• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

sin@monのブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

loundraw 原画展「夜明けより前の君へ」

loundraw 原画展「夜明けより前の君へ」 2017年9月5日~9月17日

 渋谷 GALLERY LE DECOにて

 若干22歳、若手人気イラストレーター「loundraw」さんの原画展が開催されました。

 私のブログを読んでくださる方はこの名を目にしたことがあると思います。一番分かりやすく言えば・・・

 「月がきれい」のキャラクター原案の方です♪



 と言っても、私の場合は「loundrawさんがキャラクター原案だから『月がきれい』を観た」というほうが正解です。まぁ、他にもたくさん魅力があるのは以前書いた通りですが。。

 その時にも説明しましたが、折角の原画展ですから改めてご紹介させていただきます。


 最近、各方面から注目を集めているloundrawさんですが、『君の膵臓をたべたい』の表紙イラストあたりから火が付きはじめたかと思います。



 独特の柔らかい空気感、透明感、写真のようなボカシによる距離感、光の使い方などに惹き付けられてしまいます。

 様々な作品はコチラで見られます。


 特に大学の卒業制作である自主制作アニメ『夢が覚めるまで』では業界が動き、声優として雨宮天さん、下野紘さんが参加し、音楽はBUMP OF CHICKENという豪華さ。



 「劇場版アニメの架空の予告編」というテーマで制作されたものですが、フル尺で観てみたいものです。

 今回の原画展では遂に小説が発売されました。


 しかし、私が注目したのはやはり「三月のパンタシア」ですね。ヴォーカルの「みあ」さんを中心に様々なコンポーザー、イラストレーターが参加しているユニットであり、loundrawさんはその代表格と言っても良い方です。

 デビュー曲キズナイーバーEDテーマ『はじまりの速度』は音楽はもちろんジャケットが気になりloundrawさんを知りました。






 その後1stアルバム『あのときの歌が聴こえる』は私の中で「確定」となりました。






 短期間での開催ですが、ちょうどスフィアライブの前に行くことができました。前売り券を購入していなかったので当日券を購入しましたが、かなり並びました。。

 この個展、単なる作品展示だけではなくグッズ販売、豪華ゲストを招いてのトークショーやライブドローイングなど、生配信もされましたがとにかく話題の多い人気のイベントとなりました。

 詳細は公式HPをご覧いただければ、どれだけ注目されていたかが解ります。


 元々、新海誠さんの世界観やP.A.WORKSでお馴染みの東地和生さんが好きな私ですから、この世界観に簡単に入り込めたのは言うまでもありませんが、どうしても比較されてしまいますよね。私も最初はそうでした。「青」「光」こういうキーワードがどうしても気になりますが、実際原画を見ると全くの別物です。(東地さんの原画展以前行っています。)

 意外と青の印象は少なく、画風も幅広いのには驚きました。CGで描いているのに水彩画のようであったり、「月がきれい」のキービジュアルは油絵具のような力強いタッチを感じたり・・・
 ちなみに「月がきれい」初回限定盤BD-BOXの描きおろし画もありましたが「うつりゆく全ての春へ」というタイトルが付いているのは一般的には知られていないでしょう。



 よく見るとこの中に様々な想いが詰まっているのは大きなキャンバスだから気付く事も多く、とにかく感心して見入ってしまいました。。ホント行って良かった♪


 当然の如く今回も公式図録を購入しましたが、見応え、読み応えがありloundrawさんの魅力満載の内容。

 
 単なるイラストレーターではなく、漫画や音楽、その他様々なクリエイター活動の広がりを見せているloundrawさんの今後に期待します。



Posted at 2017/09/21 22:48:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | ライブ・イベント | 日記
2017年09月18日 イイね!

We are SPHERE!!!!

We are SPHERE!!!! 2017年9月10日(日)
 LAWSON presents Sphere live tour 2017
  “We are SPHERE!!!!”


   中野サンプラザホール

 スーパー・ガールズ・ユニット「スフィア」が来るべき10周年に向けて音楽活動を休止する前、最後のライブツアーに参戦しました。


 時間が経ってしまいましたが、簡単にまとめておきます。





 6月3日、神奈川から始まった本ツアー。実はスフィアワンマンとしては初となる中野サンプラザが同ツアーで1ヶ月おいて2回も開催されるという珍しい構成。

 10月15日の愛知がラストだと思いなるべく遅く行こうと2回目の中野に申し込みましたが、まさかの(いや、予想通りか?)幕張メッセ追加公演。。どの道行かれませんが。。。

