車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

テンロクMAX GT(SWIFT SPORT)    
   


ZC-PREMIUM SPORTS
            ・・・(SWIF/SWIFT SPORT)


>詳細はこちらから ZC31 / ZC32



ローハイトフロア補強キット(ZC32 SWIFT SPORT)

>詳細はこちらから



レーシングサクション(JIMNY JB23-4~10型)・NEW

>詳細はこちらから



ジムニーコンピューター
0.8仕様/1.0仕様/100(スポーツタービン80ps専用)
                 (JIMNY)・・・
NEW
>詳細はこちらから

      

スポーツタービン80ps仕様 (JIMNY)

>詳細はこちらから

         

2013年06月28日 イイね!
先日発表されたみんカラの

「パーツ オブ ザ イヤー 2013 上半期」に

私の確認が合っていれば

5アイテムのトライフォースチューニングパーツがランクインしました。






長いコト開発屋をやってきて

数え切れないほど、色んなモノを造ってきましたが

こんなに皆さんから評価されてたんだと思うと…

「やってきて良かった」と感じ嬉しく思う気持ちと、

コレからも皆さんのクルマを楽しくするための開発をしていこうという

”前向きな気持ち”が湧いてきます。


パーツというのは

ユーザーさんから高評価をされるためには

開発の段階で我々が数値を含めた性能を

どれだけシビアに評価するかで決まると思っています。



開発には失敗もあれば成功もあります。

しかし、

私はブログを書いているチューナーの一人としての”自分ルール”があり、

成功したトキの喜びをそのまま皆さんにお伝えするのはもちろんですが

ダメだったものを隠さずに伝えるコトこそ

プロチューナーブログの義務だと思っています。



開発にはイニシャルコストはつきものですから

失敗を公表すれば発売するワケにいかないので

公表するためには当然、”覚悟”も必要です。


でも、失敗を認めなければユーザーさんも失敗するコトになってしまう。


もちろん商品を紹介するためにブログを書かれている方もおられると思います。

私だってせっかく開発に成功したパーツを

一人でも多くの皆さんに使って体感していただきたいワケですから商品紹介ブログも書きます。

なので、ソレを全て否定するワケではなく

私の場合は”商品の紹介”より”性能の紹介”の方が

自分が楽しいワケで、

楽しくなかったらブログなんてやりません。


パーツの数値を見たり、実際につけてみて体感したりして

自分が楽しくなかったらユーザーの皆さんが楽しめる理由にはならないと思ってるし

ブログを見たユーザーさんが自分と一緒に楽しんでもらえるのは

”秘密”を重んじる開発業としては実にヘ●タイな業種だと思って

…逆に嬉しく思うワケです。


例えば今回製作した「M16Aエンジンベンチテスター」も

どんなパーツを組み込めばどのような効果になって

コレを付ければ壊れることなくパワーも出る。
コレを付けたらパワーは出ない。
コレを付けたら壊れちゃう…。

といったコトを自分はもちろん、皆さんにも解りやすくすれば

ブログがもっと楽しくなるし、開発精度も高まります。


今までもダイノパックを使用して出来る限り細かいデータを取ってきましたが

エンジンベンチテスターはさらに多くのコトを学べそうです。


セッティングも同じです。

以前にも何度か紹介しましたが

「現車セッティングすれば100%パワーアップするか?」と、聞かれたら

…私は約束できません。

セッティングはパーツも含めたエンジンの仕様にデータを合わせる”だけ”です。

だから仕様や元の制御によってはセッティングしたら逆にパワーダウンするコトも考えられるし、

通例でいったら仕様にデータを合わせれば”パワーが出るケースが多い”だけで

”セッティングすればパワーアップする”という約束が出来ないというのはそれが理由です。

しっかりパワーチェックをしながら時間を掛けて緻密にデータを合わせて

数値的にパワーやトルクが上がったらテンロクMAXのように販売しますが

エンジンベンチテスターの完成によってデータ取りなどの開発スピードも上がり

精度も高めることが出来れば

ソレを皆さんにお伝えするコトが出来てはじめて一緒に”楽しめる”はずです。






