車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

2009年06月23日 イイね!
スーパーコントロール ブレーキパッドハイパミでのタイムアタックを目標に設定したブレーキパッド、スーパーコントロールです。

スポーツブレーキパッドの開発は

「サーキットコンセプトの実現」と「基本性能」

の両立になると思っています。

また、ZCの事だけを考えてセッティングしたパッドだと言うこともカギになると思います。





スーパーコントロールの特徴は

その名の通り「コントロール性能」のクオリティーです。


今までに当社デモカーの同乗走行された方の感想で最も多かったのは

「フルブレーキでも車体が安定していますね!」でしたが、

これは前後のブレーキバランスによるもので

フロントが効き過ぎてもノーズダイブが大げさになり、コーナー進入の安定感が低下します。


スーパーコントロールはブレーキを踏んでも車体が平らな状態を維持します。

車体が安定しますのでコーナリングに集中できます。

進入時の安定感もコーナリングスピードのアップに繋がるはずです。


ブレーキタッチはあくまでも「ナチュラル」なものに拘りました。

先日の取材ではインプレしていただいた大井選手から

「このブレーキが欲しい!」と、大絶賛いただきました。


当社のデモカーを運転したプロドライバーさんの多くから

「カートに乗っているみたい!」と言われた要素の中には、

サスペンションは当然として確実にブレーキングのコントロール性能が含まれていたはずです。

コンパクトスポーツがカートのような挙動で走行できるということは

ストレートスピード以上にコーナリングスピードが持つ重要性は計り知れないものだと言うことなのでしょう。



※製造/ENDLESS トライフォースオリジナルブレンド



Posted at 2009/06/23 20:59:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2009年06月19日 イイね!
フライホイール造るのは楽しいんです(^^)


写真は当社のZC31用フライホイールです。







フライホイールを開発する時は
まずはじめに「目標重量」を設定します。

軽量化しすぎると街乗りでの発進性能が著しく低下してしまうし…
重すぎでは意味がないし…

街乗りの坂道発進でエンストしたりすると恥ずかしいし…クラッチ焼けるし…

重量のさじ加減は微妙です(**)

こればっかりは創って乗らなきゃ解りません!

で!
たくさん試作しました(^^)

フライホイールの試作って半年以上かかるんです(**)


重量を軽くするには肉厚を落とすわけですが
一部だけ肉厚を落とすと、その部分だけ強度が低下します。

質量とノーマル形状を元に全体の重量バランスを考え、
あくまでも平均的な肉厚に軽量化出来るよう設計していきます。

材質も重要です。
強度的にSCM440Hという高強度の材質を使います。


次に試作の切削加工です。

これもただ削れば良いという物ではなく、切削による部分的な材質の変化をなくすため
切削行程ごとに「調質」を行います。

調質を行わないで切削加工したフライホイールはバランス取りが必要となります。
軽量化のために肉薄になる上に、さらにバランス加工をすることになるので強度は大きく低下します。


昔(20年位前)、FSWのオフロードコースで4WDのスプリントレースがありました。。。
私も出場したことがありますが結構過酷!
で!

決勝スタートのクラッチミートでパジェロの純正加工フライホイールがバラバラになってベルハウジングを突き破って飛び散ったのを見たことがあります…。

…とても危険です!(**)!

こんな経験もあってフライホイールはバランス取りの必要がなく、強度を落としすぎないというのが私の中での絶対条件でした。
当社のフライホイールは全体的に滑らかな形状です。
強度もあります(^^)v


それから、リングギヤも一体成型されています。
リングギヤとして十分な強度がある材料なのでフライホイール本体に使用する材料としてはオーバースペックともいえます。



まずはこの形状を切削加工のみで成形する技術に感動します(*^^*)

ノーマル比50%以下の物や中心に近い部分だけを軽量化した物、
外径に近い部分だけを軽量化した物等々。
試作と走行テストによって最終決定した重量は6150gです。

さらに軽い物も造りましたがウチの女性社員はエンストしてました(^^)

街乗り~サーキットまでアクセルレスポンスに貢献するための
フライホイールが「ジャストウェイトフライホイール」です。


ZC31は純正クラッチもイマイチなので

クラッチ交換のついでに交換するのもアリかな(??)

