• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ぬこ!のブログ一覧

2012年12月25日 イイね!

メリクリ~

メリークリスマス(遅っw

アメリカから無事に帰ってまいりました☆

久々の日本はいいですね~(゚∀゚)

落ち着きますが、寒いです(´-ω-`)


クリスマスも終盤ですね。

クリスマス中僕のRX-7はアメリカで買ってきたナウいパーツでドレスアップをしてましたよ☆


(画像だと少し見難いですねゞ(´Д`q汗)+・.

どうですか?かわいいでしょ?(゚∀゚)アヒャヒャ

トナカイ仕様です☆

普段目立たない僕の7もコレをつけるだけでかなりの目立ってましたよww

このまま名古屋にお買い物に行き・・・

栄のど真ん中を走りましたが・・・

注目の的!写メは撮られるわww

見せ物じゃねぇぞ!!
(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

とは言いませんでしたが、言いたくなる程の視線が・・・(ノД`)・゜・。 シセンガイタイ

通行人の方も楽しんでもらえた様でした(*´ω`*)

泣いていた子供も泣き止む程の破壊力!!

特に家族連れには受けがよかったなぁ

かなり恥ずかしかったけどねw



ついでに友達の車もトナカイ使用に☆



MINIは栄えますね~w

クーパーだったらもっと可愛かったかな?

あと、相方が乗ってるコペンにも渡しておいたので後日画像を頂戴しようと思ってますw
( ̄ー+ ̄)y-'~~~
Posted at 2012/12/25 23:50:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | RX-7 -myFD3Sとヌコ- | 日記
2012年12月17日 イイね!

うどんがあるのだから・・・

うどんがあるのだから・・・そばもあるよね!

画像がソレです。

そうそう日本ではお目にかかれないこの料理。

「鍋焼きそば」

この発想はなかったなぁ。

流石アメリカ。僕の想像を平然と超えてしまう。

そこに痺れる、憧れないw

味は想像通り、煮込まれたせいでそばが柔らかすぎ(´Д`;)

正直不味かったです・・・orz



さて、僕のアメリカ出張も残すところ1週間となりました。

やっと日本に帰れるー!!

ヽ(´∀`)ノヒャッホーイ♪
2012年12月07日 イイね!

$550ミリオンの価値は

12月突入~(*´ー`)

やっと12月です。もう12月です。Decemberなんです。

あと少しで帰れる~\(○^ω^○)/

・・・

・・・

アメリカが嫌って訳ではないんですよ(・ω・)

・・・

ゆとり世代には遊ぶ場所が少なすぎて困るんですw

英語しゃべれないから、苦痛なんですw(´Д`;)

あ・・・愚痴みたいになってるわww




まぁ、タイトルに書いた内容を書きますかね。

$550ミリオンってなんぞや?

簡単に言えば550億円って事ですよ。

チャンスがあるんですよ!!(`・ω・´)キュピーン







POWER BALLという、簡単に言えばロト6的なものです。

これがニュースで取り上げる程キャリーオーバーが乗りに乗ってしまい・・・$550ミリオンになったみたいです。

全部当たらなくても、1億 1000万のチャンスがある訳ですよ!!


これが当たれば・・・

大きなお家と大きなガレージを建てて・・・

好きな車を買いに買い・・・

金に物をいわせてあんな事や、こんな事も・・・(´ω`*)ムフフ


さて、このPOWER BALLの結果なのですが、

・・・

・・・

もう、みんな予想ついてるよね?

・・・

・・・

・・・

コレ書く必要あるかな?

・・・

・・・

・・・
まぁいいや、書くよ・・・

・・・

・・・

当たりませんでした


まぁ、当然と言えば当然ですよね。

カスリもしませんでしたよ・・・(´ω`。)グスン




あ、当たらないといえば(’ω’*)!



先日出勤中車を運転していたんですけど、



コレが・・・








道路を悠々と歩いていたのですよ

因みにその時が大体140km/hくらいだったかな?

流石にちょっとビックリしたんですが、車線が違ったので減速して楽に回避~♪




っと、思ってたんですけどこっちに気付いたコレが何を思ったのかUターンヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ

ブレーキかけても絶対間に合わない・・・

となれば、突破あるのみ!?後は神に祈るだけ。(゚□゚;)アワワ(;゚□゚)アワワ

やべぇ、マジでやべぇ・・・

なんとか回避!!(;´Д`)アブナカッタァ

避けたあとも尻振ってて危なかったけどww


と言う事で何にも当たりませんでした。

このまま無事に日本に帰れたらいいなぁ~
2012年12月01日 イイね!

