車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月22日 イイね!
スーパーオートバックス 大宮バイパス店(Back Yard SPECIALイベント)スーパーオートバックス 大宮バイパス店にはじめて行きました。











理由は、Back Yard SPECIALさんイベントをやっていたからです。






実は、Back Yard SPECIALさんからリリースされている(される?)、S660の2つのパーツが気になって、直接、Back Yard SPECIALさんにお話を伺いたく、言ってみたわけです。

一応、私の疑問及び、その具体的なソリューションもお聞きできたので、気になったパーツ2つを買ってきました!!!


仕入れたパーツは、GW中に時間を見つけて、じっくりと取り付けてみたいと思いますが、多分、取り付け時には、色々と問題が出そうな予感・・・・(苦笑)

まぁ、それもお楽しみの一環と考えているわけですが、はて、どーなることやら・・・
Posted at 2017/04/23 04:22:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 展示会 | クルマ
2017年04月17日 イイね!
赤城南面千本桜~レモン牛乳ソフト赤城南面千本桜にワークスで行ってきましたが、ここの桜並木はほんと、凄いです!













妙なお天気だったので、やや残念でしたが、とりあえず、桜を堪能することが出来ました。




帰り、佐野SA上りに寄りました。





ここで、大分、以前にも食べたような気がしましたが、レモン牛乳ソフトを頂きました。



これ、以前には余り、印象は無かったのですが、今回はえらく、美味しく感じましたねぇ~

また、機会が有ったら、佐野SAに寄ってみたいです。
Posted at 2017/04/23 14:22:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年04月09日 イイね!
S660 ノーマルタービンで、95.6ps 15.2kgf・mを達成!!!4月8日、4月9日で、スーパーオートバックス長沼店で、「第1回 S660・アルト・ワークス合同イベント」が開催されました。






私的には、2台とも所有しているので、まさにジャストミ~~ト(死語・・・)で、しかも、近場での注目イベントとなったわけですが、何にも増して、注目していたポイントは、SAH(スーパーオートバックス浜松)さんが、来るという点でした。

2016年6月に、静岡の浜松のSAHさんに遠路はるばる伺って、HKS FlashEditor スーパーオートバックス浜松Specをインストールしましたが、まるで別の車になった?と思うほどの変化を味わえて、当時は大満足でした!




実は、SAHさんは、Z34フェアレディZの頃からお世話になっておりまして、ECUプログラミング、そして、ブレーキパッド&ブレーキフルード交換をお願いしておりまして、その頃から、鈴木氏が担当していらっしゃり、今回の長沼店にもSAHの鈴木氏がいらっしゃってました。


さて、前回のSAHのFLASH EDITORチューンから、1年近く経ったわけですが、その後、私のS660では、吸気系チューン、キャタライザー装着、そして、インタークーラー装着となり、それなりにエンジンチューニングが進んだ結果、今回、改めて、SAH鈴木氏にリセッティングをお願いしてみた次第です。

吸気系チューン

キャタライザー装着

インタークーラー装着(カバー外し状態)



後、S660で、最近、ちょっと気になっていたのは、街乗りでの印象。

街乗りで多用する、アクセルのパーシャルスロットル状態における、リニアリティーにやや欠ける挙動が気になってました。
やや過敏過ぎ・・・という単純なものではなく、アクセル開度に対して、ややノンリニアなレスポンスが見られ、これが街乗りで違和感に繋がっていましたので、その辺り、SAH 鈴木氏に伝えさせて頂きました。

後、高回転でのトルクダレも、ノーマルタービンかつ、軽自動車枠の小排気量では、ある程度は仕方ないとしても、もう少し、何とかして欲しいという点も加えておきました。


という事で、雨模様の8日朝イチで、1時間ちょっと掛けて、長沼店のシャーシダイナモを使ってSAH鈴木氏にリセッティングして頂きました。



さて、肝心のリセッティングの結果は、こうです!!!!!



馬力:95.6ps
トルク15.2kgf・m



素晴らしいです!!!!!!!