今回パーツオブイヤーの上半期にランクインしたパーツは


★3D-ツイストコントローラー 補強パーツ・ロワアーム部門 6位

★調整式ピロアッパーマウント 足回り・ピロアッパーマウント部門 3位

★ピロアッパーマウント(固定式) 足回り・ピロアッパーマウント部門 5位

★ZC32インテークキット 吸気系・エアインテーク部門 2位

★ファンネルスロットルチャンバー 吸気系・インテークチャンバー部門 8位



これらのパーツについては今後あらためてご紹介したいと思っていますが、

全て高い評価点をいただいていました。

本当に嬉しく思います。

これからももっともっと皆さんに楽しんでいただけるパーツの開発が出来るように

スタッフ一同”ヘン●イを楽しみながら”頑張っていきますので

応援よろしくお願いします。



頑張ります(^^)/~~~

関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/28 15:41:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | パーツ | クルマ
2013年06月27日 イイね!
赤脚…PREMIUM SPORTSストリート&ワインディングインプレッション(^^)今日は

新しい赤脚「PREMIUM SPORTS」のセッティングのため

菊地靖プロにプレミアムデモカーに乗ってもらいました(^^)


サーキットテストは7月2日に本庄サーキットで行う予定なので

今回はストリート&ワインディングのインプレッションです(^^)






今日のテストまでには

プレミアムダンパーを使用した場合の高レートスプリングに対する限界と、

逆にプロダンパーに対して低レートを合わせた場合の評価をしていました。


ちなみに赤脚はプロもプレミアムも全て前後20段調整が可能です(^^)



プレミアムダンパーでのスタートはF:8K・R:10K。

この段階ではストリートでの動きの安定感が欠けて違和感があります…。

次にリヤのみを12Kに変更。

減衰が-10程度だとヘッドライトの光軸がピョコピョコと上下に大きく動き全く収まりが悪い足回りになります(**)

…運転していてクルマ酔いしそうな感覚ですね(**;

助手席では酔いました…<(_ _)>


段階的に減衰を上げていって…

最後は前後とも最強近くの-2に設定。

ココで初めて「お!収まるじゃん!イーカンジじゃね♪」という評価になりました(^^)/


なので

プレミアムダンパーを使用した場合のバネレートの限界は"12K"までというデータで問題ナシ(^^)

F:8K・R:12Kに減衰-2でコーナリングも悪くないし乗り心地もフワフワ感も突き上げ感も少なく良好といえます(^^)

元々プレミアムダンパーは減衰調整1ノッチあたりの変化が非常に大きくセッティングしてあるため

対応するバネレートも幅広くなりますが高過ぎるレートには対応しきれません。

という結果から

「プレミアムダンパーに12Kのスプリングをセットした場合には減衰調整は最強近くなり、
逆に減衰を下げると収まらなくなるため、常に高い減衰で使用することになる。」

というワケです。

ZCプレミアムは元々F:6K・R:4Kの設定なので

ダンパー側はあまり高いレートに向かないという結果です。

その分、ストリートを優先できます(^^)




次はプロダンパーにバネレートF:8K・R:8K。

20K台後半のスプリングをモノともしないプロダンパーは減衰を最弱にすれば光は見えてきますが

逆に8K程度のスプリングではなかなかいいトコロが見つかりません<(_ _)>

理由は簡単で…硬いから♪

コレは高レートスプリングとの組み合わせで

サーキットでコーナリングを追求する時"だけ"やたらと強い味方になります<(_ _)>




というコトで…

PREMIUM SPORTSのダンパーは全くの

…新規製作になりました(**)v



昨日ヤナピーがデモカーに装着して

私もヤナピーもいつものテストコースに行ったり来たり…。

減衰をいじったりしながらF:8K・R:8Kで走りまくってみたワケですが

…。

「コレ…イー…んだよねぇ?」

私の率直な感想としては

コーナリング性能に対して

ストリートでの乗り心地の妥協点は決して低くないというカンジ(^^)




そして本日…菊地プロの登場です<(_ _)>



ワインディングまでのストリートはワリと凸凹が多く路面状態も悪いため

"乗り心地"の評価をしてもらうのには最高の条件です(^^)



