車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月26日 イイね!
ミナト自動車、とでも検索してみてください。マツダのディーゼルエンジンが恐ろしいほどにススだらけになって出てきます。

で、ボクはというと、別にマツダの2.2dや1.5dのアンチではないです。

燃料の種類やメーカーに限らず乗り方によってはメーカーの指示に従っても高温多湿でストップアンドゴーが多く、しかも一発の走行距離が短い日本の多くのユーザーの元ではエンジンが不調になるのはよくあることです。

燃費をよくするためにどんどん繊細になる最近のエンジンですから、余計にそうです。昔のエンジンの方が多少余裕(無駄)があったので、それこそメンテフリーでトヨタのエンジンなんかは延々回っていたわけですが、ここ最近のエンジンはそうもいかないと思います。

マツダのディーゼルターボは限られた資本と事業規模で革新的なエンジンを作ったので、どっかかしら無理があって当たり前で、圧縮比14というディーゼルにしては低い圧縮比を始めかなりリスキーな事をしている気はします。

とはいえ、ボクはこう思います、ぶっ飛ばせば大丈夫。

兎に角排気温度が多少上がったり、排気ガスのリサイクル機構が熱い吸気を出来るように踏めちぎるとか、連続で高速を出来る限り飛ばすとか、そんな事で十分行ける気がします。ただ、街中で多少踏んだり、短期的に踏んでも多分逆効果だと思います。

まぁようするに、これ日本に合わないんじゃない?と思うんです。ネットを見ていたら「週に一度、30分連続で走るなんて強制されても、出来るわけない」なんて書いている人もいるくらいですから、合わないですよ。

ってか、正直思った、ろくに乗らないのになんでディーゼル選んだんだ????

低速トルクが気持ちいいとか、そんな理由かもしれませんが、リスクあるんだからしっとけ!と思っちゃうんですが・・・俺だけ?

なんでもメーカーのせいにしたらいけませんがな。・・・ま、問題あるのかもしれないけど・・・。
Posted at 2017/05/26 00:28:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月23日 イイね!
カーペットを交換とてもいい子の550iですが、気分転換にカーペットを交換してみました。

というのも、何故か右リアシート足元用だけにミミズがのた打ち回ったようなえぐれ跡が出来てしまい、なんかださいな・・・と思ったので交換しました。なんだろう、人載せた時にアタッシュケースでも引きずったんだろうか・・・。

とはいえ、純正のベロア風はうすっぺらいし、ぜんぜんカッコ良くないし、ちょうど良かったです。といっても、このカーペットも2.8万円と大して高くない。

BMWのパーツって意外と安いものも多くて、妙に高いアウディよりリーズナブルです。

そういえば、バッテリー警告が出たので、あれ?と思ってバッテリーを見たら一年も経ってない。んー・・・と思ってマイナスイオン発生器を外したら、大丈夫になりました。どうやら、シガーソケットから結構な電力を抜いていたようです。

BMWのシガーソケットの電源供給ってのはエンジン落してロックしてもしばらく続いていたようで、全然気が付きませんでした。バッテリー上げなくてよかったです。

あとは只管に無事に走っていて、燃費の推移も悪くなく総合で8kmLをキープしています。遠出すれば大体10kmを超えるので、それがでかいようです。

ホント、ネタが無い。まぁネタがあったほうが足に関しては困るし、これでいいんですけどね。
Posted at 2017/05/23 14:27:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月18日 イイね!
ETCゲートで反応がおかしくなります。

簡単に言えば、無反応になっちゃう。

カードの認識もするので、カードリーダーの問題ではないので、多分受信機の問題だと思うのですが、何故かこれが二回起きました。

ピーも言わないし、なにも言わないで、ただただETCゲートが開かない。ようするに、通信してないんです。ゲート側はおかしい!と思って、止まってください表示が出たので、多分車の方が通信出来てないんでしょう。

どっこい、こんなベンツは他にない。

多分、GLEでなくて、GLEクーペ特有の問題だと思います。

最近感じるのは、メルセデスは他のメーカーと同じく車種が物凄い数になりましたが、それに比例して各モデルの作りこみが甘くなっている気がします。個々の出来は良いんですが、詰めが甘いというか・・・ちなみに、どこをどうしても荷室方面からガタガタと音がします。どうやらラゲッジルームの立てつけが悪いみたいです・・・。

ちなみに、マセラティなんかはレバンテが既に「勝手にガラスが割れる」という素晴らしい症状が出ているようですが、メルセデスもそれよりはマシですが、色々発生してしまう感じがします。

ただ、W210のド初期みたいな「W124に比べてコストダウンしているし、出来も悪い」みたいな車はないんですよね。ただただ、詰めが甘いだけ。

でもですよ、ホント作り手は大変だと思います。

だって、コストは下げなきゃならんし、色々な新素材は出て来るし、盛り込みなきゃいけない機能は増える一方でエコにしなきゃならない。おまけに形まで法規制の範囲内で作らないとならない。

