車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

2014年04月10日 イイね!
TC2000のテスト走行(^^)昨日は筑波サーキット コース2000へ

ハイパミに向けてのテストに行ってきました(^^)







ZC32チェッカースイスポは菊地靖プロ、

ZC31デモカーは私、おっさんドライバー トラ森が

それぞれ…走らせてきました<(_ _)>



チェッカースイスポは今までも菊地プロがセッティングしてきたので

サスペンションは今まで通りZC-PRO。

F:14K/R:18K(トリプルスプリング仕様)です(^^)


途中のピットインでは減衰の調整はありましたが

この日のメインテストは先日装着したブレーキKITです(^^)v



昨日のTC2000は最高気温で22℃でした(++)


1枠目にサーキット用パッドを装着して走ってもらいましたが

評価は上々(^^)

コメント的には 「コレ、タッチも良いし、効きもメチャメチャ安定してるね!」



2枠目までにストリート対応のパッドに交換してテスト走行再開(^^)/


で、戻ってきて…

やっさん「コレでも全然走れちゃうね。でもハイパミ本番はサーキット用でいきましょう!」


自分で峠を走ってみた感覚だと結構フツーに乗れちゃってましたが

コレまでにキャリパーのサイズアップしたショップさんの話しを聞く限りでは

皆さん口をそろえて「効きすぎちゃう!」という声が圧倒的に多かったので

「きっとハマるんだろうなぁ…」と思ってましたが

菊地プロの評価を効く限り全然イケちゃうみたいで…

嬉しいような逆に拍子抜けしたような…(^^;


でもテスト的には結果が出たワケなので上々の滑り出しといったトコロでしょう(^^)v




そんな中…

おっさんドライバー トラ森は

ZC31デモカーでTC2000と格闘です(**)/


1コーナーの立ち上がりではグラヴェルを踏んでみたり、

1ヘアのブレーキングは反対向いちゃう気がして怖いし、

ダンロップコーナーもその先の左コーナーも

スバラシイ横Gを感じながら…恐る恐る。

2ヘアはコーナーが小さくて狭いから本庄みたいでワリと得意(^^)v

最大の難関、最終コーナーは

ココロとカラダを反対に動かさなきゃイケないので

立ち上がるトコロまでは口から心臓が出ちゃうんじゃないかと思うくらい…ドッキドキ(++;

3ラップ目からアタックしてみましたが

クリップの手前で「スゥ~」ってリヤが出始めたトキは

「お~ぃ…おっかねえなぁ…ふざけんなよ~」と、つぶやいていました<(_ _)>



でも!

途中からやっさんに先に走ってもらって

ラインやブレーキングポイントを教わりながら追いかけさせてもらったので

だいぶ勉強になりましたが…

昨日のセッティングはZC-PROのF:10K/R:20K。

非常~にシビアなクルマに乗ってたワケです<(_ _)>


同じラインを走ろうと思って頑張っても

そんなモン…ムリ!


途中でヤナピーにフロントのスタビリティーを高めにセッティングしてもらったりして

少しは乗りやすくなりましたが

ソレでもおっさんドライバーにはシビアすぎちゃって

コワイ…(T-T)


やっぱり…

針の穴を通すようなシビアな走りが出来るレーシングドライバーが乗ってきたセッティングでは

ワタシの様なブレーキングやハンドリングがスバラシくアバウトなドライバーがどんなに頑張っても

タイムに結び付く気がしませんでした<(_ _)>


ソコで!


プロの様にブレーキングやハンドリングで荷重をコントロールするような

高度なドライビングテクニックが”無い”私には

コーナーで荷重を掛けやすいZC-PREMIUM SPORTSの方が

コワさもないし乗りやすいんじゃないかと思ったワケです<(_ _)>

ソレで運ちゃん的にTC2000に慣れてきたら

本番はどうするかを決めればいいですね<(_ _)>


なので

12日の練習走行は

…プレスポで♪






ちなみにストレートでは

やっさんが乗るチェッカースイスポを全開で追いかけたトキには

ほんの少~しだけ離されました。

2ヘアの立ち上がりの速度差もあると思うので差引きゼロと考えれば

ギヤ比とエンジンパワーのバランスはほぼ同等のマシンです。

というコトは…

やっぱりコーナリングのコワさに勝つための努力より

集中できた方がタイムが上がる可能性が大きいと思われます<(_ _)>


なのでやっぱり!

