• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イベントのご案内~2017トライフォースフェア~

日程 会場
住所
お問い合わせ
10月28日(土)・29日(日) スーパーオートバックス厚木店

046-248-0331

神奈川県厚木市船子55-1
11月18日(土)・19日(日) スーパーオートバックス大宮バイパス店 048-621-0189
埼玉県さいたま市西区宮前町125-1

アルトの取扱を開始いたしました!

アルト チューニングECU詳細はこちら >>

アルト HAスポーツ/2WD・4WD

アルト ダウンスプリング/2WD・4WD

【復刻◆ご予約限定販売】カーボンインテーク(完売いたしました)
tryforce

Tryforce companyのブログ一覧

2014年04月28日 イイね!

トライフォースZC32 エビス東ベストラップ(^^)

昨日は

千葉県にあるNATSさんで開催されたイベントに参加してきました(^^)

ジムニーのレースイベントの他にも

フィアットやアバルトのサーキット走行イベントも開催されましたが

トライフォースではZC32チェッカースイスポで

サーキット走行をしてきました(^^)




ヤナピーと「こんなテストコースがあれば最高だね!でも、タイヤ何本あっても足りないねぇ。。。」

とか話しながら

同乗走行したりプロドライバーさんに乗ってもらったりして

一日楽しませていただきました(^^)


ジムニーのモーグル競技はジャパンファイナルという

最高峰の戦いでしたが

個人的には走行後の車両を良く見させていただきました。

で、やっぱり

ホーシングが曲がってるマシンがいっぱいです(**)

ジャパンファイナルでトップクラスの選手はそれなりの踏み方なので

構造的に曲がってしまうモノは曲がります。。。

開発中のストロークによってバネレートが変化する

バンプレススプリングの試作が上がってくるのが楽しみになってきました(^^)







今日は19日に走りにいったエビスサーキットの東コース

ベストラップを出したトキの動画を

ユーザーさんが撮影してくれて送ってくれたので

早速アップしてみたいと思います(^^)




ドライバーは私、おっさんドライバー トラ森です<(_ _)>


けっこうコワかったですが頑張って踏みました(**)/

ドライバがシロウトなのでツッコミドコロは満載だと思います。

なので

たっぷり楽しんで下さい<(_ _)>


ちなみに、この動画の直後にコースアウトして

リップが割れました<(_ _)>



千葉の赤いユーザーさん

動画の編集ありがとうございました(^^)/~~~

Posted at 2014/04/28 16:12:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイムアタック | クルマ
2013年12月12日 イイね!

達成感がピークです(^^)

達成感がピークです(^^)












♪…♪…♪…♪…♪




一生懸命セッティングした成果です(^^)







ソリャもう…

嬉しいったらナイですね(^^)




けっこう集中したので

未だに疲れが抜けません(++;



そんなのはどっかにいっちゃいます♪


なので


達成感は今がピークです(^^)/











喜んで浮かれてるとまた仕事で追い込まれちゃうから




…仕事しよ(**;
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/12 00:02:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | タイムアタック | クルマ
2013年12月11日 イイね!

最後のスーパーバトル…(^^)

最後のスーパーバトル…(^^)撮影:NEINさん(^^)


ZC32チェッカースイスポの筑波スーパーバトルの結果報告です(^^)
まずは…悔し~(**)/
でも…嬉し~(^^)/








5秒台突入の夢は…夢に終わりました<(_ _)>



ZC31デモカーが持つFFコンパクトラジアルクラスのコースレーコードは

1分06秒706でしたが

ZC32チェッカースイスポの公式タイムは
1分06秒403

菊地靖プロ!ありがとうございました(^^)/

チェッカースイスポがコースレコードを更新です(^^)/(^^)/(^^)/

2010年のスーパーバトルから一度も更新されるコトなく守ってきた1分06秒706を
3年がかりで追い越すコトがきました(^^)

スイフトのサーキットユーザーさんに最も近いSTR-FF3クラスでは
4年連続でコースレコードを維持できたワケですが
自社で更新したZC31のタイムも
ZC31のFFストリートラジアルとしては今でも最速です(^^)