多分、ノーマルタービンでは、もはやこれが限界では?と思った次第です・・・

因みに、2016年6月時点のチューンでは、下記の数値となります。


更に、その前のHKSのチューニングメニューであるフェーズ3と呼ばれるデータでは、下記の通りです。



という事で、下記のような経緯をたどることになりました。

■HKS監修 フェーズ3(2016年6月以前)
馬力:79.2PS
トルク:13.2kgf・m


■HKS FlashEditor SA浜松Spec(2016年6月時点)
馬力:89.2PS
トルク:14.6kgf・m



でしたが、今回の長沼店でのリセッティングによりまして・・・・


■HKS FlashEditor SA浜松Specリセッティング@長沼店(2017年4月時点)
馬力:95.6PS
トルク:15.2kgf・m



という事で!

馬力で6.4PS増し、トルクで0.6kgf.m増しとなりました!


大満足であります!!!!!!



まぁ、これは、キャタライザー等、追加パーツによるアップ分もあるとは思いますが、リセッティングで潜在能力を引き出して頂いたということだと認識しております。
何れにしても、この状態は、ノーマルタービンのチューニングとしては、限界ギリギリの数値が出せたのでは思われますし、更に乗りやすさも増した点も見逃せません!

今回、パーシャルスロットル時のレスポンス改善も大事な点でありましたが、そこもバッチリで、希望通りにチューニングして頂いたと思います。

今までは、如何にもチューンカー的なややピーキーな特性でしたが、街乗りでも、実にジェントルな特性になりまして、圧倒的にスロットルに対する挙動がリニアになったため、実に運転が楽になりました。

一方で、アクセルをキッチリ煽れば、これまた、グッと背中を押させるトルクがキッチリ出るので、この辺りも、欲しい時に欲しいだけのトルクが得られるという観点でも、リニアリティーが増したと言えます。

また、5000rpm以降のトルクダレも減った感じで、きっちり高回転まで回せる感じになったと思います。

さすが、信頼のSAH 鈴木氏だと思います!!!!



因み、今回、鈴木氏からのご提案で、お試しということで、「ロープレッシャー版」もインストールしてもらいました。

これは、まさにターボの過給圧を1.0に制限して燃調調整を行ったというものでした。

実は、これ、一見、デチューンに見えますが、鈴木氏曰く、ワインディングやサーキット走行ではこの方が安定するのでは?ということでした。

即ち、過給圧を1.2まで許している物で、サーキットやワインディング走行をすると、特にエンジンルームの温度上昇で吸気温度が高めになり、セーフティーなどが入って、パワーダウンを引き起こす可能性がある・・という事で、このロープレッシャーならその辺りの心配が減る・・という物です。

何れ、サーキットで試してみたいですね~!



何れにしても、これ以上パワー&トルクアップを目指すとなると、HKSのGTタービン交換となりますが、まずは、ノーマルタービンで引き出せるギリギリまでチューンが出来たと満足しております!!!


また、もう少し走り込んだら、何処かで報告します!
Posted at 2017/04/10 02:58:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | S660 | クルマ
2017年04月08日 イイね!
S660、キーレス効かず→発報しないかとドキドキ・・その2キーレスが効かなくなったS660ですが、先のブログの続きです・・・・・・・・










昨今の車は、ほぼ標準的に盗難警報器が搭載されていますが、キーレスエントリー以外での施錠の解除により、ホーンが30秒~1分ほど、鳴るというごくごく、単純な物ですが、セキュリティーとして有用なものだと思われます・・・・


これが、今回、厄介物と成ったわけですが、キーレスが効かない・・・となると、当然、物理鍵で開けなければならず、このS660でも標準装備の警報器が発報(発泡ではないですね・・)する可能性が否定出来ないわけです。

