• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

鈴鹿 BMWで遊ぼう!のブログ一覧

2012年10月31日 イイね!

WAKO'S RECS

ワコーズより販売中の急速洗浄液レックスを試してみました。



施工方法は専用ボトルに排気量の10分の1の量のレックスを入れバキュームでインマニに吸わすと言う方法です。



まさに点滴・・・
今話題の暴走老人・・・




ボトルの中のレックスが少しずつ吸い込まれていきます。
マフラーからもわもわと白い煙が・・・ これがすごい匂いなんですよね・・・・

効果は後にご報告いたします!
Posted at 2012/10/31 18:20:18 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2012年10月24日 イイね!

理想と現実

世の中には理想と現実があります。

本当はもっと違う生活がしたいのに、もっと自由に生きたいのになど・・・

十人十色、いろんな理想があるでしょう。

ハリウッドスターのようになりたい、アラブの大富豪のような生活がしたい、ここまで来ると理想ではなく夢物語ですが・・・

車好きの皆さんの車における理想と現実とはいったいどのようなものでしょうか?

本当はもっと車高を下げたいけど・・・ 本当はもっとエンジンパワー欲しいな・・・

など、色々あるでしょう。

E46 M3が大好きでM3に乗れてる僕は幸せなのだと思っているのですが、

そんな大好きなM3にも理想と現実があります。

現実のM3がこちらです↓


では、理想はどうなのか?

理想を言いますと・・・・

フェンダーアーチ → もっと大きく、もっと上まで!

ホイール → 20インチ

タイヤ → フロント250-680-20 リア280-710-20

全長  → フロントバンパー100mm長く、リアバンパー100mm長く

全高  → 屋根を80mm低く

ボンネット  → 50mm低く

色 → このまま!

エンジン  → 3.6L V10 450Ps

SMG → DCT

理想のM3がこちら↓


下らない記事にお付き合いいただきありがとうございました・・・・m(_ _)m
Posted at 2012/10/24 13:08:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2012年10月23日 イイね!

E46 M3 パワーフレックスブッシュ取り付け

E46 M3 パワーフレックスブッシュ取り付け前回のブログでご紹介いたしましたパワーフレックスのフロントコントロールアームブッシュ!
今回はM3に装着しました。
そして今回はリア トレーリングアームブッシュも交換します。


こんな感じの商品です。
トレーリングアームを挟み込む構造になっております。



カラーの当たり面には細かな凸凹あります。
グリスの保持と当たり面の工夫かと思います。



センターカラーは0.5位マイナスになっています。
これで横方向の遊びは一切発生しません。



前回ご紹介したブッシュ抜き工具が今回も活躍しております。



ぬけました!



こんな感じで装着完了の図!



純正ロアコンブッシュもケースから抜いちゃいます!
前回製作したトレーリングアームブッシュ抜きのカラーが丁度良い寸法だったので、ここでも活躍!



パワーフレックスを純正ロアコンブッシュケースに挿入するのはプレスが必用でしたが、
次回までには専用工具つくります!

●インプレ!

○ロアコンブッシュ

M3の場合ロアコンブッシュが通常のE46のブッシュより強化品(ゴム部分の逃げが少ない)が装着
されている為、通常40Kmくらいの速度ではハンドリングに大きな変化はみられません。
シャープさも若干上がったかな・・・くらいの感じです。
ロアコンブッシュがヘタっていない車両だとあまり変化を感じないかもしれません。
ステアリングに伝わってくる振動も純正とほとんど変わりません。
アームの上下方向の抵抗が無い為ステアリングの操舵角が100度を超えてもステアリングがグニュッとするような抵抗感は減ります。

しかし、走行中にチョットアンダーを感じてステアリングを切り足した時などは明らかに反応は良くなります。
タイヤのよれをステアリングで感じる事ができるようになります。