それでは当日の模様です<(_ _)>


1本目 10:10 天候:ドライ
気温:8.5℃ 路温:9.1℃

ZC32チェッカースイスポ 
タイヤ:DIREZZA ZⅡ F:235/40R17 R:215/45R17 (F・R フレッシュ皮むき)
スタート内圧(冷間) FL:1.7K FR:1.8K RL:1.9K RR:1.9K

サスペンション:赤脚・ZC-PRO (リヤトリプルスプリング仕様)
バネレート:F:14K/R:メイン20K + アシスト10K + ヘルパー
減衰:F:-5/R:-5

フロントワイドレンジスタビライザー:1 - 4
3Dツイストコントローラー:スタビリティー(大)
ロールバー:クスコ4P

エンジン:NA1600オリジナルハイカム仕様
制御:オリジナルECUセッティング
吸気:インテークキット(市販品)
排気:レーシングフルチタンセンターパイプ&レーシングフルチタンマフラー(市販品)



前日のテスト走行では1分06秒190という5秒台までには”寸止め”状態だったので
スタート前、やっさんに「決めちゃって下さい!」と言って送り出しました。


2ラップ目を11秒9でウォームラップを終わらせたやっさんは
3ラップ目からアタックに入り6秒776、ヨシ!
4ラップ目6秒514、公式レコード更新!
5ラップ目6秒625…。

3連続で6秒台を連発しました。



1度目のピットイン。
内圧はF:2.25K/R:2.0K。

えぇっ!! リヤ2.0キロ!?

菊地プロ「アンダー。」
トラ森「やっさん…リヤ2キロまでしか上がってない。。。」
菊地プロ「リヤだけコンマ3上げよう!」

リヤのみ2.0K → 2.3Kへ変更して再スタート!

再スタート後2ラップ目6秒553
3ラップ目6秒421


2度目のピットイン。

菊地プロ「フレッシュの良いトコロが終わったかな。次に賭けましょう。」

…スーパーバトルの貴重な1本目のアタックは終了しました。



2本目のスタート15分ほど前…

トラ森「気温も路温も上がってきてますねぇ。」
菊地プロ「3本目になれば気温も下がるから、そこに賭ける?」
トラ森「解りました。そうしましょう!」

2本目はどのクラスもほとんどのマシンが0.5秒近くタイムを落としていたので
マシンとタイヤを温存するコトを気めました。




けっこう時間が開いたので

トラ森「ねぇねぇやっさん!昨日は5秒寸止めだったから、3本目は先っちょだけ入れちゃって(^^)」
菊地プロ「ハハハ(^^) 先っちょだけねぇ…(^^)」
トラ森「奥までは入れなくていいから、先っちょだけ!お・ね・が・い♪」
菊地プロ「頑張りまーす(^^)」

と、知らない人が聞いたら冗談にしか聞こえないけど
実は本気な話しをしたりしながら

トラ森「リヤ用のフレッシュがもう1セットあるけどどうします?」
菊地プロ「組み換え出来れば使いたいね。」
トラ森「了解!」


そして…
3本目のスタートを迎えました。

1本目と2本目の走行枠は20分ずつでしたが
3本目は15分と短いので大きなセッティングの変更はできません。

で…
昨年から気付いてましたが
菊地プロはスイッチが入ると人が変わります。
さっきまでの冗談言ってたやっさんが菊地プロに変わり
無言でチェッカースイスポに乗りこみました。

私もセッティング用紙を持たずに
チェッカースイスポの走りだけを追っていました。

「やっさん!頼む!」


1本目のリザルトを見ると公式測定値で153.257km/h。
ZC31デモカーでは到達できなかった150km/h台を余裕で超えています。

ヤナピーが組んだ挑戦的なハイカム仕様のエンジンは紛れもなく過去最高の状態です。


最後はラップ数も経過も覚えていません。
ストップウォッチを最終コーナーに向けて、ピットの壁から3秒台で抜けてくれば5秒台が見えます!
ドキドキしながらラップタイムのモニターを見たりストップウォッチを見たり…。