とりあえず、キーレスの電池も交換してもダメだったので、意を決して、物理鍵で開けることにしましたが、万万が一の発報を考えて、実行を土曜日の朝まで待ちました。


さて・・・・勇気を出して?、でも恐る恐る、物理鍵でドアを開けてみました・・




結果・・・・・


何も起きず、ロックが外れてドアも開きました・・・・・

念のため、スタートボタンを押しても、何も反応せず・・・・

これで、完全にバッテリーが死んでいることが分かりました・・・



という事で、死んだバッテリーをなんとかしなければならないのですが・・・・

家庭用ACの充電器で充電するとか、昨今、流行りの小型のリチウムイオンで始動する・・とか色々と方法はあります・・・




しかし・・・・

一度、放電しきった鉛蓄電池は寿命が短くなることが知られてますね・・

鉛電池の充放電を繰り返すと,サルフェーションPbSO4と呼ばれる白い固体が、電極の極板に生成されます。通常のサルフェーションPbSO4は単に充電を行えば還元(溶解)します。
しかし、10V以下まで過放電させてしまうと、サルフェーションPbSO4が結晶化してしまって、通常充電では溶けない状態になってきます。
こうなると、鉛電池としては寿命を迎えることとなります・・




今回、キーレスエントリーも全く動かなくなるほど、過放電してしまったので、恐らくは、サルフェーションPbSO4が結晶化が進んでしまったことでしょう。

勿論、無理やり充電すれば、多少はサルフェーションPbSO4が還元(溶解)するでしょうが、間違いなくサルフェーションPbSO4の結晶が残っていることでしょう・・・・




という事で・・・・

まだ、新車購入から1.5年経過という段階で、誠に遺憾ながら・・バッテリー交換する事になりました・・・・

で、選んだのは、Z34フェアレディZのときも使用したパナソニックのCAOSシリーズとしました。。

最近のバッテリーは良く理解できてませんでしたが、アイドリングストップ専用のバッテリーがラインナップされているんですね。

しかも、S660もアイドリングストップ機能の付いているCVTと、MTでは、使用しているバッテリーが違うということを初めて知りました・・

これは、HA36Sアルト・ワークスも全く一緒で、どちらのMTも5AGS、それぞれS660も同じバッテリーを使っているのが分かります・・・

という事で、下記を購入したわけです・・



まずは、使い切ってしまったバッテリーの取り外しです・・・


エンジンルームではないので、作業スペースに無理が無いのでバッテリー脱着は楽ちんです。





さて、バッテリーをS660に搭載後、プラスとマイナス端子に取り付けですが、定石通り、マイナス側を接続してから、プラス側を接続となりますが・・・・


このプラス側接続により、いよいよS660が電気的に生き返るわけですが・・・・


このプラス端子を接続する際に、また、心配事が・・・・・・


S660がバッテリー切れが起きた際、標準装備の盗難警報器がONになったままのはず・・

ということは、バッテリーを接続した瞬間、警報器が発報するはず・

それは、避けられないとしても、もしかしたら、バッテリーが回復した際にドアのロックされていれば、警報器が発報しないかも?という淡い期待をした訳です・・・・・

そこで、まずは、ダメ元で、物理鍵で運転席をロックをしておきました。

次に、警報器が発報しても、速攻で止められるように、キーレスエントリーを手元に持ちながら、マイナス端子を接続することとしました・・・・

ドキドキしながら、そっと、マイナス端子を接続した瞬間・・・・・・・・・


ファン、ファン・・・・・


と・・・大音量のホーンが鳴り響き、ハザードも点灯し始めまして・・・・

構えていても、やはり、ビビりました・・・・・・

速攻で、手に持っていたキーレスで、アンロックボタンを押して、発報を止めることが出来ましたが、ちょっと、ご近所の反応が気になりましたが・・・・幸い、2回程度のホーン発報たったので、露骨な窓の開け閉めもなく・・・・幸いでした・・・


という事で、一度、解錠した後からドアロックをしても無駄な抵抗であり、バッテリーが上がっている状態だったとしても、物理鍵など(もしくはピッキング)で、一度でもロックを解ければ、きっちりと判定してしまうようで、次にバッテリーが回復した状態で、ホーンが発報する仕様ですね。