 当然ながら彩陽ソロツアー中野限定カラーTで参戦♪


 ソロとしては今後も通常営業が続いて行くスフィアですが、それぞれに全く違う魅力を持つ4人がひとつになると爆発的な魅力を発揮する訳であり、これが暫く見られないとなると寂しいものです。



 ライブ前、久しぶりにこんなプレイリストを聴いていました。今でも全く色褪せない名曲たちですね♪

 あの頃の愛生ちゃん、今でもイメージは変わりませんが、今ではアルタイルのような素晴らしい演技もこなせるようになりましたね。特に最期の「人間味溢れる」演技は感動してしまいました。。

 他のメンバーも様々な方面での活躍と成長ぶりは本当に凄いものです。後輩も出来ましたがここまで多彩で多才な「スーパー・ガールズ・ユニット」はもう出てこないのでは?


 スフィアとしては「夏色キセキ」で魅せた才能と絆。当時のブログはカテゴリーで残っていますが自分でもよく書いたなと・・・(^^;

 まぁ、そんなコトを思い返しながら当日を迎えたのでした。



 最近は大人しく堪能するライブが続いておりましたが、さすがに臨戦態勢にて会場入り。外は完全にお祭り騒ぎでした。

 やはりファン層は若いと言っても10年近く追っていればそれなりの年齢になっており、応援の仕方もわきまえております。一部の方が暴れており、ぶつかられる事故もありましたが怒っても仕方ない。。。

 座席は2階でしたが前方通路側なので問題ナシ。(彩陽の時は最前列だったのよねぇ。。)



 内容は特に書きませんが、スフィアライブの魅力と言えば振りコピですね。横から見るのも良いですが、上から見るとフォーメーションがよく分かります。とにかくこれがとっても楽しいのです♪

 自分、単純に何の曲でも「PPPH」やらで盛り上がるライブは嫌いです。曲の意味も無いし単なる自己満足だと思います。一体感あるように見えるだけ。もっと嫌いなのは落ちサビの「咲きクラップ」という間違った風習ですが。。。

 スフィアにも無いとは言いませんが、曲のイメージやメンバーを想い「応援」の意味で一体になる感覚は正しく今回のタイトル通り“We are SPHERE!!!!”なんですよね。


 そしてもうひとつの魅力は「MC」や「朗読劇」ですが・・・コント?寸劇?茶番?とにかく面白過ぎて4人の魅力、絆がガッツリ伝わってきます。


 まだ新曲も出ますし、本当に休むの?という感じですが、更なる進化を楽しみに待ちたいと思います。


 もう1公演くらい行きたいなぁ。。。。。




Posted at 2017/09/18 14:02:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライブ・イベント | 音楽/映画/テレビ
2017年09月09日 イイね!

絢香「Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3-STAR RAW~」

絢香「Acoustic Live Tour 2017-2018 ~3-STAR RAW~」 2017年9月3日(日)
 絢香「Acoustic Live Tour 2017-2018
               ~3-STAR RAW~」

 千葉県文化会館 大ホール

 シンガーソングライター絢香さんの全国25都市34公演ツアーの初日に行って来ました。このツアーは歌、ピアノ、ギターの3人によるアコースティック・ツアーです。


 ヴォーカル:絢香  ピアノ:塩谷 哲  ギター:古川 昌義

 この素晴らしい3人のスター(3-STAR)によるセッション。サポートバンドというよりはそういう表現が相応しいと思えるような圧巻のライブでした。


 2006年2月『I believe』でデビューした絢香さんですが、当時からその歌声に惹かれ好んで聴いておりました。半年後にして既に4thシングルとして発売された『三日月』はデビュー前から配信されており各国で話題となっていましたが、自分もこちらを先に聴いていたと思います。




 私の初期からのみん友さんはご存じと思いますが、車の中で『三日月』を良い音で聴く為にセッティングというのをずっとやっていました。
 あの方に出会うまでは・・・・・・・・・w

 この曲は低域から高域までそれぞれしっかり鳴らす必要があり、中途半端に増強すると聴きづらくなります。セッティングを出すには丁度良い曲でもありました。



 今でこそアニソン中心に聴いているワタシですが、それは「アニメ好き」「アニメありき」ではなく、好きな音楽を求めて行った結果が「アニソン」というカテゴリーだっただけのハナシです。

 それはアニソンの自由度の高さが理由だと思います。だから才能のある方が新しい、好きな事をやろうと集まるジャンルのだと思います。だから面白い。

 そもそも「アニソン」なんてジャンルは存在しないのですが、「アニメタイアップ曲」の事を指していますよね。それは作品との連動により「説得力」があるから伝わりやすいものです。

