• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はいぺりおんのブログ一覧

2017年10月12日 イイね!

BOSE901スピーカー

Bose901に興味を持ったのはずいぶん前のことです。
何より惹かれたのはそのコンセプト。
フルレンジスピーカーを9発使い、そのうち前を向いているのは1発のみ。残りの8発は後ろ向きに、ただし、左右に振り分けて角度をつけて4発ずつが搭載されています。
その理由は、演奏会場では、直接音が1、反射音が8の割合だからだそうですが...

その9発のスピーカーを直列に接続し、アクティブイコライザなるもので、周波数特性に対する補償をおこないます。0.9オームのスピーカー9発を直列ですから、約8オームの抵抗です。
アクティブイコライザ―は、アンプのテープモニター(死語?)に入れるか、プリとパワーの間に入れることになります。補償(イコライジング)の曲線を見ると、低音と高音をかなり持ち上げた形になっています。普通のスピーカーで言うネットワークがパッシブイコライザで、スピーカーの箱の中に内蔵されているのだとすると、901の場合、それがスピーカーの外にあるわけです。宣伝文句では一応35㎝スピーカー相当の低音が出ることになっています。個々のユニットの大きさは11.5㎝ なんですけどね。

興味を持ったのは良いのですが、その独特なコンセプト故、試聴できるところがまったくありませんでした。おそらくは人気もなかったのでしょう。うしろに音が反射するような壁がある必要もあったのも理由でしょう(発明者のドクターボーズは、自宅で8機の901を4機ずつ背中合わせに置いていたそうです。それでキャンセルできるほど位相特性がいい?)。とにかく全く試聴できなかったのです。

当時、2種類のものが売られていました。一つはアルミフレームで黒い布の貼られたもので、真っ黒などちらかというと商業施設向けのものと木製ボックスに布の貼られたどちらかと言えば家庭向けのものです。

試聴は出来なかったものの、思い切って買うしかない、と思ったころには後者はほとんど市場にありませんでした。ようやくと埼玉の有名店にあるというので発注を掛けて届いたのを見るとびっくり。もちろん新品のはずでしたが、天板にどうやってついたのか無数の傷がついていました。よくこんなのを新品と称して売りましたね。速攻で返品しました。今だったら少しごつくともアルミフレームのものを選んでいると思います。

それで懲りてしばらく沈潜していましたが、住居を替わったのを機に再び買う気が出てきて、設置場所が確保できることになり、購入したのが901VCでした。
本体の作りも、アクティブイコライザの作りも以前に比べ若干安っぽくなっていてがっかりしました。アクティブイコライザは、箱にも入れらず段ボールの間挟まれるように送られてきたのに驚いたのを覚えています。

しかも以前のものは、通常使用の場合に前を向くのは一発のみですが、逆に8発の方を前に向けて使用することもできたのですが、VCは一発のみを前に向けて使用することになっていました。最後まで試聴はできませんでした。

相前後して導入したクレルのアンプと以前から持っていたルボックスB226CDプレーヤーとで、とにもかくにもオーディオライフがスタートです。CDプレーヤーの可変出力とパワーアンプを直結していました。出力の可変は本体にもありますが、主にB226のリモコンで調整しました。

そのコンセプトから想像するような独特の音というわけではありません。一聴、普通の箱型スピーカーと大差ないものと思われます。ただ、透明感とか繊細さ、高音の綺麗さを追求したものでもないと思われます。どちらかと言えば、フルレンジユニット反応の速さとか迫力を重視したものではないかと思います。実際必要なアンプパワーは下は10W 程ですが、上限は無しです。つまり結構パワーを入れて大きな音を出せるということだと思います。やったことはありませんが。

類似商品に802というSR用のものもあります。92dBという能率をどこかで見た覚えがありますが(どう測ったんだろう?)、これが正しいとすれば、ほどほどの能率です。

