• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

Tryforce companyのブログ一覧

2013年05月31日 イイね!

ZC32用リヤハイテンションタワーバー 発売開始(^^)

ZC32用リヤハイテンションタワーバー 発売開始(^^)昨日のレーシングフルチタンマフラーセット

一昨日のフロントテンションバーに続き…

今日はZC32のリヤ用ハイテンションタワーバーの

発売開始です(^^)


開発ブログはこちら(^^)




開発ブログと重複しますが

まずはタワーバーがマウントされるブラケットの説明になります(^^)

↓ 左2つがノーマルで右2つが付属品です。


リヤシートブラケットはフロントより丈夫に見えます(**)

そのブラケットはリヤボディに5本のボルトでマウントされます(^^)

なので

ピンポイント的な補強とは違い比較的広範囲に補強の影響が出るため

リヤボディ全体に剛性アップによる効果が得やすい場所です(^^)

ノーマルブラケットもとっても丈夫に出来ているし

ボディ側もブラケット側も補強パーツの装着するならココしかないでしょ!

という、絶好の場所ですね(^^)/



他にも色んなマウントを検討しましたが

剛性に好影響を与えそうでボルトオン可能な場所がココ以外に考えられなかったので

ノーマルブラケットにマウントを溶接加工しなければなりませんが

ココに決めました<(_ _)>


で…ご覧の通り

ノーマルのリヤシートブラケットに専用のマウントプレートを溶接して

純正のサスペンション等にも使用される電着塗装仕上げしました(^^)



ブラケットを装着する際には樹脂製インナーパーツを加工します。

↓ 元々こんな穴があいているのを…


↓ 同じ幅で、後ろ側に、こんなカンジに広げます(^^)

ワリと短時間で出来ました(^^)v





装着したブラケットをソコの広げた穴に通すようにして…

↓ こんなカンジ(^^)v




次にタワーバー本体ですが

コチラももちろん新作の補強材を使用した

超高剛性アルミ製タワーバーです(^^)


フロントのハイテンションタワーバー同様

レッド塗装にしました(^^)/


先ほど広げたインナーパーツの穴も

タワーバー本体を装着すればほとんど目立たなくなります(^^)


開発ブログにも書きましたが

タワーバー本体を装着した際にはリヤシートのリクライニング機構が使えなくなりますが

私的にはリヤシートのリクライニング機構が付いてるコトさえも

開発のトキまで知らなかったぐらいなので

リヤのリクライニング機構を使う頻度以上に

ハッチバック車用リヤタワーバーとしての効果を優先しましたので

…ご了承ください<(_ _)>



↓ 下からボルトで固定するのでタワーバー本体の脱着は比較的簡単です(^^)

もしリヤシートに乗った人にどうしてもリクライニングさせたいと言われたトキは

ボルト2本を外してタワーバー本体だけを取り外せばリクライニングも可能になります(^^)


↓ 装着後(^^)


↓ 内装を全部付けた状態(^^)



リヤボディの広範囲に剛性アップの効果が得られる

拘りのリヤタワーバーの完成です(^^)


定価は\26,250(税込)です(^^)




装着後に不要になるノーマルブラケットは

ゴミを増やしてもイケないし…

下取りさせていただきます<(_ _)>

本体価格\25,000から下取り価格を\1,500とさせていただき

その場合は\23,500+消費税で\24,675が定価になります(^^)/





というワケで…


リヤ回りへのハイレベルな補強を考えているZC32ユーザーさん…。

3日連続になってしまいますが…寝ないで考えて下さい<(_ _)>




ZC32リヤハイテンションタワーバー

発売開始のお知らせでした(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/05/31 17:01:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年05月30日 イイね!