 それが派生して「アニメタイアップ曲」を歌っているアーティストが全て「アニソン歌手」みたいに捉えられるのは違うと思っていますし、「声優アーティスト」や「キャラソン」もまた違うものだと思っています。

 昔はJ-POPアーティストがアニソンを普通に歌っており、今でも歌い継がれる名曲が多いではないですか。

 そういう意味では「Aimer」さんが「アニソン歌手」扱いされていない現状はまだ救いなのだと思います。良いものは広く受け入れられる。先日の武道館でそれを実感しました。



 話が逸れましたが、ワタシがアニソン中心になる前は絢香さんやドリカムなどが中心でした。それからの流れがあって今に至ります。かと言って、それらを聴かなくなった訳ではありません。好きなものはずっと好きです。
 ジャンルとして比べるものではないのでプロフィールに書いていないだけです。それもようやく、昨年のドリカムに続き今更ながらライブへ行かれるようになったという事です。

 「みんカラ」という場所でライブレポートばかり書いているワタシですが、「カーオーディオ」の分野が発展しているだけの事であり、クルマと同じ趣味の世界ですね。そもそもクルマ自体が簡単に弄れる車種ではないし、「弄ってナンボ」のみんカラではないでしょう。。



 それにしても・・・意識していないのですが、ワタシの好む方って一貫してますね。

 ・声に特徴がある
 ・地声でハイトーンヴォイス

 (真綾さんは別格ですw)


 そんな今に繋がる要素かも知れませんが、絢香さんについてはコレが確定要素でした。




 2007年9月に発売されたPSP用ソフト『CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-』テーマソング『Why』です。『FFⅦ』好きとしては涙なしには観られないこのエンディング。。


 「シン・アスカ × ルナマリア・ホーク(マユ・アスカ)」「黒桐 幹也 × 両儀 式」など当時まだ未婚だったゴールデンコンビ「鈴村健一 × 坂本真綾」は今期でも健在ですねw


 カジウラーとしては『花子とアン』主題歌『にじいろ』も外せません♪




 彼女のプライベートでは病気を乗り越え、仕事と家庭を両立した中で様々大変だと思いますが、それは我々が言うべき事ではありません。

 むしろ最近は歌い方、声質もデビュー当時とは違い深みが増しています。

 そんな最新曲『コトノハ』




 今、聴きに行きたい。

 それで十分だと思います。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 そんな訳でツアー初日の千葉に行ったのですが、初日だからというよりは、34公演もあるのに何故か神奈川が無いというのが理由です。。。


 千葉には昔から縁があるのですが、中心地には何故か用が無く実は初めてでした。JR千葉駅から歩けそう?なんて無茶しそうになったり(^^;

 千葉県文化会館は歴史ある大ホール。オーケストラの本拠地だったりと音楽を聴くには適している造りです。
 座席は1階最後列でしたが意外と見やすかったですね。



 「文化の極み」を「文化会館」で堪能する。

 理に適っていますね♪
 

 絢香さんは音楽の才能を活かし「音楽で遊んでみた」など様々な動画を上げています。



 うーん、真綾さんとはまた違った魅力が(←ってそっち?


 そんな彼女がライブ直前にTwitterで今聴きたい歌を募集。本番前に楽屋から上げてくれたのがこの動画。



 やはりこの曲ですねぇ♪



 気分が高まり本番。


 3人が登場し、即興でセッションしながら音合わせ。

 もうこれだけで満足♪


 セットリストは書きませんが、ゆったりと曲紹介をしながら進んで行きました。


 客層ですが、男女同数くらいですかね。

 驚いたのが年齢層です。

 10代はさすがに少なく20代もそこそこ。

 30代、40代、50代が同じくらいに多かったどころか、60代、70代までいらっしゃいました。もちろん関係者席ではありません。恐らくそれ以上もいらしたのでは?


 皆さん同じようにリズムに乗り、手を叩き、手を振り、立ち上がる。こういう一体感は味わったことがありませんでした。やはり彼女の歌を純粋に聴きに来た方達です。

 気になったのはイチイチ絢香ちゃんに声をかけ、話しかけていた女子1名。次曲に行く為の空気台無しな場面も。。。アレは無いだろう。。。


 内容は3人の歌、演奏共にアコースティックというにはあまりにも豪華で聴き応えある素晴らしいものでした。

 Kalafinaのアコースティックとは全く違う感覚の聴き応えでしたね。

 フルバンドのライブも行ってみたいな。


 折角なので帰りはコレに乗って千葉駅へ。。

 駅周辺でご飯を食べようと思ったら店が少なく苦労したのは計算外。。。





 さて繁忙期前、残りライブ2本。

 
 これまでの2本と全く違う激しいものになるコト必至。。。。。w




関連情報URL : http://room-ayaka.jp/
Posted at 2017/09/09 17:10:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライブ・イベント | 音楽/映画/テレビ
2017年08月31日 イイね!

