• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tsukaponのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

トノスペ 打ち合わせ&3D祭り

トノスペ 打ち合わせ&3D祭りNSXのワンオフマフラーを作って頂いたアルファオートエンジニアリングに,M2マフラー製作の打ち合わせに行ってきました。


純正は,エンジンルーム真下から1本もの。
アフター製品のマフラーも,以下の3パターンに分かれます。

1 フロントから作って2本などにするもの。
2 真ん中当たりでぶった切ってクランプ止めするもの(Mパフォはこのタイプ)
3 太鼓の直前でぶった切ってリア周りのみのもの

私の一番の目的は,軽量化とアフター製品より安価に作ること。
なので1は重いし高くなるしで消えた。
いずれにせよ接続部が国産と違い既製品がなく、1は難しいと。

3でも良かったのですが,太鼓直前のパイプは楕円なので,クランプ止めが難しいとのことで,結局真ん中の円パイプ部分をぶった切るMパフォと同じタイプにしました。

ただし,軽量化のため1本出し。
出口はNSXと同じ,シングル斜めカットにすることにしました。

お値段は,NSXは出血大サービスのお値段だったので同じとはいきませんが,アフター製品に比べると全然安いです。

純正でも始動直後はかなり爆音なM2
どれだけうるさくなるのか。バルブも撤去せざるを得ませんし。

NSXは20キロ減になりましたが,今回は10キロ程度かな。
でも車両端の10キロ軽量化は効果大でしょう。



次に,今度の土日は,北海道唯一の3Dデザイン取扱店であるPIT TWOさんで3D祭りみたいです。
かなり割引きすると。

インテークはほぼ導入決定です。
有名なグループMは約25万
イベンチュリは安いですが,あれだけ高温になるエンジンルーム内むき出しは,抵抗があります。

3Dはここら辺を知ってか,密閉型で20万。
それがどれだけ安くなるのか。

くれぐれも,エアロパーツも激安だからフルエアロ発注しちゃいました!(・∀・)
なんてことのないように,自制心を忘れずに訪れようと思います。w
Posted at 2017/06/22 17:24:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMW M2 | 日記
2017年06月20日 イイね!

今後のM2チューン

今後のM2チューンまだまだ納車が始まって1年程度のM2
当然情報が少なく,みんカラでも,Mパフォ以外殆どパーツレビューはありません。

そんな時には,やはりスタディさん。
特に社長ブログの情報は早いですよね。


今M2で存在する車高調は,KW,ビル,3D,ザックス,オーリンスでしょうか。
他にショップオリジナルとかあるかもしれませんが。
ザックスとオーリンスは出たばっかみたいです。


ビルは,突き上げが好みでなく消えた。
3Dは,タイムアップには繋がらない印象があり消えた。
KWは出たのが早かったので,多分みなこれなのと,スプリングレートが低いのでやめた。

ザックスは,これをベースにしたオレンジウルフの車高調をCSLで体感しましたが,非常に好印象でした。
これはキャンパーのみならずキャスターも調整できるかなりの優れものでした。
しかしオレンジウルフのHPを見る限り,現在は街乗り仕様の車高調に路線変更しています。
まあ,カリッカリの高額な車高調作っても売れないのでしょう。
商売ですから仕方ありません。


日本のサーキットは路面状態がよく,更に十勝は縁石も低いので,レートは高めの方が良いです。
少なくとも10キロ以下だと,高くしたくなる。

ザックスM2用も,スプリングレートがかなり低い様です。
フロント4 リア12
何よりも,フロントのコイルが円柱状ではないところが致命的。
これは多分,後でスプリングだけ交換できない。

オーリンスを見てみると,フロント9,リア19
ザックスもそうだけど,いやに前後で差があるのね。まあいいや。
バネは前後とも円柱状
おお,これは後でバネだけ交換できるぞ。
決まり!かと思ったらお値段50万。。


当初の予定より車高調導入時期も早まりそうですが,18インチ導入と同時にやるので,最初から着いてきた19インチパイロットスーパースポーツを履き潰す必要がありますし,結構な出費となるので早々着手できまへん。


