• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hiromenのブログ一覧

2017年06月15日 イイね!

自転車熱、再び。

自転車熱、再び。最近のMyハマり、自転車ネタです。


クワハラガープ ストリートです♪







友人宅にて、自転車雑誌で見て一目惚れ。
そのメカニカルなデザインと、自転車なのにディスクブレーキ、
そして当時は斬新だったブルホーンバーハンドルが衝撃的でした。

20インチの折り畳み自転車です。


私が雑誌で見たガープは、トライアル仕様のガープソニックでした。
30台の限定発売で、存在を知った時には既に完売・・・。






で、自転車に詳しい友人にいろいろ聞いてみると、限定モデルじゃないものでも普通には買えないらしいと。
と言うのも、1Lotの生産が少ないらしく、しかも発売時期がランダム。
それに取り扱ってる店がマニアックそうな専門店。

運?の良い事に、友人がお世話になっている自転車ショップで購入可能との事なので、
早速相談してみると、即取り寄せ購入OKとの事。

で、ホワイトガープストリートを新車購入出来た訳です♪










タイミングが悪いと、数ヶ月、もしくは1年待ちにもなるそうです。

現在は、生産終了で購入はできません。

ゴブリン、グリフォン、ガープと続くシリーズものなので
そろそろニューデザインの新型が出るかもですねえ。
もう10年近く経っているし。わかんないけど。



私のガープは、9Lotのガープストリート。

購入当時の姿はこんな感じ ↓





今は、
オリジナルは、フレームとリアショックくらいです・・・。




画像はちょっと前のもので、今現在はコンポがシマノのアルテグラに変わってます。


ハンドルをブルホーンに変えブレーキレバーをSTI(変速レバー兼用)に変えるので
ブレーキを、当時評判の良かったエイビッドBB7ロード用のものに交換。

でもエイビッドBB7、とっても外見がチープ・・・。
半ツヤのシルバー塗装(メッキじゃない)とアジャストダイヤルの赤のコントラストが安っぽい・・・。
本品はなかなか高価なのにとっても残念。

なので、バラして塗膜を剥がしピカールで磨いてクリアイエローでゴールドっぽく♪
かなり派手になりました!

リア ↓




フロント  ↓








エイビッドBB7ロード用、なかなかコントローラブル!
片押しってのがネックだけど、カッコ良くなったから良しとしよう♪


そのうちTRPの両押しのブレーキが欲しい。



それから、ソニックに近づけたかったのでフロントフォークも
サスペンションタイプからリジットの軽量カーボンフォークに交換。
トライゴン製のディスク専用フォークです♪








私の中で、ガープといえばソニックってくらい印象が強いので、

『ディープリム』『ブルホーンバーハンドル』『ディスクブレーキ』
この3点は譲れません!

今は、ソニックよりこのホワイトガープがお気に入りです♪
試行錯誤でいろいろ自分好みに弄りましたからねえ。
ブレーキフィールや、ギヤ比選択、タイヤチョイス。
完全に、自分仕様です!


かなりマニアックな小径車なので走ってると目立ちます。

毎回、走る距離は50km前後。
ヘルメット、グローブ、サングラス着用。
サドルバックの中は、
パンク修理キット、スペアチューブ、エアボンベ、工具等々入ってます。

もちろん、交通法規厳守です。







お気に入りの愛車に乗って走るのは格別です♪



Posted at 2017/06/15 18:16:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車ネタ | 日記
2017年06月15日 イイね!

ハイキャスター♪

ハイキャスター♪ハイキャスター♪


トライフォースさんのピロアッパーマウントを見たときから構想していたハイキャスター化。










予備のピロアッパーマウントは確保してるし、
車高調もその他3セット保有しているので
『最悪ダメでも逃げ道はいくらでもある』と、
思い切ってハイキャスター化作業を実行です♪


先ずは、従来通りにピロアッパーマウントを取りつけて
現状での取り付け位置を正確にマーキング。
その後、マーキング作業が終わったら、
ピロアッパーマウントのベースの位置決め耳をカットします。











位置決め耳をカットした事で、好きな方向にショック頭の位置を調整できます。
今回の主旨はキャスター角なのでキャスター角が調整できる向きで取り付けです♪


















左右対称で正確に取り付けなければ左右のアライメントがバラバラになってしまうので
取り付け&位置決めは慎重に行わなければなりません。

それに、位置決め固定用の耳をカットしてしまったわけですから別の位置決め加工もしなければなりません。


当初は、『専用タワーバーを取り付ければ、ピロアッパーマウントの位置は固定される!』と考えていましたが、
実際に取り付けてみると、本締めの段階でかなりズレることが判明・・・。

