車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月15日 イイね!
MOTEGIまでは無理でしたが、EBISUには行ってきました。さる11/13(日)にSUBARU恵比寿本社に併設されているスバルスタースクエアにてSUPER GT Rd.8 もてぎのパブリックビューイングが開催されました。


結果的に内容は残念ながらあまりナ・イ・ヨ・ウですがとりあえず個人的なネタとしてはアリますので書いときます。本筋のレースはあんまり出てきませんがよろしければご覧下さい。













来ましたよー♫恵比寿SUBARUビル。


今年はこれで実質3回目の訪問です。



ちなみに1回目

ニュルブルクリンクのPVに当選したので参加             5月下旬。

2回目

発売前のレヴォーグSTIsportsの参拝。勝手に参加。        7月初旬。




そして今回 11月中旬

まだ看板は「富士重工業株式会社」ですね。「SUBARU」に社名変更してもここの看板は変わらないのかな??








ここの





ここにきました。


















いつものように表のスバル車3台がお出迎え。

今回は当たり障りのない?フォレスター、レヴォーグSTIsports ,アウトバックの展示でした。











↑これに来ました。
現着時刻は11:00
当日どれほど混んでいるか?わからなかったので早めに行動です(基本)












えーと。結論を申しますと・・・・・全然混んでません・・・。




人気ないのかな。チョイと心配・・・・。








とりあえず開始まで時間はあるので

新型インプレッサなどを眺めつつ


この前触らせてもらえなかったニュルトロフィーと再会しつつ








たぶん冬季オリンピックスキー?スノボ?日本代表仕様の赤白レヴォーグが駐車場に停まってましたので撮影。






ウルトラマンみたいな配色ですな。













まるで私のためにある言葉のようだ・・・。











開始までの時間はまだまだた-っぷりとありますので








GT仕様のBRZがかっこいいスロットカー選手権に当然のように参加。





ハマル2号。






意外と速いので追いきれなくてブレブレです。







ほぼ貸し切り状態なので思う存分楽しめましたよ(苦笑)







スロットカーを私も初めてやってみましたがなかなか面白いですね。レバーを握ったり、離したりだけの単純な操作なんですけどなかなか好タイムを出すのは難しい・・。










ちなみにスロットカーの面白さにハマった2号は本番のパブリックビューイングはそっちのけでず~~~~~~っと2時間以上ひたすらにやってました。


何しに来たんだか・・・(汗)




子供ってハマると飽きずにやり続けますよね。呆れるほどひたすらに。

おっさんには遠い過去のモノになりつつある感覚ですわ。









今年のRd8.もてぎは変則で12日にRd.3オートポリスの代替レースの予選・決勝が行われ


前日の金曜日は大雨でなかなかドライでのセッティングが決められずぶつけ本番の様相の中での予選3位はかなり上出来だったのですが、







最後他車との接触もあり、決勝はかなり悔しい23位で終わりました。













恐竜の顔みたいなコースですね。


もともともてぎはストレート区間が長く抜きづらいサーキットなので排気量の小さく軽さを活かしたコーナリングマシンのBRZには不利なコースです。大排気量でありあまるパワーを持つライバル車のほうがストレートが速いのでストレート区間が長いとそこでどうしても離されてしまうんですよね。

第3戦(実質8戦中7戦)が終了した時点でBRZはトップのVivaC86の58ポイントから11ポイントマイナスの5位。

最終戦で優勝すると20ポイントが加算されますからBRZが2位以上でゴールしてかつVivaC86が4位以下なら逆転のシーズン優勝もありえるといった状況で迎えます。


なかなか優勝するにはハードルが高いですががんばって応援しましょう。










Rd8もてぎの午前中の予選結果です。







第8戦の予選担当ドライバーは山内選手。

いつものQ1、Q2方式ではないので一発勝負の予選です。




さて前置き長くてすいませんいよいよレース開始&PVのスタートです。







司会はSUBARUの企画ではよくお目にかかる濱田 恵梨子さん。

ゲスト解説は松田 晃司選手でした。






いよいよスタート。





BRZはスタートドライバーの山内選手が好スタートを切り2台抜かして5位に浮上するもそこからはなかなか前を抜かせない厳しい状態が続きます。

27週目に井口選手とドライバーチェンジしてタイヤを左側2輪のみ交換という作戦に出るもののやはりタイヤが厳しいのかなかなかタイムが上がらず上位チームからは引き離されてしまいます。