12日の練習走行は

…プレスポで♪




ソレで、最後の枠ではやっさんとクルマを交換して

一緒に走ってもらいました(^^)


感想は…

「やっぱりチェッカースイスポは速い!」です<(_ _)>

オーバーセッティングの31と比べて

タイムはぶっちゃけ2秒も速かったです(**)/




はじめて31デモカーに乗ったやっさんのひと言は…

「エンジン早いけど、凄いオーバーなんだね♪コレじゃ最終コーナーも進入してからチョンブレはキツイかもね♪」


やっさん…。


おっしゃる通りです<(_ _)>

先にやっさんに31に乗ってもらえばよかった(T-T)




ちなみに

ZC32チェッカースイスポはやっさんのドライブで1分6秒台(^^)

さすがですね(^^)


ZC31デモカー&トラ森は1分11秒…<(_ _)>

…。

どうなるコトやら…(**?



だからやっぱり!

12日の練習走行は

…プレスポで♪





そんなカンジで

チェッカースイスポのテスト走行と

トラ森のリハビリ走行は終了しました<(_ _)>



ソレにしても…

ホントに大丈夫なのかねぇ…。

でも、去年まではユーザーさんに頑張って運転してもらってきたワケです!

PUMA モータースポーツの特約店にもなったので

新しいレーシングスーツも買っちゃったし…

ナントか頑張らないワケにはいきませんね(**)/


なので

前日もハイパミ当日も

必死コイテ走りまーす(**)/~~~


Posted at 2014/04/10 18:41:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
2013年12月05日 イイね!
進化。チェッカースイスポ 1分6秒190。
プレミアムデモカー1分8秒531。

本日のベストです<(_ _)>




トライフォースデモカーの2台は…今日も進化しました(^^)



M16Aというエンジンを理解し
制御を理解し
ギヤ比を理解し
サスペンションを理解し
空力を理解し
タイヤを理解し
TC2000を理解し、
全てを理解して
ココまでタイムを伸ばしてきました。




今回のスーパーバトルには多くの目的があり

①リヤトリプルスプリングの性能確認。
②オリジナルカムとエンジンの性能確認。
③ノーマルコンピュータ制御による限界値の確認。
④市販化に向けたM16A用ECUのデータ取り方法の確認。
⑤エアロパーツによる”加速の邪魔にならないダウンフォース”の確認。
⑥補強パーツの装着によるボディ強度の確認。

全てが限界走行でのテストを必要とする項目です。


ご存じの方も多いと思いますが
これまでトライフォースがしてきたスポーツコンパクトカーのチューニングは
デモカーだけが速くなればいいというモノではなく
ユーザーさんのクルマが速く走れるようになるコトを
最大の目的としてきました。


今回、スーパーバトルに向けてのマシン調整は2台とも

万全です。


例えばユーザーさんのクルマを預かってチューニングする場合
万全の状態でお渡しするのは当然で、
万全なモノをお渡し出来ない場合は
事情を説明してお待ちいただいたり
別の提案をさせていただきます。


チューナーがチューニングを提案する者として「万全を期す」というコトは
例えば
ユーザーさんが望むパワーやコーナリングに対しても万全を期すということです。
だから、年に一度のチューニングカーのオリンピック「筑波スーパーバトル」は存在する意味があり
我々はその実力を発揮し、アピールするために”万全を期す”ワケです。

そうでなければスーパーバトルでの結果は必要なく
マシンを走らせる意味もなくなります。

なので、スーパーバトルに顔だけ出して…
なんていうのは考えられません<(_ _)>

早い話…ショップのオヤジやドライバーの自己満足ではなく
その時点でのショップの技術レベルや
ユーザーさんにクオリティーの高いチューニングを提供するために必要なノウハウを
いかんなく発揮するコトで性能の有無を評価する場なワケです。


良く言ってるコトですが…クルマは機械です。
データに基ずく性能に勝るモノはありません。
万全を期すというコトは
どれだけ多くのデータを自分達がモノに出来ているかです。

