• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タカタカ@インプワゴンのブログ一覧

2017年05月19日 イイね!

筑波で1秒速くなるために

タイトルのごとく、筑波2000で1秒速くなるために、色々仕様変更をしているインプ君。

すでにラックにドック入りして、来シーズンに向けて作業を進めています。

まずは足回り(特にリヤ)の変更作業です。


リヤがストラット式の型のインプレッサは、リヤの車高を下げたり、バネや減衰を硬くするとぴょんぴょん弾む現象が出てきます。

このことがタイムを狙ううえで、非常に大きな障害になってくるのです。

しかしながら、この障害を的確に取り除く手段やパーツは現在までに出てきませんでした。


原因は皆わかっているのに、何故なのでしょうね。

仕様に制約が出てくるからでしょうか?

コストがかかりすぎるから?

手間がかかりすぎるから?

色々あるんでしょうね。


そこで今更なのですが、お世話になっているラックさんといつもサポートしてくれるインテックレーシングさんにお願いして、リヤショックアブソーバーの取り付け位置を変更するブラケットを作成してもらうことにしました。


それで出来たプロトタイプがこれです。



これをたたき台にして、見えてくる問題点や修正すべき点等をピックアップして行きます。

それで実際に取り付けた状態がこれです。





どうでしょうか?

ノーマルの位置とは全く違うのがわかりますでしょうか?

ちなみにノーマルはこんな感じです。
(みんともの方のお写真を拝借いたしました)



比べると違いがわかるかと思います。

ショックのキャスターがノーマルは後方に向かってオフセットしているのに対し、ブラケットを装着した方はトレーリングアームに対して正直かややフロント側にオフセットしています。

このショックの向きが鍵になります。


ちなみに写真はまだ1Gの位置ではありません。

ヘルパースプリングを見ればわかるでしょうが、あと6センチくらい縮めばほぼ1Gの車高になります。


すでにかなりいいところに来ていると思いますが、更に現物を見ながら改善ポイントをピックアップします。





二人とも真剣です。

意見を交わしあいながら図面に書き込んでいきます。

もうこれだけで相当いいものが出来上がりそうな予感がします(笑)


そんなこんなで、もうすぐ改良された試作品第2号が出来上がってきます。

いずれは商品化されるかも♪





Posted at 2017/05/19 01:44:39 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月06日 イイね!

車報告インプレッサ編

シルビアに続いてインプレッサについてです。

インプレッサは筑波のタイムアタックをメインに活動していますが、2月25日に開催されたAttack2017という大きなイベントに参加しました。





筑波2000インプレッサアマチュア最速を目標に掲げ、目標までコンマ5秒と迫っております。

Attackという大舞台で、あわよくばと気合を入れて準備をしてきました。

しかしながら、僕のインプは今現在ガスケット抜け症状が出てしまっており、冷却水を吹いてしまいます。

キャッチタンクでなんとか対応しておりますが、エンジンに不安を抱きながら走るしかありませんでした。

本来ならばエンジンを下して各所チェックするべきなんですが、そうなると大会に間に合わなくなるため苦渋の選択として、事前の走行練習もキャンセルし、本番一発にかけることにしていました。







○今回の仕様

フロントベステックス22キロ+ヘルパー スイフト 自由長72ミリ作動長42ミリ
プリロード 12ミリ      
リヤUC-01 13キロ +ヘルパースイフト 自由長60ミリ作動長38ミリ      
プリロード 0ミリ
フロント車高、 前回と同様に10ミリアップ仕様
フロント減衰 最強
リヤ減衰   1回転戻し
フロントキャンバー 4度00分
フロントトー -0.3ミリ トータル -0.6ミリ       
リヤキャンバー   3度30分
リヤトー   -1.2ミリ トータル -2.5ミリ    
タイヤ A050GS F.R 295/30-18(10部山)
空気圧(温間) フロント 1.4 リヤ 1.4
ブースト 2.0
最高速 207キロ(筑波計測)209キロ(GPSロガー計測)