終盤でアウディーR8との攻防も見ごたえがありましたがやはりタイヤが厳しいんでしょうね。結局抜かれてしまいました。






GT500の終盤のトップ争いのほうが見応えあったりして(苦笑)












残念ながらBRZは13位でレースを終えました。








辰巳監督も厳しい表情でしたね。

シリーズ中盤で3連続表彰台にあがり鈴鹿では優勝しましたけど結果的には物足りない感じでした。シリーズを通して6位。
表彰台に登れたレース以外でのレースがノーポイントで終わったのが結果的には痛かったですね。いろいろな与件があるから難しいのでしょうがやはり安定的にポイントを重ねることがシーズン優勝に近づくのは間違いないでしょうね。










ちなみにGT300クラスでシリーズ優勝したVivaC86は8戦中6戦でポイントGET。うち2回優勝。



GT500シリーズ優勝のDENSO KOBELCO SARD RC F
今年もGT-R勢の優勝かと思われたGT500に驚異の追い上げでチャンピオンになったレクサス。

8戦すべてでポイント獲得。シーズン当初は目立った強さは正直なかったが着実にポイントを重ねて最終戦もてぎの2戦がすばらしく安定して速かった。


今年のスーパーGTのシーズンはこれで終わってしまいましたがBRZには悲願のシリーズチャンピオン目指してがんばって欲しいものです。

来年も応援してますよ!!









最後のじゃんけん大会で





2号初っ端に見事ファイルGET。


あとで松田 晃司選手にサインいただいた。






いつもは早々に負けてしまう私も帽子をGET!!






もともとの参加人数が少なかったというオチは・・・・










かなりアリ・・・。










富士重工社歌の入ったうちわもどさくさに紛れてGET!!












以上でPVのレポート終了です。

最後までお付き合いありがとうございましたm(_)m
Posted at 2016/11/16 09:55:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE | 日記
2016年10月30日 イイね!
レヴォーグ都筑オフに参加してきました。昨日のこの時間は現地にまだいたよな・・。



10/29(土)にレヴォーグ都筑PAオフ会に参加してきました。


幹事様がおっしゃられていました。「ブログを上げるまでオフ会」だと・・


最近は少し間を空けてとか、強者になると一年後とか(汗)にUPされる方もいらっしゃるみたいですが、やはり「鉄は熱いうちに打て」「記憶が確かなうちにUPしろ」とどなたかが言われていたみたいなので記憶の鮮明なうちに振り返っておきます。


内容は・・・すいません。特にこれといって無いんですが(苦笑) 




個人的なオフ会との付き合い方みたいなのをダラダラと。









個人的にはレヴォーグのオフ会はこれで3回目。


1回目は芝浦PAでやった大雨の中のオフ会。

日付見たら2016年3月10日

集合したレヴォーグは30台くらいでしたっけ?



アントキモメチャメチャサブカッタナ・・・



これが私のレヴォーグオフ会でぶーでした。






2回目は2016年レガレヴォセッションズ

日付は2016年6月13日



この時は確かレヴォーグは100台は余裕で超えて130台くらいだったかな??


とりあえずスンゴイ台数のレガシィ・レヴォーグがいたのは間違いありません。




参加台数多すぎて収集つかなかったのも間違いありません(苦笑)




オフ会って参加人数が少ないほうが参加者同士の濃密な付き合いを誘発してくれますよね?
でも人気車種?のレヴォーグはそれを許しませんから。やはり元々の分母が大きいんでしょうね。レヴォーグオーナーさん集まりすごくいいと思います。




そして今回2016年10月29日



最終的に50台以上はいらっしゃいましたよね????