ZC32フルチタンマフラーセット 発売開始(^^)

ZC32フルチタンマフラーセット 発売開始(^^)今日はナント…

セット交換で12kgの軽量化を実現する

ZC32用フルチタンマフラーが完成しました(^^)








センターパイプの開発はインテークキット同様…

ホント苦労しました(**)/



まずは開発プロセスをご覧ください<(_ _)>
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   ②    ④ 



↑ 開発ブログをご覧いただいた皆さんはにはご理解いただけたと思いますが

ノーマルのZC32はセンターパイプを交換してパイプ径を変えても

全くパワーアップしません<(_ _)>

ノーマルがφ50mmに対してφ60mmにしてもパワーは変わりません(**)

コレばっかりは数値で確認しちゃったので

チューナによってどうとか製品がどうとかいう問題ではなく

変わらないモンは変わりません(^^)



チェッカースイスポのように

ハイカムを組んだり触媒の排気効率を上げたりしすると

ソコではじめてセンターパイプ径を大きくした効果が表れます。

その場合、φ56mmよりφ60mmの方が圧倒的にパワーが上がるコトも

パワーチェックで確認済みです(^^)



というワケで

この様に開発段階で多くのデータを得た結果

トライフォースカンパニーでは

ZC32のセンターパイプやマフラーに求めなければいけないのは

軽量化

チューニングが進んだ時の効率


この2つの項目を満たすモノが

ZC32用のセンターパイプ&マフラーとして

最良の結果が得られるという判断をしました(^^)




今日はその最良の結果が得られるフルチタンセンターパイプと

同じくフルチタンマフラーが完成しました(^^)


↓ フルチタンセンターパイプ(φ60mm)(^^)/



↓ フルチタンマフラー(メインφ60mm・テールφ100mm)(^^)v

右側の1本出しにした理由は簡単…

ノーマルセンターパイプに装着した場合に

取り回し的に最も短くなるので「軽い」というコト(^^)


ノーマルバンパーでも装着できます(^^)v


↓ テールにはTryforceロゴが入ってます(^^)


チューニングが進んだ場合の性能的には

チェッカースイスポにも装着しているので

スーパーバトル等での結果をご覧いただければ

十分にご理解いただけると思います<(_ _)>



ノーマルに近い状態ではφ60mmでもパワーアップが望めないため

ノーマル車に装着されるコトは考えてませんので

加速騒音の新規制には適合させていません。

なので

競技用マフラーというコトになります<(_ _)>



ちなみに近接騒音を測定してみたトコロ…

アクセルONで一定時が98dB

アクセルOFF時が102dB

それなりの排気音になります(^^)



ノーマル触媒のプレミアムデモカーに装着したトキは

アイドリングはあまりうるさくなかったですね(**?



ナンバー付き車に装着されるコトはないとは思いますが

ナイとは思いますが

積載車に積んだZC32をアパートの駐車場でエンジンをかけたりしたトキにも

近所迷惑にならないように

インナーサイレンサーだけは付属にしました<(_ _)>




インナーサイレンサーを付けるとこんなカンジ(^^)

実際にはもう少し奥に装着されます(^^)


私、トラ森が完全に割り切ってφ60mmで軽さを追求したフルチタンマフラーセットです(^^)


実際に手で持ってみると

…ふざけた軽さです<(_ _)>



で、価格です(^^)

レーシングフルチタンマフラー 定価:\110,250(税込)

レーシングフルチタンセンターパイプ 定価:\162,750(税込)

レーシングフルチタンマフラーセット 定価:\252,000(税込)



本日より発売開始となりますので

ZC32で真剣にサーキットアタックを考えているユーザーさんは

昨夜のフロントテンションバーに引き続き、

2夜連続になりますが

…寝ないで考えて下さい<(_ _)>




ZC32用レーシングフルチタンマフラーセットの

発売開始のお知らせでした(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/05/30 19:13:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年05月29日 イイね!