Attackには、通常の25分走行枠以外にスーパーラップ枠というものがあります。

名だたるつわもの達は少しでも良いコンディションで走るため、このスーパーラップを選択しています。

しかしながら、今回僕はスーパーラップ枠を選択しませんでした。

正しくは選択出来なかった。。。

ドライバーの面、車の面、どちらをとっても自信がありませんでした。

もし万が一何かトラブって、オイルをコースに撒いてしまったりしたら。。。。

参加者のAttackにかける意気込みを想像すると、中途半端な状況の自分はスーパーラップに出るべきではないと考えてしまったのです。



この選択がすべてでした。。



筑波2000を走られる方ならばわかると思いますが、このコースはコンディションが目まぐるしく変わります。

この日は様々なイベントが同時に開催されており、走行枠が僕のクラスは10時過ぎと14時過ぎで気温の面でもかなり不利でした。

案の定、コースは荒れ、気温がまた随分と上昇してしまい、タイムを出すには厳しくなってしまいました。


それで出せた結果が、58秒142。


とても残念で悔しい結果でした。。。


でも、これが現実です。

たらればはなんぼでも語れますが、勝負とはこういうもの。

自分の実力がまだこのレベルなんだと認めるしかありません。

本当にいい経験が出来ました。

リベンジは来シーズンに持ち越しです。


今現在インプレッサは、ラックに入院しています。

エンジンのチェック、オーバーホールをし、今年で見つかった細かい問題点を修正します。

今年は大掛かりな仕様変更はしません。

あくまで現行のプラットフォームのブラッシュアップをします。


あえて大きい部分を言えば、リヤの足回りの取り付け位置の変更くらいです。


動画で見てもらってもわかると思いますが、リヤがヒョコヒョコと跳ねてしまっています。

この動きがリヤがストラットであった頃のインプが抱える、最も大きいと言っても過言ではない問題点です。

原因はわかっています。

その問題を解決するべく、商品化出来るレベルでショックアブソーバーの取り付け位置の変更用ブラケットを作成しました。

インテックレーシング開発部長さんのお力をかりて。

これでセッティングの幅が広がるはずです。


早く走って試したいですが、もうしばらく我慢です。


インプワゴンの進化はまだまだ続きます!!


〇おまけ動画





Posted at 2017/05/06 09:14:39 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車・サーキット | 日記
2017年05月03日 イイね!

車報告シルビア編

久しぶりの更新です。

アタック筑波で悔しい思いをして、しばらく内に籠っていました。

でも、車をやっていないわけではなく、シルビアはショックアブソーバーのセッティング変更であったり、デフの点検、リヤハブ交換、フロントホイール交換、タイヤ交換と結構お金をかけて走行準備をしておりました。

それで、仕様変更後のシェイクダウンとして、まず美浜サーキットを走りました。



○今回の仕様(覚書)

キャンバーF3度 R3度
トー Fトータル-3ミリ Rトータル4ミリ
ショックアブソーバー F・R N1ダンパーEgマジックセット
フロント減衰 6段戻し
リヤ減衰   4段戻し
リヤスペーサー10ミリ
バネレートフロント14キロ(Xコイル)、リヤ13キロ(UC01)
フロントパット エンドレスタイプR
フロントローター ディクセルPDタイプ
タイヤ ZⅢ   前265/35-18(10部山)
     ZⅢ   後275/35-18(10部山)
エア圧 前1.9 後1.9
タービン GT-RSタービン
ブースト 1.0

この日は、フロントの減衰とNEWタイヤのZⅢの空気圧のみをテストしました。

ZⅢというタイヤですが、すでに色々なインプレが散見され、評判はまちまちのようです。

僕自身の感想としては、しっとりとした乗り味で、ZⅡ☆より縦横共にグリップが高いです。

走り始めてすぐさまアタックできるほど、グリップの立ち上がりが良く、走り始めて3周目でいきなりベストがでました。

この日のベストタイムは44秒609。

去年年末の走行では、フロントZ2☆、リヤ71Rで、どちらもかなりすり減った状況のもので走行しましたが、45秒5あたりが限界でした。

それを思うと、別物のくらいグリップして、とにかくアクセルを踏んでいけました。

やっぱりグリップするタイヤはいいですね(笑)