これはやはり旗振りのヌマオさんの人徳が大きいと思います。







いつもはそこまで撮るの??
って言われるほどシャッター斬りまくるわたくしですが今回はなぜか全くといっていいほど写真撮らず。



帰ってきて見てみると普段は100枚くらいは平気で撮るのに今回数えてみたら実に17枚!しか撮っていませんでした。







数少ない写真をとりあえずUP。









わたくし神奈川在住ながら
実は都筑PAに来るのは今回が初めてだったりして・・・(汗)



個人的感覚では「第三京浜」はノンストップで走り切るところで止まるところではないので今まで一度も停まったことはありませんでした。

が今回初めての「都筑PAオフ」に参加させていただくことになり、初めて都筑PAに行くことができました。その意味でも良い経験でした。





暗いですね。都筑PA。ほとんど光がない。暗すぎて写真撮影にはかなり厳しそう。。



なにせ写真は「光画」ですから。




だから今回は写真の枚数が少ないのかも。話し込んでしまったってのもありましたが・・。





なので手持ち撮影はほとんど真っ暗。少しでもシャッタースピード遅くしようものならブレブレブレ。



なのでこの辺から三脚使用。

目の前をヘッドライトが通り過ぎるのを見計らってスローシャッターで撮影。




たまに見える人影みたいのは人です(笑)

シャッタースピードが遅いと止まっているものだけが写り動いているものは写らないorブレブレになりますので。

顔修正しなくていいのでラクチンですな(苦笑)



それでもイマイチ写真連発ではありますが(汗)









オフ会って何回来ても最初は緊張しますよね。






慣れた方はいいのでしょうが私なんて今回でレヴォーグオフは3回目。前車のエクシーガでオフ会初参加してから何度かオフ会行きましたけどやはりどのオフ会も最初は緊張するものです。

なんとなーく暗がりのみなさんの顔がわかるようなわからないような感じでやはりちょっとオフ会慣れされた方々とは人見知り気味なんですよね。私3回目だし。


でもいざ始まって話してみるとみなさん気さくな方ばかりではやり同じ車種のオーナーさん同士なので基本は車好きでしょうから話は弾みます。


私も当日仕事帰りで翌日も仕事で奥さんからも「ハヤクカエッテクルヨネ??ヽ(`Д´)ノみたいなプレッシャーかけられてたら最初は21時から自己紹介なら22時には帰ろうかな?と思ってましたけど・・



実際始まると



タノシインデス。
ジカンヲワスレテシマウクライニ。

オクサンニコゴトイワレテモ♥





遅くとも当日中には帰る約束をしていましたので・・・


中締めの23時にPAを出て家に帰り着いたのは23時30分・・(超速!)





参加されました皆様お疲れ様でしたm(_)m

私的にはオフ会にはできるだけ参加したいと思いつつもやはり奥さんや家族の手前そんなに頻繁に行くこともできず、行ける・行けそうなオフ会には今後も平和維持活動をしつつできるだけ参加していきたいと思います。

そのときはどうぞ絡んでやってくださいませ。



みなさんの刺激的なお車みて貧乏人がモーソーするだけ(苦笑)なんですけどそれでも楽しい会ですね。オフ会って。


また今後もオフ会レギュラーにはなれそうもありませんが幽霊部員として参加させていただきたいと思いますのでその時はどうぞよろしくお願いいたしますm(_)m

Posted at 2016/10/30 22:47:21 | コメント(7) | トラックバック(0) | オフ会ネタ | 日記
2016年10月22日 イイね!
「ワークスチューニングサーキットデイRd.3 袖ヶ浦」に参加しました その3(やっとこさ最終回サーキット走行編)前回からの続きになります。よろしければ その2 
その1も合わせてご覧下さい。


お待たせいたしました。今回がようやく最終回で本番のサーキット走行編になりますので少し長くなりますがよろしければお付き合いください。




さて山内選手との楽しくも危険だった?同乗試乗も無事終わりましたが残念ながらまだまだ本番のサーキット走行の出番まで時間はたーっぷりとあるのですよ(苦笑)













なのでとりあえず山内選手のお車でも見学しましょうかね。

こちらが山内選手のお車。赤いレヴォーグです。2.0かな??