そして、今回の「スーパーバトル」という”データ取り”によって
トライフォースは多くのZC32用パーツをリリースすることになるでしょう。

1馬力出るモノは1馬力が求められ、0.9馬力では受け入れられません。
だから、ユーザーさんの夢をかなえるために
少しでも良いタイムが出せるように最善を尽くして
明日の「筑波スーパーバトル2013」を走りぬけたいと願うワケです。


今回はスイフトだけでも10台のエントリーがあり、
当社だけではなく多くのメーカーさんやショップさんが

1馬力がもたらす1馬力の性能を、

確認するためにアタックすると思います。



菊地靖プロ


川北忠プロ


2名のプロドライバーの評価によってマシンは飛躍的にタイムを縮めてきました。

そして、スーパーメカニックヤナピーをはじめとする
トライフォースカンパニーのスタッフ一同、

精一杯頑張りますので
明日のスーパーバトル本番に向けて…
みなさんの応援よろしくお願いします!



そして今回は…

私、トラ森の

トライフォースカンパニー メカニカルショップ代表としての

最後のスーパーバトルになるかもしれません。





頑張ります(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/05 21:30:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
2013年12月04日 イイね!
筑波スーパーバトル前々日セッティング(^^)6日(金)に開催される筑波スーパーバトル2013で
ZC31デモカーのコースレコード1分6秒706を更新するべく
本日、筑波入りしてチェッカースイスポのセッティングをしました(^^)

今日はフリー走行2枠を使って
主にリヤサスペンションをメインにセッティングしました。




多くのショップ&メーカーさんは昨日のアミューズ走行会でテストされてたみたいですが

今日はTMスクエアの皆さんもご一緒でした(^^)


ナンダカンダいっても
ラジアルタイヤかSタイヤかの違いはあっても
お互いにZC31ではスーパーバトルのコースレコードを持つモノ同士!

人気の少ないこのタイミングでテストを持ち込むなんて
…やりますね(^^)

ウチも敢えてこのタイミングでした(^^;



ちなみに今日はフリーにもかかわらずユーザーさんのZC32も走っていました(^^)



フロントリップとレーシングカーボンボンネットは伊達ではありません(^^)
ピットを見たらしっかりとレインガードを外してありました<(_ _)>

走るために開発したパーツを走りで証明していただいてるカンジがして
メチャメチャ嬉しくなっちゃいました(^^)






先週のテスト内容はこちら(^^)

先週、28日のテストでは
1分6秒台(ストップウォッチ)を確認したので
今日のスタートセットは減衰から内圧まで全て同じです(^^)

ドライバーはもちろん、菊地靖プロです(^^)



1本目 13:20 ドライ
気温:15.9℃/路温:19℃
タイヤ:DIREZZA ZⅡ (4分山) F:235/40R17 R:215/45R17
スタート内圧(冷間) FL:1.7K FR:1.8K RL:1.9K RR:1.9K
ZC-PRO F:14K R:トリプルスプリング メイン18K・アシスト10K+ヘルパー
減衰 F:-8 R:-8
フロントスタビライザー:1-4


ウォーム含めて3ラップでピットイン。
内圧は前後2.15K。

菊地プロ「全体的にアンダーだね。タイヤも温まっていないかもしれないけど、少しフロント減衰上げてみたいね。」


フロント減衰を-8→-5へ変更して再スタート。
徐々にタイムが上がってきて…1分7秒フラットを確認してもう一度ピットイン。
内圧は2.15K止まり。

菊地プロ「良くなってきたね!少し欲が出てきたからリヤ減衰も少し上げてみようよ。」

リヤ減衰を-8→-5へ変更して再スタート。
すると…2ラップ目から6秒台後半に入り始めました(^^)

1本目走行後、

菊地プロ「せっかくだからリヤスプリングを20Kにしてみる?」
トラ森「してみちゃう?」
菊地プロ「やってみましょう!(^^)」

というワケで
約1時間ほど時間があったのでリヤのメインスプリングを20Kに交換しました(^^)



…スーパーメカニックヤナピーの出番です<(_ _)>


今日はテッチャンもサポートに来ていましたが…
リヤスプリング交換が…はえーはえー(**;
あ!っという間に20Kに交換完了!
まるでこの日のために1年間を生きてきたかのような速さです<(_ _)>