ZC32フロントテンションバー 発売開始(^^)

ZC32フロントテンションバー 発売開始(^^)以前ご紹介したZC32用補強パーツ

「フロントテンションバー」が完成しました(^^)



フロントテンションバーは

サスペンションフレームのフロントアームマウントと

フロントロアクロスメンバーを繋ぐ

特に車体のタテ剛性に影響を与える補強パーツです(^^)


ZC31の頃からフロントテンションバーを販売してきましたが

セッティングドライバーの木下みつひろプロからも

ハンドリングとブレーキングに好影響が出るという高評価をいただき

多くのユーザーさんに支持されている補強パーツです(^^)




まずはコレまでの開発ブログをご覧ください<(_ _)>




↓ 開発時は普通のアルミパイプを使って…こんなカンジでした…。


↑ 後ろ側はフロントアーム前側のマウントボルトと共締めになるので

ココはアルミ材で製作するワケにはいきません(**)

絶対にスチール材を使いたいトコロです。

単純に全部スチールで造ってしまえばソレまでですが

重量も重くなるし…肉厚を下げれば弱くなるし…。


ちなみにZC31用のフロントテンションバーは片側約600gでしたが

形状は異なりますが今回製作したZC32用は材料から製作したため

…片側414g(^^)


溶接等の条件に個体差があったとしても450g表記で問題ナシだと思います(^^)



問題のアームマウントとの共締め部は6mm厚のスチール材を使用しているので

強度・剛性はもちろん、締めつける際のボルト長も問題ナシ(^^)v

防請メッキ仕様です(^^)


マウント部と補強材を接続するとこんなカンジ(^^)


↓ 反対側から見るとこんなカンジでボルトオンになります。



フロントのロアクロスメンバー側は

メインロッドと専用スペーサーの間にボディ側を挟み込んで

ボルト締めにて固定します(^^)

レッドアルマイトとメッキのマウントがイーカンジです<(_ _)>



↓ 反対側から…(^^)





量産試作をしていて「あぁ!?」っと、気付いたコトがあります(**)/~


補強パーツのマウント部には通常右側のような部品を製作してマウントしますが

新作の補強材をマウント部に使用すればもっと剛性が上がる気がしました(**)



要するに…

↓ 左の一般的なマウントでは下側と上側では掛る力が違ってきます。



右側の補強材をマウントに使えば全体に力が加わるので

マウントするボディ側に与える効果は大きくなる!

と、思いませんか…(^^)

細かいコトですが…

開発中にたまたま見つけた…発見です(**)v


…。

たまたまなので

残念ながら

…実力ではありません<(_ _)>



しかも…


製品は ↑ 右側の断面図を45°回転させて組み立てているので

力はもっと分散して補強効果も上がります(^^)



構造的に不可能な場所には一般的なマウントを使用するコトになりますが

今後も出来るだけ新作の補強材を使用したマウントにしていきたいと思います(^^)




そして

気になる価格ですが

ZC32用フロントテンションバーは左右セットで

定価:\23,100 (税込)に決定しました(^^)



取り付ける際には樹脂製のアンダーカバーの加工が必要となります。

樹脂パーツなので比較的簡単に加工可能ですが

ちなみにウチのデモカーは

チェッカースイスポもプレミアムデモカーもアンダーカバーは

全く遠慮なく

…外しちゃってます<(_ _)>





好評発売中のフロントアッパーサポートメンバー

今回発売開始のフロントテンションバーで

ZC32のフロント周りの剛性は大幅にアップします(^^)



オフィシャルHPには追って掲載しますが

本日から受付を開始しています(^^)


材料から拘った補強パーツで、

新作の補強材としては初の製品化となります(^^)


「フロント剛性がアップしたら…♪」

と、考えているZC32ユーザーさんにはオススメですので

今夜は是非…寝ないで考えてみて下さい<(_ _)>



フロントテンションバー発売開始のお知らせでした(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/05/29 19:57:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年05月25日 イイね!