15%の軽量化は、ハイパミでもコーナリング中のアクセルオン・オフのレスポンスに見えないところでしっかり貢献していたはずです(^^)/~~~

Posted at 2009/06/19 14:02:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2009年06月16日 イイね!
ZC-PRO フロントロアブラケット 進化の過程
ZC-PROのロアブラケットです。


写真右 → 開発途中で制作した試作品。

写真左 → 量産用の進化型。

全く違う形になっています。






試作品はブラケット本体のパイプ部分が長いのが解ります。

量産品は短くなっています。



短くなった理由

①下側が短くなることによって減衰力の調整がしやすくなり、

サーキット等での減衰力調整の作業速度がアップする。

②全長が短くなることで大幅な軽量化が図れる。



これらの機能を実現するためナックルマウント部は全溶接仕様からプレス仕様に変更しました。

特に角度付きブラケットは支点に加わる加重負担も増大するため、

プレス仕様にすることでマウント自体の強度も大幅に向上させています。

また、全溶接仕様では強度の割に補強箇所も多くなるので重量増となります。


ブレーキホースマウントも角度補正を行い、適正な位置に設定しました。

ここでようやく下側をオフセットさせるための開発が終了。



上側はスタビリンクブラケットをオフセットさせる形状にして全長を短くし、軽量化しました。

特にスタビリンクブラケットはキャンバー角を最大値に設定した際のクリアランスを確保するために1/2mm単位で調整。

スタビリンクブラケットには補強を追加して強度も出しています。



これらの精度を維持するため、非常に精度の高い組立治具を製作することとなりました。


仕上げについては、特にネジ部の錆びを防止するためにメッキ処理し、

レッド塗装を上塗りしています。





…以上が、フロントロアブラケットの進化でした(^^)/~~~

う~ん…完璧(^^)V
Posted at 2009/06/16 18:55:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2009年06月15日 イイね!
タイヤラウンジさんに行ってきました(^^)
昨日タイヤラウンジさんに行ってきました(^^)

長野を出発する時は屋根に穴が空くんじゃないかと思う位の大雨でしたが

秩父に到着する頃には雨は止んでいました。





今回はZC-PROをお届けに伺ったわけですが

タイヤラウンジさんのお話では

ZC-PROを試乗されたお客さんだけでも18名いらっしゃったみたいです!


ハチスポ号用にZC-PROをお届けしてから2週間も経っていないのに

18名って凄くないですか(??)

しかも!

遠くは仙台からお見えになったそうです(^^)/~~~


試乗した皆さんの多くは現在車高調を装着されている方だそうで

「そろそろ車高調換えようか」と思っているのかな?

…と思いました(^^)



皆さん一度試運転に行った後に

減衰調整して、もう一度試運転に行くそうです。


「リヤ16K?」

というのが正直な感想みたいです(^^)



それにしても

タイヤラウンジさんのデモカーはどんどん速くなりそうですね!


置いてかないでぇー(**)/~~~

Posted at 2009/06/15 19:35:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2009年06月11日 イイね!
デモカーのデザイン突然ですが…

知ってる人は知ってます。

説明すると…「あ!ホントだ!」

驚く人もいます(^^)


デモカーのデザインは「長野県」の形です。






右から見ると逆ですが、左から見ると長野県です。

ルーフの上にも長野県があります。

後ろにもあります(^^)




長野県内の親しくしているメーカーさんやショップさんの場所も

「大体この辺り」

という場所に表示しています。



東京オートサロンの時…

二階から会場のデモカーを見た知り合いから

「何で牛なの??」

と聞かれたことがあります(**)



牛じゃありません!!!

チーム長野です(^^)/~~~


Posted at 2009/06/11 21:57:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「アルトワークス http://cvw.jp/b/518607/39627899/
何シテル?   04/17 20:16
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...
ユーザー内検索
<< 2009/6 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
お友達
お友達大募集です。お気軽に誘ってください。
545 人のお友達がいます
トップフューエルトップフューエル *みんカラ公認 cockpitcockpit *みんカラ公認
ホットロードホットロード *みんカラ公認 サビ抜き鉄火サビ抜き鉄火 *
つかぽんRSつかぽんRS * ☆兄貴☆☆兄貴☆ *
ファン
652 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.