現状での不満を言えば、ジャズのシンバルレガートやハイハットなどが聞こえにくいことでしょうか。これには私の耳の問題もありますが。もちろん意識してシンバルを録音されたものはしっかり聞こえます。ある評価では、スーパーツィーターとスーパーウーファーを付けると良い、というものもありましたが、せっかくのシンプルなコンセプトにはそぐわないかと個人的には思います。

BOSE自体は、発祥の地アメリカでも901を含めてハイエンドとは思われていないようですね。実際ステレオファイル誌の編集者に、アンプのクレルとチェロはハイエンドだけど901は違うねと(メールで)言われたこともあります。901がハイエンド誌に取り上げられた事例を知りません。

その割にはアメリカではいまだに売られているのに、日本では事実上消滅しているようです。


(注)米アマゾンで見ても、いまは入荷未定になっていますね。価格は1400ドル程度のようですが。

Posted at 2017/10/12 16:43:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 趣味
2017年10月07日 イイね!

スピーカーケーブルについて

BOSE901を使い始めた頃は確かヴァンデルハルのケーブルを使っていました。平行線で透明の被覆だったと思います。捻じり線でしたね。あまり記憶がないのですがまずまず尖ったところはなかったケーブルだったと思います。

次に使ったのが、Tara LabのPhase 2ケーブル。2mの長さでY端子も最初からついていて、その付け根もシュリンプラップ?されていました。確か電流の方向性がありましたっけ。これにも大した記憶はありません。これはたいそう固いケーブルなので取り回しが不便でした。

最近になって、オーディオ趣味が復活してから使い始めたのが、ベルデン8460の18AWGの2mです。スピーカーの取説に、9mまでなら18AWGでOKとあったので値段もほどほどだったので使ってみました。

そのうちに比較の基準が欲しくなって、ウエスタンエレクトリック(WE)の同じく18AWGに替えてみました。この二つには結構な違いがありました。

ベルデンの方は、比較してみると中高域の抜けがかなり良かったのです。WEの方は、一聴して中低域がベルデンに比べると出ている感じでした。

総じていえば、比較してしまうと繰り返しになりますが、ベルデンの方が中高域の抜けが良すぎることが耳につきます。お好きな方、もしくはその特性を積極的に使いたい方には良いケーブルだと思います。私の場合は、当分WEを使ってみようと思っています。
Posted at 2017/10/07 22:56:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 趣味
2017年10月03日 イイね!

デジタルケーブル

hiFaceTWOを導入したときに、DACとの接続にはaudioquestのケーブル(同軸―同軸です)を使ってみました。
CDプレーヤーとDAC間はベルデン1506A(これも同軸―同軸)で接続していたのですが、これをaudioquestのかわりに使ってみました。

例によってステレオサウンドのCDを聴いてみたところ、ベルデンの方が、中高域が強く出ている感じでした。
スピーカーケーブルもその傾向があるのですが、ベルデンは音の重心が高くなる感じで抜けが良いというか、わずかに硬くなる感じです。

全般的なバランスから、hiFaceTWO用のケーブルは、当分audioquestで行こうと思います。
しかし、hiFaceTWO側が同軸なので、もう一方がBNCのケーブルを手に入れないとCDプレーヤーとhiFaceTWOを同時にはDACに接続できない状況です。

DAC側で空いている端子は、同軸とBNC、およびAES/EBU(バランス)のみなのですが、前2者しか使えそうもありません。光端子はSTリンクなのでMacとの間ではST/TOS間の変換が必要なため事実上使えません。
Posted at 2017/10/03 23:09:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 趣味
2017年10月02日 イイね!

