車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

2014年07月15日 イイね!
走らせてきたクルマたち。← ZC32プレミアムデモカー。

一番最近に走らせたデモカーです(^^)








トライフォースカンパニーを設立するずーーーーーーっと前、

先日45歳になった私が19歳のトキに初めて買ったクルマは

昭和54年式三菱ジープJ54。

2700ccのNAディーゼル。

限界を知らない私は

クルマがボロボロになるまで走りまくりました。

結果、山の中で大ジャンプの末、エンジンがフロントグリルを突き破り…廃車(**)

クルマで遊ぶコトの楽しさを教えてくれました<(_ _)>
 


J54を失って落ち込む私を見て、友人が

昭和48年式のJ52を譲ってくれました。

2.4LのNAでOHVのガソリンエンジン。

このクルマはリヤをデフロックにした最初のクルマ。

はじめて”チューニング”をしたワケですが
 
サンドベージュ→シロ→ドラエモンブルーと、塗り替えられていきました(^^)
 
サスペンションはコの字シャックル+50mm幅の多番リーフスプリングで
 
「タイヤが取れちゃうんじゃない?」と、思うほどのストロークがありましたね!

クロカンメインでしたがトライアル的な走りを覚えさせてくれたクルマです(^^)

コレも何度か転倒を繰り返して…廃車(**)v


次に買ってきたのが三菱ジープJ57。


始めて競技に出たクルマです。

2.6Lのガソリンエンジン。

スタリオンと同じG54BのNA仕様でした。
 
このエンジンにはハイカム組んだりソレックスのツインキャブにしたり

エンジンチューンにハマったクルマです(^^)
 
風呂場でポート研磨していて奥様にガッツリ怒られた記憶が

鮮明に蘇ります<(_ _)>

長野県内のタイムトライアルレースでは上位に入賞できるようになりました(^^)



関東規模のトライアル競技に出た途端…下から数えた方が早い順位になり、

本気スイッチが入ってしまいました(**;



ジープベースのトライアルマシンを造りました(^^) 


このマシンで全国のトライアル競技に参加。

2度ほどチャンピオンを獲得させていただきました<(_ _)>

写真の様なジャンプは日常茶飯事だったので 

シャシの強度やサスペンションに対する拘りも出てきて

とても多くのコトを学ばせてくれたクルマでした(^^) 

最後はトライフォースレーシングの後輩に譲りましたが

たぶん今でもドコかにあると思います(^^;



このタイミングでトライフォースカンパニーを造りました(^^) 

↓ トライフォースカンパニーになってから始めて造ったデモカーがコレ。


ジムニーJA11。

F6Aシングルカムのオリジナルハイフロータービンで

660ccながら93.4psになりました(^^)
 

写真のタイヤ「マキシス クリーピークローラー」ですが

私が初めて開発の初期からセッティングさせてもらった
 
思い出深いタイヤです(^^)

パターンやデザインも 一からやりました(^^) 

 
 
オリジナルのスーパーバランスサスペンションはレスポンス抜群でした。

このあたりから「硬くてよく動く脚」に拘り始め、人の話しを聞かなくなり

自分の求める理想の追求をするようになりました<(_ _)>


次にJA11をベースにしたトライアルマシンを製作。

エンジンは市販品と同じハイフロータービン仕様で

ブーストは1.7まで上げて最大時には110ps程度まで出しました。

ちなみにフロントミッドシップで車両重量は750kg。

ジープJ57のバランスで100psで、SJ30と同じ車重にしようと思って

一生懸命造りました(^^)


このクルマでも何度か優勝経験はありましたが

ナゼか一番記憶に残っているのは広島遠征で準優勝したトキのことです(^^)  




そしていよいよ…

JB23のデモカーを造り始めました(^^)


もう…10台ぐらい造ったかなぁ。。。

JB23デモカーは東京オートサロンだけでも4台出品しました(^^)

このクルマでファンネルスロットルチャンバーを開発して

実用新案を取得して、トライフォースの製造工場がほぼ完成しました(^^)



ある日、自動車新聞を見ていたら

「ジムニーのモノコック化・フロント独立懸架の開発を発表」という記事を見つけて

「独立の勉強しておこうかなぁ…」と思い、買ってきたのがこのクルマ。

スズキスイフトスポーツZC31Sです(^^)