ちなみにスーパーGTの同僚の井口 卓人選手も白レヴォーグオーナーです。私も同じレヴォーグオーナーですからSUBARUモータースポーツを応援する一人として彼らが私と同じ車に乗っているのはちょっと嬉しいです(o^^o)♪




かっこいいBBS履いてますね♫



シャークアンテナも黒に変わってましたね。

STIのエアロフル装備でしたがその他はあまり弄られてはいない様子。(やっぱり社外品とかの制約があるのかな??)


あとは・・・・


余計なお世話ですが・・・・



洗車はしたほうがいいですよ・・・(ばく)




洗車する暇ないほど忙しいのでしょうが・・(~_~;)



















とりあえずまだまだ時間はたっぷーりありますので流し撮りの練習なんかおば少し・・。














今回参加されていた私以外の唯一のレヴォーグさんで流し撮り練習させていただきますよ(笑)








サーキットを走るレヴォーグもなかなか絵になりますね。


さすがBTCC出てるだけあるわ・・・・(?)














あ、山ちゃん発見!!



なんか私ら山内選手のストーカーみたい(汗)



お茶飲みながら何してるのかな???


と思えば



講師を努められていた自分のクラスの方々の走りをチェックしていたみたいです。



山内選手マジメだねぇ~~



そこもスキ♥










その間に


今回参加のプロレーサーさん達との

キッズ撮影会を挟みつつ・・・


山内選手にギュッ♥されてコーフン気味の2号(笑)

































いよいよ私のサーキット走行の時間が近づいてきました。










まず実際にサーキットを走る前に「ドラテク講習」なる座学がありまして


講師を務めて頂いたのは

現役GT500のドライバーで フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rで参戦中の「佐々木 大樹選手」です。


私はサーキット走行超初心者なので難しい話は割愛しますが、佐々木選手から教わって印象に残ったのはこの3つでしょうか。


①サーキットを走る上で前3割:後ろ7割で常に意識をしておくこと。
後ろからの他車の接近がサーキットでは一番危ない。他車の動きを常に意識していないと大事故に繋がる。(ナルホドナルホド...とφ(._.)メモメモ)


②100%のブレーキと100%のハンドリングの同時進行はどんな高性能な車でもありえない。ブレーキが100%ならハンドリングはまったく効かない。逆にハンドリングが100%でもブレーキは全く効かない。常にハンドリングとブレーキの足し算・引き算を意識しないとサーキットではスムーズに速くは走れない。(___φ(゚ー゚*)フムフム___φ(。_。*)カキカキ)


③ラインを外した時は急に無理に立て直そうとしない。
急な操作を無理に行うことは車にも自分にも無理を強いてハンドルそのままならコースアウトして終わりで済む小さな事も無理をすると大事故につながる可能性がある。なので自分を過信せずに無理をしない。(φ(。_。*)メモメモ)

などでした。



佐々木 大樹選手は
そこら辺にいる普通のアンチャン (←失礼)みたいな風貌なのにやっぱりプロの言うことは重みがあるなーとひとり納得しました。


















あと走行前に何度となく見てイメージトレーニングを詰んだコチラ↓



動画では新井選手も佐々木選手も簡単そうにやってますけど実際にはシロウトには全然できないことばかりなのですよ。これが・・・(汗)


当たり前か。。





スタート前の笑顔はヒキツってますが・・・・



2号が心配そうに

2号:ちゃんとぶつけずに帰ってきてね・・・」|д゚)
って言われた時にはちょっと(T_T)

私:「そんなに心配してくれてるの??」

2号:「だって怪我したり車ぶつけたりしたら家に帰れなくなっちゃうし、仕事できなくなったらごはん食べられなくなっちゃうじゃん

ですって(苦笑)







Sモードにして、アイサイトなどの機能をoffにして
いざ初めてのサーキット走行スタートへ!!!!