なんだかんだで・・・

なんだかんだで・・・



アメリカ満喫してます(爆)




という訳でまだアメリカにいるわけなのですが、サンクスギビングとかいう連休があり

暇だったのでどこかにいく事になりました。


目的地を適当に決め2720kmの道のりをひたすら走り続ける事12時間・・・



着いたよ(・ω・)ノ






NIAGARA



説明しよう!

ナイアガラの滝とは・・・

ナイアガラの滝(ナイアガラ瀑布、英語: Niagara Falls、フランス語: Les Chutes du Niagara)は、
エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境になっている。
トロントから南南西に120km(75mi)、バッファローから北北東に27km(17mi)のナイアガラフォールズ市(オンタリオ州側、ニューヨーク州側)に位置する。滝は豊富な水力資源と景観の美しさで知られる。ナイアガラの滝はゴート島によって、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝とアメリカ側のアメリカ滝とに大きく二つに分かれる。アメリカ側はさらにルナ島を挟んでブライダルベール滝がある。最終氷期(最後の氷河期)の後退期に形成され、五大湖の水流がナイアガラ崖線を経て大西洋に流れ込む過程にある。滝の高さはあまりないが幅が広く、単独で流れる滝の水量では北米で最も規模が大きい。最大毎分168,000m³、平均毎分110,000m³の水量が流れている。ナイアガラの滝は以下、3つの滝から構成されている。 カナダ滝 (落差53m、幅670m、滝壺の深さ56m) アメリカ滝 (落差21mから34m、幅260m) ブライダルベール滝 (落差55m、幅15m) 水量は春から初夏のピークシーズンでおよそ毎秒5,720 m³になる。夏は毎秒2,832 m³で、90%はカナダ滝に流れ込むが、水力発電施設に一部、人工的に流されている。カナダ滝の上流には可動堰が設けられており、夜間の水量は日中の半分に調節されている。観光のオフシーズンになる冬の期間も水量が毎秒1,416m³に抑えられている。アメリカ側からの眺望はほとんどが滝の背後に位置し、滝の正面や全体を眺望できるのはカナダ側になる。滝の発祥地点は、現在よりも約10km下流にあたるオンタリオ州側のクイーンストンやニューヨーク州側のルイストンの付近に位置する。1万年前のウィスコンシン氷河期に形が出来た。五大湖とナイアガラ川も同時期の地形である。米国北部全体が氷河に覆われ、氷河が台地を削り、一方でその岩石を堆積した。氷河が溶け始めると川が地形を作っていった。この一帯はシルル紀の岩石が分布し、滝の最上部は石灰岩で、その下の頁岩より固く削られずに残りやすい。さらにその下にはより古いオルドビス紀の頁岩と砂岩がある。川の水で削られることにより滝の位置は時間と共に上流へ移動し、現在はゴート島により二つに分岐した姿となっており、最初の位置から南へ11kmの所にあると考えられる。浸食は年平均約1.5mで進み、この計算でいくと5000年後にはエリー湖に吸収されることになるとされた。浸食により年間1m以上ずつ後退し続け浸食が続けばエリー湖に埋没してしまうため、一世紀にかけて技術者の手により人工的に浸食が抑えられてきた。今現在、浸食のスピードは年間3cm程度に抑えられているが、2万5千年後には消滅するという。Niagara の語源についてははっきりしておらず、諸説ある。(なお、英語では i を二重母音で読むために「ナイアガラ」と発音されるが、フランス語等では「ニヤガラ」と発音されることに留意されたい)イロコイ語の研究者 B. トリガーによれば、この土地に住んでいた先住民の家名に由来するという。17世紀後半フランスの、この地域を記した地図には、彼らが"Niagagarega"と呼ばれていたと記述されている[5]。また地名学者の G. スチュワートによれば、"Ongniaahra"(「二つに分かれた土地の端」の意)というイロコイ族の町の名に由来するという。一方、地理学者の H.スクールクラフトは次のように記している。「ナイアガラの滝。これはモホーク語である。カー夫人によれば、「首」を意味する。この語は最初は、エリー湖とオンタリオ湖の間の連水陸路、または地峡(neck of land)を指していた。エリオット氏の語彙集(11章)を参照すれば、人間の首が――この実際の語彙集に従えば「彼の首」だが―― "onyara" だということが分かるだろう。1820年の春に、レッド・ジャケットがこのナイアガラという語を、O-ne-au-ga-rah とでも書くかのように発音した他に、しばしば観光案内などでは「雷鳴の轟く水」(thunder of the water, thundering Waters 等)を意味すると説明されることがあるが[8]、これには学術的な根拠はないようである。ヨーロッパ人で滝を最初に目撃したと言われる人々は幾人かおり、1604年、フランス人探検家サミュエル・ド・シャンプランの探検団一向が探検し、彼のもとに滝についての報告があったことが彼の日記に残されている。