そこで、不本意ではあったけどボディに穴を開け、ピロマウントと共締め固定を出来るように穴あけ加工。
正確に仮組して、アライメントに悪影響が出ないように左右対称を何度も確認。










これで本締めの最中にピロマウントがズレる事はなくなりました。


今回キャスター角調整方向にピロマウントを配置しましたが、
タワーバーマウントステーの穴位置の関係上、ピロアッパーマウントを60度回転させた位置での取り付けです。
本当は90度回転させて取り付けたかったけど、タワーバーマウントステーの加工を必要とするので
今回は60度回転させた取り付け位置で様子見です。






















それでも、目に見てキャスター角が変わっていくのが判ります♪

その代わり、キャンバー角調整はストラットアジャストボルトだけなので4度弱までしか出来ません。
(モンローキャンバーボルト2個使用&長穴加工あり)

今の私のFITは街乗り仕様なのでキャンバーはー1.2度で組みました。
だけどハイキャスター仕様になったので、ステアリングを切って行くと、
外側タイヤはネガティブ方向に(内側に倒れこみながら)切れていきます♪
逆に内側タイヤはポジティブ方向に(外側に倒れこみながら)切れていきます♪



直進安定性は良くなりました。
ハンドルが重くなった・・・。
とは言え、今までもキングピン傾斜角MAXだったためステアリングの重さは
結果的にはそんなに変わらないです。


ハイキャスター化にした一番の理由は、どんな挙動になるかやってみたい!です。
単なる好奇心です。

ステアリングを切った時だけ外側タイヤがネガティブ方向に倒れてくれれば、
直進時のキャンバーをー1度位で組んでも、コーナリング中は良い感じにネガキャンになってくれる!

これで、直進時のブレーキングでタイヤ接地面は以前よりは良くなるし、タイヤ変磨耗も抑制できるかと♪

デメリットも当然あります。
パワステに対しての負荷大、ドラシャにも角度的な負荷が通常よりは掛かるかもです。
何でもそうだけど、トレードオフな関係ですねえ。

まあ、これが原因で壊れたとしても直せばいいし。

順番が逆になってしまったけど、
近々アライメント測定ツールが手元に届くので正確な数値を測ってみようと思います♪





いろいろアジャスト出来ると楽しみも増えます♪
それと同時に迷走の度合いも増していきます・・・。(笑


時間が出来たら、山走りに行ってみよう!


























Posted at 2017/06/15 08:33:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車高調?♪ | 日記
2017年02月21日 イイね!

何か、いろいろと思う事。

今回は、文字だけ。


来月車検です。
先日、お世話になっているディーラーに車検前点検(無料)してもらいました。

改善要求されたのが、車高を5mm上げて下さいとの事。
出来れば10mm上げてきてくれると嬉しいらしい。
あと触媒のことも聞かれました・・・。
その他は問題ないようでした。



ちなみに今回は、マフラーの音量は意外に低かったみたい。
実測で90dbちょうどでした。思ったより全然静か♪
それから、排ガスも規定内に収まってました。www。
サー○ットコン○ーターだったんだけどな・・・。

とりあえず24ヶ月点検項目で自分でも点検♪

ひょっとしたら脚を新規で前後変えるかも。
実は、新品で高価な脚があるんですよねえー。フフふ。

今着けてる脚は、サーキット仕様にして取っておきたいので。
距離もそんなに走ってないし。



全然話は変わるけど、

ダンロップのディレッツァZ3タイヤ、
カッコイイ!

何がカッコイイって、サイドのロゴがZ1の時と同じ感じになった!!
Z2になってから、かなりスッキリしてしまったので残念に思ってました。
だって、タイヤペンでなぞっても文字が小さいと全然映えないから〜。

でも今回のダンロップのディレッツァZ3、
良い感じに大きいロゴ♪
次のタイヤはダンロップのディレッツァZ3に決まり♪
サイズも欲しいところがあるし、しかも安い!

今のGOOD YEAR EAGLE RS Sportsは一番気に入っているんだけど高い!
サイズの選択肢も少ないしで、次はディレッツァZ3。

性能?
私にとっては二の次です♪












Posted at 2017/02/21 18:51:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月26日 イイね!

