• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

Tryforce companyのブログ一覧

2010年04月30日 イイね!

ん?見たことあるスイスポが…(^^)

ん?見たことあるスイスポが…(^^)午前中…

ヴィッツのターボ仕様のエンジンについて

ユーザーさんとお話ししていたところ…

2台のスイフトに乗って…突然の来客です…。

遠く浜松から…

チーム浜松の皆さんが4人で遊びに来てくれました(^^)

↑一番先に目がいったステッカーです(^^)

で!

さすがはスズキのお膝元です。。。

…会話の内容が濃いですね(^^)

皆さんそれぞれに色んな方法でスイフトチューニングを楽しんでるみたいです(^^)

アールズ社長の常連さんですが…

今日は当社の人気アイテム

3D-TWIST CONTROLLERの取り付けをしました。

「スタビリティの調整は?」と聞くと…

「最大で…(^^)」

サーキット走行も視野に入れるとやはり最も効果が大きい仕様になるということですね(^^)


また、

…既にZC-PROと3D-TWIST CONTROLLERを装着されているSCユーザーさんには

当社のデモカーを試乗してもらいました。

同じサスペンションシステムでも

車の仕様が異なるので乗り味は変わるみたいです(^^)

特にブレーキと5°のフロントキャンバーの感覚はとても気に入っていただけたみたいです(^^)

「限界がわからない…」「FFでゲームをやってるみたいな感じ…」等々。

とても解りやすい感想でした(^^)
    
それにしても…

遠いところをお越しいただいた上におみやげまでいただいて…

本当にありがとうございました。

「カレーラムネ」はなんでカレーの味がするんでしょうか?

未だに解りません(**)

…「ウコンサイダー」は明日の楽しみに取っておこうと思います(^^)v


3D-TWIST CONTROLLERの装着で更にタイムアップされることを願っています(^^)

これからも「走りを追求したユーザー目線での開発」で頑張りますので

応援宜しくお願いします(^^)

また遊びに来てください(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2010/04/30 20:53:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2010年04月28日 イイね!

タイムアタックする車高調に必要なモノ(^^)

以前にも少し取り上げましたが…

車高調を製作する上で

最も重量差が出るのはブラケットです。

サーキットでのタイムアタックにおいて車両重量を軽くすることは大きな武器になります。

チューニングパーツはその効果が大きい反面

車重を重くしてしまう可能性があることはご存じの通りです…。

だからこそ、パーツを造る際には「出来るだけ軽く…」

ということもチューニング技術の一つであり

コンマ1秒を削るために日々努力しているユーザーの車両に付けられるパーツとして

絶対に無視できない項目の一つであることは間違いありません。


 ↓以前使用していたリヤロアブラケット            ↓ZC-PRO用リヤロアブラケット

         


上の写真左は鉄製。右(ZC-PRO)はアルミ削り出し品。

左の鉄製はブッシュが入っていないので…

ブッシュ+カラーは140gだから…

725g+140g=865g です。

ZC-PRO用は447gなので…

865g-447g=418g

418g(片側)×2(両側)=836g

…リヤはこれだけ軽くなっています(^^)



次はフロントです。

 ↓以前使用していたフロントロアブラケット               ↓ZC-PRO用フロントロアブラケット
             

写真左は以前使用していたモノで、メインのパイプ部分がブラケットの下まであります。

写真左のロングブラケットは1638g。右はZC-PRO用のショートブラケットは1452g。

1638g-1452g=186g

186g×2=372g …です。

右側のZC-PRO用はパイプ部をショート化することで軽量化しました(^^)

ブラケットをショート化するメリットはもう一つあります。

フロントショックは倒立式になるため減衰調整つまみは下側になり

ロングブラケットのままでは指先がつまみにギリギリ届くかどうかの位置になるため

サーキットでの頻繁に行われる減衰調整が非常にやりにくく、

そうでなくても短く感じる貴重な走行時間の中では

とても無駄な時間がかかってしまいます(**)

ZC-PRO用はショートブラケットにしてあるので減衰力調整つまみがとても回しやすく

素早く確実な対応が可能になっています(^^)


…レースシーンでのフィードバック商品というのは

どれだけ妥協点を削り落とせるかがクオリティーになりますので

このような細かな部分も製品に反映するべきだと思っています(^^)



で!肝心の…

以前使用していたモノとZC-PRO用のフロントとリヤの合計ブラケット重量差は…

ナント…1208g (^^)v


ここ…とっても大事なトコロだと思ってます(^^)/~~~

関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2010/04/28 22:28:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2010年04月27日 イイね!