いつものようにボイスレコーダーに録音したのでドーゾ…<(_ _)>



菊地プロ「コレって18インチだよね?」

トラ森「そーですね。けっこう使ったS-ドライブです(^^;」

菊地プロ「タイヤは減ってるだけ乗り心地は悪くなるし、細かいギャップで感じるコツコツ感は17インチの40とか45扁平にするだけで収まっちゃうレベルだね。」

トラ森「ソレはありますね。」

菊地プロ「収まりはイイね。」

トラ森「道は悪いですけど…。車高はギリギリまで下げてます。減衰は20段調で弱い方から5番目ですね。」

菊地プロ「条件は悪いというコトね。でもチャンと収まってるよね。」

トラ森「助手席に乗ってるとプレミアムみたいにノーマルみたいとまではいかないけど、脚を換えてる感はありますね。乗り心地で文句が出るようなカンジじゃないです…。」



で…ワインディングに到着(^^)



天気:晴れ
Dr.菊地靖
ZC32プレミアムデモカー
タイヤ:YOKOHAMA S-ドライブ 215/35R18
バネレート:F:8K・R:8K
ダンパー:PREMIUM SPORTSプロトタイプ(F:倒立式20段・R:正立式20段)

スタート減衰:F:-15・R:-15



1本目"登り"

菊地プロ「この脚、やたらと姿勢が安定してるね…。」

トラ森「そうですか。」

菊地プロ「登りでも頭が入るし…楽しいよコレ。」

トラ森「マジですかぁ…♪」



1本目"下り"

菊地プロ「コーナー中の姿勢がホント乱れないから修正がないよね。」

トラ森「はぁ…。」

菊地プロ「十分楽しいと思うよ。」

トラ森「減衰とかイジってみます?」

菊地プロ「いや、そんなカンジもしない。もう一回行ってみようよ!」



やっさん…2本目は踏んでました…<(_ _)>



2本目"登り"

トラ森「(心の中で)さっきよりゼンゼン踏んでるよねぇ…(**;」

菊地プロ「ゼンゼン走れちゃうじゃん!細かいギャップはタイヤで治るね。」

トラ森「(心の中で)やっぱ楽しんじゃってるよねぇ…。つか、速いんだけど(++;」

菊地プロ「やっぱ、頭の入りがいいよコレ!」




2本目"下り"

菊地プロ「この脚、ショートサーキットはアリかも!」

トラ森「(心の中で)やっさぁ~ん…道路は下ってますよぉ!」

菊地プロ「コレでニュル走りたいなぁ♪」

トラ森「(心の叫び)やっさんはプロドライバーだから…慣れてるから…大丈夫!でも…ホラ!その先ってコーナーに…ギャップあるよ!ギャップ!ホラッ!ギャップ~!」

菊地プロ「ギャップの収まりもイイね♪」

トラ森「ホ…ホントですね…(T-T) そんで…減衰は?」

菊地プロ「いや、乗り心地も悪くないし、ワインディングも十分楽しめるし…前後8Kならこのくらいでお勧めできるんじゃない♪」

トラ森「じゃあ、この先はサーキットってコトで?」

菊地プロ「うん。本庄やTC1000なら結構イケちゃうと思うよ。本庄でプロ脚と乗り比べたいね!リヤのバネレートも換えてみたいし(^^)」

トラ森「んじゃ、来週ですね。」



その後、ストリートをグルグルと走り回って

…終了です<(_ _)>




続きは来週…いよいよハイグリップタイヤを履いてサーキットテストです(^^)




ココまでのテストで決まったコトを復習すると…

①ダンパーは専用を製作するコト。
②ストリート推奨バネレート F:8K・R:8K(まだ不確定な要素はあります)。
③F/R8Kの場合のストリート&ワインディング推奨減衰調整は-15 (全20段調整中、全締めから15段戻し)。

…以上です<(_ _)>



7/2の本庄サーキットでは

まずはプレミアムデモカーに初めてZC-PROを装着して

菊地靖プロに走ってもらいます(^^)

2度のスーパーバトルで

ZC32チェッカースイスポでテンロクNAのZC32最速を記録してきた菊地プロ。

インテークキットとスーパーバトルマフラー装着のみのプレミアムデモカーに

DIREZZA ZⅡを履いて本庄インプレッションです(^^)

もちろんLSDは装備してません(^^)


次に、発売したばかりの補強パーツを全て装着してインプレッションしてもらって

その次にいよいよPREMIUM SPORTSを装着してバネレート変更による評価や

ソレによる減衰調整の方向性をバッチリ、

インプレッションしてもらいたいと思います(^^)