メルセデスでこんなですから、ほんと他も大変なんだろうなぁ・・・と思います。
Posted at 2017/05/18 15:54:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月15日 イイね!
190馬力バージョンのBMW320dに乗ってみて大変エコです。渋滞、ハイスピードクルーズ、街中を合算してこの燃費です。ウルトラ燃費運転すればあと2kmか3kmは上げる自信があります。

2016年モデルのラグジュアリーなので、Mスポや184馬力バージョンのN47搭載系とは違う数値が出ていると思いますが、大ざっぱに言えば現行のBMW3シリーズディーゼルはDセグメント屈指の経済性と快適性と動的能力を持つ車です。

190馬力バージョン、つまりB系エンジンを積んだ最新の320dに関して言えば、前のN系に比べ多少静かで、ガラガラーという感じからゴロゴローとややくぐもった感じになりました。C220dや他トップレベルのディーゼルカーに比べてもうるさいとは思わないレベルになってます。

動力性能や質感に関しては一回り、までは活きませんが薄らと全体的に良くなっており、トルクのツキやパワーの盛り上がり等はスペックの向上分がそのまま反映されている感じです。ただ、トルクが踏込からっく!っと出てくる感じが184馬力エンジンに比べて強いので、街中はゆったり角なく走りたい自分にとってはエコプロモードで十分だな、という感じでした。

それくらいに、積極性を持てば持ったなりに走れるわけです。BMWの3シリーズここにあり、という感じはします。

欠点は個人的にはまずシート。Mスポのシートじゃないと、なんかF30のシートは平べったいですね。クッション性もイマイチな気がします。ランバーサポートは340iなどにしか付いてないので、発注でもしない限り付いてないのは残念。

あと、ラグジュアリーの特性かもしれませんが、乗り心地がどっち付かづ。個人的にはタイヤのメイクスを替えたりランフラを外せば変わると思いましたが、いずれにせよブッシュ類はランフラ前提になっているのが通常ラインのBMWなので、通常のタイヤにすればいいというわけでもない気はします。

いずれにせよ、ロール感はあれども振動に対する捌き方が微振動から大入力までいまいち上手じゃない感じがぬぐえないのはマイナスです。Mスポは端的に硬くなりますが、逆にそれのほうが割り切っていて良いのかもしれません。

シートもMスポの布シートの方が平板なレザーシートよりはホールディングも良いですし、ボクの個人的なチョイスは320dならMスポ布シートにします。本当はラジアル前提のアルピナやMの足回りの方が全体的な統一感は遥かに上なのですが、値段も二倍になるわけですし、そんな動力性能は要らない筋には320dのMスポ布シートにランフラ外しで発注OPでランバーサポートがお勧めになります。

いずれにせよ、いい車だなぁ・・・と思います。販売面で破滅的な政策を取っているのが大問題ですが、これはメーカー問わず日本法人はみんな破滅的なので仕方ないです、上手に買うしかない。ただ、車自体は非常にいいです。F30モデル自体は古くなってますが、CやA4やXEを向こうに回しても悪くない車です。

日本勢とすると、何故かここに突っ込める車が極めて少ない・・・

直近で日産スカイラインの350ハイブリッドに乗る機会がありましたが、最新モデルだから初期よりブラッシュアップされてるかな?と思ったらそうじゃない。

ステアバイワイヤは変わらず違和感が強く、人気のいないところで緊急回避を試すとやっぱり変わらずECUが誤作動するのかアシスト量や舵角がグズグズに崩れるし、車両の制御も乱暴。乗り心地も、他はランフラだからという言い訳要らずになってきているのに、スカイラインは未だに「これはランフラだな」とすぐに分かるレベル。

普通に乗っていると特に問題はありませんが、いざ!という瞬間にガッカリする、という日本車の欠点が変わらないのは残念です。

とはいえ、レクサスに関して言えばISとGSは基本的に良く出来ているので、この二台が世界に対するコンペティターなんだろうと思います。マツダは質感がプレミアムDセグに乗っかってくるのは次のアテンザでしょうし、レガシーB4はもはや日本市場ではグレードが限られ過ぎていて評価に登れませんから、やはりレクサスが代表選手という感じですね。

蛇足ですが、スカイラインはBOSEのオーディオを替える前に動的性能の根本的なブラッシュアップをするべきです。GT-Rだけは延々頑張ってますが、他の車の土台性能の向上がちっとも進んでないのはホントどうなってんだ???と感じます。F30だって、初期と比べたら別物になってますし、これだから欧州車は相変わらず良いと言われてしまうんだ、と感じます。

というか、スカイラインのシャシー性能って本当が解らないんです。普通のパワステで普通のタイヤだと、実はBMW顔負けの古典FRスポーツセダンなんじゃないか?って感じるんです。ボディ剛性も悪くないし、サスの剛性感も多分悪くない。エンジンは7000rpmまで快音と共に回るし、7ATもきちんと変速します。なんか残念な車です。