1700年代初期、スウェーデンの学者ペール・カルムがこの地域を探検し、このときの体験を記録に残している。1677年、カルムより早くにフランスの宣教師ルイ・エヌパンが、フランス人探検家ロベール=カブリエ・ド・ラ・サールとともに訪れたことは非常によく知られている。しかし、フランスのイエズス会宣教師ポール・ラグノーがワイアンドット族(ヒューロン族)インディアンに布教活動をしている際、エヌパンよりおよそ35年前に訪れたことを示す確証があり、そのほかにもイエズス会宣教師ジャン・ドゥ・ブレハブが訪れたのではないかとされている。18世紀にかけて観光が盛んになり、18世紀中頃にはこの地域の主要産業となる。19世紀初期、ナポレオン・ボナパルトの弟ジェローム・ボナパルトが花嫁と一緒に訪れている[10]。 ナイアガラ川を行き来する需要が増え始めたため、1848年に歩道橋ができ、チャールズ・エレット・ナイアガラ・フォールズ吊り橋、1855年にはジョン・アウグストゥス・ローブリン・ナイアガラ・フォールズ吊り橋となる。南北戦争後、ニューヨーク・セントラル鉄道は、ナイアガラの滝を余暇と新婚旅行先として力を入れるようになる。鉄道の交通量が増えた1886年、木材と石材でできた橋が鉄橋へと置き換わり、現在も鉄道がナイアガラ川をまたぐ橋となっている。滝の近くにできた最初の鉄橋は1897年に完成し、今日ではワールプール・ラピッズ・ブリッジとして知られ、車輌、列車、歩行者が行き来できる。1941年、滝近くに3番目の橋「レインボー・ブリッジ」が建設され、車輌と歩行者がアメリカ、カナダ間の国境を行き来できる。第一次世界大戦後、観光業は再びブームを迎え、自動車が普及したことにより滝へのアクセスがより容易になった。20世紀において、滝の歴史は水力発電の活用と自然景観の保護と開発に大別される。よく見るナイアガラの滝の写真は滝がアップで写されているため、あたかも滝が雄大な自然のなかにあると思われがちだが、周辺は観光地化が進んでおり、カナダ側には滝から近いところにホテルやレジャー施設が並んでいる。特に90年代以降は急速に観光客向けの開発が進められた。観光客のうちおよそ9割はカナダ側、残り1割ほどがアメリカ側から滝を観光している。 観光シーズンのピークは夏であり、カナダ側からカナダ滝とアメリカ滝に向かってライトアップが毎夜行われ、日中から夜までアトラクションを楽しむことができる。最も古くからあるアトラクションでは遊覧船「霧の乙女号」がよく知られ、1846年来、観光客を乗せてアメリカ、カナダの両岸から滝つぼまでの間を行き来している。アメリカ側では、ナイアガラ州立公園の各地点から滝を眺望でき、プロスペクト・ポイント公園の歩道沿いやプロスペクト・ポイント展望タワー、霧の乙女号の波止場からアメリカ滝が望める。ゴート島からもアメリカ滝を見ることができ、風の洞窟を通してブライダルベール滝の真下まで降りることができる。また、ニコラ・テスラの大きな銅像が入り口門近くにある。 ゴート島内を観光して回るトローリーバスがあり、気球やヘリコプターを通して滝を見ることもできる。ナイアガラ・ゴージ・ディスカバリー・センターのショーケースではナイアガラの自然と歴史に関する展示がある。カナダ側のクイーンビクトリア公園には手入れされた花壇があり、カナダ滝とアメリカ滝の眺めもよい。滝付近には展望タワーが二つあり、滝付近では最も高い地点からの全景が望めるスカイロンタワーと、カナダ滝を見下ろす眺めになるコニカ・ミノルタ・タワーとがある。カナダ滝のすぐ脇に展望スペース「テーブルロック」があり、真下で滝が落ちていく様子を見ることができる。かつては名前のようにテーブル状に突き出た岩だったが、後に崩れて現在の展望スペースとして整備された。ジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(JBF)はカナダ滝裏側のトンネルに行くことができ、展望デッキからはカナダ滝のすぐ脇下から滝を鑑賞できる。また、滝から少し離れた地点には1916年にスペイン人技師レオナルド・トーレス・ケベードによってデザインされたケーブルカー「ワールプール・エアロ・カー」がワールプールにある。フォートエリーからフォートジョージまでのナイアガラ川沿いには、米英戦争の史跡を始め、娯楽用のトレイルがある。そのほか、ナイアガラ・フォールズビュー・カジノ・リゾートとカジノ・ナイアガラの二つのカジノがある。滝沿いの観光地区にはホテルが多く立ち並び、隣接して店が立ち並ぶクリフトンヒルがある



はい、説明終わり。

ナイアガラについてよくわかったね☆

携帯で見てる人はきっと地獄だね、うん。

因みにさっきの写真がアメリカ側から撮ったものです。

この時はかなり天候が悪く・・・サムイ(((´ω`;)))ガクガク

到着した時の気温は-1℃。まぁ寒い訳だ。

こんな寒い中滝の間近にいるとマイナスイオンがゴイスーな訳で・・・凍えそう・・・w

適当に滝を見てさっさと次の目的地へ!