デモカーのバルタイ調整(^^)

デモカーのバルタイ調整(^^)ZC31デモカーは…

ハイパミ用のハイギヤード化に伴って

アールズ社長のハイカムを使って…

中回転域モリモリ仕様にするため

バルタイのオーバーラップを多めにセッティングしてあります。

で…!

アイドリングは…少しバラツキぎみです(**)




夕方、ヤナピーが「バルタイいじってイーッスか?(^^)」

と、ニヤニヤしながらカムカバーを外し始めました。。。

今回の目的は…

アイドリングを安定させることと

中回転域のトルク重視セッティングからピークパワー重視のセッティングに変更します(^^)


ここのところ、バルブクリアランスを測定することが多くなってきたし…

コンプリートエンジンを組む際に正確かつ迅速に作業が出来るようにするため

M16A専用の…

「ダイヤルゲージをピストンに垂直にあてられる専用治具」を製作しました(^^)


まずはプラグホールの寸法を測定。
(M16Aのプラグホールはテーパーになっています。)

図面が出来たら旋盤でピッタリサイズに削り出します(^^)
(楽しすぎます。。。)

で!

バルタイセッティングが完了。。。

エンジンがかかりました(^^)

…アイドリングは安定してます(^^)



最近は…

ZC31デモカーでの街乗りが少なくなっているので

ゴールデンウィーク中に…

たまには峠にでも出かけてみようかと…

…企んでいます(^^)


連休中にどこかですれ違ったら気軽にパッシングしてくださいね(^^)



では…

試運転に行ってきます(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2010/04/27 20:17:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2010年04月26日 イイね!

ZC31ノーマルピストン…(^^)

ZC31ノーマルピストン…(^^)
←M16Aの純正ピストンです。

特に特殊な使い方をしたワケではありません…。

走行距離は1万kmちょっとです。。。

ピストンヘッドへのカーボンの付着が多いと思いませんか?


シリンダーヘッドやブロックなどを見る限りでは

1万kmのエンジンというのもうなずけます。

が!

ピストンヘッドだけこんな状態です(**)


これは、このエンジンに限ったものではなく…

ほとんどのM16Aに見られる症状です。

かといって…ピストンヘッドを清掃するためだけに

エンジンオーバーホールするというのも…困っちゃいます(**)


このピストンヘッドの話は

ヤナピーがやっている「プロの整備手帳」でも書いてあります(^^)



若干遅れ気味になっていますが…

コンプリートエンジンの開発が進んでいます。

で!

コンプリートエンジンの種類がメチャメチャ多くなる予定で…

当社のデモカーだけではとても台数的に追いつかない感じです(**)


そこで!

コンプリートエンジンのラインナップ予定ができ次第

「モニター募集」をしようと思います(^^)

モニター価格はこれから決定しますが…「マジ?…ありえない…。」…というレベルになる予定です(^^)

もちろん、セッティングデータ入りのコンピュータ付きです(^^)


そろそろ…トラストさんのハイカム仕様も

データ撮りのためのコンプリートエンジンが出来上がるメドが立ってきてますね(^^)


コンプリートエンジンのモニター募集は

近日中にこのブログで発表になりますが

おそらく早い者勝ち的な状態になると思いますので…

興味のある方は…

ブログチェックをしてお待ち下さい(^^)/~~~


関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2010/04/26 14:56:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2010年04月24日 イイね!

