• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

Tryforce companyのブログ一覧

2014年04月11日 イイね!

DIREZZA ZⅡ スタースペック!の…削りカス。

DIREZZA ZⅡ スタースペック!の…削りカス。全世界のコンパウンドマニアの皆さま

こんにちは<(_ _)>

いつも好評をいただいている

トライフォース恒例、ヘン●イ タイヤ講座の時間です<(_ _)>

本日のお題は…

「DIREZZA ZⅡ”スタースペック”の削りカスをニギニギしてみよう♪」

…です<(_ _)>







今日のメカニカルショップは

明日出発のハイパーミーティングに向けて荷物の積み込み作業で大忙し。



見てみると…



カッティングタイヤが準備されてるじゃないですか(^^)/


今回のハイパーミーティングではZC32もZC31も

DEREZZA ZⅡ スタースペックを使ってアタックするコトが決まっています。

というコトは…

…。

あるはずです♪

スタースペックの削りカス…♪


みんなセッセと準備している最中ではありますが

「ねぇねぇヤナピー?コレ削ったカスある?」と、聞いてみたら

チョット嬉しそうなカンジで

「ありますよぉ♪」


早速、タイヤ削りコーナーへ…ダーッシュ!!!


ヒッヒッヒッヒ…。


削りカスを袋に詰めて持ってきました(^^)


コレでまたヘ●タイコレクションが増えましたね(^^)


たまりませんね♪


タイヤの削りカスをギュ~っと握って

グッと机に押し付けて

どのくらい立っていられるかで

何となくですが乗ったカンジを想像できちゃうのが

…ステキです<(_ _)>


…。


では…

さっそく<(_ _)>


ニギニギ…<(_ _)>


…顔がニヤけます<(_ _)>



最初はもちろん

新コレクションのZⅡスタースペック(^^)



おー!

ワリと立ってられるじゃない(^^)




コレだけじゃ比較にならないのでコレクションの中から

旧ZⅡのフレッシュの削りカスをニギニギ♪



ちゃんと立ってられません<(_ _)>


次にADVAN AD08Rの削りカス♪



ん?

スタースペックと比べれば

先ッチョの持続性はないけど…

まぁまぁ立ってます(^^)


最後にセミスリのADVAN A050の削りカス♪



オトコマエです<(_ _)>

文句なし…いつニギってもご立派です<(_ _)>




トラ森ニギニギ感ランキング!

①ADVAN A050…ベッタベタ。

②DIREZZA ZⅡスタースペック…かなりシットリ。

③ADVAN AD08R…シットリ。

④DIREZZA ZⅡ (旧)…パサパサ。





旧ZⅡとAD08Rを乗り比べたトキは

AD08Rのコーナリングがシビアな感覚だとすれば、

旧ZⅡは良く転がるしコーナーでも少々はリカバリー出来そうなカンジでしたが

タイヤの削りカスの立ち方を見ると

ZⅡスタースペックは少しシビアな方なのかも…。



明日の練習走行は旧ZⅡですが、

本番はスタースペックなので

やっさんはタイムアップするかも知れないけど

おっさんドライバー トラ森にはどんなカンジになるか

た…楽しみです(**)/





ん~。

やっぱりタイヤの削りカスをニギニギするのは

止められません…<(_ _)>



ニギニギ感はタイムに影響するか!

コンパウンドマニアの皆さん…

お楽しみに(^^)/~~~
Posted at 2014/04/11 14:29:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | データ | クルマ
2013年12月02日 イイね!

スイフトユーザーさんにスゴク大事なお知らせです<(_ _)>

スイフトユーザーさんにスゴク大事なお知らせです&lt;(_ _)&gt;←タイトル画像はブログの内容とは
全く関係ありません<(_ _)>

チョットお絵かきが好きなだけなので
気にしないでください<(_ _)>





先日のブログでお話ししたように
セッティングではパワーには問題がなかったのですが
ピークの回転数にイマイチ納得できなかったというか…

もう少し高回転まで回るようにすればもっとパワーが出るかもしれないと思って
ZC32から可変インマニを外して
ZC31のトキに自分で造ったインマニを取り付けしてみました。




3日前にワンオフインマニ、今日がノーマル可変インマニのデータ取りを行い
ノーマル可変インマニとサージタンク付きインマニ、
それぞれの仕様に対してデータを合わせてセッティングをしたワケです<(_ _)>




↓ 下の青い点線が今までの32チェッカースイスポで
上側の7000rpmチョイ上でピークパワーが出てる点線が31デモカーで
実線が3日前のチェッカースイスポです。


ね!

エンジンは同じなんだからこのまま7000rpm付近まで回れば
パワーが出る気がするでしょ!(**)/


で、

早速、ワンオフインマニ付けてパワーチェック!