Aimer Live in BUDOKAN “blanc et noir”

Aimer Live in BUDOKAN “blanc et noir” 2017年8月29日(火)

 Aimer Live in BUDOKAN “blanc et noir”

  18:00開場 19:00開演

 Aimer初の武道館公演に行って来ました。



 ノイタミナがまだ上下2段で放送していた時代の下段枠、「あの花」の後番組として始まった「NO.6」の主題歌『六等星の夜』でメジャーデビュー。その後番組が「ギルティクラウン」という流れでしたので当時からAimerさんは気になっておりました。
 (ちなみに安野希世乃さんも当時新人で参加しており、「ギルクラ」の上段枠「UN-GO」に繋がるのです。)

 そして「夏雪ランデブー」のEDテーマ曲『あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜』で一気に引き込まれ、Aimerさんが凄く良い!と言っているうちに「ガンダムUC」に起用されたりと、その後もノイタミナ作品他様々なタイアップを果たし、その魅力は一気にメジャーなものとなって行きました。

 ライブに行きたくても日程が合わず、そのうちどうしてもチケットが確保できなくなり・・・そんな中でEGOISTのライブ、澤野さんのライブ、MUSIC THEATER 2017で生歌を聴くチャンスがありましたがそういう時はメジャーな曲しか聴けず、益々ワンマンライブへの想いは募り、今回がようやく念願の初参戦となりました。


 前日お台場へ行った際、ノイタミナショップで様々な作品に想いを馳せ、「Fate」の世界観に浸り、脳内でAimerさんの楽曲を再生させながらユニコーンを見上げていたのは正しくこの日の為でした。




 今回の武道館公演は5月3日に発売された2枚のベストアルバムを引っさげてのものです。

 優しくも心に染みるバラード楽曲を中心に選曲された白盤“blanc(ブラン)”

 力強く、エモーショナルな楽曲を中心に選曲された黒盤“noir(ノワール)”




 Aimerさんはアニメタイアップの曲を歌っていますが決してアニソン歌手ではなく、幅広い多くの音楽家に指示され、プロデュースを受けているので楽曲の幅も広く、様々な場面で起用されているので広く一般にも知られるようになりました。

 その証として、今回の武道館公演は全国26ヶ所の映画館および香港、台湾、韓国でもライブビューイングで生中継され、その全てのチケットがSOLD OUTだったそうです。

 そんな貴重なライブの本丸に乗りこめた事は何より嬉しい事ですが、月2~3回ペースでライブ・イベントに参戦している私でさえかつて無い不思議な緊張感、高揚感を持って臨む事となりました。そしてその結果、ライブというものの本質を見たような、大変貴重な経験をする事となったのです。


 とは言っても想いは人それぞれ。現地に居られたからこそ、自分なりの想いをいつも通りに書き綴ってみたいと思います。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 そもそも平日に行かれた事自体が昨年までは考えられませんでした。これは異動のおかげ。昨日のような緊急トラブルも無くゆっくりと外出し、今回ご一緒させていただく方と合流。



 ドワーフ的な気分で早目の食事をしながら様々な談義。久しぶりに価値観を共有できる方と過ごす時間はあっという間に過ぎ、適度な時間に武道館へ向かいました。





 驚いた事に開場時間なのに果てしない物販列。。経験上、絶対に間に合わない人数なのに続々と増える列・・・

 慣れた方ならばかなり早めに対応するのでこの時間に来た方はほとんど待たずに購入できると思うのですが、ライブ慣れしていない純粋なファンが多かったのでしょうね。入場列の形成も若干戸惑っていたようです。
 それにしても、圧倒的に女性が多かった。Aimerさんを意識してか、髪をおろし大きな眼鏡をかけている方が多かった。年齢層も幅広い。


 座席は2階西の前より。真横からになるけど見やすいからいいかな?


 なんて思いは・・・・・入場してぶっ飛びました!!


 アリーナの中央に8角形のセンターステージ!

