• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sleepykoalaのブログ一覧

2018年01月12日 イイね!

ちょっと考えてしまった、次期足車

ちょっと考えてしまった、次期足車昔の画像をあさっていると、あ、あの車にこの車がつながるのか・・・とデザインの進化を理解出来たりするのが楽しいです。

これは、現行メルセデスSクラスに繋がっているのがわかります。

で、このコンセプトカーはディゾットエンジンとロードスキャンサスペンションが自慢でした。これ、やっぱり現行Sクラスに近いものがあります。

今の550iに足りない機能は渋滞時の追従機能くらいで、別に他は要らないかな、と思うくらい便利な車です。大きさといい、快適性といい、あ・・・燃費・・・。

もし、実現できるなら今の車にプラスして燃費の良さと予防安全装置、それに四輪駆動が加われば・・・Eセグメントではなかなかありません。

最も近い車は現在日本で購入可能な車の中では、BMWアルピナのD5S・AWDです。

どっこい、アルピナの掟で標準装備が貧弱なので、好みの仕様にした結果344万円のオプションが加算されて乗り出し約1670万円となります。おお、なんだそれ・・・。そして、気が進まないのはG30型があんまり見た目が・・・相変わらず好みじゃない。F10だって偉大なる先祖に比べたらボッテリしていてなんですが・・・G30はボッテリAnd装飾過多にも見えて・・・。

細かい部分だと、やはりヘッドライトがキドニーグリルにつながっている、それが7シリーズとまったく同じデザインだけど微妙にコストが掛かってないのか7シリーズよりかっこよくない。しかも左右グリルの間が色違うのがなんか・・・リアライトもあんまり好きじゃない・・・。

未だに一番欲しいアルピナはB12の6.0かB10のV8sなので、まぁ仕方ないですね、こればかりは。

まぁ、いずれにせよ足にそんなコストは掛けられないので、二年後に認定中古で安いのが出れば別ですが、D5sは現実的ではありません。

現実的なのを考えると、例えばメルセデスベンツのEクラスオールテレインとかです。

自動運転もスムースだし、ワゴンで荷室も広くて、快適で安全で・・・ただ外向きのイメージはイマイチですね。種別不能ということで、例えばSクラスやEクラスの黒とかに乗るよりはいい気がしますが・・・。

なんだかんだ、ベンツのバランスの良さはよくわかっているので、対外的イメージを外せば、それこそ認定中古車で爆安で売っているであろう将来を見越せば大いにありなんです。BMWだと540Xiツーリングですが、これだと年間三万キロ乗るので燃費の面でオールテレインには勝てません。まぁ・・・動力性能が220dベースなので遅そうですが、将来直6のディーゼルでも出てくれればOKですね。

とはいっても、認定中古車のおかげでまだあと二年半以上保証があるので、真剣に考えるのは二年後の正月以降になると思います。それまではガンガン乗り倒してガンガン踏みちぎったります。

そういえば、オイル減るんだという人から、俺も飛ばすし踏むのになんでだ?と聞かれたのでYoutube見せて、アウトバーンで踏みちぎってるのを見せながら解説したのですが、なるほどこれくらいじゃないと熱って入らないのかぁ・・・と残念がられました。

ちょいと飛ばす程度じゃぁドイツ車には熱入らないし、むしろ街中で急加速とかは逆効果だし・・・

ただ、それって日本だとリスクと隣り合わせだし、本当はボクは中学二年生でウソツキだから、実はオイル減りまくりで2000kmくらい走るとオイルの警告灯点いているのかもしれないし・・・。そんなアウトバーン走行するわけないじゃないですか、、、嘘なんですよ、熱入れてあるなんて・・・ボクそんなスキルないですもん・・・。

ぶっちゃけ、全部嘘です。愛車は変わらずミヤタのシティサイクルです。ああ、足に電動サイクル欲しいなぁ・・・。
Posted at 2018/01/13 17:55:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月11日 イイね!

