車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月28日 イイね!
ミラやっと親の新しい車が来たので乗せてもらった感想を書いておく。

ダイハツ ミラ バン 5MT

まず外観だがその虚飾を排したスタイルは潔いが、どこかさみしくもある。














さて乗り込みシートベルトを引き出すとBピラーの内側の剥き出しの金属部分にベルトの金具が当たり車内に響き渡る空虚な音……
これはいただけないピラーの内側のカバーを取っ払ってあるのでこうなる。これはなにか張り付けて対処したいところだ。

さっそくエンジンに火を入れるがエンジン音は静か。ここは普通だ。







ローにいれ走り出す。
車重と排気量にマニュアルのミッションということで、すべてが車格にあっていて相性がとても良く、出だしから運転が楽しいと感じてしまう。
想像していたよりも走行音、エンジン音ともに少ない。
視界も良好だ。四方遮るものはなにもない。




5速までスコスコとそつなくシフトアップできて市街地走行にはなにも不満点はない。実に素晴らしい。





後部座席は商用仕様なので想像どおりのものだが、座ってみると案外悪くない。ただこれは本当にエマージェンシー用だ。黒一色の内装はどこか親しみを感じる。




ドアは90°開き色々乗せるのに非常に便利だ。


人を乗せないのであればこれでこと足りる車である。

総合してみても、最近の軽自動車の良いところはちゃんとあり、手をぬくところは抜いていて車両価格との釣り合いはとれていると思う。

ミラバンはそういう車だと感じた。

結論としてやはり乗り物はマニュアルが面白い。

Posted at 2017/03/28 16:56:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月22日 イイね!
今日のtodayと明日のトゥデイ私の物心ついた時から母が乗っていたホンダ トゥデイ

もうお別れの時がやってこようとしている。

21年もの間、我々家族を見守ってきてくれた。

思い出のエピソードを聞くと懐かしく目に涙が滲んでくる。

兄弟での前の座席の取り合い、後ろの最高に居心地の悪いシートには乗れたもんじゃない。

時には、近所の子供の抗争にも巻き込まれたりと思い起こせばきりがない。


私以上に兄弟以上に感慨深いであろう母であるが多くは語らないながら別れに際しその胸中は複雑であろう。


エンジンの故障はないが、エアコンはなんかいか修理してもう修理不能になっており、インパネの液晶時計はもう点かなくなっている。

しかし今回の車検前点検でエンジンやタイヤなどの様々な要交換場所が見つかり降りる決意をした模様。


最初で最後の試乗をさせてもらった。

MT車なので私達兄弟の中でコイツを運転できるのは私だけだ。他はみんなAT限定ときている。


エンジンの始動は良好。

クラッチを踏みギアを1速に入れアクセルを煽り気味にクラッチをリリースする。

なんとも頼もしい走り出しで21年もの古さを感じさせず、またホンダの技術力の高さに感心する。

ギアを上げていくが、途中の上り坂も4速でグイグイ登っていく。力強く車重の軽さも相まってパワー不足など感じさせない。

走行音は静かでエンジンも年式の割にはすごく静かだと思う。丁寧に乗られていた証だろう。

走行中は驚きと感動で声を上げてしまうほどだった。時間が許すならどこまででも走らせたかった。

いつもの撮影場所まで走らせて撮影会。


正面





真横




後ろ




中身 四速MT




※今の車のライトは(手前パッシング←ロー→奥にハイ)だが
この車の年式特有なのか(手前ハイ←パッシング←ロー)になっている。ロービーム状態からレバーを手前に1度パッシングさせてからカチッとハイビームにして、ローに戻すときはまたパッシングするように手前にカチッとやってローに戻すというようになっている(笑)



カバーがないのでメカメカしいエンジン





シートを撮ったけど保存し忘れたのだが、シート高はそこらへんのスポーツ車みたいに低く地を這うような乗り心地だった。


まだまだ町中では走っている姿を見かけるトゥデイ。

見かける度に幼少の頃を思い出す。


長距離運転はしなかったらしく21年で走行距離はもうすぐで9万キロ。

このトゥデイの運命はどうなるのかわからないが、最後に運転できて私は最高に嬉しかった。運転中走馬灯のようにいろんな記憶がよみがえった。

今まで後ろに乗せられ揺られていた幼い私も成長しコイツを運転している。どう思っているのかなトゥデイは。と何も思うはずもない自動車という機械を擬人的に想像してみる。

なんとも言えない寂しさが一瞬襲ってくる。


これまでのtodayを支えてきたトゥデイ。

トゥデイは居なくなるが、これからも次に来る新しい車とtodayは続いていく。
Posted at 2017/03/22 10:04:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月20日 イイね!
C-HR試乗しての感想を書いた紙切れが出てきたので記録しておく

2月20日C-HR試乗

コンパクト5ドアクロスオーバーSUV
トヨタ C-HR
TNGA第2号車
試乗車は4WD 1.2L直4ターボ(CVT)
116ps/18.9kgf・m

フロントマスクは「キーンルック」

全長4,360mm
全幅1,795mm
全高1,550mm
車重1,440kg

ドアを開けて乗り込んだ感じはプリウスと同じで圧迫感のある宇宙船のよう
ハンドルはさらさらしていて気持ちいい
走った感じは車格とエンジンパワーの釣り合いがとれてないせいか思っていたよりも普通といったところ。この大きさの車だと1500のターボくらいは欲しい。しかし全然走らないわけではない。アクセルを踏み込むと3000rpmまで軽く回り法廷速度いっぱいまですぐに達する。
その代わりに燃費は悪い(メーター内の燃費計は12.1km/lを表示)
乗り心地はというと雑誌などではザックス製のサスは評価されているが、私が乗った感じはよくも悪くも普通の乗り心地(※WiLL VS比なので普通の車からだと固く感じると思う)
ブレーキはやはり初期制動がキツめ
視界はプリウスと比べると良好

