車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月20日 イイね!
メタルトップオープンカーより幌のオープンカーが好きな自分にとって、幌の劣化は非常に興味があるところです。

そもそも、幌は布ですからしみます。何層構造になろうが、しみます。中までしみてビショビショになることはないのが基本ですがしみます。

なので、汚れるし、劣化もします。布だから出したり入れたりすれば折れ曲がってダメになります。

スキーウェアみたいに撥水スプレーみたいなものを吹いたり塗ったりも出来ますが、個人的には不可解な分野です。

というのも、基本的に布は繊維が折り重なっているものなので、テッパンと違って各々の糸が動いたり揺れたりするので、硬化するようなコーティングは幌には無理なはず。仮に硬化したら折りたたんだり押したり揺れたりしたらバキバキとはがれたり落ちたりすると思うんです。

てことは、既存の幌コーティングは基本的には油分みたいなものが布に付着して撥水させたり汚れを防いだりしていると思うんですが・・・雨が降るたびにそれって散らばったり垂れたりしてボディを通って落ちるわけですよね。

駄目じゃないか?それは。

となると、普通のテントと同じでしみても諦めて、洗う時は水洗いで洗ってあげるのが一番いい気がします。

まぁ素人考えなんで、ボディに飛び散らずに硬化して、しかも降り畳んでも割れずに残るような幌コーティングがあるのかもしれませんが、どうにも見つかりません。

多分、幌のクルマって日本みたいな高温多湿の国には向いてないのかもしれないし、そもそも屋外保管は厳禁なのかもしれません。

とはいっても、それでも欲しいじゃないか、幌オープンカー、と思うのはボクだけじゃないでしょう。
Posted at 2017/04/21 00:01:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月20日 イイね!
http://www.carmagazine.co.uk/spy-shots/porsche/porsche-911-gt3-rs-facelift-for-2018-more-power-more-pedals/

まぁ噂の段階ですが、どうやら991型後期でもGT3RSは登場して、それは525馬力で、OPでマニュアルギアボックスも用意される、という話。

まぁ・・・噂ですけどね。そもそもGT3RSのテストなのかも解りませんし、別の噂ではGT3RSではなくGT2を出すという話もあります。このまま終わりじゃないとは思うのですが、この辺りは出てみないとさっぱり解りません。一部既納客は知っているかも知れませんが、ポルシェの既納客扱いになるには相当な年月とお金と人脈が必要になるでしょうから、難しいですね。

ようするに、ただ速さを求めるなら他もあるし、911の官能性をより楽しみたい一部のファナティックがマニュアルを渇望している、という事のようですが・・・正直ゼロヒャク4秒切る車でマニュアルってのはホント無理があります。

そこ行くと、ケイマンGT4とボクスターSpyderは踏める範囲内に収まっていて、かつバランスも良いので楽しいわけです。

現実的に考えて500馬力のリアエンジンリア駆動の車を本来の性能値に縦だろうが横だろうが持っていくのは素人には不可能に近いわけで、おっきなお釈迦様の手の内をあたかも縦横無尽に駆け回っているように錯覚している孫悟空的な、ようは自己満足の極致みたいなことにしかならんのは当然の話です。

とはいえ、その片鱗だけでもかじりたいから、911は存在しているし圧倒的なファンも多いのだと思います。フェラーリがマヌエルファンジオ体験だとすれば、911はもっと生命的な臨死体験に近い気がします。ちなみに銀色のスパイダーならジェームスディーン体験ですが、笑。

蛇足ながら、さらに付け足すとすれば「一番高くて崇高な911」に乗ることは見栄も張れますしね。まぁ、言い方悪いけど威張りの効くポルシェは一番いい911なんだと思います。カイエンターボでもパナメーラターボでもない。

色々な意味で911の存続価値が圧倒的なんだ、と思います。

そういえば、718シリーズはどうなるのでしょう?素とSしかない今、パフォーマンスではGT4やSpyderにほぼ近いわけですが、なんか物足りない。

これまでRS60とかケイマンRとかが出てきたので、そういうものが出るのか、またもやGT4とSpyderが出るのか。さらにいえば、それは4気筒なのか6気筒なのか。マニュアルなのかPDKなのか。

勝手な自分の話だけで言えば、今一番楽しいポルシェは素の718のマニュアルだと思っていて、これガンガン乗ったら楽しいだろうなぁ・・・と思っています。リセールなんか気にせず、これを使い倒す事が最も気持ちいいポルシェの楽しみ方なんでしょう。ケイマンなら619万円ですし、何も付けなきゃ乗り出し660万円ちょいで行けるはずです。

ただねぇ・・・煩悩が邪魔をするわけです。たくさん買えるならいいけど、GT3もGT3RSもマニュアルで手に入らないとなれば、ターボSて煩悩も臨死体験願望も一気に満たすか・・・という感じです。