CX8に乗っていた

リコーのデジカメだか、なんかそんな名前なかったかなぁ、、、なんて事は考えてなかったのですが、乗りました。

アウトバックと値段や大きさが似ていて、違いは車高と乗車人数ですが、こりゃ足には良いかな?と乗って見た次第。

190馬力にパワーアップしたようですが、特に違いは分からず、振動が少なく静かな事に関してはアテンザとかに比べて良くなっていた印象はあります。

動力的にもアウトバックと似てます。アウトバックはガソリンにCVTですから、ディーゼルのCX8とは全く違うのですが、なんか似てました。

足回りやらなんやらは、最近のマツダらしいスポーティというか、割と減衰高めなフラット感重視で、爽やかなステアリングフィールを感じるもの。アウトバックのがドッシリモッチリした風合いがあります。

燃費を考えるとCX8ですが、モッチリ感やセンシング性能ならアウトバック、もし足に考えたら迷います。

迷った末にマイナーチェンジしたアテンザかも知れません、笑。ディーゼルのアウディオールロードが一番良いのですが。
Posted at 2018/01/11 14:08:26 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年01月08日 イイね!

ナビがブラックアウト

ナビがブラックアウト来たか、、、

一度、ナビの時計が馬鹿狂いしたのですが、つい最近シグナル無し、の表示されてブラックアウトしました。

ま、そらぁなっても仕方ない。意外と熱害って、こういうとこにも出ますから。

で、じーっくり観察するとアクティブステアもコツコツ音が超小さく再発気味。

ま、頭が重いから仕方ないですね。熱害は当たり前ですが、ここにも出ます。

そう考えると距離重ねる人のベストは間違いなく535までです。でも、芳醇な味わいは550にしかない。エムゴはソリッドでスポーティだから、足として考えると、、、いや、ベストバランスは535にダイナミックドライブ付けた仕様でしょうね。経済的には523dでエムスポでコンフォートパッケージにダイナミックドライブ、でしょうけどそんなF10見たこと無いです、笑。

じゃあ550ってなんなんだろ。

個人的にはBMWのセルシオかな、と。レクサスじゃなくて、セルシオ。

ジャポネスクラグジュアリーなんですよ、何故か。ま、ビーエムなんですが、、、セルシオ見て参考にしたアメ車達を駆逐する為に作ったビーエムが結果セルシオに似た、みたいな。

いや、、、ビーエムなんでナビ壊れたんですけとね、笑。でも、ビーエム味があるから壊れても許せます、笑笑
Posted at 2018/01/08 18:03:58 | コメント(2) | トラックバック(0)
2018年01月03日 イイね!

7万キロ超えてた

7万キロ超えてた足にしている550iが7万キロをとうに超えてました。

ちょうど後期型へ切り替わる直前のF10型550iを導入して一年半くらいですが、いいペースで距離が嵩んでいます。資産価値ゼロなので、乗り潰し決定ですが厳密に感じる変化を考えてみました。

まず一つ目。ちょっとした騒音が増えました。段差におけるモノがゆすられる音、これはたぶん内装材の各所のヘタりでしょう。ただ、これも毎日乗っているからわかる変化で、別段問題になるレベルではないです。

もう一つはエンジンの回転数に左右される「ウォーン」という小さな音。発進時や停止直前がわかりやすいのですが、これはエアコンのONとOFF、ACのONとOFFで判明したのですがエアコンのコンプレッサーの音のようです。

ふと思い出したのは、同じ音が同じシチュエーションで、135型ボルボV70T6に乗っているときに起こりました。ただ、あっちは新車で一年も経たないうちに出て、しかも交換したコンプレッサーからも数千キロのうちにまた出ました。音量も大きく、挙句あの車はブロアファンからも音が出始めました。それに比べるとはるかに小さく質自体だいぶマシなので、ボルボの使っていた部品のショボさを今になって再認識した次第。

その経験がボルボへ戻る気持ちを押し戻しているのかもしれません。

二つ目は乗り心地。微妙に劣化し始めました。ただ、これも9割がた当初の乗り味をキープしているので立派です。ただ、ここに関して言えば、ダンパー抜けても大差なかった200系クラウンHVはさらに立派と言えそうです。ブッシュ類の耐久力はトヨタ車は世界でも随一かと思います。
ここに関しては明らかな衰えを感じた時点で自腹足回りオーバーホールが平和的な解決となりそうです。