それより,まずはお値段のかからない軽量化。
多分,助手席外します。
今夜,運転席を体重計に載せてみますが,恐らく30キロ(実際測って約30キロでした)
運転席と同じブリッドのセミバケ入れても多分15キロ
15キロの軽量化にしかならないが,外したままなら30キロ軽量化

そこまで重量はないと言われる後席は残すので,M2をロールスロイス化します。
助手席はありませんが,どうぞ後席でおみ足を伸ばしておくつろぎ下さいw


あとは,早めにトノスペ導入となると思います。
これで恐らく高回転フンづまりが劇的に改善するでしょう。

トノスペが何か分からない方は,NSXのパーツレビューのマフラーを参照。
ワンオフマフラーに私が勝手に命名したので,お店に連絡して「トノスペ下さい。」と言っても,店主は困惑するでしょう~w
Posted at 2017/06/20 17:13:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW M2 | 日記
2017年06月18日 イイね!

M2サーキットインプレ!

日曜午前中、無事走行終了しました〜。
午後は焼肉懇親会で盛大に楽しみ、もう1泊するので良い気分です。

では、早速M2サーキットインプレ
結論 NSXの方が100倍楽しい!w

私のNSXからすれば200キロ以上重いM2
一家族乗せて走ってる状態
NSXのイメージで走ると、色々できないのは当たり前

あと、車両のコンピュータ制御に終始振り回されっぱなしでした。


まず最初の走行枠
空気圧異常でコンフォートモード固定になってしまいました!
タイヤの空気抜いてるんだから、異常なのは当たり前でしょw
しかも4点ベルトだけ着けて出たら、シートベルト警告音がうるさくて集中できない。
1週でピットインしてシートベルト装着
ブレーキだけ効くので、最初は早めに踏むと止まりすぎ。

ESPもオンだから、3速や4速の加速でもトラクションコントロールが介入します。
加速しね〜
そんなこんなでまともに走れず1分46秒


色々いじってようやくコンフォート固定を解除し、2回目走行枠
まさかこれから毎回、最初の走行枠はこれに捨てなければならないのか…

スポーツモードで走行しましたが、やはりトラクションコントロール介入で加速しない。
仕方なく今日はやらないつもりでしたが、スポーツプラスに入れ、ESPオフ。

トラクションコントロールは介入しなくなったものの、エンジンが高回転でフンづまり、伸びない。
シフトした瞬間だけターボパワーで加速しますが、6000回転以上は加速が伸びないという変な感じ。

サスやボディもなんか不安で、全然攻めきれず。
ベストは40秒

分かっていたことではありますが、ノーマルM2だとサーキット走行には耐えられませんでした。
タイムは置いておくとしても、爽快でない。

重さ、剛性、サス、給排気をやらないと、気持ちよく走れない。
気持ちよさがないと余暇は意味がない。
これがポルシェGT系との端的な違いでしょう。ポルシェGT系は吊るしでこれができています。流石。

ただ一つ朗報は、ブレーキパッドとオイルは非常に優秀でした。
かなり制動します。
1コーナー150メートル看板だと止まりすぎになります。
今日はソコソコペースで走ったのは3周ですが、結局ブレーキングポイントを見つけられませんでした。
ブレンボ6ポッドに換装していたCSLより多分奥まで行けます。

純正ローターキャリパーから交換する必要は全然ありません。
純正はフロント対向4ポッド、リア2ポッドですが、ローター径が大きいのが、効く理由でしょう。



ということで走行は早々に切り上げ、3回目走行枠は全く走らず、何をしていたかというと、もう一つの目玉である試乗会。

これが凄かった。
まずアルピナB6の4枚ドアのアルラッド(四駆)
V8ターボの600馬力
内装が泣けるほど高級感あります。
メーターの、ぼあっと光るのがイイ

ステアリングの感触で四駆であることは分かります。
すなわち、余計な感触があるということ。
やはりFRが一番。

フル加速してみると、流石600馬力、凄いです。
ただここで四駆の意味を実感します。
怖くない。安定しまくり。

ターボラグやトルクの変な変化はなく、ただひたすら安定して加速します。
振動も殆ど感じない。
トルコンATとステアリング裏にあるステップトロニックボタンの相性も最高。