そして…チェッカー。


1分06秒403。


…5秒台の夢は破れました。







菊地プロ。
本当にありがとうございました。

5秒の夢は叶いませんでしたが
立派なコースレコードを打ち立てることが出来ました。

喜びは徐々に湧いてきて
帰るころにはガッツポーズとかしてましたが
タイムアタックで今まで経験したことのないような大きな反省をしました。

それは

前日の走行で「リヤが引っかかる」という評価をもらい
協議の結果、本番の1本目ではフロントにフレッシュ、
リヤは前日に使用した中古をセットすることを決めていました。

しかし、最も重要な1本目のアタックでは
リヤ内圧は0.1Kしか上昇しませんでした。

タイヤはパターンが動けばその分、内圧が上がります。

スーパーバトルの1本目は路温が上がらないのは
これまでの経験から十分に理解できていたことです。

なぜ1本目に溝の多いフレッシュをリヤにセットしなかったのか…。

だから…

コースレコードは更新しましたが

アタックを総括する者として



私の完全な判断ミスでした。


毎日、朝まで頑張ってくれたヤナピー。
迅速なセット変更に対応してくれたテッチャン。
そして、完璧な走りをしてくれた菊地プロ。
協力してくれた業界のみなさん。
応援してくれたみなさん。

申し訳に気持ちでいっぱいです。




















数日前のブログに

「私のトライフォースメカニカルショップ代表として最後のスーパーバトル」と書きましたが

これは本当の話しです。


トライフォースがタイムアタックを辞めるというワケではなく

私が”メカニカルショップ代表”としてアタックするのが最後というコトです。

デモカーを1/1000でも速く走らせるために

メカニックヤナピーは一生懸命頑張ってきました。

なので

来年からはスーパーメカニック ヤナピーが

トライフォースメカニカルショップ代表として

みなさんのクルマを速く走らせるための仕事をします。





相変わらず私もショップ内をウロウロしたり

大好きなモノ造りをしたいと思いますが

メカニカルショップに来たトキは

「ヤナピーいる?」と、入ってきて下さい(^^)


アタック総括としての最後の筑波スーパーバトルでしたが

スタッフをはじめ関わってくれた全てのみなさんのおかげで

コースレコード更新と、

大きな反省という

最高のプレゼントをいただきました(^^)



プレミアムデモカーも初のスーパーバトル挑戦でしたが

2位とはいえ、川北選手のドライビングで申し分ないタイムでチェッカーを受けました。

これから発売になるECUやサスペンションのセッティングにとって

とても大きな財産となる”データ”を獲得できました。



テンロクNAスイフトの5秒台という目標も出来ました(^^)

「曲げてナンボのテンロク屋」スピリッツで

ヤナピーに

私の造ったレコードタイムを塗り替えてほしいと思います(^^)



ユーザーのみなさん。

これからも応援よろしくお願いします!




以上、筑波スーパーバトル2013

チェッカースイスポの結果報告でした(^^)



みんな!本当にありがとう!


(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/11 09:03:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイムアタック | クルマ
2013年12月08日 イイね!

筑波スーパーバトル2013のご報告・ZC32プレミアムデモカー編(^^)

筑波スーパーバトル2013のご報告・ZC32プレミアムデモカー編(^^)6日に開催された
筑波スーパーバトルのご報告です。

まず、今回のスーパーバトルでは
カメラマンがいなくてどうしようかと思っていましたが
ユーザーのNEINさんが撮影してくれていたのを
たくさん送ってくれて…メチャメチャ助かりました(^^;
ホントにありがとうございます<(_ _)>

早速、使わせていただきます(^^)


当日の天気は快晴でしたが
気温の上がり過ぎが心配になるような暖かさでした(^^;

今年は
ZC32チェッカースイスポをSTR-FF3クラス
ZC32プレミアムデモカーをSST-FF3クラス
に、それぞれエントリーしました(^^)