サーキットを舞台にしたはじめての仕事です(**;

コレは必死コイテやりましたねぇ(++)/

木下みつひろプロと一緒に何度も何度も筑波へ通って

やっとの思いでZC-PROを完成させました。

はじめて参加したハイパーミーティングも優勝した時の感動は今でも忘れません。

みんながアクセルオフしていたダンロップコーナーを

赤脚だけが全開で駆け抜けていくのを見たトキは、鳥肌が立ちました(^^;


オンロード車の開発の第2段はL880Kコペン。


コペン特有の2トンダンプみたいなリヤの突き上げを解消するために

リヤダンパーのオフセットブラケットを開発して

木下プロのセッティングでストリートからサーキットまで

ワイドレンジに使えるサスペンション、DC-PROを完成させました(^^)

伸び側・縮み側のダンパー減衰のバランスは

後に発表したプレミアムダンパーの基礎となりました。



次に、ZC31で得たノウハウを注ぎ込んでキッチリセッティングしたのがGE8フィットRS。

チェッカーフィットですね(^^)


ちなみにボディグラフィックは一番のお気に入りです<(_ _)>

エンジン制御には手を焼きましたが

ZC-PRO同様、サーキットに特化させたGE-PROやストリートスペックのGEプレミアムの2種類の車高調を開発。

筑波スーパーバトルにも参加して、GE8のコースレコードを打ち立てました(^^)


そしてご存じ…ZC32チェッカースイスポの登場です(^^)

まずはZC32専用のZC-PROを開発したワケですが

先に行ってきたGE8の開発が、ここでは大きく役立ちました!


ジオメトリーを含めたシャシの構造がZC31よりもGE8に近いコトが解りました。

GE8の開発を経験してきたトライフォースは、ZC32の開発も一気に加速させました。

スーパーバトルやハイパーミーティング等でもコースレコードを塗り替えて

今では頼もしささえ感じるオーラを放っています(^^)





こんな車歴で私のヘン●イ力は培われてきました<(_ _)>

その他にも色んなメーカーさんの仕事でサスペンション開発をさせてもらったり

数多くのチューニングパーツの開発に携わってきましたが

ハッキリ言って…

面白すぎます、この業界は!(^^)


一生懸命やればやるほどタイムに現れ

手を抜けばそれなりのタイムにしかならない。


トライフォースはコレからも、どんなマシンを造り上げていくのか…楽しみにお待ちください(^^)



ブログを書きながら、久しぶりに昔走らせてきたクルマたちを思い出して

チョット…初心に戻れた気がします(^^)


コレからも頑張りたいと思いますので

ヤナピー共々、応援よろしくお願いします(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2014/07/15 12:35:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | デモカー | クルマ
2013年12月31日 イイね!
年越し(^^)今日会社へ行ったら…

ZC32はピットの外を向いて
アタックの準備が整っていました(^^)

逆に31は、ピットの奥に向かって ボンネットを開けて
開発の準備が整っています(^^)



今年はユーザーの皆さんの応援と
関係各社のご協力により
筑波のコースレコードを更新ができました。

本当に色んな勉強をさせて頂いた一年でした(^^)




来年、トライフォース15周年を迎えますが

実は…私トラ森は来年、

クビになります(T-T)









というのはウソで、

実はココまで、前々からやりたかったコトを

思いっきりやるための準備を進めてきました(^^)



サーキット、オフロード問わず

理想的かつ究極のセッティングを求めて

さらにヘン新月イ色を強めたシャシ系開発をするための

「トラ森トラクション研究所」を立ち上げるコトが決まっています(^^)



今からワクワクします(^^)

何しろ
5年も前からやりたかったコトですからね♪


「えぇ!ソコまでやるの?」という

皆さんがビックリするような結果を求めて

頑張りたいと思います(^^)




1年間たいへんお世話になりました!