↓ パワーグラフの7000チョイ上でピークなのが31デモカーで
その左の赤いのが32チェッカースイスポで
黄色いのがサージタンク付きインマニ。


パ…パワーダウン(**;

トルクは2kg/mもダウン(**;




どんなにカッコ良くても…

どんなにステキなエンジンルームになっても…


パワーはダウンです(T-T)/



なので
昨日は深夜に名古屋から帰ってきたにもかかわらず
ヤナピーが朝6時まで頑張って
もう一度ノーマル可変インマニを装着しました。

コレでパワーチェックして数値で確認が取れれば
可変インマニの方が確実にパワーが出るというコトが証明されます!


先ほどパワーチェックしてみました<(_ _)>


↓ 一番上の赤いのがセッティングした最終のデータです。


ダイノパックの生データで

パワー出力 155.4ps!
トルク出力 20.4kg/m!

以前のデータから見ればエライ騒ぎの数値です!









…。






<(_ _)>






スイフトユーザーの皆さん…




言い訳はしません<(_ _)>




トラ森は今回もやっちゃいました(T-T)




ワンオフ製作したしたサージタンク付きインマニは




ZC31ではパワーアップしましたが




ZC32ではノーマルの可変インマニの方が




パワーが出ます<(_ _)>




なので




トライフォースではZC32用のインマニは




余ほどのナニかがない限り




発売はしません<(_ _)>




センターパイプの開発でも同じような悔しい思いをしましたが
インマニを製作した私としてはソレはソレは…悔しいワケです(T-T)
でも、パワーが出ないモンは出ないのです…(T-T)/

徹夜で組み替えたヤナピーもショックを受けているコトでしょう。
でも
コレが現実なのです。。。

そして…データを公表するコトはチューナーの義務だと思っています。

最近、データを写真で掲載しているのは
見た目は良くありませんが
ブログで生の画像をお見せするコトで全てをさらけ出してる事実を解ってほしかったからです。

…綺麗な画像より本物の画像だと思うからです。

私自身、数値を相手に仕事をしています。

私のブログは
私は当たり前だと思って色んなコトを公表しています。
”ナンチャッテ”ではなく、本当にパワーが上がったり、よく曲がったり…
”本物”を開発していると思ってやってます。

自分的に隠れてコソコソチューニングするのは…NGです<(_ _)>

だから

データを公表しないコトは

データを公表できないからだと

自分で言い聞かせてるから

なんでも書いちゃうワケです。




しかし…
インマニは失敗しましたが
エンジンの数値としては
6年間のスイフトチューンで過去最高です!

スーパーバトルに向けて明後日から筑波入りするのには
最高の状態が確認できたのも
事実です(^^)v

立ち上がりや加速のレスポンスは抜群なコトが証明されています!

元々がテンロク屋です(^^)

「曲げてナンボのテンロク屋」スピリッツで
明後日からの3日間は
ベスト更新を目指して
ベストを尽くしたいと思います(^^)/





はぁ~。

負けたぁ。

ZC32の可変インマニかぁ

…よく出来てるよなぁ。。。





ん?




と、いうコトは…




(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryfoce.jp
Posted at 2013/12/02 20:21:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | データ | クルマ
2013年03月23日 イイね!

タイヤテスト in TC2000(^^)

タイヤテスト in TC2000(^^)昨日は筑波サーキットコース2000で

タイヤテストをしてきました(^^)


テストタイヤは…

←ADVAN neova AD08R


と、

↓DEREZZA ZⅡ


です(^^)


今回はZC32チェッカースイスポで

ドライバーは菊地靖プロ

と、

私、トラ森でした<(_ _)>


コンディションはドライで気温は18℃~20℃をいったりきたり。

路温は平均で33℃で3枠のフリー走行でした(^^)



①枠目 ZC32チェッカースイスポ
DIREZZA ZⅡ F:235/40R17 R:215/45R17
スタート内圧:F:1.7K R:2.2K
ZC-PRO F:14K R:18K
減衰 F:-10 R:-10

菊地プロのドライブで減衰のみを調整しながらアタック。
内圧はF:1.7K→2.2K R:2.2→2.55Kまで上昇。
減衰はリヤのみ-10→-2(硬く)調整。
この仕様では12月のスーパーバトルで1分07秒8でしたが
気温・路温の影響もあって1分09秒164がベストでした(^^)




②枠目 ZC32チェッカースイスポ
ADVAN AD08R F:225/45R17 F:225/45R17
スタート内圧:F:1.7K R:2.2K
ZC-PRO F:14K R:18K
減衰 F:-10 R:-2

②枠目は先に菊地プロがアタック(^^)
内圧はF:1.7K→2.15K R:2.2→2.55Kへ上昇。
減衰調整はF:-10→-8 R:-2→-4へ調整。
タイムは1分08秒378へタイムアップ(**)/

で、後半は私も走らせてみました…<(_ _)>
私の感想は「シビア」です<(_ _)>
良く曲がります。
ブレーキングも止まります。
なんですが…
ZⅡのときは私のようにとってもアバウトなライン&ハンドリングでも
どうにかなってしまうカンジがしましたが
AD08Rは進入でチョット失敗するとその後は完全にNGです(**)
「ココだよー!ココのラインじゃないとダメだよー!」といわれてるような…
そんなタイヤに感じました。

タイムは1分09秒9で、簡単にベストを更新してしまいました(**?