 その中央には白い円に「Aimer blanc」という文字。取り囲むようにバンドセット。まるでレコード盤のよう。これはどう見ても回転します。

 360°客席どの位置からでも近く見やすいステージの上には照明と全方位に向けたスピーカー。

 このスタイルは武道館では初めての経験。音響が凄く楽しみでもあります。

 「blanc」という事は、後半「noir」に挿し変わるという事。足元に張り付けてある蛍光塗料で書かれたセトリは遠目でも中間地点とアンコール3曲くらいの位置に線が引かれており、全体が見えてしまうステージの難点とも言えるトコロか(^^;


 そう言えばペンライトを持って行くなんて考えもしませんでしたが、場内で予備点灯している方もおらずひと安心。


 若干入場に時間がかかり、定刻過ぎに開演。


 客電が一気に消灯!!


 暗い中、大きな拍手に包まれてバンドメンバーに続きAimerさん登場。

 まさかの1曲目でした。


<前半“blanc”セットリスト>

01_TWINKLE TWINKEL LITTLE STAR
02_スピカ
03_あなたに出会わなければ
04_星屑ビーナス
05_Re:pray
06_カタオモイ
07_March of Time
08_蝶々結び



 『TWINKLE TWINKEL LITTLE STAR』はベストアルバムには収録されていませんが、デビュー曲のカップリングであり、1stアルバムの1曲目です。

 その歌声、息遣いに引き込まれ、微動だにせず息するのも忘れるくらい。ふと気づくと無意識に力が入っていたのか身体が痛い。。こんな感覚がずっと続きます・・・・・

 バンドマスターはキーボードの野間さん。昨日もお会いしました「のまーりん」です。SSAでも弾いていました。野間さんのピアノは温かく、優しい女性的な感じで好きです。


 一気に会場が明るくなり、続く『スピカ』はポップで温かい曲。これまたベストアルバム収録曲ではなく『ninelie EP』のカップリング曲。
 中心とバンド部分が別々に回転するステージ。会場全体を見渡しながら手を振り、嬉しそうに歌うAimerさん。会場全体が手を叩きながら一体になります。


 それにしても・・・武道館ってこんなに音、良かったっけ??


 と思うくらいに気持ち良く響き渡る歌声と音楽。円形ステージから周囲に向けられたスピーカーが武道館の構造により全体にくまなく行き渡った結果。無駄な音圧も無く純粋に歌声を堪能出来る素晴らしい演出。
 そこに「生」ならではの臨場感が加わり、息遣いや鼓動までも聞こえて来そうです。


 続く『あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜』で再び暗くなり、会場全体をブラックライトが照らします。


 1曲1曲、ライティングが変わる演出。余計な映像など無く、照明で変化させる演出はAimerさんの歌を純粋に聴き入る事が出来て本当に素晴らしかった。

 この曲含め“blanc”収録曲は本当に切なく感情移入しやすい為、この時点で涙腺が制御出来なくなりました。自分、“blanc”のほうが好きなのです。


 MCは簡単な挨拶程度ですが、ライブビューイングに向けて中国語、韓国語で挨拶したり、この日を迎えられた感謝の言葉が伝わる素晴らしいものでした。


 『蝶々結び』が歌い終わり、アウトロでAimerさん退場。演奏が終わりバンドメンバー退場。場内が暗くなります。


----------------


 暗闇でセット中心が白から黒に変わるのが見えました。ここから“noir”です。


 前半は白いドレスだったAimerさん、黒いドレスで再登場。バンドメンバーも白いシャツから黒いシャツに着替えました。前半は全員座って演奏していましたが、弦楽器の方は立っています。


<後半“noir”セットリスト>

09_us
10_holLow wORlD
11_LAST STARDUST
12_Brave Shine
13_花の唄
14_RE:I AM
15_zero
16_Stars in the rain



 いきなり激しい『us』から始まります。目まぐるしく上下に変化する旋律と表現力は本当に凄い迫力で、前半とは全く違った意味で引き込まれるように見入ってしまいました。途中でステージのセンター部分がせり上がり、光の演出も更に激しさを増します。

 完全に前半とは空気が違いますが、どの曲も明らかに「Aimer」なんです。それが凄い。


 『LAST STARDUST』のイントロが流れた瞬間、全身が震えました。先日chellyちゃんが歌ってからずっと聴き続けていた曲です。やはり本物の破壊力は凄い!!