来年も宜しくお願いします(^^)/
Posted at 2013/12/31 15:09:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | デモカー | クルマ
2013年11月08日 イイね!
男のリップ(^^)ちなみに…

クチに塗るのは

←普通のリップです<(_ _)>










先日のエビス東で

スピンから立ち直った後の処理がヘタだったため

ZC31デモカーのフロントリップは

バンパーまでポッキリ割れちゃってました(T-T)/




で、取材もあったので

今回は純正バンパーにトラストさんのリップスポイラーを付けてみました(^^)


ず~っと前にノーマルバンパー用のカナードをワンオフしてあったので

奥から引っ張りだしてきて装着してみたら

やたらとカナードがエバって見えます(**)


…昨日はこのまま取材を受けましたが

今までのサンイチとあまりにも雰囲気が違ってるし…

デモカーのフロントリップを造ったトキには

先輩たちとも相談しながら空力に効果的な形状に決めたので


…どうも納得がいかねぇ…(**;/



というワケで

コレまた奥からカーボン板を引っ張りだしてきて

コンターでサクサク切って…


↓ こんなのを造ってみました<(_ _)>


くっ付けてみると…

こんなカンジ(^^)


お!

ウチのサンイチらしくなってきたねぇ♪



イーカンジになってきたのでクルマに付けてみると…



…。



オ…オトコマエじゃね~か…(T-T)




…ヤル気を感じます<(_ _)>


やっぱ、

このぐらいワルそーじゃなきゃイケません<(_ _)>



純正バンパーくん…

やれば出来るじゃないの(^^)/



バンパーに赤脚ステッカー貼って…


完成(^^)/




トラ森「なぁヤナピー…イーカンジじゃねぇ(^^)」

ヤナピー「突貫工事にしてはイー出来ですね。なんか…RX7の匂いがする…。」






というワケで

明日のプロアイズ走行会に間に合いました<(_ _)>


31デモカーでは初走行のTC1000で

マル一日、ユーザーさんと楽しんじゃう予定です(^^)


セッティングやらナニやら…

ナニかあったら遠慮なく声を掛けて下さい(^^)

みんなでタイムアップ目指して頑張りましょう!




そんなワケで…

ブログで見ると簡単そうですが

けっこうタイヘンだった

「男のリップ」のワンオフ作業でした(**)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/11/08 20:19:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | デモカー | クルマ
2013年06月17日 イイね!
コペンデモカーがSA富山南で試乗可能です(^^)突然ですが…

現在トライフォースのコペンデモカーは

スーパーオートバックス富山南さんに行ってます(^^)





先日、SA富山南さんでイベントをやった時に

コペンの足回りやコンピュータの話しになって

「話しより実際に乗ってもらった方が解りやすいと思うので、今度コペンデモカーを持ってきますね!」

と、いうことになったワケです(^^)


なのでしばらくの間、SA富山南さんでは

トライフォースのコペンデモカーが試乗できます(^^)




コペンの乗り心地…特にリヤの突き上げを解消して

コーナリングの劇的な変化を体感できる

↓ DC-PRO(^^)



ノーマルバンプラバーを取り外してダンパー側に新設する構造なので

確実に乗り心地が良くなります(^^)


フルスペックコンピュータは

目標ブースト圧の設定変更や燃調・点火補正等によって

レギュラーガソリンでもで大きくレスポンスアップします(^^)


その他補強パーツや吸・排気パーツまで

拘りのパーツが全て装着されているデモカーです(^^)





是非、スーパーオートバックス富山南さんで試乗してみて下さい。

劇的な変化を体感できます(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/17 11:12:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | デモカー | イベント・キャンペーン
2013年04月02日 イイね!
AD08Rを…ニギニギしてみました&lt;(_ _)&gt;先日筑波でテストした

ADVAN neova AD08Rですが

今日はカッティング加工に入りました(^^)



カッティングするというコトは

削りカスが出るというコトなので …

ウチのスタッフは大喜び♪


ナゼかというと…

削りカスをニギニギして感触を確認できるからです(^^)


…。


もうお解りですね…。


…ヘン●イです<(_ _)>



ココまでのタイヤカッティングに関するヘ●タイっぷりはこちら
↓  ↓  ↓
  




では…

はじめにDIREZZA ZⅡの削りカス(^^)


ギュッ!と、握って机に置いたら「バサバサッ」と、崩れてしまいます。


極端な例として…

セミスリ…ADVAN A050は

握ったままのカタチを維持するほどネバネバしてます。



そして菊地靖プロからも高評価を得たADVAN neova AD08Rは…

ZⅡと比べても握ったカタチを維持しているというコトは

ソレだけコンパウンドがシットリとしているというコトですね(^^)