車載カメラはこんな感じ。

コンデジを動画モードにして撮影してみました。画像荒いですが少しでも雰囲気が伝われば・・。



メインストレートから第一コーナーへの飛び込みでだいたいメーター読みでうちの車ですと140㌔くらいでした。



私の参加したクラスは10名での同時走行でしたがそのなかでサーキット走行が全くの初めてだったのは私を含めて3名。。



ほかの車の速い事速い事・・・(°д°)

全然前を走っている車に追いつかないんですけど・・・・


サーキット走行の経験者からは笑われてしまうかもしれませんが、


私といえば前に追いつくなど恐れ多く
上手く抜かれることで精一杯!
な感じでした( ̄◇ ̄;)



ちなみにヘルメットとグローブは通勤仕様のバイク用です(汗)





自分のウデもありますが今回ほどテンロクレヴォーグで後悔した日はありませんでしたね。




うちの車はマフラーは変えていますがエンジンやECUなどはドノーマル状態です。



アクセルベタ踏みすることなんて一般道ではそういう状況がほとんど無いじゃないですか。だから一般道では自分の車は実はすんごく速いんじゃないかって錯覚してしまってました。ベタ踏みしたら実はス・ゴ・イんじゃないかって・・





サーキットでは当然ベタ踏みする機会が沢山あります。




でもね・・





でもね・・・






レヴォーグテンロクオーナーさんの夢を打ち砕くようで大変申し訳ないのですが、







ベタ踏みしてもテンロクレヴォーグは全然加速していきませんよ・・・これ現実(´;ω;`)





2.0だと全然違うんでしょうが、サーキットではテンロクの170馬力ではやはり力不足を多々感じてしまいました。

アクセル踏んでからスピードが上がるまでに時間がかかる⇒だから十分に加速しないまま減速してカーブ曲がる⇒また減速したところから加速するけどやっぱりスピードが上がるまでに時間かかる。


↑これの繰り返しなんですよ。



でもね。
もしも私が2.0に乗って調子こいて走っていたらぶつけるリスクも当然高まるわけで・・




この前修理で数人の諭吉さんたちと涙ながらに決別した身としては




絶対にぶつけることは「あ・り・え・な・い」状況でしたからこれはこれで良かったのではないかと今にして思えてきました。




私の初めてのサーキット走行は無事に終わりました。







水温はMAXで120℃超えてました。

ボンネット開けっぱなしでも熱い熱い。しばらくは全然水温下がりません。







↑こちらが今回のタイム。
1週目はカルガモ走行。2週目からピットスタートのフリー走行でしたから実際は3~7の5周くらいが全開走行でしょうか。






同時に走られた方々のベストタイム。

1位のGT-Rとは実に20秒近くも差がありますね!

もう少し練習すればタイムももっと縮められそうな感じもしますが、サーキット走行は車にも人にもダメージを与え続けるのでお買い物号のうちのレヴォーグではそう簡単にはサーキットには行けないでしょうね。


しかしベタ踏みもできたし限界近くでの車の挙動も体験できたし今回のサーキット走行体験は本当に良い経験になりました。





閉会式の様子。


今年はこれで「ワークスチューニングサーキットデイ」は終了のようですが、来年度は開催回数が増えて年4回になるそうです。

遠くは行けませんが近くで開催で予定が合えばまた参加してみたいと思わせる良い機会でした。ご興味を持たれた方はぜひ来年度参加してみるのもいいかもしれませんね。



おまけ
全開走行を繰り返したからなのかまたテンロクレヴォーグの持病である「アクセル踏んでも加速しない病」が再発しました(汗)

この前リプロしたらほぼ発症せずに絶好調だったのに・・。


普段やらない事したからECUが制御してるのでしょうか??

こちらはしばらく経過観察です。
Posted at 2016/10/22 17:03:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE | 日記
2016年10月20日 イイね!
「ワークスチューニングサーキットデイRd.3 袖ヶ浦」に参加しました その2(待ち時間~同乗試乗編)前回からの続きです。よろしければコチラをご覧になってからお読みください。


さて開会式も無事終わり、本番のサーキット走行まで約6時間ほどの待ち時間があります(汗)
とりあえずメインストレートが望める陸橋へ。






広いところだと意味もなく手足を広げてみたくなる年頃(苦笑)





今回の参加者の皆さん。

ニッサンはGT-R,Z トヨタは86、レクサス ホンダはインテグラ,シビックのType R スバルはやはりBRZとWRX、インプレッサなどが多いですかね。スバル率がやはり高いような気がします。

うちのレヴォーグはどこかな??