H.VモデルはFFの1.8Lエンジンとプリウス同様のモノ
今のプリウスに試乗した後なので新鮮味は薄いが最近のトヨタ色が存分にてでいると思う。
いまからのトヨタスタンダードに触れれた良い機会だった


Posted at 2017/03/27 16:24:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月13日 イイね!
暇日ツーリングあまりにも暇すぎるので目的もなくぶらっとしてきた

とりあえず海方面に向かってみる

天水のオレンジロード途中の休憩所



平日でバイカー少ない




海方面というとこで熊本港へ





昼御飯は具だくさん海鮮パスタ美味だった

久しぶりに来たけど熊本地震で陥没や起伏が発生していて立ち入り禁止区域が沢山できていて以前とは雰囲気が変わっていた。
埋め立て地なので地震には弱いらしい



出入口には可愛い看板猫がいた




こんなものがお土産屋さんにあった。

なんかの全国大会で2位になったとかのパンを発見。




熊本市内の学校で給食とかでも出るらしい有名なものらしい。

外はネギが生地に入っていて、中身はかつお節やマヨネーズが入っていてお好み焼き風、美味しかった。




ぶらっと梅の木が沢山ある公園へ行った。
宮本武蔵が座禅を組んだと伝わる座禅石とかなんかあった。




咲き始めてる。





高橋稲荷神社という看板がいたるところに立っていたので行ってみることに、なんでも日本五大稲荷というすごいお稲荷さんらしい。

鳥居がすごいデカイ




ド派手




地震の影響で裏山が崩れて案内板にあった聖徳太子堂とかにいけなかったのが残念。

しかし大きい神社だった




暇潰しツーリング終了
Posted at 2017/02/13 21:36:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月30日 イイね!
ミラVSアルト商用軽バンといえば、設定があるのはミラとアルトになる。

ミッションはこだわりのMTとする。


どちらがいいかを自分なりに考察してみた。


まず外観上の違いは大きい。

どちらも4人乗りなのだが、商用なために後部座席の背もたれは切り立った崖のようなものであくまで補助用。


そこでまずアルトはだが、これは5ドアだ。




後ろには人を乗せない(乗せれない)ので荷物のせるのにアクセスしやすいといった点ではまぁいいのではないか。

ミラの場合は3ドアで後ろに人を乗せない前提では、理にかなった形であり剛性面からいっても優れているのはいい。




内装もまた似たようにフロントシートはへッドレスト一体型のもの。




上の白いのがアルトで、下の黒いのがミラ。

どちらかといえば黒いほうのミラが好き。

ミラはオプションでパワーウィンドウが付けられるが、アルトは手回し色。徹底した軽量化!



次はカタログ上の数字を見てみると、サイズはどっちもほぼ同じ。

次に車両重量。




ミラは740㎏とまずまずの数値

だがアルトはなんと610㎏という軽さ。

スズキは軽量化に重きを置いているらしく、130㎏の差は大きい。

それは燃費にも影響してアルトは22㎞/Lに対してミラは26㎞/Lと善戦。
どちらもMTなのでCVTの上のクラスには全然燃費は及ばないがこれも軽いアルトの勝ち。


お次はエンジンスペック




どちらも直列3気筒NAエンジン。

しかしながらやや違いがある。

ミラは58ps/7400rpm 6.6kg・m/4000rpm

アルト49ps/6500rpm 5.9kg・m/4000rpm

アルトの方が劣る。これは車重との兼ね合いでどう走りに影響あるか分からんがミラの勝ち。
スズキはなぜかMTモデルにはこのエンジンしか組み合わせていない。コストの関係かな?


ガソリンタンク容量はどうか。

ミラは36Lに対しアルトは27L。これも車両重量の兼ね合いだろうがアルトの容量は少ない。約10Lだからおよそ200kmの走行距離の差は大きい。


安全装備なんだがミラは標準でABSは付いている。
しかしアルトには付いてない。レーダーブレーキサポート(約4万円)をつけるとABSと自動ブレーキや誤発進抑制装置などがつく。
ABSくらいは最低限欲しい。


という訳で総合的に見てみるとミラの勝ち。

やはりアルトは普通のモデルか RSやワークスのターボ付きのが装備の面からも絶対に楽しいし快適なはず。


あくまでも個人的な考えだ。
アルトの軽量ビュンビュン系で無駄な装備はいらない!!という方もいるだろうからそれぞれで良さや面白さはあると思う。

以上、商用のアルトVSミラの個人的考察でした。


Posted at 2017/01/31 11:34:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「CB1100RS試乗中」
何シテル?   03/27 13:39
自分には幸福も不幸もありません。 ただ、一切は過ぎて行きます。 自分が今まで阿鼻叫喚で生きて来た 所謂『人間』の世界に於いて、 たった一つ、真理らしく思...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
5 人のお友達がいます
ぜーたぜーた fpcfpc
kenji1962kenji1962 Masa625Masa625
ヒロらしいヒロらしい
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ WiLL VS トヨタ WiLL VS
会社の帰り道ですれ違い一目惚れ 前車のローンが終わったので、ディーラー中古車を探してもら ...
ホンダ シャドウファントム750 ホンダ シャドウファントム750
シャドウ
ホンダ V-TWIN マグナ ホンダ V-TWIN マグナ
学生時代に不良が乗っていたシャドウクラシックの漆黒ボディのカッコ良さに憧れ、いつか乗って ...
トヨタ パッソ トヨタ パッソ
免許とって初めての車。祖父母に薦められるがまま初めはコンパクトな車体がいいということでデ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.