そんなワケで…

新作の赤脚PREMIUM SPORTSの開発は

ダンパーは新規の製作になりますが

まずは順調にスタートしたと思います(^^)


まだまだセッティングは続きますので

来週火曜日の本庄テストをお楽しみに(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/27 19:39:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | セッティング | クルマ
2013年06月26日 イイね!
M16A用エンジンベンチテスター!SACに持っていきます(^^)突然ですが…

エンジン始動に成功した

M16A用エンジンベンチテスターを…

7月5日・6日・7日に開催されるスーパーオートコレクション(SAC)で

初披露したいと思います<(_ _)>


なので

スーパーオートバックスサンシャインKOBEさんまで

持っていきます(**)v


SACをもっともっと楽しんでいただきたいという

独自のパフォーマンス企画なワケですが…

ご披露するにあたって

一度バラバラにして電着塗装したりメッキ処理したりして

昨日から組立作業に入りました(^^)


…イー感じ♪



エンジンが掛った状態でパソコンのモニターを見ながら

ボリュームで回転数を上げたり

例えば、燃料マップをイジってみたらどんなカンジに空燃比が変化するかとか…

空燃比計でモニタリング出来るなんて風景は

ユーザーさんはもちろん業界の方でも

実際に目にすることはほとんどないコトだと思います(^^)



現在はエンジンに負荷を掛けるシステムを開発中なので

無負荷の状態でお持ちしますが

エンジンベンチ上で行うデータの確認や変更等々…

その臨場感は十分に

…ヘ●タイです<(_ _)>


…ヘン●イにはたまりません<(_ _)>


なので

SAサンシャインKOBEの宮本チューナーにも

きっと皆さんと一緒に

楽しんでいただけるはずです<(_ _)>



テンロクNAスイフト最速チューン

トライフォースのヘンタ●っぷりと底力をとくとご覧ください<(_ _)>





コレを見るだけでも

SAサンシャインKOBEさんに来ていただく価値はあると思います(^^)/



イベント特価販売のチューニングパーツはもちろん

キャッシュバックや24回ローンまで金利ゼロ企画など…

スンゴイお得なお買い物もできてしまうイベントなので

色んな意味でバッチリ楽しんでいって下さい(^^)/~





というワケで


スイフトスポーツ専用エンジンM16Aエンジンベンチテスターを

SACで初披露しちゃいます!

という…お知らせでした(^^)/~~~

関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/26 10:03:25 | コメント(4) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
2013年06月25日 イイね!
もう一つの赤脚…PREMIUM SPORTS 開発始動!(^^)多くのスイフトユーザーさんにご愛用いただいている赤脚ですが…

スイフトでいうと

完全サーキットスペックのZC-PROと

ストリートスペックのZC-PREMIUMの

2種類があります(^^)


特にZC-PROは…

サーキットでのコーナリングを最重視しているため

タイムと引き換えに…

街乗りでの快適性能では

たいっっっっっっっっっっへーーーーーーーーんな

ご迷惑をおかけしているコトを

ご理解いただきながら楽しんでいただけていると

まことに勝手ではありますが

…思っております<(_ _)>









今回はストリートスペックのZC-PREMIUMを

さらにスポーツ走行向きにセッティングしたらどうなるかを

試したくなっちゃったワケで…


今週の木曜日に

菊地靖プロに長野までお越しいただき

まずはストリートとワインディングの走行性能を

評価してもらうコトにしました(^^)



「ZC-PREMIUM SPORTS」の開発を始動させる

というコトです(^^)v




実は…

昨夜もヤナピーとプレミアムスポーツ開発のスタートセットの

基準を造るためにワインディングに行ってきました(^^)

バネレートや減衰を変えながら

何度か走ってきたワケですが

菊地プロに乗ってもらう前にもう少しやってみたいコトもあるので

今日も作業が続いています<(_ _)>



予定では27日(木)にストリート&ワインディングテスト、

7/2(火)に本庄サーキットでサーキットテストします(^^)



菊地プロからGOサインが出た場合、

7/5(金)・6(土)・7(日)にSAサンシャインKOBEさんで開催される

スーパーオートコレクション(SAC)には

プレミアムデモカーに

ZC-PREMIUM SPORTSを装着して

皆さんに体感してもらえる体制にしたいと思います(^^)/~


GOサインが出なかったらゴメンナサイ<(_ _)>



何はともあれ…

まずはセッティングです(^^)


灼熱のサーキット…(**;


菊地プロと一緒に頑張ってみたいと思いますので

応援よろしくお願いします(^^;/~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/25 14:46:10 | コメント(6) | トラックバック(0) | 開発 | イベント・キャンペーン
2013年06月24日 イイね!
プレゼント企画!SAサンシャインKOBEからスタート(^^)最近…

私が首からぶら下げている

←ネックレスです<(_ _)>


…ん?