サスも勿論上質。
悪く言えば面白みがないが、それが欲しいならM6を買えばいい。


次にアルピナXD3
初めて乗る直6ディーゼルターボ、興味しんしん。

社内でカラカラ音はしません。
粒の荒い感じも特にしません。ていうかガソリンよりは荒いのかもしれませんが、全然気になりません。
ガソリンほど吹け上がらないのは当然としても、滑らかに回転が上がりトルクフルに加速します。
B6の後だから加速に感動はありませんでしたが、十分な加速力です。

これアリです。
燃費考えると最高の出張車かも。
B6に比べると、内装はそこまでBMWとの差を感じられませんでした。


次に新型5シリーズ
530かな。直4ターボ
新型5シリの評判はとてもいいが、どうか。

今までBMWセダンは、吊るしでもサスが結構固い感じがありましたが、それが全然ない。
悪く言うとBMWの個性がない。
M2やアルピナと比べると、直4ターボはどれだけ良くても感動はない。
結論として、私が買う車ではない。


次にミニ クロスオーバー ジョンクーパーワークス
天井高めちゃくちゃあります。
乗り味、内装ともに質感高いです。
最早ミニではなく普通にかなり良い車。
ただ、やはり直4に興味は湧かない。


次に… てどれだけ試乗したんだ?w
まだまだあります。
AMG GTS
エンジン音がめっちゃ獰猛 食われちゃいそう。
加速は勿論凄い。
ボディ剛性が檻みたい。
後輪のすぐ前に座ってるので、面白い感じ。

ポルシェとも違いますが、違う方向で全然アリなスーパーカー
流石F1常勝メーカー


次にフェラーリGTC
12気筒の実用フェラーリ
普通に乗る分には普通の車だが、ひとたびアクセルを踏むと官能的な音と暴力的加速が。
だがスミマセン、3500万の車を普通には乗れないです…


最後にマセラティ レヴァンテV6ターボ
内装は白。エロい。
エンジンはフェラーリ製ではないが、営業さんもメーカー忘れてました。w
これも普通に良い車。
売れてるらしい。
カイエンの様に危機を救う救世主となるか。
ディーゼルもあるらしく、そっちに今度乗ってみよう。
買わないけど、SUVでは文句なしに一番カッコ良い外装。



ということで、今後の方向性は見えました。

M2は早めに気持ちよくサーキット走れる車にします。
仕事頑張って、通勤と夏出張専用アルピナB6 FRの中古買います。
そのうち、BMWの直6ディーゼル買います。

GLKは冬に活躍する下駄車とします。
高級車で塩カルにまみれる冬は走れない。
Posted at 2017/06/19 02:14:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | BMW M2
2017年06月16日 イイね!

楽すいぞ! M2左マニュアル~

先日のオイル交換にて,とりあえずのサーキット準備は完了しました。

ブレーキの止まり際キー音は,パッドの当たりが出てから余計やかましくなり,もううるさいったらありゃしません。
しかし,これがサーキットパッドの宿命。受け入れましょう。

何だかんだでオイル交換前は4000回転ぐらいまでしか回したことありませんでした。
NUTECエンジンオイル2種番手ブレンドの感触も,ブレーキタッチも良い感じなので,昨夜,もう少し回してみました。
それでも,6000回転までは行かなかったかな。
レブは7100回転。
これはサーキットで初解放することになるでしょう。

370馬力で,現代のスポーツカーの中では中ぐらいの出力と言えど,今までNA派の私には経験したことのないターボパワー。
すぐに速度が出てしまい,一般道ではジェントルマンな私はすぐにアクセルを抜くことになります。

しかし,たのすい。
ほんと,たのすい。

センタートンネルにシート部品が当たるので,その手前で固定していましたが,もう少しセンター寄りにしたかったので,先日再調整してもらいました。

センタートンネルといっても,ふかふかの布なので,当たって良いと。
折角オーダーシートレールにしたので,バッチリのポジションにしないと意味がない。

その結果のポジションも満足できるレベルに。
NSXに乗り換えても,ほぼ同じようなポジションです。
(シフトの右左は違いますが)