実はトリプルスプリングは市販化も視野に入れてたので
この日のためにID65の100mmというメインスプリングを造ってきてました(^^)v


りやを20Kに変更して
2枠目の走行時間を迎えました。


2本目 14:50 ドライ
気温:14.0℃/路温:15.7℃
タイヤ:DIREZZA ZⅡ (4分山) F:235/40R17 R:215/45R17
内圧(温間) FL:2,15K FR:2.15K RL:2.15K RR:2.15K
ZC-PRO F:14K R:トリプルスプリング メイン20K・アシスト10K+ヘルパー
減衰 F:-5 R:-5
フロントスタビライザー:1-4


数周のウォームラップ後にヘッドライトが点灯した途端…
1分6秒85。

一度ピットインしてフロント減衰を-5→-3へ変更。
1分6秒63…コースレーコード更新!

もう一度ピットインしてフロント減衰を-3→-6へ変更。
1分6秒75

そして…


夢の6秒前半に突入です(^^)/

しかもタイヤは4分山…<(_ _)>


明日はフレッシュタイヤが履けるかもしれませんが
本番も含めてタイムが気になっちゃいます(**)





言っちゃいますけど…
ZC31のコースレコードを更新するというのは目標です<(_ _)>
でも
イベントでもお話ししましたが
ZC32とZC31の
チューナーとしての私のタイム差は、TC2000で1秒です。
なので
目標というより”夢”は

1分5秒999

です!



だから明日は
テンロクNAスイフト初の
ラジアル1分5秒台を目指して
チェッカースイスポの最終調整をしたいと思っています(^^)

しかも明日は
プレミアムデモカーの川北選手も合流するし…♪

何でもブログで書いちゃう
トライフォースカンパニーの進化を
ご期待いただければと思います(^^)



テンロクNAスイフトラジアル最速を目出して

スイフトユーザーさん!
一緒に戦いましょう!!!



頑張ります(^^)/~~

関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/04 20:58:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
2013年11月28日 イイね!
TC2000テスト(^^)一昨日はスーパーバトルのセッティングで

筑波サーキットのコース2000に行ってきました(^^)




ワタクシ事ですが…

ココのトコロ、肩こりがひどくなったので前日はゆっくり風呂に入って

メチャメチャ熱くなったカラダに気合で水をブッ掛けて

ソレを3回繰り返したら

カラダが火照って寝れませんでした(++)v


筑波に行く途中、ヤナピーとマックによったトキも

暑くて暑くて半袖のTシャツでウロウロしていました<(_ _)>

まるでラーメン食べてるトキのような汗をかきながらハンバーガー食べてました(**;



そんなカンジでTC2000に到着。

TC2000では皆さん上着を着てるのに

私だけ半袖Tシャツの上にダウンベストというカッコでウロウロしてました<(_ _)>


…コレだからおっさんは困ります<(_ _)>



んなコトはともかく…

TC2000では2台のZC32のテストをしました(^^)




ん?どっかで見たコトあるねぇ!

と、思った方も多いと思いますが…


そうです!

スーパーオートバックスかしわ沼南さんのスポーツアドバイザーで

全日本ジムカーナチャンピオンの川北選手です(^^)

今回のスーパーバトルでは

プレミアムデモカーのドライバーを担当していただくコトになりました(^^)/


サステストで菊地プロに本庄サーキットを走らせてもらったコトはありましたが

スーパーバトル参戦はもちろん

TC2000を走らせるのも初のプレミアムデモカー…。


まずはエンジンルームの冷却効率を高めるために

レーシングカーボンボンネットのレインカバーを外すトコロからスタートです(^^)


ヤナピー「コレ…いっぱいネジで止まってて…外すのめんどくさいですよねぇ…。」

トラ森「んなコトいってもしょうがないじゃん!このぐらいちゃんと止めとかないとバタバタ音出たりしちゃうの!」

…。



早速、川北選手にプレミアムデモカーに乗ってもらいました<(_ _)>


…さすがチャンピオン!

