車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ドライバーくんの愛車 [マツダ RX-7]

カタコト音の原因は、燃料タンクだった!
カテゴリ : エンジン廻り > 燃料系 > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業ショップ作業
難易度
作業時間12時間以上
作業日 : 2016年09月28日
1
FDの問題のひとつに、燃料が半分以下になると左コーナーやフル加速時に、燃料がいかなくなり息つきを起こすという現象があります。
今回はその対策として、コレクタータンクと呼ばれるサブタンクを装着しました。
また、同時にガタが気になっていた燃料タンクも同時交換。

これは、外したタンク。
20年間、お疲れ様でした。
2
普段めったに見られない燃料タンクの中身はこんな感じです。
ガソリンが一気に片寄らない為らしい仕切板がありますが、これの片側が完全に外れ、ブラブラになっていました。
3
新品の燃料タンクは、ピッチ塗装仕上げでピカピカ。
4
これは別車のものですが、コレクタータンクは、タンクとデフの間にきれいに収まります。
5
これでガソリンが半分以下でも安心して走れるので、20~30キロの軽量化と同じ効果があると思います。

最後にセッティングをして終了。
6
交換してからは、段差やシフトチェンジ時に出ていたカタコト音もすっかりなくなり、静かになりました。

異音の特徴は、ガソリンの残量によって音が変わったり、少なくなるほど大きくなったりします。

外したタンクは、まだショップに置いてあるので興味のある方は、現物をご覧ください。

イイね!0件




入札多数の人気商品!

 

もうすぐ掲載終了!

 
関連整備ピックアップ

WAKO'S レックス

難易度:

上からオイル交換楽すぎ

難易度:

燃料キャップ交換

難易度:

燃温センサー交換

難易度:

燃料ポンプ交換(102,900km)

難易度:

バキュームホース交換。

難易度:

関連リンク
この記事へのコメント
コメントはありません。
プロフィール
物心ついた頃からクルマが大好き。 プラモデルにミニカー、小中学生の時にスーパーカーブームを過ごしラジコン、バイクに夢中。 免許を取ってからは、30年近くRX...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
96年式アンフィニRX-7 ロータリーエンジンが可能にした奇跡のイタリアンクラシックデ ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
レガシィアウトバック2.5i 7年10万キロ経過 レガシィベースに車高を上げてオーバーフ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.