YBMで皆さんに見てほしいモノ(^^)

YBMで皆さんに見てほしいモノ(^^)今日はスイフトのビッグイベント

YBMの前日というコトもあって

ショップにはたくさんのスイフトが集まりました(^^)









実は…

皆さんがショップでお話ししている間

「トラ森はナニやってんだろう…?」と、思った方もいるかもしれませんが

↓ こんなモン造っていました<(_ _)>


補強プレートがノーマルと比べてどれだけ最低地上高が稼げるかを

目で見て解るようにするために

専用のレイアウト台を

ゴソゴソと…造ってたワケです<(_ _)>





補強プレートの正式名称は

「ローハイトフロアメンバーステー」に決定しました(^^)/~

左右を繋ぐバーをセットにすると「ローハイトフロアメンバーキット」になります(^^)v


明日YBMにお越しの皆さんは是非ご覧ください(^^)




ローハイトフロアメンバーステーが完成するまでに

形状や効果的にも色んな試行錯誤がありました(**)/


大きく分けて3種類…。

左からノーマル・1次試作・2次試作・3次試作(**)


図面上での変更も入れたら何種類になるやら…(T^T)


↓ ノーマル。


↓ 1次試作


↓ 2次試作

コレでイケちゃうかなぁ…と、思いましたが

左右を繋ぐ補強バーの位置は↓プレートの中間よりも

ボディ側の方がより効果的です…。

なので…

↑ コレを

↓ こんなカタチに変更して、3次試作が完成しました(^^)


↓ TIG溶接(^^)


↓ 補強バーのマウント部は曲げ加工して強度を上げました(^^)


…。

今回も…妥協はしませんでした(T-T)/


強度も効果もロードクリアランスも

最高峰の仕上がりだと思います<(_ _)>


ヘ●タイの…ヘン●イによる…ヘンタ●のための補強プレートです<(_ _)>


YBMではしっかりレイアウトしますので

少なく見ても15mm、チャンと測れば17mmもの最低地上高の差はもちろん

強度や仕上がり等々…

よぉ~く見ていって下さい(^^)





ソレでは皆さん

明日、YBMの会場で…(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/05/25 21:00:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | パーツ | イベント・キャンペーン
2013年05月25日 イイね!

補強材のキャップを造ってみました(^^)

補強材のキャップを造ってみました(^^)明日は地元長野のクルマ山高原で

YMB(イエローブレッドミーティング)が開催されます(^^)

なので

前日から長野入りするユーザーさんが

続々とメカニカルショップに遊びに来てます<(_ _)>


明日はヤナピーと私トラ森の2名で

クルマ山高原に参上しますので

同乗走行も遠慮なく声かけて下さい(^^)/



トラねえはYBMが終了するくらいの時間に

メカニカルショップにいるそうなので

帰りにトラねえのトコロにも遊びに寄っていってください(^^)










YBMとは全く関係ありませんが

昨日はオリジナルの補強材にキャップを造りました(^^)




まずはトリプルチューブ(^^)

断面は ↓ こんなカタチです。




フライスで削り出したのをプレスで圧入して…

↓ こんなカンジになります(^^)




…丸いのも造ってみました<(_ _)>




続いて新作の補強材(^^)/


切断面がこーなってるから…


キャップを旋盤で削ってまたまた圧入して…

↓ こーしてみました(^^)


だいぶ雰囲気が変わりますね(^^)


せっかくなので量産して

新作の補強パーツにも使ってみたいと思います(^^)v




明日のYBMには補強パーツの完成品は持っていけないですが

剛性の高い補強材をみなさんにご覧いただきたいと思いますので

部材だけでも持っていきたいと思います(^^)




そんなワケで

明日は天気も良いみたいなので

みなさんよろしくお願いします(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/05/25 13:04:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 開発 | クルマ
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「到着 http://cvw.jp/b/518607/39998201/
何シテル?   06/26 16:55
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

ファン

663 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.