まずはトライフォースのZC32プレミアムデモカーのご報告と、
SST-FF3クラスの説明をしたいと思います(^^)


【SST-FF3クラス】 
今年から新しく設けられた完全車検対応の”スーパーストリートクラス”です。

FFコンパクトカーの市販車改造・ラジアルタイヤで過給器なしのノーマル排気量。

GTウイングの取付不可。
(車検対応のGTウイングもNGみたい(**))

車検対応マフラーのみ装着可能。
(新規制対応マフラーでなければNG。って書いてあった(^^;
ZC32の場合はちゃんと加速騒音規制をクリアしてなきゃダメってこと。)

軽量化不可。
(乗車定員分のシートを取り付けてあること等々。…重いよねぇ(++;)


要するに、全て車検対応パーツでの構成で”そのまま車検に通る車両”というコトです。
前日に、いつもお世話になっている
スーパーオートバックスサンシャインKOBEの宮本チューナーとお話しさせてもらったトキも
「車検対応のGTウイングの使用も認められないため、わざわざGTウイング以外のモノに交換してきた」
というお話しをお聞きしました。
ある意味、一般的な道路交通法以上に厳しいレギュレーションとも言えますね(^^;
しかし、タイムアタックといってもれっきとしたモータースポーツなので
特にSSTクラスではお手本になるようなクルマを求められるワケですね(^^)/
宮本チューナーのお話しをお聞きして
規則を順守するという意味では当然の変更かもしれませんが
そんなトコロにもスーパーバトルに向けた正々堂々とした
本気の努力を感じます(^^)

トライフォースでも加速騒音規制対応のスーパーバトルマフラーを装着していきました。
コレは、新規制に適合しているので取り付けていきました(^^;



効率と軽さを考えて
オリジナルのフルチタンマフラーを使いたかったトコロですが、
加速騒音の新規制に適合していないので(させるつもりもナイので)
ソコは…ガマン(**)/

どんなに優れたマフラーでも規則でNGならただのパイプです<(_ _)>

助手席やリヤシートもノーマルのままで、
カーナビから車検証までそのまま載せて走りました。
が、
純正のパンタジャッキは当日の朝に降ろしました<(_ _)>




そしていよいよ本番です(^^)/



ドライバーは川北忠プロ!
普段はスーパーオートバックスかしわ沼南さんのスポーツアドバイザーとして活躍されていますが
ジムカーナの全日本チャンピオンでもあります(^^)

前日のテストから貪欲にセッティング変更をされていました。
ちなみに前日のベストは1分8秒531。

本番のベストラップは1本目に出ました。
さすがジムカーナチャンピオン!
慣れないラジアルタイヤとはいえフレッシュの最大グリップを上手く使って
キッチリタイムを出してくれました(^^)/




1本目 10:30 天候:ドライ
気温:9.9℃ 路温:12.0℃

ZC32プレミアムデモカー 
タイヤ:DIREZZA ZⅡ F:235/40R17 R:215/45R17 (F・R 完全フレッシュ)
スタート内圧 F・R 2.0K(冷間)

サスペンション:赤脚・ZCプレミアムスポーツ
バネレート:F:10K/R:12K
減衰:F:-8/R:-8

エンジン:フルノーマル
制御:オリジナルECUデータ(市販予定品)
吸気:インテークキット(市販品)
排気:スーパーバトルマフラー(市販品)



4周のウォームラップ後にアタック開始。
3ラップの連続アタックでコンスタントに1分8秒台をマーク。
ピットイン時の内圧はF:2.6K/R:2.5Kまで上昇。
リヤのみ2.5K→2.3Kへ変更して再度アタック。
直後にこの日のベスト1分8秒607をマークしました(^^)



2本目・3本目は午後で、
特に2本目は気温・路温共に上昇していたため
川北プロの積極的なセッティングを行いながらも
残念ながら1本目のベストを更新するコトはできませんでした。