ロング・ハブボルトに交換♪

ロング・ハブボルトに交換♪ロング・ハブボルト♪

に、する為フロントハブASSY、
ハブベアリングを新品に交換♪

ハブボルトを抜くには
ハブを外さないといけません。
ハブを外そうとすると、
ハブベアリングがダメになります。





しかも、外したハブにベアリングのインナーレースが残ってしまい、
溶接で熱膨張を利用して外すか、ベビーサンダーとかで壊して外すかしないと
ハブは再利用できません。ハブベアリングは新品交換が大前提です。






ハブ自体も、前期FITは強くないらしいから使えそうでも新品に交換です♪
サーキット組の何人かは、ハブ&ベアリングが壊れたとの情報もありましたから尚更です。

ちなみに、後期GE8のハブ&ベアリングは4mm外径が大きくなってます。
それに伴い、ハブ自体もナックル本体も大きくなってます。

ホントは一式後期用にしたかったけれど、
上記に気付いた時にはもう既にパーツ一式買っちゃった後だったんですよねえ。


ロング・ハブボルトに交換したかったのは、スペーサーを入れたかったから。
4Podキャリパーにしたら、1番お気に入りのWedsスポーツの『SA-70』が
キャリパーに干渉して履けなくなったから。



3mmのスペーサーを入れて外側に逃せばSA-70を履く事はできますが、
ホイールハブボルトの掛りがスペーサーの3mm分浅くなってしまいます。

アルミナットで3mm掛が浅くなるのは、かなり危険!
スーチャーつけてトルクも上がってるし不安要素は少しでも減らしたい。

スチールナットなら、アルミナットよりはマシかもしれませんが、
ホイールナットはWedsのレッドアルミナット。これもお気に入りの一つ♪
これも譲れません!

ホイールナットのネジのかかりは最低でも10mmらしい。
理想は、ボルト径と同じくらいの12mm。
アルミナットなら尚更です。

ちなみに、純正ハブボルトのホイールナットの掛は約12mm、ギリギリです。
流石、エコカー・・・。






なので、3mmスペーサー入れると掛は9mm、アルミナットならかなり不安・・・。
個人的には、スチールナットでも不安。

正直、5mmスペーサーをそのまま入れている人を見ると怖くないのか疑問に思う。
街乗りなら大丈夫なのかもしれないけど私は怖くて出来ません。


で、今回の作業となった訳です♪


入れたのは、20mmロングのハブボルト!
20mmロングにしたのは、フロントをネガキャン6度にした際に、
引っ込んだ分を10mm〜15mmスペーサーを入れてツライチにする為もあります。

貫通ホイールボルトを使えば
街乗りからサーキットまでスペーサーの出し入れでツライチにできるし♪
ロングにした分の重量増は気にしません♪


交換作業は、結構大変・・・。
プロに任せた方が良いです。
てか、プロじゃないと危険。
専用工具も必要だし、作業時の細かいお約束など経験値が必要になる項目が多数。







3mmスペーサーを入れたので4Podキャリパークリアです♪





これで、
SA-70に組んだハイグリップタイヤの『GOOD YEAR EAGLE RS Sports』が使えます!
製造は2012年だから4年落ちだけど、頑張って使い切ろう!





タイヤが変わると乗り心地も変わります♪
タイヤ外径が大きくなったのもありますが、少しソフトになった。

ロードノイズも大きくなった・・・。


自己満足は満たされたので全然OK〜!

この季節、
ハイグリップタイヤとはいえ路面温度も低いし調子に乗らず安全運転、安全運転♪



ホイール4セット持っているのに、スタッドレスタイヤは1セットもありません。
雪が降ったら走りません♪
私が住んでいる地域は、滅多に雪積もらないし、
積もったとしても年3〜4日の為だけにスタッドレスタイヤは勿体無いし。
移動が必要になったら、その時だけ公共交通手段の電車です♪

Posted at 2016/12/26 19:34:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテ♪ | 日記
2016年10月15日 イイね!

細かい事いろいろ♪

細かい事いろいろ♪ちょっと前にエアクリーナーを替えました。

替えたのは、スーチャーキットのエアクリーナーの点検時、光に透かすと目が粗いからなのか透過しすぎのような気がしたから。

仕事場の駐車場の隣が高校のグラウンドで、
その砂が日常的に舞っているような綺麗好きなにとっては劣悪な環境。

3日もすれば薄っすらと砂かぶるような環境。
黄色のボディなんで実際は汚れているようには見えないけど、
窓ガラスは全部視界不良になるくらい・・・。

そんな環境下なので、
『フィルターの濾過性能』に疑問を持ってしまったら替えたくなってくる。





そこでいろいろ調べてみました。
てかそれ以前からいろいろサーチしてたんだけどねえ。

候補は幾つかあったけど、取り付けに加工を必要とするものが多く、
その中で無加工で取り付け出来そうな物を見つけました♪



『APEXのパワーインテーク』






乾式のフィルターでエアフローセンサーに影響がなく
集塵性能が良くトータルの性能も悪くなさそう。
乾式なので使い捨てですが、ムキ出しエアクリーナーにしては安い!

