ギャランフォルティス
3月末に納車になりました。 4WD+ターボで3代目(3台目)です。
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
1.6FSIのE、素ゴルフです。 日本車以上に、きめ細やかな制御が行われていてびっくり。
三菱 ランサー 三菱 ランサー
17年間、約147000kmの付き合いでした。 このクルマのおかげで多くの方と出会うこと ...
三菱 コルディア 三菱 コルディア
初めて自分で買った車です。 SOHC1800ccターボ(G62B-T)のパートタイム4 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.