ZC32プレミアムデモカーのベストラップで、特記すべき最大の専用セッティングはバネレートです。

11/28のテストではF:8K/R:8Kのバネレートからスタート。
川北プロの評価では立ち上がりのアンダーを指摘してもらったので
その場でリヤのバネレートを12Kまで上げ、ベストを出しました。
その日の話し合いで、5日の前日走行はフロントバネレートを10Kまで引き上げることと、
3.5°だったフロントキャンバーを5°まで調整することが決定してたワケです(^^)


ZCプレミアムスポーツ(略してプレスポ)は、
菊地靖プロのセッティングによって峠のコーナリング性能を大幅に引き上げながら
ストリートでプレミアムと呼べる乗り心地をドコまで残すかという
非常に難しいセッティングをして完成されたサスペンションキットです。
トライフォースの赤脚フルスペック車高調の中でも
最もワイドレンジに使えるものになっています(^^)

今回、ZCプレミアムスポーツのフロントバネレートを10Kまで引き上げた理由は
元々ワイドレンジに使える”峠狙い”のプレスポでサーキットアタックに使用した場合、
どの領域までセッティング出来て、それがどのような評価になるかを知る必要があったからです。

バネレートが上がるというコトは「プレミアム感」は低下するのは当然ですが…
例えば、アタックシーズンが終わったらスプリング交換で元に戻したりすれば
プレミアム感も元に戻ります(^^)
サーキットレベルはZC-PROとは一線を画すものの、
そういった使い分けが”出来ることの意味”は大きいと思います。
プレミアムスポーツを「サーキットプレミアム」的な感覚で使いたいユーザーさんも
決して少なくはないのではないでしょうか(^^)

サーキット仕様のプレスポは、現段階では私も乗ってないので評価はできませんが
プレスポでTC2000サーキットをガチンコアタックした川北プロのお話しは
スーパーオートバックスかしわ沼南さんに行けば聞くコトが出来ます(^^)

良い点も、もちろんこれから改善するべき点もあると思いますが
川北プロには減ったタイヤからフレッシュタイヤまで使い、
なお且つZCプレミアムスポーツのフロント8K~10K、リヤ8K~12Kまで、
メチャメチャ幅広いセッティングを体感していただきました(^^)

ZC32でより幅広いセッティングを求められるユーザーさんは
是非、SAかしわ沼南スポーツアドバイザーの川北さんに聞いてみて下さい(^^)/



川北プロ、大変お疲れさまでした<(_ _)>

是非またデモカーに乗って下さいね(^^)/

そのトキにはプレミアムデモカーが進化しているように頑張ります(^^)/~



というワケで
筑波スーパーバトルSST-FF3クラス
ZC32プレミアムデモカーのご報告でした(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/08 18:58:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | タイムアタック | クルマ
2013年12月07日 イイね!

筑波スーパーバトル2013…全力で戦いました!

筑波スーパーバトル2013…全力で戦いました!毎度のコトですが…
筑波スーパーバトルの本番では
マシンもドライバーもスタッフも私も
極限状態まで集中します。
なので
気が付いたら撮影した写真は
←この1枚だけでした<(_ _)>




というワケで
筑波スーパーバトル2013は無事に終了しました。

詳しい内容は後日お伝えするとして
まずは結果から。


STR-FF3
(FFコンパクトストリートラジアルクラス)
※スイフトでいうと、市販車改造のラジアルクラス。
ZC32チェッカースイスポ ドライバー:菊地靖
トップだった気がする…(**?


SST-FF3
(FFコンパクトストリートラジアルクラス)
※スイフトでいうと、市販車車検対応のラジアルクラス。
ZC32プレミアムデモカー ドライバー:川北忠
トップだった気がする…(**?


…。

あまりにもアタックに集中してたので
順位のリザルトを見てくるのを忘れちゃってました<(_ _)>


なので
後日あらためてご報告します(^^;/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/12/07 11:11:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイムアタック | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「ふと思う http://cvw.jp/b/518607/40596837/
何シテル?   10/19 20:47
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

670 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.