1本目から「フロント減衰を上げて下さい!」とか

自分の走りに合わせてガンガン、セッティングを詰めていきます(^^)


プレミアムデモカーにはZCプレミアムスポーツを組んでるので

特にTC2000ではZC-PROの方が圧倒的に有利と思われますが

敢えてストリートを意識したスポーツサスペンションの範囲でタイムアタックするコトで

ユーザーさんにもサーキットでのセッティング領域を理解してもらいたいというのが

今回の狙いです(^^)



リヤスプリングは8Kスタートでしたが

↓ 2本目には12Kまで引き上げられました(^^)




始めて乗る峠仕様ともいえるサスペンションと

私が4分山まで使っちゃったZⅡで、イキナリ1分9秒前半(**;


…さすがです<(_ _)>




続いてチェッカースイスポ。


ドライバーはお馴染みの菊地靖プロ(^^)


現場に着いてからスプリングスーパーバトルでベストを出したトキのデータを見たら

フロントスタビライザーが4-1だったので

早速スタビ調整からスタートです!


メカニック ヤナピーは

スーパーバトルシーズンには”スーパーメカニック ヤナピー”に

…変身します<(_ _)>



お!?

やっさん、メット新しくなってない?

…カッコいーじゃん♪



シビアなチェッカースイスポからのインフォメーションを

プロドライバーならではの精密な感性で感じ取って

我々チューナー側に色んな情報を伝えてくれます(^^)

こんなやり取りが次のパーツの開発に繋がるワケですが

今回はスーパーバトル前の初セッティングで

リヤトリプルスプリングでも初のTC2000だったせいか

フィーリングを確かめながら

ダンパー減衰は変えずにタイヤの内圧を決めていったりしました(^^)



1本目はP-LAPの設定を間違えちゃって、ラップタイムも見れない状態だったので

菊地プロも何秒で走ってるか解らない状態にもかかわらず

ストップウォッチでしたが3回ほど1分6秒台が確認出来ました(^^)

今までのベストは1分7秒8だったので、約1秒ベスト更新(^^)/


今回のスーパーバトルではリヤトリプルスプリングやボディ補強のテストはもちろんですが

最大の目的は徹底的にエンジンデータを取るコトです。

精密なデータをとれるようにシステムを検討したり

測定した実測値を徹底して分析したりしながらエンジンの限界を調査しています。

それから

本番までの一番大きなアドバンテージは”タイヤ”です。

チェッカースイスポもプレミアムデモカー同様、

私が4分山まで使ってしまったZⅡでしたが…

カッティングマシンを使って

フレッシュタイヤを皮むきプラスαまで

1/100台で精密にカッティングして最高の状態でアタックすれば

まだまだ伸びそうですね(^^)


ソレから…

まだパワーを引き出せる可能性も残されています(^^)

コレは後ほど説明するとして…


1本目に菊地プロがセッティングしたチェッカースイスポを

どうしても自分のカラダで感じたかったので

そのままの状態で1本だけ走らせてもらいました(^^;




…乗りやすい(**)/


今までスイフトでTC2000を走ってきた中で

ダンロップと最終コーナーがこんなに踏める状態に感じたコトはありません<(_ _)>

TC2000とトリプルスプリングのマッチングも良好(^^)

リヤの18Kは確かにシビアですがシングルスプリングのソレとは全く別次元で

進入の姿勢が造りやすくてアシストが密着してからも急激に反発するのではなく

不安なくコーナリング中に気が付いたら18Kで曲がっていく…

というカンジでした(^^)


エンジンもコーナー立ち上がりでは全くストレスを感じない…

本当にNAらしいレスポンスです(^^)

自分でいうのもナンですが

今回ヤナピーが組んだハイカム仕様のエンジンは

テンロクNA最高峰の出来だと思います(^^)




そんなカンジで

途中、若干のトラブルはありましたが菊地プロの2本目も終了(^^)


目標も見えてきて

一発目のセッティングとしては完璧だったと思います(^^)





さて…

スーパーバトルまでにはまだ少し時間があります。

出力のピークを7000rpm強まで引き上げてさらにパワーアップさせるために

インマニやります<(_ _)>


実は今日の段階で

もう、チェッカースイスポに付いてます。

31のトキのモノを改良したカタチですが、朝5時までかかって造りました(++)v


昨日のブログが書けなかったのはそんな理由です<(_ _)>



データ取りとセッティングは明日。


ん?

結果が良くなかったら?


ナンでも付けりゃ速くなるってモンじゃない…。


ダメなモンはダメなのでそのトキは

…外します<(_ _)>




そんなワケで

筑波スーパーバトル2013当日まで残り1週間!

