• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

Tryforce companyのブログ一覧

2013年03月31日 イイね!

本庄~筑波…(^^)

本庄~筑波…(^^)昨日はZC31デモカーのテスト走行で

本庄サーキットと筑波サーキットへ行ってきました(^^)







本庄サーキットでは朝一番の9時からのフリー走行(^^)

内容は、ヤナピーが組んだエンジンのシェイクダウンで

私が乗りました<(_ _)>


路面はレコードラインの所々に水たまりがあるし…

アタックイベント前なのでちょっとビビりながらでしたが

エンジンの感触を確かめながら走りました(**)/


コースイン直後はエンジンレスポンスが大幅に上がったのもあると思いますが

1コーナーと最終コーナーの立ち上がりのアンダーがひどかったので

ピットインしてヤナピーにリヤダンパーを少しだけ調整してもらいました(^^)

で、再スタート!

普通でいったらオーバーセッティングでしたが路面状況に合わせるとコレしかなくて…

ですが、しっかりプッシュアンダーは消えて

全コーナーの立ち上がりも早めに踏めるようになりました(^^)

ホントは今回のようにリヤの限界を落とすやり方ではなくて

スタビでセッティングした方が結果的には良いと思います(^^)


本庄を走った感想として

5000rpm~7500rpm付近までのエンジンレスポンスは

今までと比較しても全く…別モノです<(_ _)>

グラフ上でもパワーもトルクも全域で今までの数値を上回っているので

「いいエンジン組んだなぁ」と、いうのがホンネです(^^)



パワーやトルクが大幅に増した分、タイム的に欲が出ます…(**)

今までと比べても、例えば各コーナーの立ち上がりレスポンスは確かに向上してるので

タイムに必要な回転域をしっかり保てるテクニックがあればなぁ…

と、思うワケです(**)/


私が乗るとエンジンが立ち上がらないのではなく、

エンジン的にもっと鋭く立ち上がれるのにテクニック的に立ち上がれないワケなので

プロドライバーが乗れば全く別の結果になることも考えられるし

皆さんが乗ったら「コレ…凄くイイ!」と、いうコトになるかもしれないので

まずは井口プロに乗ってもらうのがコトが必要ですね(^^)


TC2000は別として、本庄サーキットでは

私のように自分のラインやブレーキングなどに全く確信的なモノを持てない

プロドライバーとは比較対象にもならないレベルのドライバーでは

ZC31デモカーの能力をキッチリ使い切るためには

少し慣れなければタイムに直結しないと思って

…反省したワケです<(_ _)>


…。

走行後にはヤナピーからも

「シャチョー、乗れてないっスね!」と、いわれる始末…<(_ _)>

自分でもラインが全く繋がってなかったと思うので

今度は条件の良いトキに

少し時間を掛けてタイムアタックしてみたいと思います(**)/~





本庄サーキットを出て次に走行予定のTC2000へ…。


今回筑波へ行ったホントの理由は

ハイパミでデモカーに乗ってもらうコトになったしげっちさんに

デモカーの感覚を掴んでもらうためでした(^^)


ファミリー走行枠 20分×2枠の走行でした(^^)

私はしげっちさんのコトを「3セクのしげっち」と読んでましたが…

本庄の3セクが異常に速いので、よく参考にさせてもらったモンです<(_ _)>


周回数が増える度にラップタイムも良くなってきて

デモカーにもだいぶ慣れてもらえたのではないかと思います(^^)

最後の方でチョットしたトラブルもありましたが攻める方向で出た結果なので…

攻めたくなるというコトはナニかを掴んできた証拠だと思います(^^)

楽しむコトが大事だと思うので

ハイパミ当日も攻める楽しさを存分に味わってほしいと思いました(^^)/





ソレにしても…いいエンジンです(^^)

軽さも十分に感じるコトが出来ます(^^)


前日からスーパーバトル、ハイパミまで

ZC31デモカーは3種類のタイヤでアタックするコトになりますが

井口プロの限界走行がホントに楽しみになってきました(^^)

ZC32チェッカースイスポに乗る菊地プロのアタックも見逃せません(^^)/


今週はいよいよアタックウィークに突入です!