○リア トレーリングアームブッシュ

取り外したノーマルブッシュもさほど傷んでいませんでしたがこれは激変です!
まず、路面の細かい凹凸を拾うのでゴツゴツ感が出ます。
純正の新品ブッシュのピョコピョコ感とは違いゴツゴツした感じです。
上下方向の動きに対しては抵抗が無くなる為加速時の沈み込みが増えます。
バンプを乗り越えた時の収まりは良くなりますが振動は増えます。
直進安定性は向上します、アクセルオフの時の姿勢も安定します。
コーナリング中の予期しないトー変化も減る為タイヤのグリップ感も増します。
アクセルオンの時のトラクションもかかり易くなります。

リア トレーリングアームブッシュに関しては好みの分かれるところでしょう。
静寂性が若干犠牲になります。

誤解がないよう申し上げますが、決して不快感を覚えるような乗り心地に変化する訳ではありません。
あくまで好みの問題です。

2時間乗ったら体が慣れて何も気にならなくなりますヨ(笑)

僕の場合は大変気に入ってます!
アクセル踏みたくなる車になりました!

純正ブッシュとほとんど値段も変わりませんしお勧めの商品です!




Posted at 2012/10/23 21:46:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2012年10月16日 イイね!

E46 リヤトレーリングアームブッシュ 交換

E46 リヤトレーリングアームブッシュ 交換前回ブログの書きました、E46 リヤトレーリングアームブッシュ交換工具が完成しました。

構想3時間!制作1日で友人のT君が制作してくれました!

そして制作してくれたT君の318ツーリングのリヤトレーリングアームブッシュを交換すると言う、他人任せのこの企画・・・



こんな感じでセットしたら、あとはグイグイネジを締め込んでいきます。
固着しているようで思ったより手ごわいので、ラスペネを浸透させながらゆっくり締め込んでいきます。



ようやく抜けました!

抜けたブッシュはさほで傷んでいませんでしたが、自分の作った工具がちゃんと使えるのか試したいと言うT君の使命感を利用させていただきました!(笑)



あとは逆の順序で組み付けて行けば出来上がりです。
今回はM3の純正ブッシュを使います。



交換後の試乗では明らかに直進安定性が増しました。
T君も喜んでおりました。

車両は11万キロ走行した318ツーリングですが、先週はフロントロアアームブッシュも交換しましたし
今回 リヤトレーリングアームブッシュを交換した事で見違えるほどしっかりした車になりました。

フロントロアームブッシュと リヤトレーリングアームブッシュを交換する事でE46は生まれ変わります!

車高を落としている車両はブッシュにかかる負担も多いので是非早めの交換をお勧めいたします。



Posted at 2012/10/16 18:34:55 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2012年10月11日 イイね!

E46 318i Remus Wildlabel 取り付け!

E46 318i Remus Wildlabel 取り付け!E46 318i にレムスワイルドラベル取り付けました
当店では人気のマフラーです!

音量は控えめで普段乗りにも全く問題ないマフラーです。
テールエンドにレムスの刻印が入り見た目的にもグッドデザイン!

 


テールエンドはピカピカのステンレスとは違いちょっと質感が楽しめるデザイン。


 


もちろん車検対応で1年保証もついてます!


 


デザインや音質共に一押しのアイテムです!

Posted at 2012/10/11 18:54:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「E46 318i 前期 水漏れ修理 http://cvw.jp/b/518493/39363773/
何シテル?   02/23 19:28
BMWで遊びましょう!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

すたいりっしゅぅヽ(・∀・)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/15 01:23:54
E46 M3 ディクセルブレーキディスク&オレンジウルフパッド交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/22 19:45:35

お友達

52 人のお友達がいます
BWIBWI *みんカラ公認 ryutaryuta *
TECH-MTECH-M *みんカラ公認 樵*
shinpy@euroshinpy@euro ☆M☆☆M☆

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
やっぱりE46 M3がすきです。 しかも、フェニックスイエロー!
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
ダンパーテスト用デモカーのM3です。
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
318i 5MT ダンパーテスト用車両でした。
BMW 7シリーズ BMW 7シリーズ
745Li

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.