③枠目は私のスキルアップタイムで

フェラーリやポルシェの皆さんに追いかけられながら

チェッカースイスポでTC2000をグルングルン周回しました(**)/

チェッカースイスポもなかなかイカツイですが

とんでもない勢いで追いかけてくるフェラーリやポルシェはもっとコワく感じるので

「どーぞどーぞ…どぉーぞ!」

みたいになります<(_ _)>


その後はタイムアップしませんでしたが

たっぷり楽しませていただきました(^^)


↓ 走行後のAD08R(^^)


…タイヤのダメージは大きく見えます。

旧AD08とパターン自体が同じでコンパウンドだけが変わったというコトなので

パターンのヨレはあまり変わってないような気がします。

旧AD08の時はタイヤをカッティング加工(タイヤを削って溝を浅くするコトでタイヤのヨレをなくすコト。)しても

他のタイヤと比べるとあまり高い評価を有られたコトはありませんでした。

でも、A050のカッティングはとても好評なので

AD08Rのコンパウンドではカッティングはアリのような気がします(^^)




走行後には菊地プロにAD08Rのインプレッションをしてもらいました(^^)

ちなみに菊地プロはAD08Rに乗るのが今回が初というコトでした<(_ _)>



トラ森「それじゃ、AD08Rの感想を聞かせて下さい。」

菊地プロ「一言でいうと全体的にひとランクグリップが上がった感がありますね。
確かにグリップは上がってるんですけどバランスのいいグリップの上がり方で、この位のコンパクトカーでもグリップはしてるんだけど抵抗感もなくて食いすぎてないけんだどしっかりしてる。
縦もしっかり、ブレーキもグーッと効くし、元からのボトムスピードがあきらかに今までよりも落とさなくても入ってイケちゃう。各コーナーのボトムスピードが違うからそこでのタイムの違いが大きいんじゃないですかね。
フィーリングもドコかが飛びぬけていいワケじゃなくて全体的にグリップ感があってハンドルに伝わってくる感じも手ごたえがあるっていうか…うん、けっこう抜けないですね。基本的にあんまり切るとどこかで抜けちゃう部分っていうのがあるんですけど、コレはソレにグリップ感が付いて来てますよね。
時期的に今日は路面も暖かくなってきちゃったけど、全体的に解りやすくいうとZⅡのフレッシュよりも筑波の2000でいうと0.3~0.5秒くらいは上ってるようなカンジですね。」

トラ森「じゃあ春のスーパーバトルはコレで?」

菊地プロ「コレでいきましょう!」

トラ森「決定?」

菊地プロ「決定で!」

トラ森「ちなみに…削ったほうがいい?」

菊地プロ「やってみたいですよね!」

トラ森「ZⅡと比べて舵角的にはどうですか?08Rの方が少ないカンジですか?」

菊地プロ「舵角的には切れる。コッチの方が。」

トラ森「切って使えるってこと?」

菊地プロ「使えるね。ZⅡの方はある程度切ってソコからはちょっと薄くなっちゃうようなところが、08Rはソコからが使える。」

トラ森「…二重丸…?」

菊地プロ「イーんじゃないでしょうか!(^^)」




というコトで

春のスーパーバトルで使用するタイヤは

ADVAN AD08Rに決定しました(^^)v



…。


コレでまたサスペンションのセッティングが変わりますね(**)/

最終チェックはスプリングスーパーバトル前日の4月5日です。

ナントか詰められるだけ詰めて

12月と比べると条件が悪い4月のアタックで

12月と同じレベルのタイムを出せるように

頑張りたいと思います(^^)


DEREZZA ZⅡとADVAN AD08Rの

タイヤ比較テストのご報告でした(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/23 21:31:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | データ | クルマ
2013年01月17日 イイね!

ZC32パワーチェック…驚愕の結果<(_ _)>

ZC32プレミアムデモカーのパワーチェックですが

早速…パワーチェック1回目。

「挑戦的なハイカム」 です<(_ _)>






プレミアムデモカー+ハイカム。。。

高回転がとってもパワフルに感じたハイカム

なのでとっても楽しみ(^^)





パワーチェーーーック!!!