なので

皆さんと一緒に

バッチリ楽しみたいと思います(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/31 18:59:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2013年03月29日 イイね!

明日は本庄・筑波のハシゴです(**)

明日は朝イチで本庄サーキットへ行って

ZC31デモカーのエンジンシェイクダウンをしてから

午後はTC2000でハイパーミーティングのテストをします(**)/~


ココのトコロ…

サーキットをハシゴすることが多くなってきた気がしますが



ま…いっか!


と、

ノリで移動してみたいと思います<(_ _)>



以上、明日の予定でした(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/29 22:11:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2013年03月28日 イイね!

軽いモノ・マイブーム(^^)

軽いモノ・マイブーム(^^)…ZC31の軽量化が進んでいます<(_ _)>

元々ZC31デモカーには

VARLEY REDTOPのレーシングバッテリー25が

装着されていました(^^)


コレはコレで、装着してから約3年間ノーメンテで始動性も良く

実に信頼できるバッテリーだったと思っています(^^)



今回は軽量化を最大の目的としたため

SUPER B 10 を使用するコトにしました。


ちなみにカタログ値では

VARLEY REDTOPのレーシングバッテリー25 → 7.2kg
SUPER B 10 → 1.75kg

5.45kg軽量化の予定です(^^)




本日届いたSUPER B 10 の重量を測定してみました(^^)


↑ 1.703kg。


カタログに偽りはございません…<(_ _)>

オルタネーター付き車の場合で2000ccまで対応するというコトなので

テンロクのデモカーなら問題ないはずですが

まずは装着後して必用な項目に問題がないかどうかを確認して

問題なければそのままスーパーバトルで使用します(^^)


真剣に軽量化している私にとって

バッテリーが1.7kgというのはとっても魅力的ですね(^^)





それから…

今日はZC32用の競技用フルチタンセンターパイプ&フルチタンマフラーの

レイアウトが完成しました(^^)


モデルはステンレスで構成していますが

このレイアウトでフルチタンになれば

大幅な軽量化が実現します(^^)/

しかも

φ60mmのセンターパイプはノーマル触媒ではパワーもトルクも上がりませんが

チェッカースイスポはスポーツキャタライザーに変更してあるので

以前の計測ではパワー7.3ps、トルク1.3kg/mの向上を確認しています(^^)

さらに

テールも最短の右出しで、現状の出力を維持しつつ

軽量化目的としては申し分ないレイアウトになっているので

早く重量計測してみたいですね(^^)


ちなみに排気音の大きさは

一切考慮していません<(_ _)>


来週には量産試作が完成して

チェッカースイスポに装着する予定なので

ホント楽しみです(^^)




…こうして

ZC31もZC32もそれぞれ軽量化されていくワケです(^^)


競技用フルチタンセンターパイプと競技用フルチタンマフラーは

スーパーバトルで使用して問題がなければ即リリースしますので

ZC32でタイムアタックを目的とされるユーザーさんは是非注目してみて下さい(^^)







というワケで

軽量化マイブームのトラ森でした(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/28 19:19:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | デモカー | クルマ
2013年03月27日 イイね!

井口卓人プロからの…菊地靖プロ(^^)

井口卓人プロからの…菊地靖プロ(^^)ZC31デモカーは現在

…セッティングの大詰めです<(_ _)>


「挑戦的なハイカム」を

専用の治具を使ってセットしたワケですが

昨日までに

想像をはるかに上回るパワー&トルクが出ました(^^)


データ上でバルタイを振ってのセッティングでしたが

今日はハード的にバルタイを振ってみてデータを合わせたらどうなるかを

実際にパワーチェックで検証しながらやってみようというワケです(^^)


こうしてデータ取りをして「挑戦的なハイカム」本来の性能を

最大限に引き出せる状態を探って

最終的にはノーマルエンジンに組みこんで

最良のデータと一緒に発売するコトを目的にしてます(^^)