GEフィットの補強パーツ 完成(^^)

GEフィットの補強パーツ 完成(^^)先日の…

補強パーツが完成しました(^^)




以前、当社でHKS Sコンパクトのセッティングをしたユーザーさんで

現在はF10K・R16Kに設定してあり、サーキットでもタイムアップしてきました(^^)

先週から街乗りでの乗り心地改善の相談を受けていたので

バネレートを下げでコーナリングを犠牲にするのではなく

ボディ側を強化することでサスペンションの動きを良くして

乗り心地との改善を図ろうということになりました。


先日のブログにも書きましたが…

16Kのリヤバネを8K(前ブログは10Kと勘違いしてました。スイマセン…(^^;)にレートダウンしたとしても

純正の乗り心地が3Kのバネによって発生しているとすれば

ノーマル比5Kもバネレートが上がるワケですから…

乗り心地の全てが良くなるワケではなく

何となく中途半端なセッティングになってしまう気がしていました。


…当社のスイフトチューニングも同じです。。。

乗り心地はボディを補強してサスペンションの動きを良くすることで改善するのが最も効果的です。

また、足の動きが良くなることで更に高レートのバネを使うことも可能になります。

要するに…

バネレートを上げればコーナリングが良くなってくるのは解っていても

ボディが動いてしまうので「レートを上げられない」というのが現実ではないでしょうか?


効果的なボディ補強はサスペンションの動き全てを良い方向にしてくれます(^^)


…というワケで

GEフィットの補強パーツを開発しました。

↑上の写真は GEフィット最大の弱点になっているBピラー下部~Cピラー下部までの強化パーツです。

Bピラー下部とCピラー下部を左右でつなぎ

その両方を前後で結ぶことでリヤ廻り全体を効果的に補強します。

あ!そうそう!

GEの後部席の足下になるフロアは鉄板ではなく

ナント…樹脂で出来ているのをご存じでしたか?

…コレでは剛性どころではありません。。。

手で押すと「プニプニ」してます…(**)

錆には強いですが…曲がらないワケですね(++)


次はコレ…↓ 

以前…コルト バージョンRの補強を造ろうと思った時

木下みつひろ選手に「この車…ブレーキングの時に車体の真ん中で折れる感じがする…。」

と言われたことがあります。

「おっ…折れる?」

と思いましたが…説明を聞きながら実際に乗ってみると

…やはりバネレートを上げられない車はボディの強度の低さが体感できるものです。

こんな教訓から…

フロアの縦剛性を上げるためのサイドシル強化バーを製作しました。


最後に…↓

最もストレスがかかる場所…

フロントAピラー下部の補強です。

ボディのメンバーマウントを左右でつなぐことで横方向のたわみを制御します(^^)

…ただつなぐだけでは強度不足を感じたため

メンバーのセンターにマウントを設け、トライアングル構造にすることで

メンバーを含めた縦横のたわみを同時に制御しました。

純正触媒も装着確認しましたが…シッカリクリアランスが出ています(^^)


…こんな感じでGEフィットの補強が完成。

オーナーによる試乗インプレは…

「乗り心地良くなりましたね…(^^)」

…元々はリヤバネレートを下げる予定だったオーナーが

バネ交換によってコーナリングを犠牲にすることなく、

ボディ補強によって乗り心地のを向上を体感した瞬間です(^^)v

しかも!

今回のボディ補強でもう一つの可能性が出てきます。。。

…同じバネレートで乗り心地が良くなってきたということは…

更に高いレートのスプリングを使えるようになったということです(^^)

「このくらいが限界かな…?」と思っていたサスペンションが

ボディ補強によってサーキット走行でのタイムアップの可能性が大幅に広がった

ということです(^^)


補強パーツを造ってみて…フィットはまだまだ楽しくなる車だということを再認識しました(^^)

オーナーさんには是非タイムアップを狙って欲しいと思います。

頑張ってください(^^)/~~~



…この補強パーツは

量産の開発が終わり次第、発売を開始します。

多分…5月中?

お楽しみに(^^)

関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2010/04/24 20:14:12 | コメント(3) | トラックバック(1) | 開発 | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「大事な話を忘れていました http://cvw.jp/b/518607/40006987/
何シテル?   06/28 18:03
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

お友達大募集です。お気軽に誘ってください。
559 人のお友達がいます
みずもりさんみずもりさん * おかじ54おかじ54 *
yammy505yammy505 * 銀姉様銀姉様 *
エ ボエ ボ * cockpitcockpit *みんカラ公認

ファン

664 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.