 そして『Brave Shine』へと続きMC。この2曲が続けばもはや何を語り、次に何を歌うのかは予想出来ます。


 梶浦由記さんプロデュースの新曲、劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』第1章 主題歌『花の唄』は野間さんのピアノと共に・・・・・


 凄いの一言。



 作品的に想像していた曲の遥か上を行く曲でした。

 野間さんの演奏、優しく女性的と書きましたがここで実感。梶浦さんのライブでの弾き方に似ているように感じました。何と言うか、強くカッコイイ女性なんです。(何だか真逆のコト言ってますが。。表現力w)


 そこからの『RE:I AM』。他の曲も同様ですが、今まで聴いたどの『RE:I AM』よりも感情が籠り、聴きながら作品場面が脳内にフィードバックされ、胸と涙腺がアツくなります。。。


 ここのMCでは武道館に立たせていただいた皆様への感謝を改めて伝えました。

 ひとつの目標としていた「武道館」だからと言って特別な事をするつもりはなく、いつも通りの歌をたくさんの方に伝えたいという想い、これからもずっと歌を続けていきたいのでこの武道館のステージをこの日限りにするつもりはありませんという想い。

 この場から、『zero』から再び始めて行きたいと『Stars in the rain』で締めくくりました。


 再び暗闇につつまれる会場。

 アンコールはもちろん手拍子。

 まだ聴きたい曲が残っています。場内からその気持ちが伝わる現象。


----------------

【アンコール】


17_AM02:00

 1stアルバムより。会場内がハンドクラップで一体となるライブでは大切な曲。2ndアルバムに『AM03:00』、3rdアルバムに『AM04:00』という曲もあり、それぞれアルバムの中間地点に配置されています。


 次に歌う新曲は会場内がオールスタンディングでハンドクラップをする景色が見たいとの事でようやく立つ事ができました(^^;
 この曲は今までに無かったタイプのアップテンポな曲でした。

18_ONE


 *ナタリー様より拝借

 それはもう、壮観な景色でした。

 感動の一言。



 最後は一番大切な曲。ずっと歌い続けて行きたい曲。

 暗闇につつまれる会場。ステージ中央に椅子が用意されました。


19_六等星の夜

 六等星とは肉眼で見える最も暗い恒星。この曲の歌詞は本当に切なくて何度聴いても涙腺が崩壊します。。

 「終わらない夜に願いはひとつ “星のない空に輝く光を”」

 というサビのところで会場内に少しずつ光が灯りはじめました。(アンコール時にフライングしていたのはこの現象)


 スマートフォンのライトを点灯させ、曲に合わせてゆっきりと左右に振る人が次第に増えて行き、360°の星空が完成。この光景は武道館、センターステージだからこそ。その光は暗闇を照らし、会場内が明るくなるほど。

 これでこそライブ。この場に居るからこそ。残念ながらライブビューイングや映像では絶対に味わう事の出来ない感動。。


 その感動は生歌を直に聴くことで完成する訳ですが、Aimerさん自身、声の伸びや深さ、迫力はいつも以上にズバ抜けて素晴らしく感じました。それもこの場、この雰囲気だからこそなのでしょう。


 自分が追うアーティストのほとんどが「専門家」ですが、今回ばかりはその真髄を堪能出来たというより、実力を魅せ付けられたといった感。。

 本当に貴重で素晴らしい経験をしました。

 だからライブはやめられない。。。。。


 『六等星の夜』はニューシングルにトリプルA面として『六等星の夜 Magic Blue ver.』が収録されます。コニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウンのリニューアル記念テーマソングに決定しましたが、是非現地で聴きたいですね。


 11月からの全国ツアーも楽しみです。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 終演は21時半、それでも物販、CD販売に長蛇の列・・・・・でしょうね。


 我々も帰る気にならず、近くの土佐料理専門店で打ち上げ。

 

 「かつをの藁焼き 塩たたき」がとっても気になりまして(^^;

 目の前で業火に焼かれるかつを。塩と薬味で食べます。いやぁ、メチャメチャ美味かった♪

 いやぁ、大きな会場の近くではよく見かける、その日のアーティストの曲を流してお客さんを引き込むお店かと入ったお店でしたが、この看板から感じるAimerさんへの愛はダテでは無かった。。

 店内の音楽もさることながら、驚きのサービス!




 こんなサービス、滅多にないんだからっ!!

 何も言ってないのに出てきました。なんか嬉しかった♪

 (他のアーティストでもやってるのでしょうけど。。)


 深夜に帰宅。明け方まで全く眠れませんでした。。

 こんな気持ちは初めて。。翌日も休みで良かった。。。


 週末に向けて切り替えなきゃだけど、何だか「Aimer」以外の曲を聴きたい気が全くしない・・・しかし残念ながら音源ではもう物足りないのよね。。。。。



関連情報URL : http://www.aimer-web.jp/
Posted at 2017/08/31 23:28:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | ライブ・イベント | 音楽/映画/テレビ
2017年08月30日 イイね!