で、それ以外は全く問題ないです。

エンジンは相変わらず好調で、初期に見られたエンジンオイルの減りはほぼ見られなくなり、トップエンドでのフリクションの少なさはさすがBMWのエンジンだなぁと感心させられます。現在一万キロに付き1目盛りくらいが減少幅なので、エンジンオイルを食う感じはしません。
E46の320i、E65の750i、Z4McpとBMWを乗ってみてエンジンオイルを食うのは一台もありませんでした。別段こだわったエンジンオイル選択もしてないし、妙な添加剤や変なこともしてません。ただの熱の入れ方なんだと思います。

ミッションに関しては2速から3速へのシフトアップ時に多少の段差を感じる時がありますが、そんなもんでしょう。ここに関しては、これを上回るのはやはり200系クラウンHVだけです。そう考えれば、550iの実力も大したもんです。ダイナミック性能やアクティブセーフティでは200系クラウンHVに勝っているわけですから、快適性の併存を上手にやっていてすごいもんだと感じます。

この前、知り合いが乗る後期型と並べてみてふと思ったのは、前期型の灯火類のほうが個人的には好みだということです。

ヘッドライトはなんとなく柔らかく光るし、テールライトも柔らかい。後期型は全体的にキーンルックな光り方をするので、確かにスポーティですがやや細かすぎるようにも個人的には感じます。まぁ、このあたりは好みの問題ですが。

それ以上に感じたのはたまたまE39や、はたまた偶然初代6シリーズなんかと並ぶと、明らかにF10がデブに見えること。

安全性や空力でここまで車が変わったのか・・・と愕然とするレベルで違います。正直、どっちがかっこいいって聞かれたらボクにはE24型6シリーズやE34型5シリーズのほうがいいと答えます。

無論、現代の足として考えればF10やG30が圧勝するわけですが、車ってそういう事だけで処理できない、ロジカル解決が出来ない乗り物なんですよね。

ロジカルに考えればG30への素直な乗り換えは妥当ですが、そうならないであろう自分の選択はどうやらこの辺りの考えが強く影響しているんだと思います。

さて、あと何万キロ持ってくれるか、出来るだけ大事にしてあげたいと思います。
Posted at 2018/01/03 16:38:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月02日 イイね!

初夢



何故か今は亡きコンコルドでパリからニューヨークに飛ぶ夢を見ました。

なんか知らないけど、そうしないと間に合わない仕事があるようで、カードで飛行機代を切って、これ立て替えてもらえるのかなぁ・・・なんてわけのわからんリアルな事を考えながらファーストクラスラウンジで出発を待っていて起きました。

そうだ、コンコルドってファーストクラスの上の運賃だったから、確かパリだとファーストクラス待合室かその上のコンコルドクラスだかの待合室が使えたんですよね。

何にしてもとても夢があったわけです。

どうやら、500人クラスの搭乗人数を確保した音速機が搭乗するともいわれていますが、あんまり夢がないというか、コンコルドみたいなかっこ良さは無さそうです。

まぁでもコンコルドって現実狭いし、それこそ4列配置で全然居住性良くなかったようなので、まぁそうなるよなぁとは思っていましたが。なんだかんだ、現実的には快適な居住空間が旅客機には一番大事なので、笑。

そう考えると、いろいろ乗ったけどフィンランド航空のビジネスクラスはなんとなく一番良かった気がします。最低最悪はエールフランスでした、故障ばかりでテレビは見られないしビジネスクラスといってもエコノミーと大差ない機内食(ファーストクラスは、そのビジネスをベースに選択肢が増えるだけ)。あんなもん二度と乗らねぇと思いました。

それにしても、ここんとこ飛行機に乗ってないのに、なんで見たんだろう。なんか良いことありそうな気が・・・

まぁ過度な期待をせずに一年無事に過ごせたらいいなぁと思います。
Posted at 2018/01/02 22:33:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #5シリーズセダン ステアリングギアボックス交換 http://minkara.carview.co.jp/userid/515477/car/2255045/3993147/note.aspx
何シテル?   11/19 18:20
ほぼ寝てる
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

154 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
足車。
ボルボ V70 ボルボ V70
いい車です。その一言に尽きます。 ↑ 売却しました。最後は段々やれていったけど、基本的に ...
アウディ S5 (クーペ) アウディ S5 (クーペ)
またアウディに戻りました。
トヨタ クラウンハイブリッド トヨタ クラウンハイブリッド
社会的な顔として購入。床まで踏みつけた時の加速は、反社会的。 ↓  壊れることなく11万 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.