グオォオオオ…!

インテークキットがメチャメチャ良い音でエアを吸い込んでます(^^)/


7000rpm付近まで回して…


みんなでモニターに注目!



…。

ん?

…ん?


…パワーアップしないじゃん(**?


ソレどころか…

トルクはノーマルより下がってます(++?

4500rpmまではパワーも下がっていて

可変インマニが切り替わったあたりでの谷も大きくなっています(**)



というコトは…



はい、ダメェー!



比較に使ったノーマルのグラフは以前に測定した時のモノで

ダイノパックの油温や条件も大きく影響はするものの

データ的には

…NGです<(_ _)>



ん~…。

でも、ナニか原因はある気もします。。。

作用角も…インマニも…

制御上も何が起きているかも解りません。


コレは

もう一回どころか…

M16Aのハイカム開発のスタートに立てたところ

と、考えるべきだというコトを

ダイノパックに教えてもらったというコトですね(**)/


このままではパワーが出ないというコトだけが、

本日取れたデータです<(_ _)>


なので…

この先は何度も何度もテストを繰り返すことになりそうです<(_ _)>




それから…

もう一つ楽しみにしていたセンターパイプのデータ取りですが

比較するために必要なφ60mmのセンターパイプの後ろ半分を

造っておくのを忘れてました(++;


比較するアイテムがなければデータ取りになりません。。。



はぁ…。

オレはいったいナニやってんだか…。。。



なので

そちらも次回に持ち越しです<(_ _)>




…。

今日はナントもダメダメな一日でしたが

そうはいっても

次のステップに切り替えなくてはなりません。


M16Aのエンジンパワーを上げるためには

まだまだ見えない部分が多いですね…


…こんな日もあります。。。


でも

コレからが勝負だと思って、

気持ちを入れ替えて

スタッフと一緒に頑張ろうと思います(^^)




というワケで

パワーチェックの結果報告でした<(_ _)>
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/01/17 16:45:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | データ | クルマ
2012年09月10日 イイね!

TC1000 ZC32エンジンオイルクーラーテスト(^^)

TC1000 ZC32エンジンオイルクーラーテスト(^^)7日のTC2000に続いて

8日土曜日はTC1000で

ZC32の油温テストを行いました(^^)





いつもお世話になっているプロアイズさんの走行会を利用させていただいたワケですが

この日の気温は7日に引き続き最高で32℃。。。

…午後2時には路温も50℃を超えました<(_ _)>


そんな中…

1時間ごとに1枠12分を5本走り切る予定でスタート(**)/


TC1000はウェットしか走ったコトがなかったため

ラインを考えながら走りましたが


…楽しい(**;v


仕事…忘れちゃいそうですね…(**;


そんでもって

1時間に1本の全開走行で

4本目までをクリアしました!




前日のTC2000、25本×4本の影響が出始めて…

まずは左腕が…イタイ(**)

次に右足が…イタイ(**)

さらに腰が…イタイ(**)

最後は体中が…イタイ(**)


…帰りの道のりも考えた末、

5本目はやめときました<(_ _)>







この日の最高油温は121℃…(^^)

というコトは…

オイルクーラー装着前と装着後では

10℃~20℃程度エンジン油温が下がります(^^)v


油温計を見ていても安心していられる分、

遠慮なく踏めますね(^^)v




それから…

8日のプロアイズ走行会には私を除いて

赤脚ユーザーさん4台を含め

31が4台、32が1台、計5台のスイスポがエントリーされていました(^^)



全体的には気温や路温的にもタイムアップは難しかったかと思いますが

中には劇的にタイムアップされたユーザーさんもいましたね(^^)

みなさんライン取りや装着後のパーツの確認等で

頑張って走っていました(^^)


コーナリングの状況をお聞きしながら

少しだけですが減衰や内圧調整等、

現場で出来る範囲でセッティングのお手伝いをさせていただきましたが

ある程度のセッティングの方向性はお伝えできたのではないかと思います(^^)





で…

オッサンドライバートラ森の

初のTC1000ドライアタックは

44″9でした…<(_ _)>






暑い暑い筑波サーキットでの2日間でしたが

絡んでいただいた皆さん、ホントにありがとうございました<(_ _)>


今後もテストを兼ねてサーキットアタックを続けていきたいと思っているので

…トラ森と一緒に走ってやって下さい<(_ _)>




というワケで

サーキット焼けで

朝からみんなに「酒飲んでる?」

と、聞かれている

トラ森からのご報告でした(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2012/09/10 17:03:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | データ | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「チョロQ感 http://cvw.jp/b/518607/40002972/
何シテル?   06/27 18:28
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

664 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.