LiSA「めざましライブ2017」

LiSA「めざましライブ2017」 2017年8月28日(月)

 めざましライブ2017<LiSA>

 みんなの夢大陸 「HOT SUMMER スタジアム」
 10:00開場 11:00開演


 はいっ。


 今年も「めざましライブ」に行って来ました♪


 めざましライブは今年で10周年。LiSAの参戦は6年目になります。

 そのLiSA初回から通い始めためざましライブですが、仕事の都合で毎年「LiSA」「Kalafina」のどちらかにしか行かれず、あれ以来ずっとKalafinaにしか行かれていませんでしたので久しぶりのLiSAになります。


 月曜日ですがたまたま休暇を取得しており、無事チケットを確保。ところが思い込みって恐ろしい。。

 まさか午前中の部とは思わず午後のつもりで予定を組んでおり、気付いたのが前夜という。。。(^^;

 時々ダブルヘッダーがあるのは知っていましたがまさか。。。


 LiSAにしてみれば前日アニサマからの勢いのまま午前ライブ。しかも夏の終わりの屋外ですから絶対に激しくとんでもない事をねりねりしているはず。

 期待しかしていませんっ♪


----------------

 今回の装備は既に決まっておりました。

 このビックTは【LiSA×SPINNSコラボレーションアイテム】です。本来「白」ですが、ヴィレヴァン限定ver.の「黒」です。



 発売日的にLDP@SSAに間に合わなかったので今回使用。てか、次の予定が空白なので。。。。。
 ちなみにタオルはアンコール曲を予想して・・・・・


 久しぶりに愛機を動かしましたが流石に全く問題ない。お台場の場合は車が楽。

 順調に進んでいたのですがさすがに月曜日の通勤時間。避けたつもりが読み切れず集合時間ギリギリ・・・

 ・・・のはずが、更に職場から緊急の電話が入り対応していたら既に開場時間を過ぎ、開演15分前にようやく入れました。
 せっかく500番台だったのにかなり後ろ・・・と思ったが何だかいつもより自由に動けるので中盤近く、カメラの足元付近まで入れてしまいました。

 
 平日の午前中、こんなにも多くのLiSAッ子が集結して遊べる場所があるって素晴らしい。大半の方がLDP装備でしたね。


 「みんなの夢大陸」自体、毎年縮小傾向にあり、今回はスタジアムの場所が若干変わっていましたね。
 一般の方が後ろから見難くなっている気がしました。


 いつもほど暑くないし日差しも抑え目。雨の気配はもちろん無し!

 さぁ、すぐにテンションUP!


 いつも通りロペのカウントダウン。



 いきなりイントロが流れ挨拶代わりに一気にぶっ飛ぶその曲は!


01_だってアタシのヒーロー。

 いきなりですか(^^;

 さすが容赦ないwww

 
 って、あれ? 皆さんコールは?

 あれ?大半がLDP装備って・・・まさか本当に初心者が多いってコトなの??

 流石に前方は通常営業で盛り上がってましたが、自分の入ったスペースは一般枠だったのかな。。自分、やけに目立ってましたw


 本日はアコースティック編成との告知でしたが、登場したのは3人。

 ギターの「CO-K」さんに加え、ピアノは何と「のまーりん」でした!

 やはりこの2人は安定してますね。そしてパーカッションの「くわG」さんは初めましてかな?

 いつもは「らーメンズ」に対して少人数なので「カップらーメンズ」ですが、今回は夏の終わりという事もあり「そーメンズ」とかw


 そして、皆で踊りましょうという事で何と!


02_アシアトコンパス

 今や踊る曲増えましたので何だか懐かしい(^^;

 でもやはり楽しい曲♪

 ・・・あれ?やっぱり皆さん踊れない??コールも知らない??

 もちろん練習したのでアレですが、なるほどLiSAッ子も一気に増えて来たという事ですね。


03_Sweet friendsip

 これは先日皆で歌って欲しいと言っていたので予想通り。さすがに最新曲なので皆さん知っている・・・・かと思いきや知らないと言う声もチラホラ?

 あぁ、A面しか聴かない方ってのも居るんですよね。。

 ノンタイ曲にこそ真髄があるのですよ?是非!


 次は「アコースティックだけど、絶対に皆が聴きたい曲」ってコトで!


04_Catch the Moment

 もうね。どこがアコ-スティックだよっ!!

 とツッコミたくなるような激しさ!!!

 完全にダマされとるwww



 そして次が驚き!!

 「タオル回しましょう!」と準備したは良いがまさかこの曲ですかっ!?