とりあえずSUBARUブースに行ってみます。


今回のSUBARUのデモカーはBRZtSとS207



そしてニュルブルクリンク24hレースとスーパーGT鈴鹿での優勝トロフィー





2号持ってみる。

このトロフィーのデザイン「鈴」と「鹿」なんですよね。
ん??

そうか「鈴鹿」のトロフィーだから「鈴」と「鹿」なのね。納得。納得。




ニュルのほうのトロフィーはガラス製でしたので触ることはやんわりと断られました(残念)






S207と山内選手。




絵になるねぇ~



とりあえずほかの方のお車を見て回ります。





すんごいZがいました。


走れるミニバンの姿も・・






やっぱりインプ&WRXが多いです。









ほかの方のお車を拝見しているとプロドライバー同乗試乗の抽選結果が張り出されました。





お?146番!!



ウチ146番じゃないですか!!









やった~~~

146番 「山内選手」の同乗走行に当選しましたよ~~~~~~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ













同乗試乗まではまだまだ時間がありましたのでそれまでは自分の車をサーキットで走っても良いように準備します。





まずはライト類にビニールテープでテーピング。
これは万が一ぶつけてもライト類が路上に散らばらないようにするための措置だそうです。

そしてゼッケンを車の左右にガムテープで取付。





後ろのナンバープレート付近にラップタイムを計測する機械の取り付け。


そのほかにもバッテリーの+端子をビニールテープで固定したり、牽引フックをすぐに取り出せるようにしたり、(牽引フックは車載工具に純正のがありますよ)個人的には全くぶつける気はありませんが「だろう運転」ではなく「かもしれない運転」に備えて着々と準備を進めます・・・。

「もしぶつけたら・・・・・


このあいだ修理して諭吉さんたちとサヨナラしたばかりなのに・・・・・・」




不安が頭をよぎります・・・・・・。。









さていよいよ山内選手との同乗試乗のお時間となりました・・・(緊張)






真っ黄色のS207はめちゃくちゃカッコイイです!!



緊張しつつ車に乗り込む私と山内選手。。





山内選手よろしくおねがいしまーすm(_)m



緊張感MAX!!







それではスタート!!










ちなみに写真はこの「ちびキャメラうーまん」がこんな感じで撮ってます。




私:「
おお~~




うおおお~~~~~



おおおおおお~~~~~~」


「お」と「う」しか言えませんでした(苦笑)





やあ~。
当たり前ですけど全然違いますね。私らの運転と。。

なんと言いますか速い時と遅い時のメリハリがスゴイ。。。
当然本気ではなく流して走られてるのでしょうが、シフトチェンジがメチャクチャスムーズだしストレートアクセルオンで最高速は160㌔くらいだったかな??
そこから一気に減速して第一コーナーとか飛び込むんですけど車の挙動が全く乱れないんですよね。

Gを上手く操っている感じがしました。


コース取りもまさにアウトインアウトな感じで余裕でやってらっしゃいましたけど車はかなりコースのギリギリでしたよ(驚)



これはS207がすごいのか山内選手がすごいのかそのどちらもなのか???

でももし私がS207を運転してもこんなまねできないでしょうからやっぱり山内選手がすごいんでしょうね。。




恐いんですけど安心感がある??

難しいけど例えるならそんな感じでしょうか。。


やはりプロフェッショナル。全く無駄な動きが無く無駄な力も入って無くとてもスムーズなドライビングでした。



たった2周でしたが私の方は疲労困憊のなか無事終了(苦笑)





やっぱプロレーサーはスゴイです。

これを何十周も何時間も続けるんですから。。

やっぱりモータースポーツも立派なスポーツだなと感じました。






山内選手貴重な体験をありがとうございましたm(_)m




自分にはこんなまね絶対できないと確信できましたよ(笑)










なかなか本番までいきませんが続きます・・・。



coming soon


Posted at 2016/10/20 10:00:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE | 日記
2016年10月18日 イイね!
「ワークスチューニングサーキットデイRd.3 袖ヶ浦」に参加しました その1(準備編)先週の土曜日10/15に開催された
「ワークスチューニングサーキットデイRd.3袖ヶ浦」に参加してきましたのでそちらの模様をご報告いたします。

今回も写真多めなので何回かに分けて書きたいと思います。よろしければご覧下さい。

それではスタート!