一昨日に出したパワー&トルクがタイムに直結するほどハイレベルだったので

チョット嬉しくなって井口卓人プロに電話して

「イグッちゃ~ん♪パワー出ちゃったよ~♪」と、報告してみました(^^)


「マジっすかぁ!楽しみですね!ボクも社長のブログ見たらダイエットするように書いてあったんで減量始めましたぁ♪」


…。

伝わるモンです…<(_ _)>


エンジンパワーが上がって

マシンも軽量化して

ドライバーまで減量して…

…。

ウチのZC31デモカーは

…幸せモンです<(_ _)>



今できることをみんなで努力して

きっとタイムの神様は味方してくれるコトでしょう!



もし天候が悪かったり、タイムが出なかったりしたら…

ダレかの行いが悪かったというコトになります<(_ _)>
…たぶんワタシです<(_ _)>




それから…

ZC32デモカーですが

先日行ったテストでセンターパイプ径を変更してもパワーが変わらないという結果をご報告しました。



トライフォースとして検討した結果、

「パワーが変わらないという事はセンターパイプ交換の出力向上的なメリットはない。
単にステンレス製に交換して中途半端に重量を増せばデメリットも増すので開発の必要性はない。
対ノーマル触媒を考慮したZC32用センターパイプの開発メリットは「軽い」ことだけがメリットと考えられる。
ZC32では触媒ストレート等の競技用排気チューニングを進めた際にはじめてφ60mmの性能が発揮される。
競技用排気チューンではセンターパイプ径φ60mmが最大にメリットがある。」

という結論に達しました。

なので

トライフォースカンパニーのZC32用センターパイプ最終試作は

「1mm厚チタン製φ60mm・サーキット限定仕様」に決定しました(^^)


…ストリートは考慮しません…<(_ _)>

…。

だって…

触媒変えなきゃセンターパイプだけ太いのに換えても

パワーもトルクも変わんないんだモン(**)/


という方向性に決めました<(_ _)>


ちなみに競技用フルチタンマフラーも製作に入りました。

なので

すでに型取りに入っています(^^)


スーパーバトルでZC32のセンターパイプとマフラーは

φ60mmのフルチタン仕様で軽量化します<(_ _)>

…努力です<(_ _)>



あ!

イグッちゃんは減量始めたというコトは…?

ひょっとしたら…

菊地靖プロも♪

なので

「ヤっさぁ~ん♪…お・ね・が・い♡」

と、つぶやいてみます<(_ _)>




みんなで頑張ってみんなでタイムアップを目指す!



みんなでウマい酒をのみに行こう!!! 


…私の経験では

ダイエット後に遠慮なくのむお酒は最高です<(_ _)>



…頑張りましょう(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/27 19:01:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | スイフト | クルマ
2013年03月27日 イイね!

レブスピード5月号(^^)

レブスピード5月号(^^)ただいま発売中のレブスピード5月号で

先月末に行ったスパ西アタックの模様と

3/2の曲げてナンボの走行会の模様が

掲載されています(^^)


↓ スパ西アタックの模様(^^)


↓ 曲げてナンボの走行会(^^)


あまり大きな画像は載せられないので

詳しくはレブスピードをご覧ください(^^)






スパ西アタックといえば…

記事で紹介されている頃の31デモカーは

「挑戦的なハイカム」のセットアップも実際には本調子とは言えない状態でした。



昨日開始したセッティングで

一気にパワー&トルクが出ました(^^)v

従来の最高出力を遥かに上回ってます(^^)/

ヤナピーが頑張ってきた甲斐がありましたね(^^)


今日もセッティングは続いていますが

本番に向けて最高の状態を造っていきたいと思います(^^)






そんなワケで

着々と進化するZC31デモカーでした(^^)



あ!

スプリングスーパーバトルとハイパーミーティングが終わって

ひょっとしたら

スパ西へリベンジにいくかもしれません。。。

実現するようならお知らせします(^^)/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/03/27 12:02:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 取材 | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「チョロQ感 http://cvw.jp/b/518607/40002972/
何シテル?   06/27 18:28
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

664 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.