このカタチって見たコトあるねぇ…。

と、思われた方もいると思いますが…










そうです。

↓ コレです<(_ _)>


コレからさらに進化する補強パーツ材として開発した

専用の材料です(^^)




↓ 一昨年に開発した補強材は見ての通り…

外観はただの四角い材料に見えます。

が、材料剛性を高めるために中身は3本のパイプを繋ぎ合せた構造にしてあるので

↓ 「トリプルチューブバー」という名前がついてます(^^)v




今回新たに開発した材料は

今までは”新作の補強材”とか呼んでましたが…

「早く名前を決めなきゃなぁ…」と

思い続けてけっこう長い時間が経ってしまいました(**)v

なので、昨日…

相変わらずの思い付きで名前を決めました<(_ _)>

材料の名前は「スーパーストロングアルミシャフト」

…です<(_ _)>



材料強度としては申し分ないレベルでかなり拘ったモノです(^^)

このスーパーストロングアルミシャフトを見ていて

ちょっとアルマイト掛けてみよう(^^)

と、思ってアルマイト掛けて…

ソレを旋盤で削ってたら

コレって…けっこうキレイね♪

…と思って

ソレじゃ皮ヒモを付けて首からぶら下げちゃえ♪

というコトになったワケです<(_ _)>




で、発売中のZC32用補強パーツ

★フロントテンションバー \23,100
★フロントアッパーサポートメンバー \16,800
★ローハイトフロア補強キット \19,950
★リヤブレス \29,400
★リヤハイテンションタワーバー \26,250
※ぜんぶ税込(^^)/


以上5点のうち

3点以上を同時にご購入いただいたユーザーさんに

名付けて「スーパーストロングネックレス」を、

プレゼントさせていただきます<(_ _)> 


現在、

ブラックアルマイト仕様とブルーアルマイト仕様の2種類を製作中なので

お好きな方を選んでいただけます(^^)




まだ造ってるトコロですが

7/5(金)・6日(土)・7日(日)の3日間に

スーパーオートバックスサンシャインKOBEさんで開催される

スーパーオートコレクション(SAC)には完成させる予定です(^^)

なので

「SACでZC32のボディ補強!」と、考えているユーザーさんは

イベント特価やキャッシュバックに加えて

プレゼント企画もやりますので…

も~チョット

…悩んでみましょう(^^)/~~~
関連情報URL : http://www.tryforce.jp
Posted at 2013/06/24 15:15:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | イベント | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック
プロフィール
「アルトワークス http://cvw.jp/b/518607/39627899/
何シテル?   04/17 20:16
トライフォースカンパニーオフィシャルブログです。開発情報~イベント情報までタイムリーな情報を発信します!どうぞよろしくお願いします。オリジナルチューニングパーツ...
ユーザー内検索
<< 2013/6 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
お友達大募集です。お気軽に誘ってください。
545 人のお友達がいます
トップフューエルトップフューエル *みんカラ公認 cockpitcockpit *みんカラ公認
ホットロードホットロード *みんカラ公認 サビ抜き鉄火サビ抜き鉄火 *
つかぽんRSつかぽんRS * ☆兄貴☆☆兄貴☆ *
ファン
652 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフト スズキ スイフト
「曲げてナンボのテンロク屋」でお馴染みのトライフォーススイフトデモカーです(^^) 筑 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
イベント出没率が高いコペンデモカー。最大の特徴はナントいってもサスペンション(^^) ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
ご存知トライフォースカンパニーのNo.1開発車両(^^) エンジン本体はノーマルですが ...
ホンダ フィット ホンダ フィット
コンパクトスポーツの「開発屋」として どうしても…避けて通ることが出来なかったフィット ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.