アストンはその後でいいんだ、と思っています。どうせ今買っても似合わない。現行レンジローバーもそうだろうなぁ・・・。

というわけで、相変わらず煩悩が酷いせいか英語を楽しむことになっています。

蛇足
先代レンジローバーの相場を調べると最終型とかだとオークション会場でも600とか付けているらしい。いつそんな相場が安定したんだろう?セカンドレンジ時代が懐かしいです。
Posted at 2017/04/20 02:03:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月18日 イイね!
ガラガラポン悩むといつも「ガラガラポンして全部違うのにする!」と暴言を吐きがちなのですが、今もそう。

足は良い。不満が無い。ただ、妾がねぇ・・・ほぼ本妻と変わらない、しかもむしろ本妻の方が美人、もう一人の妾は半端ない・・・夜がメチャ凄いから覚悟しないとこっちが食われる(けど意外と手は掛からない)。

二人の妾を囲う事は大変お金も手間も掛かります。三井財閥とか、戦前の上流階級ならまだしも、普通の人にとっては非常に厳しいものがあります。

本妻とはキャラの違う、手のかからない、手放しても後のことをどうとでもしやすいタイプの、しかしながら本妻よりもウマい女性に纏めたいなぁ・・・と思ってしまう=どっちもアレして何かにしたい、と思ってしまったりします。

まぁ・・・この書き方は女性には理解不能だし、超反感買うんだろうけど・・・(ちなみに、リアルワールドにおいて自分は独身孤独のランナウェイをしているので、そういう世界とは無縁どころかさっぱり解らない)。

どうにもこうにも話が分からないマニュアルのGT3をぼんやり待つなら、絶対に負けない動力性能を持ちながらもGTカーにも通用するターボSにしようかなぁ・・・なんて事も考えてしまいます。これなら美人の才女って感じで良いですよね。

ただ、ただですよ、911ターボSって言ってみれば日本人の美人というかカワイイ感じで、言ってみれば欧米人のとんでもない美女じゃない。プロポーションそんな良くないもん、笑。となると美人はやっぱりアストンマーチン・ヴァンキッシュなんですよ、ボクの中では。値段も実は同じくらい。

そこに伏兵が来た=レンジローバーヴォーグ。

女性に例えると何なんでしょう・・・

端正で知的で、しかしながらスポーツも出来る、派手ではないけど・・・たとえばプラダとか若めだとダブスタとかを着こなす感じではなくて、エルメスの布バックをさらっと肩から下げてエスカーダとかマックスマーラとかをささっと・・・

まぁ良く解らんのですが、これまで乗ったことが無いタイプのクルマであることは間違いありません。

どっこい、1400万円が入口で、好みの仕様にすると乗り出し1700万円というヴォーグの価格はおいそれと買えるものじゃございません。リセールも解りませんし。そこいくとPCのセールスマンがお勧めするマカンGTSは無難。

ただねぇ・・・SpyderとマカンGTS並べても面白くないでしょ?

言ってみれば、カワイイスポーツ万能の妹がいて、それをドエロい姉に秘密で囲ったみたいな・・・

酷いたとえだ・・・

独身男性が春に孤独死寸前で車以外に楽しみが無いという悲しい状況なことを察して頂き、暖かい目でほっておいてくれたら嬉しいです。

~写真は2007年くらいのTMSイン幕張~
Posted at 2017/04/18 03:42:51 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月16日 イイね!
SUV色々GLEクーペをキレイにして、ふと何台かSUVに乗ってみようと試乗の旅へ。



まずBMWのX6。こちらは実車がなかったので、展示車みたいなのでチェック。X6とGLEクーペは類似品と思っていたのですが、車高がX6は低めだし、全体的にクーペライクなのはX6で、並べてみるとGLEクーペはアメ車のチョップルーフみたいな感じに思えました。

形の好みはX6、乗り味も多分X6が好みですが、結論からいうと「1000万円払って足車と同じ雰囲気は寂しい」。550i乗って無きゃこれなのかもなぁ・・・同じ理由でマカンやカイエンに積極的投資が出来ないでいます。

で、ランドローバーに。



今回はレンジローバーヴォーグに乗りました。

340馬力の一番非力なモデルながら、走りっぷりは十分。380馬力のモデルはトルクの数値が変わらないので、どっちかというとトップエンドでの伸びとかが違うのかも。ただ、380馬力モデルはフロントブレーキが対向キャリパーになるので、これはこれで有りなのかもなぁ。

何よりいい!と思ったのは乗り味。

レンジローバースポーツもいいなぁと思った嫋やかさが、段違いで良い。いや・・・まぁ予想は付いていたんです、だから敢えて乗れても乗らなかったのですが、乗ってみたらやっぱりいい。これって先代のヴォーグとスポーツ同士を比べても同じことが言えたんですよね。