バッテリー切れ状態で、一体、どうやって、解錠された事を判定しているのか?、私的には興味深いですが、メカ的な識別がされるのでしょうかね・・・・(ご存じの方が居たら、共有してください・・)

いずれにしても・・・

盗難警報器としては、極めて、妥当な仕様です・・・・


という事で、無事、ご近所迷惑も最小限で、バッテリー切れが解消されました・・・・


バッテリーの新規購入は、想定外でしたが、まぁ、性能の高いものに交換できたので、チューニングの一環と考えると事としました・・・・・・


【追記】一部、書き間違いが有りましたので、訂正いたしました・・
Posted at 2017/04/09 17:24:37 | コメント(2) | S660 | クルマ
2017年04月02日 イイね!
S660、キーレス効かず→発報しないかとドキドキ・・その1S660ですが、夜、ドライブに出掛けようとしたら、キーレス効かず・・・となり、焦りました・・












これは、まず第一にバッテリー切れが頭に浮かびましたが、実際、思い当たる事象として、三週間、全くS660のエンジンを掛けなかったというのと、昨年末に導入した、欧州製のオーディオDSP が、常時電源を要求するタイプで、たぶん、その暗電流がそれなりに流れるのでは?という二点でした。

勿論、物理鍵はキーレスに搭載されているのは承知しておりましたので、とっさにドアを物理鍵で開けようとしましたが、ふと思いとどまりました・・

事由は、警報器が発報しないか??というのか頭を過ったからです・・・・

何分にも、回りには家々が連なる住宅街の中の駐車場なので、仮にも発報したら、ご近所迷惑もよいところです・・

しかも、私のS660は、ご丁寧に?、ホーンをボッシュの二連式に交換してあり、しかも、リレーを噛ましてバッ直にしてあるので、躊躇なく大音量の警報音が鳴り響くのは間違いありません・・

ただ、十中八九、バッテリー切れなので、警報音も鳴るわけは無いのですが、万が一、別な要因でキーレスが効かないだけとしたら・・・・
物理鍵で開けた瞬間、警報の嵐に見回れて、しかも、キーレスでキャンセルも出来ないとすれば、少なくとも30秒間、警報器が鳴り響く訳で、まちがいなく、ご近所の数々の窓が開くことでしょう・・・・涙


で、とりあえず、キーレスの電池を交換してみることに・・

近くのコンビニにはしって、CR2032を買ってきて交換してみることに・・

結果、やっぱり、キーレスは効きません・・・・涙

となると、やっぱり、バッテリー切れが濃厚か・・・・と・・

なんですが、この時点で、既に夜遅かったので、この日は、万万が一、警報器が発報したら・・とビビりまして、無理にドアを開けるのは、諦める事にしました・・涙涙


私は、ビビりなんです~苦笑


続く・・・・


Posted at 2017/04/08 14:08:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | S660 | 日記
プロフィール
「[パーツ] #S660 Blue Battery caos N-60B19R/C6 http://minkara.carview.co.jp/userid/519118/car/2032328/8411855/parts.aspx
何シテル?   04/24 00:18
免許を取って以来、15台の車を乗り継いで来ました。 考えたら、今のところ、全部、マニュアル車です! カーオーディオやカーナビ位は、ほぼ自分で取り付けちゃい...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
トヨタ(純正) スペアタイヤ(T115/70D14) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/23 13:00:26
塗る進化剤【MITHRIL】施工箇所 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/22 11:07:17
ガラガラ蛇退治‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 11:39:03
お友達
ファン
132 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S660 ホンダ S660
納車日は、2015年9月12日です。 コンセプト段階から注目しておりましたS660です ...
スズキ アルトワークス スズキ アルトワークス
フェアレディZ(Z34)を下取りに出して購入したのが、アルト・ワークス(HA36S)です ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2008年式の7型ワイルドウィンド 5MTです。色は特別限定色のダークパープルです。 ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
写真を整理していたら出てきたので、今更のアップです。 セカンドアニバーサリーが出始めの頃 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.