リファレンスCD

ケーブルや装置を導入したときに個人的に基準としているCD(MacのHDDへ落としたのも含む)があります。

クラシック系:
StereoSound Reference Record Vol. 1(菅野沖彦編)、Vol.2(山中敬三編)
及び Vol.8 フィリップスベストレコーディング(菅野沖彦編)

声楽、ハープやピアノ3重奏など繊細な雰囲気を持つ曲が多く、なかなか再生が難しいと個人的には感じるものが多いです。






Jazz系:
StereoSound Reference Record Vol. 4(菅野沖彦編)

これもゴリゴリのジャズではなく、どちらかと言えばクラシック的な品の良さを感じさせるものがほとんどです。編者の人柄がうかがわれます。雰囲気良く再生するのは難しく感じます。

さらに録音レベルが低い感じがするのも再生の難しさの一つかと思います。
オムニバスですが、オリジナルのCDと比べると同じヴォリューム位置でも音量が小さいのです。


その他:

”The Hunter” Jennifer Warnes(同じくFamous Blue Raincoat)

ひところのオーディオデモで良く使われたようです。曲、音が良いのは当然ながら編曲も凝っているように思います。迫力の低音から、聴こえるか聴こえないかの小さな音まで。
声の良さはもちろんです。
                 
       
Posted at 2017/10/02 22:17:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 趣味
2017年10月02日 イイね!

hiFaceTWO(M2TECH)の導入

AirMac Expressとプリアンプ間のケーブルを交換したばかりですが....
実際、1日しか使っていないw

hiFaceTWOを導入。何かというと、USBからの信号を同軸信号へ変換してくれるものです。M2TECH社(イタリア)の製品です。なんと製品シリアルは手書きでした。おかげではっきり読めませんw
生産量はどのくらいなのでしょうか。

使用しているDAC (Esoteric D-3)はもう20年以上も前に購入したもので、ハイレゾどころか、ほとんど16/44.1KHz 専用です。当然のようにUSBは装備されていません。これを何とかMacとつなぎたいということでいろいろ探しているうちに見つけたのがこれでした。

製品自体は2012年ごろ発売のようです。 進んだ方々は一渡り使い終わったころなのでしょうね。情弱ぶりがひどいです。

写真のようにごく小さなものです。MacのUSB端子に差し込むだけなので、電源ケーブルは不要、接続ケーブルは、DACとの間をつなぐ同軸ケーブルのみです。 なかなかきれいな製品で貧相な感じはみじんもありません。



場所も取らないし、電源ケーブルが不要なのも大いにありがたいですね。

Macなので設定も簡単です。環境設定のサウンドとMIDI設定でこの機器を選択するだけですぐに音は出ます。

音はさすがに重厚長大のDACとの接続です。安心感、安定感が違います。聴いていてハラハラすることがない。
弦や管楽器もつやと力があります。低音が充実し分解能も高く、何より詰まったような低音ではありません。

現用の装置でこれ以上は音的には出せないと思えるのが精神安定上に好ましいと思えます。

つまり、CDプレーヤーもMacも同じDAC経由なので、これ以上悩んでもしょうがない状況になったということです。 DACとしてのAirMac Expressは使わなくなるかと。


USBケーブルは長いものを使うと音質が劣化するとか言われますが、同軸はそうでもないようです。
機器間の間隔が長くてUSBケーブルが使いにくい場合にも、本製品で同軸を使えば便利なようにも思えます。

購入にあたっては、ヨドバシドットコムを使用しましたが、カスペルスキーインターネットセキュリティーの専用ブラウザ設定と相性が悪く、すぐにタイムアウトになってしまい困りました。
(結局Windowsマシンではなく、Macを使用)
Posted at 2017/10/02 12:00:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽 | 趣味

プロフィール

「ECSチューニングからの荷物が早くも到着!中三日。」
何シテル?   10/02 15:44
はじめまして。 現在はBMWE39に乗っていますが、車検も2回を過ぎたのでそろそろ次期車を考えようかと思っています。 ですが、E39のスタイリングが気に...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

シェーブ・アイス 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/20 15:05:27

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
何故かセダンばかりが2台ありましたが、E39530i(とても優等生でした)はすでに手放 ...
BMW 3シリーズ クーペ BMW 3シリーズ クーペ
E92
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.