05_Rally Go Round

 完全に裏切られましたね(^^;

 この曲でタオル回すかっ!?

 通常の楽しみ方もあるのでタオルの動作が入るとすっごく難しい。。。


 でも、すっごく楽しい♪♪


 次が最後の曲。そのまま拳を突き上げたので次曲決定。「もうどうにでもなれ!」と覚悟を決めて突入!


06_Rising Hope

 マジ容赦ない。。。

 もう自分、周囲なんて置き去り・・・いや、先導するくらいの気合でガッツリ対応!!


 あぁ、ここは夏の野外だった。。。暑くて汗だく。。。。。

 でもここで倒れる訳には行かないんだ。。だってアンコールは絶対あの曲・・・・・



 アンコール。


 特別ゲストのミニオンとグルーが登場、LiSAもミニオンスタイルに衣装チェンジ。



EN01_bestday, bestway


 よし来た!!予想通り!!!


 
 アンコールに相応しい曲はいくらでもありますが、LiSAの曲はメッセージ性が強いですからね。この雰囲気、この流れ、やはり最後はこの曲しかないでしょう!

 これも皆さん付いて来れないかと思いましたが意外と付いて来ていましたね。


 てか、そんなの本来どうでも良いのですよ。

 楽しければ♪


 敷居が高くないのがLiSAのデート(LiVE)です。他人に迷惑をかけず、愛と思いやりを持って心から楽しめる事が一番の宝物。


 これでようやく夏が終わる気がしてきました。。


 次・・・いつ会えるのだろう?


----------------



 終了後、友人と合流して昼食。

 ダイバーシティは混むのでヴィーナスフォートへ向かい、織部広場(←)を抜けていつものフードコートへ。

 別れてから夕方まで現地散策♪






 行くたびに一気に組みあがっていますが可動部分を細かくチェックしているようでした。デザインの変更も意味があるのかな?
 構造上一番気になる足元部分は最後までシークレットなのかな?


 ガンダムベース東京で精神修行をしたところでアクアシティへw

 こっちの目玉TV深夜枠ショップのほうが完全にヤヴァかった。。。

 かつてないほどグッズが充実している。。。

 棚買いするかと思った(^^;

 てか、この枠作品、改めてラインナップを見ると自分にとってこんなにも好きな作品、アーティスト、声優が溢れているんだなぁと実感。

 そして夕方になったので予約しておいた劇場作品を観に。


 今更ですが、「シネマ・メディアージュ」って2月に閉館して「ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場」に変わったんですね?知らなかった。


 一足早く「Fate/stay night [Heaven's Feel]」を・・・・

 あれ?違うの?


 凄く良かった。主題歌2曲の意味が突き刺さりました。。

 もうコレ第4のルート?てか公式で良いじゃん。。。。。


 で、どちらがお好み?

 自分は美游派ですがw


 と、後半かなり話が脱線したようですが、ワタシが意味の無い事をしないのはご存じかと。。これらが翌日に効いてくるのですよ♪




Posted at 2017/08/30 02:00:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | LiSA | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「キシリクリスタル〜♪
https://t.co/F281kfJmZR
#のぞみる
何シテル?   09/26 01:22
クルマの縁から派生した趣味的な内容を中心に活動させていただいております。 基本的に自分で感じ、調べ、体験した事を基にした「個人的な意見」を発信しております...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

ライブ・イベント等参戦履歴 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/15 22:15:50
 
MACROSS PORTAL 
カテゴリ:Favorites
2017/01/07 21:02:35
 
海女人屋 
カテゴリ:Favorites
2016/08/26 23:33:53
 

お友達

基本的にオープンですが、ご縁を大切にしている為、お互いの動きが見える範囲でのお付き合いをさせていただいております。
マナーの悪い方、交流も無く情報だけ流用される方等はご遠慮いただく場合がございます。
92 人のお友達がいます
もえわんもえわん * いさにいいさにい *
Branos LatodaBranos Latoda * 事務ッツリーニ☆NBR事務ッツリーニ☆NBR *
GVB@RyoGVB@Ryo * きねずみきねずみ *

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
A180スポーツからの乗り換えです。 初期型からかなり洗練され、快速快適で走る喜びと安 ...
メルセデス・ベンツ Aクラス メルセデス・ベンツ Aクラス
2013年4月7日 納車 カルサイトホワイト ナイトパッケージ COMANDナビフルセ ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
一貫性の無い車暦。。その時代の生活スタイルによるものですね。 今回はじっくり選びました ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
低床低重心でワゴン感覚で乗れるミニバンでした。 ホンダエンジンらしく気持ち良く回り、良く ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.