しかし…

ホント、こういうのって…スキ♪

ヤナピーなんて、私がニギニギするのが大好きなのを知っているので

頼んでなくても「ハイ…社長♪」といって

削りカスを持って来てくれます<(_ _)>


ウチの会社は

…ステキです<(_ _)>





ちなみにですが

今回はAD08Rのユーズドの残り3mmまでのカッティングと

フレッシュの皮むきの2種類の加工をしました(^^)


↓ フレッシュの皮むき仕様(^^)


フレッシュタイヤの切削加工をすると

始めのうちは「粉」みたいな削りカスが出て

少しすると削りカスはゴムが糸状になって出てきます。

なので、粉がでなくなったトコロが皮むき完了の合図です(^^)/


粉=皮…というコトですね♪


カッティングの切削加工によって皮むきをするメリットとしては

実走行での皮むきは熱が入ってしまうので

厳密にはフレッシュとは言えないモノになってしまいますが

タイヤ単体で切削すれば熱が入っていない皮むきタイヤが造れるコトです(^^)v

なので

いきなりアタックできるタイヤになるというコトです(^^)

今回のスプリングスーパーバトルでは

皮むきフレッシュとフルカッティングタイヤでアタックするコトになります(^^)





意味不明なタイトル画像の理由ですが…

写真はセルフローダーの荷台です。

実は…

TC2000でテストしたAD08Rを

ZC32にそのまま装着してセルフローダーに積み込んできたワケですが

帰ってきてカッティングするのにタイヤを外してみたら

タイヤに荷台の網の目が付いていました(**)


…AD08Rは溶けるとスゴイのね(**)/


しかも

ユーズドAD08Rはカッティングするとメチャメチャ硬いのです(**)

ナンデかなぁ…と、検証してみると

タイヤが溶けたトコロに小石や砂利が入り込んでいたため

切削が硬く感じたコトが解りました。

切削に使用する歯物もすぐにダメになっちゃいます(**;


と、いうコトはですよ!

AD08Rに限っては、

サーキット専用タイヤとして走行後に現場でタイヤ交換すると

ゴムの溶けた部分に小石や砂利が付着したまま

次のサーキット走行を迎えるというコトになり

しかも、気温や路温がアタックに適した朝の1本目のアタックで

小石や砂利がくっついたまま走行するコトになります(++)/~


なので

トライフォースとしてはAD08Rのカッティング作業から得られたデータとして

サーキットアタックしたら少なくても帰り道はそのままAD08Rを履いて帰って

帰りの道中でタイヤカスやパターンに入り込んだ小石や砂利が取れたのを確認してから

タイヤ交換するコトをお勧めします<(_ _)>


逆に現場でタイヤ交換する方は

帰ってからタイヤのケアをお勧めしますが

入り込んだ砂利は、実走で取り払えなければ

カッティングしなければきれいに取れません<(_ _)>


ちなみに今回はZⅡのカッティングもしましたが…

そのような症状は見られませんでした<(_ _)>





タイムアタックはシビアなモータースポーツです。。。


でも…

こんなコトまで知ってしまってイイのでしょうか…(**?

自分でもちょっと心配になりますねぇ…(++;


まぁ

実際にそうなんだから

そうした方が良いというコトですが…(**)


AD08Rは飛びぬけていいトコロもあれば

神経質なトコロもあるというコトです。

AD08Rに関わらず、コンパウンドをニギニギしてみて柔らかいタイヤは

比較的、神経質な表面を持っているというコトですから

タイやメンテナンスをしっかりして

タイムアップを目指して下さい(^^)




以上、シビアなテンロク屋の

とってもヘ●タイな経験から得た

凄くマニアックなご報告でした(**)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/04/02 15:14:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | デモカー | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「インテークマニホールド http://cvw.jp/b/518607/39510948/
何シテル?   03/25 19:29
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
お友達大募集です。お気軽に誘ってください。
545 人のお友達がいます
COS万歳COS万歳 * エデ。エデ。 *
カーコーティング専門店Y’sカーコーティング専門店Y’s *みんカラ公認 としたすとしたす *
cockpitcockpit *みんカラ公認 爆ちゃん♪爆ちゃん♪ *
ファン
648 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.