空気圧は、F2.0、リヤ1.9 くらいが僕のシルビアには合っていました。

Z2☆よりはコンマ2~3くらい低めです。

ただステアに対する反応は少しダルなように思います。

シャープな動きを求める方にとってはちょっと物足りないかも。

剛性感は少なく感じますが、ぐにゃぐにゃするのではなく、しっとりと路面をとらえてしなやかに動く印象です。

摩耗はグリップの割に少ないと思います。

グリップのタレについては、これもまた少ないと思います。安定してタイムが出ます。

ライフも結構長いことが期待できますが、できることならばZ1☆のころのように最後までタイムが出るタイヤであってほしいです。

総合して、僕としてはZⅢはいいタイヤなんじゃないかと思います。

タイムでますよ~♪


次につい先日のことになりますが、YZ東コースで開催されたストラダーレ走行会に参加しました。



大盛況で、さすがはストラダーレさん!って感じでした。

顔見知りも多数参加されていて、色々車談議に花が咲いて、とっても充実した時間が過ごせました♪

○今回の仕様(覚書)

キャンバーF3度 R3度
トー Fトータル-3ミリ Rトータル4ミリ
ショックアブソーバー F・R N1ダンパーEgマジックセット
フロント車高2巻きダウン
フロント減衰 5段戻し
リヤ減衰   2段戻し
リヤスペーサー10ミリ
バネレートフロント14キロ(Xコイル)、リヤ13キロ(UC01)
フロントパット エンドレスタイプR
フロントローター ディクセルPDタイプ
タイヤ ZⅢ   前265/35-18(9部山)
     ZⅢ   後275/35-18(9部山)
エア圧 前2.0 後1.9
タービン GT-RSタービン
ブースト 1.0

この日は天気が最高によかったです。

ちょっと良すぎるくらいで気温が上がり暑かったです。


今回は、リヤの減衰を中心にセッティングしました。

久しぶりのYZサーキットで、走り方を少々忘れ気味でしたが、車のセットも決まってきて、さらにZⅢの性能のお陰もあって、すぐさまベスト更新。

最終的には34秒708までタイムを伸ばすことができ大満足でした~♪

走りこめば、更なる更新もできそうです。

今後としては、リヤのデフのセッティング変更をしたいですね。

ぼちぼち進化させていきたいと思います♪


〇おまけ動画

Posted at 2017/05/03 16:06:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車・サーキット | 日記
2017年02月22日 イイね!

今週末はAttack筑波

Attack筑波に向けて、アイテムを購入しました。







これでタイムアップ間違いなし❗

なんて。。

いよいよ今週末に迫ってきました。

中々練習もできず、ぶっつけ状態ですが、イメトレだけはしっかりやってます(笑)

あとは気合い!

頑張ります❗
Posted at 2017/02/22 14:04:38 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年02月20日 イイね!

20年以上経ってもまだ進化を続ける相棒

20年以上経ってもまだ進化を続ける相棒走りに関しては、どの世代のインプレッサにも負けない。

ワゴンでは間違いなく世界最速のポテンシャルをもっている。

快適さやラゲッジスペースの面では、ワゴンとしては中途半端。

でも、スポーツカーとしては一級品。

Posted at 2017/02/20 23:37:59 | コメント(0) | マイカー | クルマレビュー

プロフィール

「@しおっち赤い彗星
旧YZ本コースの36秒台が33秒台に相当する感じですかね。」
何シテル?   06/04 15:58
インプレッサワゴン(GF8)でサーキットを走っております。 車の仕様は こちら→http://blogs.yahoo.co.jp/takayanag...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

もろまえからの美浜4輪耐久レース♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/19 13:06:23
シルビアで遠征してきます❗ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/01 18:57:44
施工不良のお話。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/01 14:40:44

ファン

98 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサスポーツワゴン ラック☆インテックインプワゴン (スバル インプレッサスポーツワゴン)
インプレッサワゴンでサーキットをメインに走っております。 詳しい仕様はこちらで↓ h ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.