スポーツもいいけど、ディスコ3のエッセンスを感じる、ヴォーグは違う。

スポーツよりもロールするけど、そのロール速度はよくチェックされているし、ステアリングのギア比もスローだけど非常に自然。デカい重いボディは乗り心地の為に存在している、そう実感できる他にない乗り心地(決してショックレスじゃないんですけどね)。

サードレンジのBMWエンジンモデルに乗った時に「あー良い車」と思って欲しくなったのを思い出して、その後ジャガーエンジンになって「キモチいいエンジンどこいった」と感じて最初は残念に感じたのですが、二回乗ったら「あ、こっちのほうが嫋やかだ」と感じたのを思い出しました。

こればかりは好みなんでしょうけど、レンジローバーヴォーグに関しては只管に嫋やかで、繊細で優しい、鷹揚な高級車であってほしいのが個人的な思いなので、今のヴォーグは理想形だと言えます。

ただ、問題は値段で340馬力のモデルでスタート1370万円。380馬力モデルで多少気を効かせると乗り出し1700万円となるので、これ実際問題としてカイエンより高い車です。その証拠にロングホイールベースのSVオートバイオグラフィは3000万円ですからベンタイガと同じクラスとも言えます(どうせベンタイガはその内V8モデルが出て、これは2200万円くらいじゃないかと思ってます)。

うーん・・・認定中古の380馬力モデルでも買おうかなぁ・・・。

ヴェラールやスポーツもいいし、Fペイスも良いですが、多分ヴォーグが最も今欲しい車なんだろうなぁ・・・どないしよ。

やっぱりSUVならレンジローヴァ―ヴォーグか。
Posted at 2017/04/16 01:35:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月14日 イイね!
BMWを外装メンテナンスに去年の八月末に買って以来1.8万キロを走破している550i。信頼性はほぼほぼトヨタと変わらず、確かに多少手間はかかるものの、足車として問題ない性能を維持しています。

クラウンは正直外装は適当でして、コーティングも磨きもしませんでしたが、550iは納車直後に磨いており、非常にキレイになりました。

今回はそのメンテナンスに入れました。



細かい部分もとてもキレイ。

つい、他のF10を見ちゃうのですが、このドアミラー付近がキレイな個体って案外少なくて、こういう場所がバリっとしているとカッコいいですね。



走行距離ばりに汚れが堆積してしまうフロントバンパーもキレッキレに戻りました。この影がキレイにでると出ないでは、Mスポ顔の印象が変わります。これ、影がちゃんと出てないとMスポ顔って無茶苦茶べちゃーっとしていてカッコ悪い。ここまでエッジが立っていればカッコいいもんです。



ホイールも再度コーティングをして頂きました。この19インチも、磨くとカッコいいもんです。船から降りて適当にディーラーでイノベクションした個体とは大違いです。

最近、車を一台売ってもろくに利益が出ないディーラーなんかは自社コーティングを妙に勧めますが、まぁ大体下手くそすぎて話になりません。それで10万円とか取っちゃうんだから、恐ろしいです。バフ目だらけとか、オーロラが出まくっているとかはザラで、薬剤の塗りこみに慣れてないのかムラが出ているとか、酷いと「コーティングしたが為にダサくなっている」レベルまで散見されます。

自動車メーカーもカッコいい車を作るつもりで作っているわけで、なまじ素人が磨いたら逆にカッコ悪いわけで、生半可な仕事じゃやらんほうがいいわけです。

なので、ここまでカッコ良くしてくれるプロがいるというのは非常にありがたいことです。ちなみに、1.8万キロ走行しているとどうしてもボディの下半分は鉄粉に襲われているようでしたが、それ以外の状態は良かったとの事。良かった良かった・・・。

これでまた暫くはカッコ良く乗れそうです。

追記

javascriptparent.AddExtraImage('http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/036/637/337/e091faac7f.jpg?ct=9a9c23e041e5', '1280', '/image.aspx?src=http%3a%2f%2fcdn.snsimg.carview.co.jp%2fminkara%2fuserstorage%2f000%2f036%2f637%2f337%2fe091faac7f.jpg%3fct%3d9a9c23e041e5', '')

何故か洗車をするとリアガラスは内側がガラスを上下させると濡れます。謎です。
Posted at 2017/04/14 00:39:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[整備] #5シリーズセダン ステアリングギアボックス交換 http://minkara.carview.co.jp/userid/515477/car/2255045/3993147/note.aspx
何シテル?   11/19 18:20
走って、食って、寝て、また走る。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ファン
132 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
足車。
ボルボ V70 ボルボ V70
いい車です。その一言に尽きます。 ↑ 売却しました。最後は段々やれていったけど、基本的に ...
アウディ S5 (クーペ) アウディ S5 (クーペ)
またアウディに戻りました。
トヨタ クラウンハイブリッド トヨタ クラウンハイブリッド
社会的な顔として購入。床まで踏みつけた時の加速は、反社会的。 ↓  壊れることなく11万 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.