いよいよレースウィークに突入しました(^^)/

そんな中…

今週土日はスーパーオートバックスNAGOYA BAYさんでイベントを開催します(^^)v


スーパーバトル前のこの時期にしか話せない

深い深~い、スバらしくヘン●イな内容の話しを聞きに

SAナゴヤベイさんまでお越しください<(_ _)>




あ!

土曜日はスズカツインでスイチャレもありますね!!!

私にしてみたら

お客さんでもあり、一緒にタイムアップを目指す仲間でもあり

気温・湿度・路温等々…ベストコンディションのこのタイミングで

セッティングを成功させてベスト更新するコトを

心から祈っています(^^)/



みんなー!頑張ろーぜ!

(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/11/28 20:26:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
2013年11月21日 イイね!
チェッカースイスポのセッティング(^^)今日は

来月6日の筑波スーパーバトルに向けて

チェッカースイスポのセッティングをしました(^^)








今年の目標は…

「ZC32でZC31デモカーが持つコースレコードを更新する。」

です<(_ _)>




前々からお話ししている通り

スイフトチューニングをしてきた私の感覚では

TC2000でのノーマル同士のラップタイムは

ZC32はZC31より1秒ほど速いと思います。


現段階でZC31のラップタイムの方が速いのは

ソレだけZC31のチューニングが熟成されているためで

予想としては、ユーザーさんの32も含め

来年中には31同等もしくはそれを上回る32が出てくる気もします。



今日は、ヤナピーが組んだ”挑戦的なハイカム仕様”のエンジンに

エンジンコンピュータのデータを合わせる仕事でしたが

エンジンは基本的に31と同じ仕様なので

目標としては31と同じレベルの出力を確認出来ればと思っていました(^^)



実は一昨日、

データを合わせる前にチェッカースイスポに乗ってみましたが

ソレまでの仕様と比べたら

明らかに速くなっていました(^^)

なので

データを合わせればもっとパワーが出ると思っていたワケですが

実際にセッティングしてみたら

こんなカンジになっていました。



実線がチェッカースイスポ、点線が31デモカー。

ちなみに下の青い点線は

スプリングスーパーバトルまでのチェッカースイスポです<(_ _)>

若干ですがパワーが上回りました(^^)



注目したいのはピークパワーが出る回転数です。

31では7100rpm付近がピークでしたが

32では6400rpm弱…

700回転も下で同等の出力が出てます(**;


トルクのグラフは別モノです<(_ _)>

2.1kg-m向上して20kg-m(**)/

最大トルクは1000rpm以上も下で出ました!


ちなみに昨年のスーパーバトルやスプリングスーパーバトルの時のデータは

パワーが122.5ps・トルクは17.9kg-mでした。

なので

ソコから比べるとダイノパックの生データで

パワー出力32.8ps、トルク出力2.7kg-m向上…。

当時のチェッカースイスポのベストラップは1分07秒656だったから…

31デモカーのコースレコードが見えてきた気がします(^^)


…。

は…早くサーキットで走らせてみたい(><)


スズカツインや本庄でも

今の特性ならステキなタイムが出そうです(**)v

まぁ…

今回はスーパーバトルが目的なので

自分で走らせるのはバトルが終わってからですね(++)



あ!

ちなみに今回のセッティングは

…1回目です<(_ _)>



筑波スーパーバトルに向けて、まだ出来るコトはあります。



今日のデータはショートサーキット用にとっておくとして

TC2000では、さらに高い回転域に目を向けてもいいと思うワケで…。

来週にはもう一度セッティングして

筑波の本番に向けて調整したいと思います(^^)



そんなワケで

まずは今日の目標は達成したので

今夜はハイカムの名前でも考えながら寝たいと思います(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/11/21 19:45:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「スーパーオートバックス高槻 http://cvw.jp/b/518607/39803700/
何シテル?   05/21 09:39
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
お友達大募集です。お気軽に誘ってください。
551 人のお友達がいます
p-g-andersonp-g-anderson * Dai@cruiseDai@cruise *みんカラ公認
SA・ルート22北ナゴヤSA・ルート22北ナゴヤ *みんカラ公認 cockpitcockpit *みんカラ公認
てんてんこ~てんてんこ~ * カーコーティング専門店Y’sカーコーティング専門店Y’s *みんカラ公認
ファン
655 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.