車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2010年02月16日 イイね!






     ゴロク電子新聞のインタビュー内容です(2010年1月アップ)


   編集部車やバイク関連のお仕事は
ライフワークになってきていますね。



   大鶴
そうですね、しつこくやってます。
隙間産業なんですよ(笑)。
オートバイの雑誌連載は
10年ほどやっていましたが、
車関連の映画はちょっと久しぶりです。
プロデューサーと
また車でやりましょうという話になった時、
僕の中で描きたいと思ったのが
オヤジたちの物語。
オートバイ雑誌の連載では、
「バイクを降りないオヤジたち」というのが
自然とテーマになってきているんですよ。
バイクに乗り続けるのはなかなか難しい。
奥さんの目や周囲の目がありますからね。
でも降りずに頑張るオヤジを
応援したいなと思っていて、
それと今回の作品のテーマは同じ。
レーサーの話ではなく、
あくまでオヤジたちの夢の話。
勝ち負けではなく、
湾岸最速と呼ばれるような
都市伝説を追い掛け回した、
遊び心を取り戻すという話を
描きたかったんです。





   編集部 鉄仮面をメインの車にした理由は?






   大鶴
40代にとっては、
走り屋のシンボルマークが鉄仮面です。
打ち合わせで名前が出た時も、
久々に聞いたよって盛り上がりましたよ(笑)。
今はあだ名が付く車がなくなりましたよね。
鉄仮面も格好良かったけど
ハチロクも良かった。
女の子も「彼氏が鉄仮面乗ってて」とか、
平気で使ってましたもんね。
時代は変わりました。
でも最近は、
80年代の車がネオクラシックと呼ばれて人気があり、
そういう流れも分かっていたので、
ここは鉄仮面でしょうと。
鉄仮面に関しては
インチキなものを登場させるわけには
いかなかったので、
「FJ会」というオーナーズクラブに
バックアップしていただき、
現代のテクノロジーで
チューニングされているエンジンも
複数用意していただきました。
さすがに最新のスカイラインR35には及びませんが、
200キロくらい出しても何も起きない
R35と比べると面白いと、
ドライビングの腕のある人はみんな言っていましたね。







   編集部 湾岸でのバトルシーンはすごい迫力です。
CG映像ではないですよね?






   大鶴 合成は運転席のシーンだけで、
とてもすごい映像が撮れていると思います。
車に取り付けた電動クレーンがあり、
社内からリモコンでカメラを動かしているんです。
ハリウッドでも使われている機材で、
走っている車を
独特の映像で捉えることができるんですよ。
ボンネットに人が乗っかって
撮っているみたいなもの。
スピード感が出ますし、
これにコマ落としなどの技法も併用すると、
すさまじい迫力が出るんです。







   編集部 共演者は同年代の方々ですね。






   大鶴 同年代との共演は独特の面白さがありますね。
僕も20代のころ、
40代くらいの俳優さん同士が仲良く共演しているのを
見たことがありますが、
その気持ちが良く分かりました。
いろいろなことを経験して
生き残ってきた戦友みたいなもので、
ライバル意識を持たずに
接することができるんです。
なんとなく“間”というものが
分かり合えるんですよね。








   編集部 見た人にどんなことが伝わるとうれしいですか?






   大鶴 好きなことならば
釣りでもなんでもいいと思うんですが、
歳を取るにつれて止めてしまったことって
あると思います。
でも、絶対に忘れられないものもあるはずで、
若き日の夢にまた触れてもらえればうれしいですね。





   編集部 今後も車やバイクにはかかわっていきますか?






   大鶴 スピードを競うものとは違うこともやりたいですね。
最近、ユアン・マクレガーが
バイクでアフリカ大陸横断に行ったじゃないですか。
ああいうバイクとの触れ合い方には憧れてしまいます。
彼は素晴らしいドリーマーですよ。







文/鈴木文彦 写真/橋本中          












 大鶴義丹(おおつる・ぎたん)
 1968年4月24日、東京生まれ。
 中学生の時にNHKドラマ『安寿子の靴』(84)で
 デビューするが、本格的には88年の映画
 『首都高速トライアル』で俳優を目指す。
 その後『君の瞳に恋してる!』(89)
 『逢いたい時にあなたはいない…』(91)など
 多くの人気ドラマに出演、
 映画『湾岸ミットナイト』シリーズ、
 『プライド 運命の瞬間』(98)、
 90年には『スプラッシュ』ですばる文学賞を受賞。
 95年には『となりのボブ・マーリィ』で
 映画監督デビューを果たし、
 最新監督作として『私のなかの8ミリ』『ブレーキ』
(09)などがある。
Posted at 2010/02/16 19:05:15 | コメント(2) | トラックバック(1) | 音楽/映画/テレビ
プロフィール
車映画の伝説『湾岸ミットナイトシリーズ』をはじめ、チューニングと最速バトルを描いた『湾岸フルスロットル』『ハイウェイバトルR×R』、そして、D1協力でつくったス...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2010/2 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
ブログカテゴリー
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
『爆走ドリフトR』の主人公「油井健介」の愛車です!個人的にも一番気に入るクルマですっ!
過去のブログ
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.