実は,旧NSXの素晴らしいところは,運動性能もそうですが,日本人にあったシートポジションです。
あんなに自然なポジションで見切りが良く,気持ちよくドライブできるマシンもありません。

M2は,何度も書いているとおり,ボンネットが高くシートも高くしないと見切りが悪い
クラッチに合わせるとシートは前になるが,シフトに合わせると後ろになる
等々の問題がありましたが,何とかクリアしたと言って良いでしょう。

NSXも楽しいし,M2左MTも楽しい。
しかし,夜中どちらでドライブするかというと,今の私にはM2です。
色々理由はありますが,やはり現代の車は快適性の中に楽しさがあります。

大きな理由の一つは,自動ブリッピングでしょう。
これホント爽快です。

ホンダが,旧NSXをリスペクトしたS2000後継を作り,自動ブリッピングが備えられていれば,もうヤバイ車になるでしょう。

価値観は人それぞれですが,私が車に求めるのは,運転の楽しさ。
今この世にあるマシンの中で,自分的に一番運転が楽しいだろうと思える車を2台所有することができ,幸せだということにしましょう。

Posted at 2017/06/16 14:28:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | BMW M2 | 日記
2017年06月13日 イイね!

シェイクダウン準備完了!

シェイクダウン準備完了!今回は苫小牧の田代商会さんで、ブレーキパッド、ブレーキオイル、エンジンオイル交換をしてもらいました。

これで日曜のサーキットシェイクダウンの、とりあえず最低限の準備は完了しました。

あ、明日シートの微調整はしてもらいますが。

オイルはどちらもNUTEC
初めて入れたオイルですが、楽しみ〜

パッドはIDI
こちらも初めてですが、輸入車パッドでは有名ですね。
信号でも程よくキーと鳴り、踏んだ感触もカッチリに。
サーキットの制動とコントロールに期待大です。

店主はM4乗りですが、M4とM2はフロントもリアもパッドが同一であることが判明。
見れば確かにキャリパーの見た目も同じ。

M2君またまた見直してしまいました。
いや単なる嬉しいコスト削減か。


現在走行2500キロ、前回600キロで交換しましたが、さてオイルの状態はどうか。

前回は一見綺麗だがよく見るとマーブル状でしたが、今回は一見して汚れててかなりのマーブル状。

この間の1900キロ、エンジンはかなり回しましたが、やはり結果も違いますね。

今回の経験を通じ、私の考える車好き新車オイル交換を提案。
初回 100キロ
2回目 500キロ
3回目 1500キロ
4回目 回して3000キロ
5回目 5000キロ
以後サーキット走行ない限り5000キロごと

まあ安いオイルなら1回1万ちょっとだし、車好きは手間も費用も楽しみの一つでしょう〜
Posted at 2017/06/13 22:26:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW M2

プロフィール

「@Mae
次はムカついたら即ガツンと言いましょう。w
私そうしてます。時期逃すと言えなくなるので」
何シテル?   03/04 09:18
NSXが出た当時からのファンで,いつかは乗りたいと思っておりました。NSXタイプSライムグリーンメタリックは最も欲しかった色で,程度の良い車に出会えました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

えむにくん1周年記念に取付パーツを振り返る 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/15 07:25:09
RECARO モータースポーツシェル SP-GT2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/15 18:12:52

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ NSX ライム号 (ホンダ NSX)
平成21年6月19日納車。この日は昔からの夢を実現した記念すべき日となりました。 内外装 ...
メルセデス・ベンツ GLKクラス メルセデス・ベンツ GLKクラス
平成28年12月27日納車 生まれて初めて所有したSUV車 初めてのメルセデス アイ ...
BMW M2 クーペ BMW M2 クーペ
平成29年4月14日、苫小牧港にて納車。 名古屋のルッソカーズさんがイタリアから平行輸入 ...
フォード フィエスタ フォード フィエスタ
平成26年11月納車。 仕事を独立したのはよいが,ビルの立駐が超狭く,タイヤとタイヤ17 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.