次にカナダ側を見に行く訳ですが、車で国境を超えるという日本人の常識にない事をする訳です。

国境を超える橋の名前は

「レインボーブリッジ」


あるぇ~?どこかで通ったことがあるような・・・?

まぁいいや、通ります。

これがアメリカ側から橋へ簡単に門をくぐれてスイスイ行っちゃいます。

こんなに楽だとは思いませんでした。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

そんな簡単に国を渡ることができません。

橋を渡るとカナダ側に門出現!!

カナダポリス VS 片言英語ぬこ

の5分間(程)の死闘(?)の末、カナダに上陸成功!!(ノ´д`ノ。・ゎーぃ・。\´д`\)



これがカナダ側の景色でふ







カナダ側めっちゃ綺麗なんですけどー。

ていうかー、アメリカ側が残念すぎるみたいなぁー。(´Д`;)

さっきまで天気が悪かったのに奇跡的に晴れるなんてラッキーでした。

アメリカ側見ても思いましたけど、こんなに水が流れてるのが不思議なくらい流れてます。

大自然の光景を目の当たりにしていろいろな事を感じ、最終的に思ったことは・・・


「節水しろ。」

以上







予告

アメリカ滞在に己の財布を投げ捨てるぬこ。そして迫りくる金欠の罠。

だが、メディアより発信される最大の当選金は、人々に希望を抱かせた。

次回「$550ミリオンの価値は」
2012年11月19日 イイね!

久しぶり過ぎて・・・

こんにちは&こんばんは(・ω・)ノ

長いことみんカラを留守にしておりました、ぬこです。

仕事が忙しくてイン出来ない日々が続きそんな事している間にインしづらくなって、だんだんインするのを忘れてしまい・・・今にいたりますw

いや~マメな性格じゃないのが出てますねw


未だにRX-7は健在ですw

ここ1年足車を手に入れたので走行距離が全然伸びてないですけどw


いつの間にかみんカラも色々変わってますね

使い方が全然分かんないや(・ω・;)




そして僕はいつの間にかアメリカに居る訳で・・・(´Д`;)マタカヨ

結果が出ないと年越しをアメリカで過ごす可能性もあったり無かったり

・・・旅行ならいいけど、仕事でこの国は嫌だねw





アメリカ出張恒例、アメ食レポでもしますかね。

本日のお食事はコチラ







きれいな色してるだろう。ウソみたいだろ。

揚げてあるんだぜ。それ…。


何が揚げてあるかというと、チーズケーキ

を天ぷらにしたものです。


地雷メニューだと思うやん?

これかなりウマイ!!

天ぷらのサクサク感がビスケット生地みたいな感じになって、中のチーズケーキも冷凍したものを揚げてあるから天ぷらアイス的な感じでウマイんすわ。

カロリーはお察しですw



あとこんなん買ってみました☆







プーマのドリフトキャット

気合のロッソコルサ(お前の車はRX-7だろ?ってツッコミは無しでw

これ運転し易いんですかね??

履いた感じはしっくり来るので期待してます。

はやく日本に帰りたい!!

プロフィール

「トナカイやで~」
何シテル?   12/25 23:51
愛知産まれ愛知育ち血筋は生粋の長崎産の「ぬこ」といいます。 広く深くがモットーなのですが、広く浅い知識しかありませんので、ご了承ください。 車の事があま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

どんな人でもWelcomeです♪
同じ匂いがしたらポチっとお友達登録してください。
お友達拒否なんていう恐れ多い事は出来ませんw

誘われると嬉しいタイプなので誘ってやってください
41 人のお友達がいます
R Magic おーはらR Magic おーはら *みんカラ公認 わんだポンわんだポン
KSeeKSee RE-smithRE-smith
赤pajeMT赤pajeMT 風魔 小太郎風魔 小太郎

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
Ⅵ型TypeRバサースト かなりのゆるい仕様です(室内が
その他 その他 その他 その他
その他の画像庫 入場無料、24時間営業ですw
その他 その他 その他 その他
みーこ(♀) 本ブログ裏の主役 今は遠い所にいます

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.