画像はエコ性能が前面に出てしまっていますが、今の時代エコであって当たり前で、その上での価値観を競っているのが現状です。だとすれば、これからの車がどうなるのか、メーカーごとに模索が続くわけなんでしょうが、今回3シリーズに乗ってみて感じたのは、世界で戦うにはもっともっと造りこまなきゃ日本車は勝てないということです。3シリーズって、確かにエンジン音はNA直6時代から比べたらクソつまんない事になってますが、何だかんだ運転に関してはトップレベルで楽しい小型高級セダンなんですよね。

悪い見本みたいにスカイラインを出しましたが、ボクは多分日本車のDセグメントカーではスカイラインが一番好きな裏返しだということです。やり方によってはレクサスISやGSよりも絶対に良い車になる気がするから、こんな事を言ってます。


3シリーズは間違いなくベンチマークにされるべき車ですが、敢えてそれを外して日本車は世界基準に乗っかってほしいなぁと思います。

LC見ると、なんかレクサスはレクサスっぽさを決め始めて来たかな?と感じるので他の日本メーカーも楽しみですね。何故か3シリーズに乗ったらそんな事を思いました。
Posted at 2017/05/15 16:03:59 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月11日 イイね!
ひさびさにプジョーに乗っていた3008に乗っていました。

テンロクターボのミッドサイズオフローダー・・・とはいえ確かこれFFですね。

3008の前作は乗ったことないのですが、シャシーがアウトランダーだかどっかからの車だと思うので、想像は付きました。

で、今回のは多分308辺りのシャシーがほぼ全て流用かと思うのですが、どんなものか買い物ついでに乗ってきました。というのも、ミッドタウンで試乗会を開いていて、言われるがままに乗ってしまったという感じなので、能動的でない試乗でした。

というのも、最近のプジョーってあんまり興味が沸かない車だったんです。

座っただけで解る、前のプジョーとは違うちゃんとした工業製品であること。真っ先にダウンサイジングしたエンジンは年々洗練されていること。他にはない小さなステアリングと上下二段のメーター類が目立つこと。機械としてよくなっているのがまざまざ解るわけです。

ただ、それ以上の事にちっとも興味が沸かない。プジョーといえば、406、さらにさかのぼって405、大型の605などは工業製品としては沈没レベルながら足回りの優しさ、それとバランスを整えるための繊細なステアリング、さえないミッションだけど定速走行はこの上なく気持ちいい走りっぷり・・・・

良い工業製品と良いプジョーというのがリンクしない、アンニュイな感情が芽生えてしまう最近のプジョーに興味が沸かなかったのです。

なので、新型のプジョーを運転するのは久しぶりでした。

結論からいえば、ほぼ予想通り。

簡単に言ってしまうと「フレンチ風VWティグアン」

エンジンはとても静かで振動も少なくミッションはAL4なんか過去の遺物に出来るレベルのスムースさ。乗り心地はがっちりしたボディにちゃんとしたサスがくっ付いた、剛性感あるもの。ステアリングもしっかりしていて、頼りがいのある雰囲気が全体に漂っていました。

406辺りまでは「事故するとこれ死ぬかなぁ」みたいなきゃしゃな部分がありましたが、そんな不安感は一切なく、誰が乗っても安心して乗れる車になっていると思います。故障にかんしても然り。

ただね、なんとなく寂しいんですね。

まず、タイヤはコンチネンタルでした。プジョーといえば、ダンパーも自製する上に、タイヤはミシュランと相場があったわけですが、今回はコンチネンタルでした。しかもスポーツコンタクト5cpとかいう、見た目からしてグリップよさげなタイヤ。

コンチネンタルは剛性感ある、頼りがいたっぷりなフィーリングのタイヤなので、なるほどいいわけですが・・・これ系のクルマって他にもあるし、ちょっとつまらない。

確かにスイッチベトベトになった挙句に内貼りぶっとんで、外側の樹脂はイロが抜けてかっさかさになった挙句にミッションは盛大にショックを出してしまう、なんてものが現代に出てくれば100%売れないとは思うのですが、多少の何かが有れども「もっとプジョー」していいんじゃないか?と思った次第です。

プジョーしている、って多分奇抜な内装や外装のデザインでもないし(そもそもプジョーは歴代奇抜なデザインはない、504や505とか地味キレイです)、見せ掛けの問題じゃないと思うんです。

ただ、現実的に会社を存続させるべく台数をさばくにはこういうやり方になるのかなぁ。

「あー良い車」と思った反面、「あー寂しい」とも思った何ともアンニュイな、フランス映画を見た後のメランコリックな気分になった試乗でした。
Posted at 2017/05/11 14:37:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[整備] #5シリーズセダン ステアリングギアボックス交換 http://minkara.carview.co.jp/userid/515477/car/2255045/3993147/note.aspx
何シテル?   11/19 18:20
走って、食って、寝て、また走る。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ファン
132 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
足車。
ボルボ V70 ボルボ V70
いい車です。その一言に尽きます。 ↑ 売却しました。最後は段々やれていったけど、基本的に ...
アウディ S5 (クーペ) アウディ S5 (クーペ)
またアウディに戻りました。
トヨタ クラウンハイブリッド トヨタ クラウンハイブリッド
社会的な顔として購入。床まで踏みつけた時の加速は、反社会的。 ↓  壊れることなく11万 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.