で、ボルトオン! 全くの無加工!!

取り付けのボルトピッチ寸法その他ほとんど一緒♪
エアクリーナーの台座が一緒っぽい?


『APEXのパワーインテーク』
光に透かしてみても、ほとんど透過しない。
集塵能力には期待出来そうです!

取り付けてみて、


若干、パワーダウン・・・。
しかも、前面からのエアー流入が無くなったからなのか、
吸気温度(エアフロセンサー内)が高いまま・・・。

側面吸気なので走行風を取り込めないから仕方ない。
吸気温度が下がらないのは、
ラジエーターを通過した空気を取り込むからかもしれません。

それでもエンジン保護優先にするなら多少のことは多めに見よう・・・。




しばらくは、この仕様で走っていたけれど
我慢出来なくなって、いろいろ改修してみた。





『アミス製エアガイド改』を復活させようかと。





で、これを復活せようとするには先ず
SCトラクションオイルを冷却する為のオイルクーラーを下側に移設。
今まで、これが邪魔で着けられなかった。




           ↓






それから、オイルキャッチタンクが邪魔になるので少し移動。
移動するのに、SCオイルキャッチタンクが邪魔になるのでこれも違うものに交換。
今までは『アクティートラック』のラジエーターリザーブタンクを流用してたけど、
樹脂タンクは見栄えが悪いので、アルミタンクに交換♪






                   






アルミタンクは、HKS製のSCオイルタンク。
そのままではリザーブタンクとして機能しないので加工して取り付け。

これは以前、ROTREXスーチャーを取り付けて間もない頃、オイルオーバーフローに悩まされていた時に、
HKS製のSCオイルタンクならオーバーフロー対策されてるかも?と思い購入していたんですよ。

でも、実際手にしてみたら、単なる筒・・・。ううっ。2万円もしたのに・・・。
で、今までタンスの肥やしになっていました。(笑
3年越しでの出番となった訳です。
(無駄にならなくて良かった・・・。ハハッ)

ホース類の取り回しや、タンク取り付けには苦労したけど、
私的には、なかなかカッコ良く付けたつもり♪

ついでに自作カールファンネルも付けてみた。
偶然このエアクリにピッタリなアングル♪








効果のほどは、

走行時、48〜58度だった吸気温が、35〜46度くらいに下がった!
しっかり効果はあるようです!
パワー感も少し戻って来た様な気もしますが、
ここ最近の気温の低下が要因かもしれないので確証はありません。



オイルクーラーを移設した事で、しっかり走行風を当てられて
SCオイルもしっかり冷却出来るようになりました!
でも、トラクションオイル20℃台って冷えすぎ?冬場はもっと下がりそうな気が・・・。
温度範囲が-40〜80℃だから大丈夫とは思うけどどのくらいが丁度良いだろうか?






細かいこと言ったらキリがないので、範囲内であるならばOKっとしておきます♪








それに何より、エンジンルーム内の見栄えが良くなったので全然OK〜!⇦これ大事。






プロフィール

「@irogayoshi3月は厳しいので 4月入ったらどっか流しに行きますか〜。」
何シテル?   02/28 20:46
2008年10月にFIT RS CVTを購入しましたが、2010年3月にRS 5MTに乗り換えました。ますます妄想に拍車がかかりそうです・・・。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

レザーショップ Salve!『サルウェー』さん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/08/27 18:55:02
 

お友達

ご返事に時間が掛かるかもしれませんが、お気軽にお声掛け下さい。皆さん宜しくお願い致します。
106 人のお友達がいます
カブパパカブパパ * Dai_ZN6Dai_ZN6
TAKA@赤RSTAKA@赤RS FRC広報部FRC広報部
echo.echo. FIAT_LOVEFIAT_LOVE

ファン

74 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フィット(RS) ホンダ フィット(RS)
RSのリヤドラムブレーキCVTから、 RSの5MTに乗り換えました。、あいもかわらず黄色 ...
その他 その他 その他 その他
運動不足解消の為のポタリング仕様〜! 少しずつ弄ってますが、全然仕上がってません。、こち ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.