きっかけはSTIの何シテル?でした。


そもそも「ワークスチューニングサーキットデイ」って何さ??

ってことなんですがお手軽お気軽・格安?に初心者でもサーキット走行が楽しめて、ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタの現役プロドライバーからレッスンが受けられてお話も出来てデモカーも見れて色々と楽しめちゃうという車好きには堪らないイベントのようです。
(※参加は上記のメーカーの車に限る)




場所も「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」
とのことで全く行ったことはありませんがウチからそんなに遠くなくアクアラインを使えば1時間半ほどで着けそうです。

なのでちょっとサーキット走行に興味のあった私は初めての方大歓迎の謳い文句に見事?踊らされてエントリーしてみることにしました。


ちなみに全くもってサーキット走行は初めての経験です(汗)






エントリークラスはもちろん初心者オススメの1本フリー走行のエンジョイクラスの⑧グループです。


¥4000の格安コース。居酒屋飲み放題コースみたい(苦笑)










どうやらスバルからはサーキット女子に一番人気のある?


「山内 英輝選手」が参加してくれるようです。






今年の5月のスーパーGT Rd.2 富士で握手してもらいました。



「山ちゃん」とまた会える。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。





ウチの2号はかなり張り切っていました。



山内選手は全く2号を覚えてはいないだろうけど・・。




今回は奥さんお仕事、1号部活なので2号と2人での参加になりました。








私の参加予定のエンジョイクラス⑧は走行が15時過ぎからなので受付は12時までにすればよかったのでゆっくり現着でも良かったのですが、そこはもう既に2人とも遠足前の子供のような状態ですので・・・・



朝6:00には出発です!(アホ)





事故渋滞していて焦りましたが、8:00前には到着。









無事に8:10からの開会式に間に合い・・


山内選手発見!




その他の方々も皆さん豪華現役スーパーGTドライバーさん達です。




普通のスーパーGT開催時のサーキットと違って袖ヶ浦フォレストレースウェイは小規模ですし参加されている方もレース本番と比べると全然少ないのですぐ間近でプロレーサーさん達を見ることができます。

それだけでもこの企画に参加した甲斐があったというものです。






開会式が終わり本番の走行までにあと6時間以上ありますね(苦笑)

さぁどうしましょう???



続きます・・。



coming soon





Posted at 2016/10/18 16:07:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | SUBARU ACTIVE LIFE SQUARE | 日記
プロフィール
「@nimoji さんもですね(笑)
私は2号のモノマネしまくりで感染。
あのヘタウマ感が頭から離れませんf(^_^;

何シテル?   11/02 19:16
こんにちは。 二人の子供を持つ父ちゃんです。 このたび車をエクシーガYA-5Aから鉄青灰レヴォーグVM-4B型に乗り換えました。 スバル車はこ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
黒化。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/23 15:15:29
レガレヴォセッションズ2016 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/04 20:47:09
VARIS VAB用リヤディフューザー(ハーフカーボン) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/13 06:09:21
お友達
同じような境遇、趣味の趣向の近いかた、お友達になってください。

そうでない方でも大丈夫ですよ。興味持っていただいた方はお気軽にどうぞ。


来るもの拒まず。去るもの追わず・・です。








  
109 人のお友達がいます
きらみーごーきらみーごー * タビトムタビトム *
ボンちゃんちゃんボンちゃんちゃん * にゃー5にゃー5 *
紫.紫. * 1・2・3・○○!!1・2・3・○○!! *
ファン
11 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ PCX 白ショッカー1号 (ホンダ PCX)
Γをドナドナしてから2ヶ月。やはりというかなんというか2輪に乗りたくなりウズウズウズ(笑 ...
スバル レヴォーグ レヴォーグれヴぉーぐ恋防具 (スバル レヴォーグ)
スバル車通算3台目。 1.6リッターターボでも充分パワフルです。今までさんざんEJ20に ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
過去所有の車。愛称むーぼー。仕事の都合で5年ほど地方にいた時に、小悪魔1号が生まれ最初は ...
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
過去所有の車。愛称シーガくん。普通のミニバンでは何かがたりず、スバルの7人乗りが発売され ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.